中国出張中遊旅2007年11月-上海-豫園周辺

豫園を出てウロウロすると昔を思わす建物が取り囲んでいます。豫園商城です。
c0153302_031158.jpg
c0153302_034010.jpg

こんなのも
c0153302_035372.jpg

マクドナルドもありましたね。ちょっと小腹を満たすため「南翔饅頭店」に向かいます。1870年頃の創業は別の場所だったようです。ここ豫園のお店は1900年に小龍包専門店としてできたそうですが、今では超有名店です。豫園入り口近くのくねくね橋「九曲橋」の近くにあります。
ここでは3階までありますが階毎に出すものが違います。上階ほど高い餡の小龍包となります(同じものが高くなるわけではないようです)。
1階はテイクアウトだけ。
c0153302_016959.jpg

お肉だけの小龍包「鮮肉小龍」のみです。チケットを買って窓口で交換します。手渡し窓の横に「16個12元」「32個24元」と有りました。1個10円ちょっと。
2階もチケットを購入します。ここは1階と同じ「鮮肉小龍(16個12元)」と「蟹肉小龍(蟹肉入り小龍包、16個20元)」以外にもいくつか品数がありました。ここもにぎわっており待ち行列となっています。
私は3階の右、「長興楼」に行きました(左にもありますが名前を記録していないので...)。3階まで来ると、11月の季節物、上海蟹と蟹味噌の小龍包が楽しめるからです(実は3階に行かないと無いとは知りませんでした)。一人でも問題なく座れました、というか空いていました。
メニューを書くと
     「特製蟹黄小龍」 40元(6個) :蟹味噌入り(季節物)
     「特製蟹肉小龍」 22元(6個) :蟹肉入り(季節物)
     「特製鮮肉小龍」 22元(6個) :お肉だけ
     「蟹黄灌湯包」  22元(1個)  :(記事参照)
後、漢字が出ないのですが卵スープが5元です。お茶は10元、ビールは青島10元、百威12元でした。英語のメニューにはこれらは載っていません。漢字が読める日本人は得です。私はDinnerも控えているので「特製蟹黄小龍」とお茶にしました。最初、烏龍茶といったらサントリーの缶が出てきたのでびっくり。茶と言ったら緑茶が出てきました。
レシートを持ってきたので、先にお金を払いました。隣の席のご夫婦に”Japanese?"と話しかけられ、暫し歓談。台湾から来られたそうです。その方たちが食していた中で気になったのが下の写真(了解を得て撮りました)。
c0153302_0461674.jpg

洋食のパイ皮覆いのスープと似ています。大きな小龍包がカップに入っているそうです。これが「蟹黄灌湯包」です。中のスープをストローで頂いて、中身と皮をスプーンで食べます。名前から分かるように蟹味噌入り。
私の「特製蟹黄小龍」が来ました。
c0153302_0495957.jpg

蟹味噌が薄い皮を通して見えます。5個しか写っていませんね。と言うのは、来たとき余りにも美味しそうだったので1個ぱくりと、やってしまったのです。写真を撮って、あっという間に残りの5個も。サイズがテイクアウトのより大きいので「特製」と言うのは大きいと言う事のようです。
そうそう、ここはセットメニューもありますが、好きなものを頼むアラカルトのほうが良いと思います(台湾の人もそう言っていました)。
日本の南翔饅頭店では小龍包が800円位、蟹味噌入りが1800円位ですがこれは「特製」だと思います。でも中国に比べ3倍近い価格です。
さて、お腹を満たして「上海老街」へ行くことに。豫園商城を出ると、北、西、東へ伸びるT字路に来ました。
c0153302_1101613.jpg
c0153302_1102966.jpg
c0153302_1104675.jpg

どの道も清時代の建物の雰囲気を残していると同時に後ろに高層ビルが見えます(世界一を目指している建築中のビルもみえます)。
「上海老街」は古い雰囲気の中で観光客向けのお洒落な商店街を形成しようとしています。
c0153302_1142729.jpg
c0153302_1144066.jpg

ここで立ち退きを拒否したような一角で急須を買いました。気に入っています。
c0153302_1155092.jpg

今度来た時までお店は存続できるでしょうか。北京オリンピックまでにはきれいな町並みが完成するでしょう。
丁度来たタクシーに乗って、ホテルに戻り、上海観光も終わりました。
by AT_fushigi | 2008-01-07 01:18 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/7923313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 上海まるまる at 2008-01-08 19:24 x
こんにちは☆コメントありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します!
なんだか、とっても丁寧に記事をかかれてますねw
ちなみに、小龍包が値上がってるのに驚いてしまいました!
Commented by AT_fushigi at 2008-01-09 23:36
上海まるまるさま
早速来ていただきありがとうございます。よろしくお願いします。記事で誤りなど指摘していただければうれしいです。
私は実は中国が好きです。主に、食と文化遺産です。ただ、今の中国人には時々あきれ返ります。米国人とよく似ているので時々びっくりします。
1Fの小龍包はガイドブックに16個8元だったのにいったら2元でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国-雑聞ービルの階の表示 中国出張中遊旅2007年11月... >>