ヨーロッパ出張2007年12月-第五日目-ニュルンベルク観光(I)

北京から戻ってきました。北京の初雪、故宮での詐欺事件、長城での感動など後ほど報告します。

さて、今日は帰国の日です。午後の出発なので時間が稼げます。一緒に回った米国から来たマーケティングを朝6時にベッドから電話で見送って(?)、うつらうつらした後、朝食を食べながら今日の予定を立てました。8:30ホテル出発、昨晩駅でチェックした14:02発ミュンヘン行きのICEに乗ることにしてホテル帰還13:30。ホテルに帰る時間を考え、12:00から昼食と決めそれまでは歩き回ることにしました。この3時間半のコースを考えました。実は以前からこういうとき参考にしている「欧羅巴の旅」にほぼ従うことに決めました(非常に参考になります、Izmreiseさまありがとうございます)。

残念ですが、今にも雨が降りそうな天気でした。
まず行ったのが「職人広場」(Handwerkerhof)。なお、日本語名は「欧羅巴の旅」に従っています。駅から地下を通って道を渡った所にあります。まずは駅と地下の出口、Handwerkerhofの入り口(実は裏口)です。中は口型の小道が一周していてお店が並んでいます。木彫りの店などありましたが、皮でかばんのミニチュアを作っているお店が気に入りました。ただ、朝早すぎて開店前でした。私の印象は「ビミョウ」です。まあ時間があったら行けばいいというところです。
c0153302_172574.jpg

c0153302_183280.jpg

c0153302_2298.jpg

夜の雰囲気を残す町並みを歩くと野菜や果物のの露店が出ていました。その自然の色の色鮮やかなこと。見てるだけで楽しくなります。
c0153302_1183044.jpg
c0153302_119396.jpg

聖ローレンス教会(St. Lorenzkirche)へ。「欧羅巴の旅」では写真がありますが私が行ったときは撮影禁止でした。
ここから川の方に下ります。橋の両サイドは露店が占領しています。橋の手前で右に曲がると「聖養老院(Heilig-Geist Spital)」の見学の絶好の場所があります。通路が三角状に川の上にせり出しているのです。あまり知られていないようです。「聖養老院」は中世の面影を残し川の上に立っています。川面の2つのトンネル水路が見えます。
c0153302_2282455.jpg

c0153302_229686.jpg

橋の上の露店の野菜や果物を愛でて道なりに行くと中央マルクト広場(Hauptmarkt)に出ます。クリスマス市の露店が準備をしています。近くの2階にあるカフェから見るとこういう感じです。
c0153302_1475074.jpg

広場に面したフラウレン教会(Frauenkirche)の入り口は舞台となっていて入れるかどうかわからなかったのでパスです。「麗しの泉」(Schöner Brunnen)では昨晩きれいに撮れなかった願掛けの輪を撮りました。今見ると曇り空でわかりにくいですね。
c0153302_1542955.jpg

聖セバルドゥス教会(St. Sebaldus Kirche)を見て、お城の丘に登る前にレープキューヘンでおやつです。

[以下つづく]
by AT_fushigi | 2007-12-13 02:10 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/7712183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ヨーロッパ出張2007年12月... ヨーロッパ出張2007年12月... >>