米国2008年6月-第一日目-自動ゲート利用登録


なかなか機会がなくてできなかった自動化ゲート利用の登録しました。

自動化ゲートというより無人入出国審査といったほうが良いでしょう。パスポートと指紋で審査します。
この目的は、時間短縮のようには思われません。実際、人間の審査と比べ同等か人間のほうが早いです。まだ、データベースのアクセスの速度に問題があるのかもしれません。
スピードアップという面で見ると、ゲートの幅が狭いので、人間よりゲートを倍増化でき並ぶ時間を短縮できるかもしれません。
それよりは、指紋照合でより確実な本人確認ができるということではないでしょうか。しかし、今の時代でも指紋なんでしょうか。どうも、本人確認というより犯罪捜査と関係しているような疑いがあります。
いずれにしろ、しばらくは長い列に並ばなくてすむというメリットは享受できそうです。また、ち~坊さんの言うようにパスポートが印で一杯になることも防げます。
c0153302_13492045.jpg


さて、自動化ゲートの解説をします。

設置場所:
  成田空港第一ターミナル南ウィング (つまり、スタアラだと利用可)
  成田空港第二ターミナル南出入国審査場 (JALだと利用できます)

自動化ゲート利用の登録 (成田空港の場合、東京入国管理局2Fでもできるそうです。)
  登録受付場所: 上記設置場所のうち出国審査場(つまり、出国時のみ登録可能)
  受付時間: 9-17時 (北米便利用時など注意)
  登録に必要なもの: パスポート。申請書類は受付にあり記入に2分とかからない。
  登録方法: 全部で5分程度
      申請書類に記入。
      パスポートと申請書を受付に提出。南ウィングでは審査ブース#2であった。
      左右のひとさし指をセンサーに当て、指紋を採取。(米国と同じだが両手一度)
      パスポートに登録済み印が押されてパスポート返却。
  申請書記入内容:氏名、性別、誕生日、住所、電話番号、パスポート番号、有効期限
      サイン、サイン年月日
  有効期限:パスポートの有効期限の前日。(システムの都合らしい)
c0153302_13485838.jpg

自動ゲートの利用方法(無人ボックス型)
  ゲートの入り口でパスポートを読み取り機械にかざす。
  扉が開く
  中に入り、指紋読み取りセンサーに両手の登録した指を押さえる。
  照合できれば出口が開いて審査終了。
c0153302_13412239.jpg

          (写真反射でわかりつらいですね)
また、いろいろ制限とか留意事項もあるようです。普通の人には関係ないようです。
子供の場合、成長で指紋が変形などした場合は照合できない場合があるようです(登録はできます)。


次へ(北米2008年6月-第一日目-成田-ワシントン
by AT_fushigi | 2008-06-12 13:51 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/9032533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ち~坊 at 2008-06-13 14:40 x
オタワだったのですね、お疲れ様です。
自動化ゲートの登録なさったのですね。使う使わないにしても登録しておいた方がいいですよね。
私は帰国の際ゲートに遠い方のイミグレだったので、まだ出国の経験しかないのです。
なので出国印がないのに帰国印がある・・・微妙ですよね。

そしてまだ8年もある私のパスポートですが、22枚(44ページ)中、7枚(14ページ)が満杯、他にちょぼちょぼ押されています。
このペースだとまた危ないので、早く全てのイミグレに設置して欲しいのですが・・・
Commented by AT_fushigi at 2008-06-21 17:04
ち~坊様
訪問ありがとうございます。レスが遅くなり申し訳ありません。帰国しました。帰りは空いていたので早そうな人のほうにしました。
私のパスポートはあと6年あるのにあと6ページしか残っていないのです。ブラジルのビザの1ページとかがもったいなく見えます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 北米2008年6月-第一日目-... 米国出張2008年6月 >>