ヨーロッパ出張中2007年09月-小旅行第三日目-ポツダム「警官に停止させられ...」

ブランデンブルク門を後にしてベルリンへ向かいます。

高速入り口でのことです。行き先を確認して、右折して高速に乗る道に入りました。このまま、真直ぐ行けば高速に乗れます。そう、直線が長く続いてカーブに掛かりました。
前の2台の車が急にスピードを緩めました。良く分からぬまま追越を掛けて追い抜いたとたん警官が現れ笛を鳴らしました。そのとき思ったのはスピード違反の検問でした。はっきりOKとは言えず、まずい状況だと思いました。
20-30m位過ぎて右に寄せ、止まりました。警官が戻って来いと手を振っています。しょうがないのでバックしました。後ろに数台停められています。
婦人警官が来て何かドイツ語で怒鳴りだしました。良く分からず、英語で説明してほしいと頼みました。「あまり得意じゃないけど」といって「今の運転は危険だ」というのです。「えっ」というと彼女の後ろを指差します。なんと、左から車が降りてくるでは有りませんか。ここは2車線でも上下(高速乗り降り)1車線づつだったのです。
「今、理解した。おそらく入り口や途中のサインを見落としたのだろう。私の運転未熟が原因だ。だけど、この道路の状況紛らわしく思うけれど」と謝りつつ少し文句を言ってみました。免許証を確認していた婦人警官は「危険なことが分かったら2度と同じ間違いを犯さないように」と言って「行ってよろしい。Have a safty drive」と手を振りました。
ほっとして、車をスタートしました。

ベルリンには近くまではスムースに行けたのですが、5時過ぎと有って市内は大渋滞。6時の約束にギリギリ間に合いましたがハラハラしました。ホテルが偶然(知らなかったのですが)借りたレンタカーの斡旋をしていたのでホテル乗り捨てができたので助かりました。
私限定の安い保険にしたので6-700km位一人で運転しました。ドイツは運転しやすいのでそんなに疲れませんでした。また、機会を狙っています。


HOME
by AT_fushigi | 2008-01-02 22:02 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/7890347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国茶壷、はまりそう ヨーロッパ出張中2007年09... >>