ヨーロッパ出張2007年09月-小旅行第一日目-NY→ゴスラー

年末をゆっくりしています。昔の出張小旅行を紹介します。

この出張は第一週は米国、第二週がドイツ・ベルリン。週末をゴスラー[世界遺産]、ブロッケン山、クヴェトリンブルグ[世界遺産]、ポツダム[世界遺産]を回る小旅行とすることにしました。例によって「欧羅巴の旅」を参考に計画を立てました。このゴスラー旅行の記事もかなり参考にしています。

第一日目:ベルリン到着-ゴスラー(泊)
第二日目:ゴスラー-ブロッケン山-クヴェトリンブルグ(泊)
第三日目:クヴェトリンブルグ-ポツダム-ベルリン

ベルリンから120kmくらい有るのでレンタカーで移動です。BMWの一番安いのにしました。
マニュアルを期待していたのですがオートマでした。久しぶりのアウトバーンなので最初は慎重に運転していましたが目が慣れてくるとビュンビュン飛ばしました。アウトバーン沿いにたくさんの風力発電所群がありプロペラが回っていました。実際風が強く、時々車がスーと横触れします。
c0153302_1101964.jpgc0153302_12112211.jpg


2時間程度で今日泊まるホテルに着きました。途中、ゴスラーの細い一歩通行の道をあっちこっち回って広場に着きました。ホテルは「欧羅巴の旅」にあったホテルを利用しました。市庁舎のあるマルクト広場に面するという立地が良いことと、15世紀の古い建物と言うことで選び、日本からメールで予約していきました。ただ、朝食付きで133ユーロと予定の倍の価格でした(「欧羅巴の旅」では2泊+観光案内で133ユーロと有りましたが9月はハイシーズンとのことで高い料金設定のようです)。

Hotel Kaiserworth
Markt 3, 38640 Goslar
Telephone: (05321) 709-0
http://www.kaiserworth.de/HotelKaiserworth.htm

c0153302_1220225.jpg

丁度結婚パーティが終わり広場には人が溢れていました(ホテルで披露宴があったようです)。ホテルの人が車を横付けにしろというので遠慮しつつ移動しました。外壁がサーモンピンクで、最初ぎょっとしました。また、Kaiserと名前が示すように皇帝の人形が壁に備え付けてあります。
ホテルの部屋のドアに何かかかっています。来たときは写真の左、夜帰ってくると右のようになっていてチェックインすると花側を出すようです。
c0153302_12391259.jpgc0153302_12392511.jpg


部屋は狭いですが清潔でよいセンスの内装です。ベッドはヨーロッパの小さいサイズです。
c0153302_0453055.jpg

6時に待ち合わせて街にでました。丁度6時にマルクト広場に面する時計台が鳴り、騎士による鉱山の発見、中世、近世、近代の採掘の様子を示すからくり人形が回転します。これはゴスラーの歴史に関係あります。ゴスラーはここハルツ地方の中心都市で、銀、銅、鉛が採掘されたランメルスベルク鉱山という1000年以上(ローマ時代にさかのぼる)の歴史ある鉱山の麓にあります。鉱山は残念ながら資源が枯渇し1988年閉山となったそうです。
c0153302_1726619.jpg


c0153302_1727676.jpgc0153302_17284534.jpg

c0153302_17304714.jpgc0153302_17291486.jpg


マルクト広場からホテルの横を通り水路のほうへ向かいます。水路沿いに見所があるようです。
郷土料理レストラン・ヴォルトミューレ(Worthmühle)と同じ水路沿いにある水車(Lohmühle)です。
c0153302_23306.jpgc0153302_2342387.jpg

ゴスラー博物館前にあるUNICEF世界遺産指定を記念した旧市街をモチーフにしたモニュメント(鉱山で栄えた街なので金属製のモニュメントです)。
c0153302_2373519.jpg


水路を渡り、大聖十字救貧院(Grosses Heiliges Kreuz)の芸術家のアトリエ。取り壊された大聖堂の入り口が残されたDomvorhalleと見ました。
c0153302_2381014.jpgc0153302_2382837.jpg

しばらく行くと皇帝の居城(Kaiserplatz)が有ります。フリードリヒ一世とウィルヘルム一世の銅像が有ります。c0153302_0202466.jpgc0153302_020487.jpg


ここまではおのぼりさん的に回っただけで余り興味あるものはありませんでした。
c0153302_0282633.jpg
ハルツ山地方は「魔女の棲む山」で有名です。魔女狩りという暗い過去もありましたが今は観光資源になっています。ところどころで魔女のディスプレイが見られます.


この後、マルクト広場へ別の道で帰りましたが、途中、いわゆる木組みの家が並んでいます。木彫りの飾りも注目しました。
c0153302_0291194.jpgc0153302_029507.jpg


c0153302_0341535.jpgc0153302_034425.jpg


この日町の半分を見てマルクト広場に戻り、ホテルと市庁舎の間の建物の地価にあるビールの居酒屋へ行きビールお楽しんでから、ホテルで軽い夕食を取りました。この時、食後酒にこの地方のリキュールをいただきました。
c0153302_0393143.jpgc0153302_11354560.jpg

ビールと食後酒でほろ酔いとなり、米国から移動してきた疲れと時差の関係で入浴後ベッドに入ったらすぐ寝てしまいました。

次へ
by AT_fushigi | 2007-12-29 11:51 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/7858989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by SHIZA at 2007-12-30 00:57 x
ドイツは、古い町並みが素晴らしいですね。
物価が高いのであまり行ったことがありませんが、
10年ぐらい前にロマンチック街道などを行ったことがあります。

それにしても、本当にハードなお仕事をしていらっしゃるんですね。
これだけ、海外出張が多いと、相当お疲れになると思います。

私は今日の昼に中国に飛びます。
中国は、近いので移動がとても楽ですね。

近年物価が高くなっているのでそれが懸念事項です。
Commented by AT_fushigi at 2007-12-30 11:48
SHIZAさま
メルマガ(http://www.geocities.jp/shizatabi/)楽しみにしています。中国の報告を待っています。
最近出番が増えてこのような状況です。来年はちょっと仕掛けたので改善されるはずですがどうなるでしょう
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ヨーロッパ出張2007年09月... 今年の海外出張総括 >>