中国出張2008年4月-第一日目-Dinner


楽しみの夕食です。今日は鼈(スッポン)鍋です。

行ったお店がこちら。3回目かな?お金持ちの住む高級住宅街の中にあるそうです。
c0153302_11534295.jpg

-- 覇王農庄 (メニューには庄の字が使われていました)
-- 深圳市福田区紅荔西路
-- 0755-83701000

メニューをちらり。お鍋はスッポンと野生の鶏にしました。他に豚などと混じって鰐もありましたが8月以降ということでほっとしました。そうでなかったら現地スタッフが頼んでいたでしょう。中国では山鶏というのは野生の(wild)鶏のことだといっていたが所謂放し飼いなのだろうと思いました。
c0153302_115503.jpg
c0153302_1156026.jpg

お酒は最初に56度の「白酒」で乾杯して、食事には「黄老酒」を頂くことに。お茶は「凍頂烏龍茶」です。
c0153302_11562182.jpgc0153302_11563573.jpg

最初のお皿は5種の山菜です。蕨とかコゴミ見たいな山菜の御浸しです。あしたばのような葉っぱもありました。
c0153302_1232645.jpg

黒豆豆腐。黒豆の香ばしさが少しありましたが普通の豆腐料理。
c0153302_1283640.jpg

ロバときのこの炒め物。ロバは時々食します。結構美味です。生姜が利いていてなぜか元気が出るような気がします。きのこがヌルシャキで美味しかったです。
c0153302_1210248.jpg

今日のメイン、鍋です。スープに新鮮なスッポンの血をいれ、野菜、鳥のじっくり煮込んだもの、スッポンを入れて煮えたら頂きます。まず、鶏肉と野菜を取り分けてくれます。鶏は味がしっかりしておりかみ締めるほどに美味しさが実感できます。
c0153302_1211161.jpg

次にスッポンです。スッポンのゼラチンが美味しいです。スッポンの甲羅は別のお皿で出てきます。
c0153302_1213182.jpg
c0153302_12131971.jpg

ご飯は特別に育てたという米。黒いのがお米なのか他の材料なのかは聞き忘れました。お店の人はずいぶん講釈していたのですが....
c0153302_12135711.jpg

最後はフルーツ。中国では必ずスイカを食べます。
c0153302_12141684.jpg


こういうお店に来ると中国人の食に対する執着を感じます。特に、最近は健康ブームらしく素材やお茶などで特徴あるお店に行くことが増えたと思います。
ここの素材にこだわった料理はどれも料理法は新しくありませんが、滋味で、きっと滋養にも富んでいるのだとおもいます。メニューには素材の説明が長々とありました。「中国伝統養生聖地」の文字もありました。

次へ(中国出張2008年4月-第二日目-Dinner)
by AT_fushigi | 2008-04-19 13:18 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/8690807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国出張2008年4月-第二日... 中国出張2008年4月-第一日... >>