ヨーロッパ出張中2007年09月-小旅行第三日目-ポツダム「サン・スーシ宮殿」

クヴェトリンブルクを後にしてポツダムを目指します。この頃になるとアウトバーンにも慣れて余裕で運転できました。お昼ちょっと過ぎに到着。その直前のパーキングエリアでホテルの朝食時作ったカイザーロール+ハム+チーズのサンドイッチで昼食を済ませました。ベルリンでビジネスディナーがあるので4時にはポツダムを出なければなりません

適当に路上駐車してサン・スーシ宮殿に向かいます。ここは1990年にユネスコ世界遺産に指定されその後2回周辺が追加されました。

地図で現在地を確認(地図はダブルクリックで拡大)。
c0153302_1521390.jpg

東の赤ポッチが現在地です。ここからサン・スーシ宮殿はすぐです。この広い敷地内で偶然ですが近い入り口付近に駐車したようです。
ずっと続く並木道の中へ入ります。
c0153302_158166.jpg

するとまもなく噴水が現れ、右に宮殿が見えてきました。予想以上の広がりを感じます。
c0153302_1592412.jpg

階段の両側の段々には、開いたガラス戸の中にイチジク(?)、その間の壁にアイビーが這い上がっています。途中でこういうポーズも...
c0153302_15121156.jpgc0153302_15123179.jpg

ついに、サン・スーシ文字が見えるまで上りました。
c0153302_15184451.jpg

振り返ると
c0153302_15202896.jpg

ぐるり回って裏の宮殿見学の受付へ行くと、半ば予想していた通り今日の分は売り切れでした。この時間指定のガイドツアー(フリーは無い)は午前中の早いうちに売り切れるようです。
しょうがないので正面に戻って外側見学。色が特異な肌色のようなオレンジのような色です。壁に彫像が備え付けられています。印象的なのは両サイドにある庭園への入り口を示す門です。金色の装飾がおもしろい。
c0153302_1522124.jpg

その裏で修復前後の彫像が並んでいました。東ドイツ時代の汚染で真っ黒になった像は哀れです。
c0153302_15181214.jpg

この後、人の流れに従って宮殿を見て左側のノイエ・カルマン(Neue Kammern)へ向かいました。横断歩道も無いので車の切れ目で人がどっと渡ります。目の前に風車が迫ります。
c0153302_15271611.jpg

この後、宮殿に戻り、階段を下りて庭園を少し見て(途中で飽きたかな)、駐車した方向へゆっくり戻ります。そこから見えた門が何であるか確かめるために。
その門は1770年に建造されたブランデンブルク門(Brandenburger Tor)でした。
c0153302_1533824.jpg

ベルリンのに比べて小さいですが、デザインと雰囲気が歴史を感じさせます。
それをくぐるとそこは歩行者天国でした。ブランデンブルク通りというようです。
c0153302_15351439.jpg

いろいろなお店が並んでいます。3時過ぎだったので「おやつ」ということでシュニッツェルを一つ頼んで皆でビール乾杯です。後の運転があるので私は一杯だけです(写っているのは同行者のお腹で、ここに2杯入りました)。
c0153302_15365692.jpg

ぶらぶら「ホコテン」を楽しみながら歩いていると上の通りの写真正面のピーター・ポール教会(Kirche St.Peter und Paul)に突き当たり、右手にツインタワーが。
c0153302_15412519.jpg

ナウエン門(Nauentor)です。この門の下を電車が通っています。そこだけ単線になっていて信号制御され電車が行き来します。また、合間を縫ってバスも通ります。
このあたりは赤レンガの倉庫のような建物が続いておりおしゃれな地域です。カフェも時間が有れば行きたかったです。
c0153302_15552163.jpg
c0153302_15553687.jpg

4時過ぎに出発。
っと、ここで事件が....


次へ(ポツダムから)
by AT_fushigi | 2008-01-02 16:00 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/7888207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ヨーロッパ出張中2007年09... お節 >>