米国出張2008年7月-第一日目-まだANAラウンジです


記事をアップした後、美味しいお酒を楽しめたのでお酒を紹介します。ラウンジにあったお酒6種類をちょっとづつ、そして書きお酒を両方とも1合ずつ頂いたので乗機前にちょっと良い気分になりすぎたかもしれません。

「浦霞」 純米生酒
   蔵元:佐浦
   所在地:宮城県塩釜市
   酒度:+2、酸度:1.5 、アルコール度:16-17%
   酵母:浦霞酵母、米:マナムスメ、精米歩合:65%
   (参考価格 1.8L 2,900円)

淡麗に仕上げてある。生酒なので酸味がありすっきり感が残る。この酸味と旨みがさわやかな夏のお酒の特徴。いくらでも入っていく危ないお酒。
c0153302_0525452.jpg


歩いていてふと見ると冷蔵庫の透明ガラスの向こうに美味しそうなお酒発見。

「熟露枯」(うろこ) 山廃純米 熟成酒
   蔵元:島崎酒造
   所在地:木県那須烏山市
   酒度:+2、酸度:1.4 、アルコール度:17-18%
   酵母:1001、米:雪の精、精米歩合:65%
   貯蔵開始:H16.6.30
   (参考価格 1.8L 2,940円)
旨みが濃く、熟成された味。
c0153302_112529.jpg

洞窟低温熟成酒とあるので、帰国後調べて記事を追加します。

次へ(機内では...
by AT_fushigi | 2008-07-12 01:14 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/9207993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 米国出張2008年7月-第一日... 米国出張2008年7月-第一日... >>