北米2008年6月-第四日目-週末オタワ観光(II)


ランチの後はオタワ川クルージングです。

美術館横の橋をこちらに渡った下が出発地です。橋は真ん中が鉄道、両側が道路になっています。船着場に行くのにこの橋の下を通るのですが、こちらに来る側の道は網状の金属です。グオーーーーという音とともに車が駆け抜けます。
c0153302_22552245.jpgc0153302_22554769.jpg

チケットを買って船着場に向かうと水陸両用観光バスが上がってきました。
c0153302_22581584.jpg

船が着いて、乗り込みます。
c0153302_22585143.jpg
c0153302_2259687.jpg

川から見た国会議事堂です。
c0153302_2304742.jpg

この左にリドー運河の入り口があります。リドー運河は200年以上前に作られたセントローレンス川沿岸のキングストンと200kmを結ぶ運河です。高低差が10メートル近くあるため、運河を航行するには「ロック」という仕組みが必要です。前後の水門を開け閉めすることで船を持ち上げたり下げたりします。水門が6あるので5つのロックで船を上下させるのでしょう。
c0153302_2384291.jpg

このロックの右側も船着場になっていて船に多くの人が乗り込んできました。その中に結婚ほやほやのカップルがいると放送が入りました。
c0153302_23104758.jpg

ここから上流へ向かい戻ってきます。川から見た国立図書館です。
c0153302_23122782.jpg

おっと、美術館とどこかの教会が並んで見えます。
c0153302_23142664.jpg

別の角度からのシャトーホテルの川からの風景です。
c0153302_23133321.jpg

橋の下を通ってしばらくいくと滝です。これはリドー運河の水が落ちているのでした。船はぎりぎりまで近づきます。
c0153302_2316544.jpg
c0153302_2317627.jpg

後は岸辺沿いにたつ建物の解説が続きます。また途中でCASINOも船で行けるらしく案内が立っていました。
c0153302_23192786.jpg
c0153302_23193825.jpg


建物ごとにエピソードが語られそれはそれで楽しかったです。でも一番は風に吹かれてリフレッシュしたことです。何も考えずに川の流れを見ながら、顔に当たる心地よい風にボーとしてしまいます。
まず、新婚さんたちが降り、私たちの乗った船着場が後です。駐車場に車が無ければ降りたのですが。
c0153302_23263666.jpg

戻って車でバイワードマーケットに向かいました。

次(第四日目-週末オタワお土産Dinner
by AT_fushigi | 2008-06-22 23:28 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/9095963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 北米2008年6月-第四日目-... 北米2008年6月-第四日目-... >>