ヨーロッパ出張2007年12月-第一日目-東京-ミラノ by JAL

イタリアとイギリスではまだインターネットに苦労します。ドイツまで来たので、これから今回の出張をアップしていきます。開設してすぐ途絶えたので連日のアップを心がけます。

やってしまいました。折角ブログを始めたのだから、機内食など写真に取ろうと思ったのでカメラを持参しました。ところが、手ぶらにしようとチェックインしたのですが、取り出すのを忘れてしまいました。不慣れです(反省)。

NRT-MXP(東京・成田-ミラノ・マルペンサ)はJALの直行便を利用しました。マイレージでビジネスクラスにアップグレードしました。

前にもどこかで書いたと思うのですがJALは変わりつつあります。この変化が顧客に近いところから(つまり現場から)広がってきていると良いなと思います。顧客の状況や要求に自発的に柔軟に対応できるCAが理想です。ビジネスクラスも変わりました。気持ちの良いフライトでした。もっとも、何を考えているんだろうという尊大で我儘な客もいなかったからかもしれません。客も変わったのかもしれません。

今回、中国人と思われるご夫妻のため出発が遅れました。出発時間の5分前に「安全保安上の理由でお客様の荷物を降ろします」というアナウンスがあり、暫くして「お客様が見つかり急行しています」との放送が入りました。無事搭乗、飛行機は10分近く遅れてゲートを離れました。チケットには10分前に現れない場合は搭乗できない可能性もあるとあったと思います。海外のキャリアで何度か荷物を下ろす場面に遭遇しましたが、遅れたお客さんが搭乗したことは聞いた事がありません。一回決定したら実行するのみという感じです。JALの地上係員が探し回る様子も想像出来ますが、これは海外ではありえないと思います。「良き日本」と思うのか「日本は甘い」と思うのか複雑な気持ちでした。

機内食です。今回は風邪気味で気分も優れなかったので軽めとアルコール少なめに注意しました。
最初の食事。
アペリティフは量をセーブする意味もあって赤ワイン。"Chateu de By, 2004, Medoc AC"。少し若かったのとやはり量をセーブする目的でグラスでデキャンタージュして楽しみました。Medocはバラエティの富みますがこのワインは軽めで華やかな香りで楽しめました。
アミューズは3種。メモをなくしてしまい忘れましたが赤ワインにはあまり向いておらず、いつものようにシャンペインか白ワインにすればよかったかなと思いました。しょうがないですね、最初からMedoc飲んでいるのですから。
料理は和食を頼みました。飲み物はMedocをキープしながら(デキャンタージュ)日本酒に変えました。「純米大吟醸 天領」です。甘めの飲みやすいお酒でした。元気だとさっと飲んでもう一つを頼むのですが今回は一本だけと決めていたので...
前菜、向付、小鉢、煮物、台の物が一回にサーブされます。テーブルが一杯で箸の置き場もなかったです。お酒を注いで箸を付けたころご飯、香の物、味噌汁をサーブされたので置き場に困りました。この辺は改善点でしょうか。実は文句を言う元気もありませんでした。
前菜はタラバガニの塩茹でが塩梅もよく潮の香りも立って酒とともに楽しみました。スダチに入った数の子の山葵漬けも酒を進めます(用心、用心)。アナゴのおすし、タラコ昆布巻、大きな豆(花豆)と美味しかったです。
向付は鯛のお刺身でした。冷たくなく良かったのですがやはり刺身は切りたてかなと思いました。でも、機内でこのレベルならアクセプタブルです。煮物の銀杏入りガンモドキの湯葉餡かけでしたがこれは常温でなく暖めればもっと美味しいだろうと思いました。小松菜の胡麻よごしも箸を進めます。
台の物はブリと大根・里芋の煮付けでした。大根・里芋は味が浸みて良いですね。お酒が美味しかったです。
海苔の佃煮を添えてご飯をいただきました。香の物は良かったのですがやはり即席の味噌汁はいただけません。
フルーツとシュークリームでお茶してMedocに戻りました。
お酒は一合瓶一本に押さえました(いつもなら2本は行くのですが)。このためか何時もの疲れもなく睡眠時間が1時間程度にもかかわらず元気な気分です。

「犯人に告ぐ」を観て、'80/90Jポップと「オールナイトニッポンスペシャル」を聞きながら時間を過ごしました。

中間のスナックは鮭のおにぎりにしました。

着陸前の食事も和食にしました。
お煮しめ、ごぼうのサラダ、豚柳川風、ご飯と香の物。やはりMedocを頼んでデキャンタージュ、食事はお茶で楽しみました。
豚の柳川風は卵がとろとろ半熟でお肉、ごぼうと掻き混ぜると絶品でした。最後はご飯できれいにさらいました。お煮付けも出汁が利いていて美味しかったです。柳川とごぼうサラダとごぼうが重なりましたが大好きなので歓迎です。香の物にこんにゃくの梅肉和えがあり締めました。

やはりビジネスクラスはいいですね。以前はJALのビジネスクラスでは今回のような満足の記憶がないので大分改善されたのだと思います(先にも書いたようにお客もなれてきたのかも)。

何時もと違ってアルコールを余り飲まなかったので目が冴えて飛行機を降りました。今回はバッグをチェックインしたのですがイタリア時間で出てきたので20-30分無駄にしました。
タクシーで中央駅エリアのホテルへ。町はすっかりクリスマスムモードにロックされていました。ホテルはHotel Galles。ここは最初の出張から使っているホテルで、腐れ縁みたいなものを感じています。狭くて古いし、日本人も多し、インターネット環境は良くないし、なぜここを使っているのか理由はないのですが...そうそうBest Westernに入ったのでした。

到着が8時と食事に良いタイミングだったので現地の人と食事に出かけました。これは次回報告します。

c0153302_1234468.jpg


次へ(第一日目-ミラノ-Dinner
by AT_fushigi | 2007-12-07 13:04 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/7654637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ち~坊 at 2007-12-07 21:23 x
お疲れさまです。
JAL、やはり良さそうですねぇ。
スタアラばかりでなく、次年度はJALも検討しなくては・・・
と思っていた矢先のATさんの書込みは、吉報?or修行?^^;

ATさんのご帰国と入れ違いに、私の旅行が始まりそうです。
前半はNET可ホテルなので、現地情報をお伝え出来そうですので
またよろしくお願いいたします。
Commented by AT_fushigi at 2007-12-09 00:31
ち~坊さま
帰国もJALでした。ちょっと疲れていたのですが機内で回復しました。良かったですよ。なんといっても食事が一日の長というか、よいです。
旅行記楽しみにしています。ち~坊さんの旅行記が好きです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ヨーロッパ出張2007年12月... ヨーロッパ出張2007年12月 >>