北米出張2008年2月-レストラン(米国-色々まとめて)-サンディエゴ


San Diegoはメキシコ国境に近く行くなら先ずメキシカンでしょう。また、軍港でありBalitimore同様シーフードが美味しいです。また、イタリア人も多いようでイタリアンも結構あります。まとめて報告します。

空港からのタクシーでドライバーがSan Diegoで一番美味しいシーフードレストランはOceanaireと教えてくれました。

Oceanaire Seafood Room
400 J Street, San Diego, CA 92101
Telephone: +1-619-858-2277

ただし、今回は残念ながら行けませんでした。今回行ったシーフードレストランは2軒。

c0153302_1282398.jpg


Blue Point Coastal Cuisine
565 5th Avenue, San Diego, CA 92101
Telephone: +1-619-233-6623

雰囲気がいいレストランです。まずワンスプーンのサプライズです。マグロの中落ちでした。
c0153302_12114717.jpg

前菜に海の幸のタワーとカラマリフライです。上段が暖かい料理したお皿、下が冷製のお皿です。これで二人分です。下のお皿にマグロの刺身、ガリ、枝豆があるのはご愛嬌です。生カキをもっと食べたかった。カラマリはモンゴウ烏賊で厚い身を拍子切りにしてありやわらかくなかなかいけました。
c0153302_128549.jpg
c0153302_1291123.jpg

メインは海の幸パスタとすずきです。アメリカらしく塩味がいまいちでしたが、自分で調整していただきました。魚は美味しかったです。
c0153302_1213322.jpg
c0153302_12134496.jpg

ワインはお勧めに従いNapa、Sonomaの南のCarnerosのワインです。。甘くなくシーフードに合うすっとしたワインでした。

MacRostie Carneros Chardonnay
by MacRostie
Vintage: 2006
Country: USA
Region: California
Sub-Region: Carneros
Grape: Chardonnay
c0153302_12192077.jpg


もう一軒はビジネスランチで利用しました。
McCormick & Schmick's Restaurant
675 L Street, San Diego, CA 92101
Telephone: +1-619-645-6545

OMINIホテルにあるレストランで確かBaltimoreでも入ったことがあります。前菜は生牡蠣4種のサンプラーとクラブケーキ。牡蠣はミルキーなものでした。金属味はありませんでした。クラブケーキは海老も入った豪華版で美味しかったです。
c0153302_13181981.jpg

メインは黒鯛のポワレですが最高に美味しかったです。下に赤唐辛子のスパイシーなマッシュポテトがありそれをつけながらいただきました。
c0153302_1320341.jpg

ワインはお客様のご希望で私の大好きなJordanです。

Jordan Cabernet Sauvignon
by Jordan Winery
Vintage: 2003
Country: USA
Region: California
Sub-Region: Sonoma, Alexander Valley
Grape: Cabernet Sauvignon
c0153302_13213749.jpg

豪華なランチで大満足でした。

次はステーキ。ここのステーキは美味しかったですよ。雰囲気が高級です。値段もかな。
Morton's the Steakhouse
285 J Street, San Diego, CA 92101
Telephone: +1-619-696-3369
私は別の打ち合わせがあり30分ほど送れて出席。すでに、大鉢の前菜は半分以上なくなっており写真にできませんでした。蟹、ロブスターなど海の幸盛です。
メインは私は8オンス(約230g)のフィレミニヨンと蟹のコンポを選びました。このステーキが美味しくたちまち食べてしまいました。ミディアムレアがきちんと中は生だけど暖かい状態となっており、塩加減もいい塩梅でした。
c0153302_13262043.jpg

ワインはミディアムというか軽い赤でした。

Flowers Sonoma Coast Pinot Noir
by Flowers
Vintage: 2006
Country: USA
Region: California
Sub-Region: Sonoma Coas
Grape: Pinot Noir
c0153302_13475991.jpg

このお店には個人のワインボックスがありました。
c0153302_13484245.jpg

人気店らしく入店する人が絶えません。

最終日は日本人だけで出かけました。開放感でカメラを忘れてしまいました。イタリアンです。

Trattoria La Bocca
515 5th Avenue, San Diego, CA 92101
Telephone: +1-619-232-3352

前菜の盛り合わせはまさにイタリアン。プロシュートやトマト・モッツァレラ、ナスやピメントの焼いたの、アンチョビ、アティーチョークなどなど。大胆にも皆パスタを頼みました。アメリカのパスタは茹ですぎでアルデンテは期待できませんが、この店のお父さんが美味しいと言うので...正解でした。私の頼んだロブスターのラビオリは生ラビオリでアルデンテ。スパゲッティを頼んだ人もアルデンテで美味しかったと。唯一つ、海の幸のスパゲッティを頼んだ人はいまいちの様でした。ボンゴレは赤白どちらも美味しかったそうです。

San Diegoのレストランは米国内としては良いと思いました。一つは軍港から観光地へ移行しようとして、市が力を入れているからだと思います。市内はきれいで、あちこちで建築ラッシュでした。

次へ(第五日目-帰国
by AT_fushigi | 2008-03-04 14:01 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/8372679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ち~坊 at 2008-03-04 22:35 x
お戻り早々のUP、お疲れ様です。
黒鯛のポワレ、美味しそうですね・・・
でもその下のスパイシーなマッシュポテトを添えながら・・・というのが更に気になります。
近年のアメリカンは結構美味しくなっていますよね。
Commented by AT_fushigi at 2008-03-05 08:10
ち~坊様
「まったりバンコク」楽しく拝見しました。ち~坊さんの旅の楽しみ方、その旅行記も素敵で大好きです。
これはとても美味しかったです。メニューに無いお皿ということで特に進められました。ポワレといっても、オリーブオイルで焼いた後、身のほうを炭火で焦げの香りをつけてあり、さらに皮が下になっています。皮がポテトとアスパラガスの水分と香りを吸って、もっちりして美味しくてなかなかいけました。塩焼きだとぱさぱさになりそうなところをポワレしてそれを防いでいるのだと思いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 北米出張2008年2月-第五日... 北米出張2008年2月-レスト... >>