韓国出張2007年12月-第一日目-伝統料理のランチ


11:45に着陸。金浦空港から5分のところで早速ビジネスランチです。

メイフィールドホテル内の韓国伝統宮中料理「蓬莱亭」 です。韓国の伝統家屋「ハノク(韓屋)」で韓国の宮中料理を楽しめるそうですが、今日はランチコースです。
c0153302_231626.jpg

c0153302_23163381.jpgc0153302_23165786.jpg

この建物の屋根は大きく、その曲線に寺の伽藍を想像させます。日差しが結構あり暖かい日でしたが中に入ると少しひんやりします。
部屋に入ると既に5種類の小鉢が置いてあります。青唐辛子のピクルス、ナムル(胡麻味)、白菜キムチ、海老の甘辛揚げとニンニクの芽(茎)、水キムチです。青唐辛子は辛かったですが、キムチなどはそんなに辛さを感じませんでした。海老とナムルが好きでした。
c0153302_2320032.jpg

席に着くと、栗の粥が出される。粥と言ってもねっとりするくらいまで炊いてある。栗の甘さが食欲を誘う。次は干し柿の入ったサラダ。イチゴのドレッシングでした。春の香りが広がります。
c0153302_2353820.jpgc0153302_23535049.jpg

今日はいいカルビが無かったとのことでカルビクイではなく、牛肉のプルコギでした。これを生姜の葉の塩付け(?)で巻いて食べる。コレステロールが上がるのを防ぐそうです。やわらかく、甘口のプルコギはこの葉っぱで巻くといくらでも食べられます。
c0153302_06630.jpg

c0153302_062773.jpg

ご飯と潮汁が出て、魚料理です。潮汁が出て吃驚しました。魚はエボダイで香辛野菜たっぷりで煮てあります。独特のにおいがあるのでその匂い消しも兼ねているようです。意外とあっさりしており、身離れもよく食べやすかったです。
c0153302_0102419.jpg
c0153302_0104544.jpg

最後にジュース、フルーツとお菓子です。ジュースは五味子という実を絞った甘すっぱく口をさっぱりとしてくれます。お菓子は周りは蓬餅、中は栗の餡子だと思います。
c0153302_0153695.jpg

どれも美味しく、辛さもほどほどでした。
なお、料理の説明を英語でするのは難しいらしく、正しく伝わってきたかも分からず正確でないかもしれません。
by AT_fushigi | 2008-04-05 00:27 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/8593572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 韓国出張2007年12月-第一... 韓国出張2007年12月-第一... >>