ヨーロッパ出張2007年12月-第四日目-クリスマス市

四日目は早朝暗いうちにミラノを発ってニュルンベルグ(Nurnberg)へ。一仕事終えて、お昼はお客様の会社のキャンティーンでチキンのグリルをいただきました。社員食堂なのでそれなりでした。
夕方に仕事も終わり、滞在予定のホテルまでタクシーで移動しました。ホテルはArabella Sheraton Hotel Carltonです。明日のため駅近くを取りました。150ユーロと豪勢なホテルにしてはリーゾナブルな値段でした。ここからクリスマス市が開かれているHauptmarktまでは徒歩10分です。
今回の出張の仕事も終わったということでビールで乾杯することにしました。ニュルンベルグではいつものニュルンベルガーヴルスト(Nurnburger Wurst)で有名なBratwursthausleへ。香ばしく焼いた6本入り+酢キャベツ:ザワークラフト(Sauerkraft)とLEDERERのPilsで「乾杯」。
c0153302_23502149.jpg
c0153302_235136.jpg


実はクリスマス市の方に気が行っていたので2杯で早々に引き上げです。一人10ユーロでおつりがきました。
まっしぐらに市へ。日も暮れた午後4時半頃ですが、にぎわっていました(なぜか空が青いですね)。
c0153302_23543370.jpg

ここ街の中心にあるHauptmarkt広場は赤いストライプの屋根の屋台で埋め尽くされていました。オーナメントやおもちゃ、クリスマスの本、クリスマスケーキなどをはじめ多彩です。オーナメントを一つ買いました。手のひらサイズで12.95ユーロでした。
c0153302_025093.jpg

また、クリスマスに欠かせないレープキューヘン(Lebkuchen)やシュトレン(Stollen)を買いました。大きさを考え果物パンはパスしました。
c0153302_072315.jpg

十分堪能した後「麗しの泉」あるいは「美しの泉」(Schöner Brunnen)といわれる井戸の塔に行き、金属製の輪を3回廻して願い事をしてきました。
c0153302_0125979.jpg

そうそう、途中で寒くなってきたので体を暖めるためホットワイン(グリューワイン?)をいただきました。カップが「Christkindlesmarkt 2007(クリスマス市2007)」と書いてあって記念品になりました。
c0153302_0192443.jpg

つまんだりしておなかもいい加減になっていたのでホテルに戻って就寝しました。

初めてのニュルンベルグのクリスマス市で興奮しました。夜店というのは興奮させる要素があります。おもちゃの街ニュルンベルクらしくおもちゃのお店も多く出ていました。ハンドメイドの良い木のお人形で150-300ユーロと高めでした。じっくり見ると時間を忘れてしまいます(結局1時間以上見ていた)。久々に子供に返った気分です。
by AT_fushigi | 2007-12-12 19:36 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/7698136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by うさぎ at 2007-12-12 12:27 x
ドイツのクリスマスは一度行ってみたいと思いながら、なかなか行けません(*^^;;
ああ~!ソーセージにサワークラウト食べたい!
Commented by AT_fushigi at 2007-12-12 14:35
うさぎさま
訪問ありがとうございます。ちょっと感激しています。
クリスマスの時期はヨーロッパは良いと思います。確かにドイツのクリスマスは独特ですね。是非訪れてください。
Commented by ち~坊@ホーチミン at 2007-12-13 01:14 x
ニュルンベルグのクリスマス市は有名ですよね。
なかなか行けませんし寒そうですし・・・
そしてニュルンベルガーヴルスト、焼き&ザウアクラウト添えで決まりですね。
前回のフランクフルトでは美味しいソーセージに巡り会えなかったので、
写真で楽しませていただきました。
Commented by AT_fushigi at 2007-12-13 02:59
ち~坊さま
暑いホーチミン市からありがとうございます(報告楽しみにしています)。クリスマス市は楽しかったです。
ここにくるとまずビールとヴルストです。Tucherというのがここのビールのようです。ダークとハーフしかなくソーセージとの相性抜群です。このハーフというのは何とハーフなのかいまだに不思議です。今回私が飲んだピルスはLEDERERという銘柄でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ヨーロッパ出張2007年12月... ヨーロッパ出張2007年12月... >>