レストラン(日本-和食)-東京(大森)-仲志満


ミシュラン東京発刊後、海外営業の日本のレストランへの関心が高くなっています。このため、彼らと評判のレストランへ行く機会が増えました。今まで紹介したレストランのいくつかは海外営業といったものです。ただ、外人だと印象が残っていると思い特にそのことは書きませんでした。今回も海外営業ですが日本人なので許してもらいましょう。
「どこにしようかな」と考えていたとき、ちょうど施基さんのブログ「施基彩々」に「仲志満」が載っていたのでここに決め予約を入れました。営業さんから都心に出るのは億劫と聞いていたので丁度良かったです。

■ お店

「仲志満」
-- 住所  大田区大森北1-11-11
-- 電話  03-3762-1765
-- 営業時間  [月~土] 18:00~23:00(L.O.22:00) [土] 12:00~14:30ランチあり
-- 定休日  日曜日 
-- カード  不可 
-- カウンター6-7 席/テーブル2

c0153302_16491142.jpg

大森駅から東方向の西友に向かって歩くと信号がある。その一歩手前の道に右折し、しばらくいくと右手のビルの2階にある。簡素な内装の階段を上ると紺色の暖簾がかかっている。駅から5分くらいだが駅前の喧騒が信じられないくらい静かな場所にある。
c0153302_16493292.jpg

入ると正面に化粧室に続く明るい暖簾がかかっている。右手に曲がると、右にカウンター、左に2つテーブル席がある。
若い女性(女将ではないと思うのだが...)にカウンターに案内された。サントリープレミアムモルツの生ビールを頼んで、落ち着いて見回す。カウンターには「分とく山」出身のやさしそうなご主人がいて、若い女性と二人で切り盛りしているようだ。店の奥にはガラス扉の日本酒の保管庫がある。
c0153302_1657694.jpgc0153302_1651082.jpg


■ 料理

 コースは事前予約で、5,000円、7,000円、10,000円があるが7,000円を予約した。

 海胆茶碗蒸し
 順菜、鳥、鰆西京焼
 鮎魚女(あいなめ)沢煮
 カマス焼霜造り、眞子鰈、煽(あおり)烏賊
 丸茄子帆立和蘭煮
 穴子焼、子烏賊、新生姜
 稚鮎天麩羅
 (稚鮎南蛮漬)
 蟹炊き込みご飯
 味噌汁、香の物
 苺

■ 酒

 「隆」 足柄若水純米吟醸生 白 
   蔵元:川西屋酒造店
   所在地:神奈川県足柄上郡山北町
   酒度:+3.5、酸度:2.1 、アルコール度:15-16%
   酵母:9号系、米:若水(足柄米)、精米歩合:55%
   (参考価格:1.8L 2,992円)

 「片野桜」 特別純米無濾過生原酒
   蔵元:山野酒造(株)
   所在地:大阪府交野市
   酒度:+3.0、酸度:1.7 、アルコール度:17-18%
   酵母:-、米:五百万石、精米歩合:60%
   (参考価格:1.8L 2,625円)

 「片野桜」 山廃仕込純米無濾過生原酒
   蔵元:山野酒造(株)
   所在地:大阪府交野市
   酒度:-1.0、酸度:1.9 、アルコール度:17-18%
   酵母:-、米:山田錦、精米歩合:65%
   (参考価格:1.8L 2,940円)
c0153302_1762646.jpgc0153302_1763532.jpg


■ 食事

まず、先付けで「海胆茶碗蒸し」が出た。
c0153302_16552552.jpg

即お酒にする。ご主人のお勧めに従うことにした。「隆」が出てきた。初めてのお酒。芳醇でありながらすっきりしているが、微かに香りが下に残っている感じが心地よい。この後「片野桜」の純米原酒2種類がでたが、私好みのお酒であった。
「順菜、鳥モロミ煮、鰆西京焼」。ジュンサイは今年初めて。三杯酢がかかっておりグラスを持って口に流し込む。ヌルッ、プチプチと食感を楽しむ。チキンはモロミだと思うのだが思い出せない。鰆の西京焼きは大好物である。ただ、ディスプレイとしてジュンサイとほかは別の器にしていただきたかった。
c0153302_1741329.jpg

鮎魚女(あいなめ)沢煮。上に載っているお野菜が美味しさ、出汁の美味しさ、アイナメのぷりぷりした身を十分に楽しんだ。野菜が美味しいと嬉しい。
c0153302_176465.jpg

お造り「カマス焼霜造り、眞子鰈、煽(あおり)烏賊」。焼霜造りというのは初めて食したが味が濃い感じで美味しかった。
c0153302_1795984.jpg

煮物「丸茄子帆立和蘭煮」。茄子の煮物は出汁が利いていた。
c0153302_1712183.jpg

焼き物「穴子焼、子烏賊、新生姜」。穴子はカリカリでちょっと独特の風味があった。蛍烏賊かと聞くと違うというが、名前を忘れてしまった。
c0153302_17122196.jpg

「稚鮎天麩羅」は大好物。苦味がだいすきである。営業の人がヨーロッパからの緊急電話でお店の外に出たので一旦中止。この間、稚鮎南蛮漬をいただいた。酢で苦味も薄まってそれはそれで美味しい。
c0153302_17123765.jpg

「蟹炊き込みご飯」分とく山の名物炊き込みご飯。今日は蟹。お鍋ごとまず見せるのも同じ。
c0153302_1713490.jpg

お茶碗に付け分け、味噌汁、香の物が付きます。蟹の出汁を吸ったご飯が美味しくお鍋全部いただいた。
c0153302_17131897.jpg

水菓子「苺」とお茶で宴も終わりです。
c0153302_17133239.jpg


■ 感想等

霞町「すゑとみ」は兄弟子に当たるとのこと。独立するに当たり出身地の大森を選んだとのことであった。やさしそうで物静かなご主人で、美味しいものを期待させる。実際そうであったが。
野菜が美味しいことがお店のレベル判定に使えると考えている。ここの野菜は合格と思う。出汁も美味しいし、仕事が丁寧である。お酒も良い。
大森は来難い場所だが、ぜひまた来たいお勧めのお店である。


レストラン一覧へ    [Blog TOP]
by AT_fushigi | 2008-05-28 17:34 | レストラン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/8941091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shiki_cappa_m at 2008-05-29 19:02
行きたい!!
また行きたくなってしまいます…。
此処は出汁がホントに美味しくて、ご主人がとても穏やかな方で、お勧めなんです。
よいお食事が出来たみたいで、私も嬉しく思います。
私のブログがお役に立てて、よかったです、ありがとうございます。
「片野桜」、都内では此方でしか頂けないお酒でしたよね。
私は好きです。
此方を頂きに、また行きたいと思います。

施基

Commented by AT_fushigi at 2008-05-30 00:21
施基さま
コメントありがとうございました。いつも「施基彩々」の写真を楽しみにしています。色の美しさの捉えかたにはっとすることがしばしばあります。また、時々載る着物の美しさに感心しています。そして、こちら方面の写真があると、「うーーん、これどこだったかなあ」と悩むことも時々あります。お世話になっている方と美味しいものを食べようと探そうとしていて、丁度「仲志満」の写真が出ていて良かったです。ありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金色キウイ 韓国2008年5月-第三日目-... >>