北米2008年6月-第五日目-オタワ-サンフランシスコ


今日はシカゴ経由でサンフランシスコへ移動です。

実は予感がして2日前飛行機の便を変更していました。
当初は
  オタワ-シカゴ UA7627 10:40-11:45
  シカゴ-サンフラン UA145 12:41-15:05
でした。メープルシロップを買ったのでチェックインするのでこの54分のトランジットに不安を覚えたのです。オタワで米国での入国審査を受けるのでシカゴでは国内便のトランジットです。30分あれば大丈夫ということでしたが不安があってシカゴ発を一便遅らせました。
  シカゴ-サンフラン UA149 15:05-17:29
3時間20分ですので十分です。十分すぎてラウンジで過ごすしかありません。

ところが私の前日に同僚が私の当初と同じフライトで移動しました。その時はチェックインしても問題なかったとのことで心配性だなあと笑われました。

さて、朝起きると快晴です。
オタワ空港では米国へのフライトはここで入国するためチェックインから違います。米国向けフライト専用のチェックインカウンターへ行きます。チェックインすると税関審査書類を渡されます。
チェックインを終了すると全ての荷物を持ってカウンターの裏に廻ります。すぐDuty Freeがあり、ここで買ったものは荷物に入れられます。もし、荷物をチェックインしたくなければ液体を買ってはいけません。ゲート傍でメープルシロップなどは買えます。国内トランジットなのでシカゴではセキュリティを通らないのでそこで買うのが便利です。
また、税関書類を書くカウンターがあり記入します。その先におじさんが待っていて書類をチェックしてくれます。
順路を進むとチェックイン荷物がある人とない人でコースが分かれ、ない場合はセキュリティチェックに進みます。チェックイン荷物はスクリーニング装置に入れ、OKが出れば荷物を預けたままセキュリティに行きます。セキュリティの後が入国審査です。普通に指紋チェックや写真を撮られます。税関申告書もここで回収されます。以前、入国審査後に別の人が回収された記憶もあります。
ゲートに行くとカナダの街角にあるコーヒーショップTim Hortonsがあります。お土産屋ではメープルシロップも買えます。ビールやサンドイッチなどもあります。

朝食をとらなかったのでTim Hortonsでコーヒーとビスケットを買いました。と「シカゴ便はシカゴ天候不良のため出発が遅れます」とのアナウンスが。
仕方ないなあとビスケットを齧っていたら「シカゴ便はシカゴ空港付近のサンダーストームのためチェックインを12:00で予定していますが天候の回復が確認できるまでは出発できません」。チェックインが1時間40分遅れる(10:20-->12:00)ということは3時間20分の余裕が1時間40分に...ちょうど良くなった。
で結局12:00チェックイン、12:20分ごろゲートを離れたのでした。

飛行は順調でシカゴも晴れており、かろうじてターミナルの各所に水がポタポタ垂れているのが激しい嵐を想像させるのみです。
ラウンジで休んでゲートに行ってびっくり。大勢の人です。嵐で着陸できず乗り遅れた人たちが次便に殺到していたのです。
見回すとディスプレイにスタンバイ待ちの表示がありました。なんと47人。出発が遅れた時点で次便に変えた人もいたのでしょうが、できずスタンバイとなった人たちです。一便遅らせておいて正解でした。
c0153302_19135416.jpgc0153302_1914422.jpg

(ダブルクリックで字が読めます)
結局この便では15人しか乗れなかったようです。満席で出発しました。

ちなみにこのディスプレイはいろんな情報が流れてきます。天気予報まであります。
c0153302_1917031.jpgc0153302_1917741.jpg

(ダブルクリックで字が読めます)

閑話休題
無事サンフランシスコに到着し先発隊と合流です。なぜか中華料理がいいということになり(私は昨日中華だったんだと言いたかったのですが...)、一人が案内して行くことに。ところが父の日でどこも予約客で満員・満席。店を転々とします。
最後は記憶を手繰って「May flower」(五月花)に行くことにしやっと席に着くことができました。五月花は何箇所か展開していますが安心して利用できるチャイニーズレストランです。
入り口で父の日スペシャルメニューをもらうと10人前しかありません。一番高いので$368。一番えらそうなスタッフを呼んでこれと同じメニューで人数分とオーダーしました。
彼は困った顔をしましたがお願いと頼むとキッチンに相談に行ってくれました。北京ダックは10人前のままで一人$39とのこと。了解し楽しみました。カメラを忘れたので料理の写真はありませんが中国人家族パーティ用ですから量が日本人には多すぎ、残してしまいました。
c0153302_1946150.jpg

(ダブルクリックで字が読めます)

満腹でホテルに戻り、荷物をあけると、紙切れが...
c0153302_19471928.jpg

(ダブルクリックで字が読めます)
鍵を開けてチェックされてました。そのためせっかくパックしてあったビスケットの箱が無造作に入れられ角がへこんでいました。でもどうしようもありません。
お風呂に入って忘れてしまいましょう。髪を乾かしてベッドに入ったら即寝てしまいました。

次へ(第六、七日目-仕事三昧
by AT_fushigi | 2008-06-24 19:54 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/9106363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ち~坊 at 2008-06-25 06:58 x
シカゴはサンダーストーム銀座ですが、こんな時期でもあるのですね。
便変しておいて正解、まさに先見の明といったところですね。
私も2006年3月にマイアミに行った際、乗り継ぎのシカゴで遭遇し9時間もRCCにいたことがあります、日本に戻ってこれる時間ですよ~。
その時もあの近代的な空港の通路に、雨漏りを受けるための大きなバケツがあっちこっちに置かれていましたっけ・・・

別件ですが、NYからの直行帰国便(UA)で帰宅したら、ベーグルを1個ずつジップロックに入れ、何重にも包んでおいたビニール袋が破られ、中を確認した形跡がありました。
日本だったら破るまではしないですよねぇ。食べ物だけに気味が悪かったです。
Commented by AT_fushigi at 2008-06-25 18:11
ち~坊さん
9時間ですか。私も13時ごろから20時ごろまでレッドカーペットクラブで過ごしたことがあります。もともと5時間待ちだったのですがキャンセルされてコードシェアの次便に乗ったのです。
このラウンジは食べるものがプアなので外で食べました。余りを持って入ろうとしたら受付でストップがかかりました。しょうがないので一旦外に出て袋に入れて持ち込みました。
鞄を調べられるのはいやですよね。下着なんか触られていないか気になります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 北米2008年6月-第六、七日... 北米2008年6月-第四日目-... >>