ヨーロッパ出張2007年12月-第二日目-ミラノ-Duomo屋上

二日目の天気は晴天、青空がきらきらと眩しくこっちまでワーキングブルー(何の因果でこんな良い天気の日に働かなければならないの!)になりそうな日でした。ところが、仕事が遅くはなったものの午前中に終わり、急に元気になりました。ランチ後3時頃開放され、こんな良い天気の時は遠く迄見渡せるだろうということでDuomoに登る事にしました。

c0153302_1262643.jpg

久しぶりです。Duomoの正面の左側面を通って裏方向に行くとまず階段登楼口があり、暫く行くと根性なしのためのエレベータ登楼口があります。時間も無いと言い訳をしてエレベータで屋根に上りました。

ここには再生工事前からもう5回以上来ていています。屋根では塔とそれに彫られた像、構造物の幾何学模様が見所ですが、今回は天気が良いので遠方の山並みにポイントを置いてみました。
でも、まあ、構造物からいきましょう。まず中央と周りの塔です。
c0153302_122712.jpg

c0153302_1231597.jpg

幾何学模様は
c0153302_127598.jpg

c0153302_1273127.jpg

さて山並みですが逆光となる西側は取れず、北側だけです。
c0153302_1295539.jpg

c0153302_1354127.jpg

c0153302_1282888.jpg

でも、山の名前はまだ解析していません。お分かりの方は教えていただければありがたいです。でも、晩秋の屋上は風が吹いて寒かったです。
この後、Duomoの中を見ました。更に、ショッピングに出かけたかったのですが寒気がしてきたのですっかり暗くなった5時ごろには引き上げました。クリスマスの電飾溢れる町並みを見ることができず残念です。
c0153302_1391539.jpg

by AT_fushigi | 2007-12-10 01:45 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/7682120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tammys04 at 2007-12-10 17:34 x
出張お帰りなさい。
ミラノのドォーモは修復が終ってからまだ訪れていません。長い間正面のファサードが覆われたままで何度行っても終らない修理に半ばあきらめかけておりました(笑)。
それにしても良いお天気の日に昇れてよかったですね、あの山はどこでしょう?
↓の魚料理の数々も魚料理の洗練さに欠けたフィレンツェからは同じイタリア料理とはいえ別物に見えます。昔知り合いに連れて行ってもらったレストランの魚料理がすごく美味しかったのが思い出されます。栗ソースと海老、なんか不思議な組み合わせ。
Commented by AT_fushigi at 2007-12-11 01:15
tammys04さま
私もドォーモの修復は永遠に終わらないのではないかと思っていました。やっと正面を見ることができるようになりました。
ミラノはお魚、お肉とも美味しいと思います。「洗練さ」という意味ではJapanese Italianが勝ると思いますがイタリア人はあれは日本料理であってイタリアンではないといいます。私は両方好きです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国出張2007年12月 ヨーロッパ出張2007年12月... >>