中国出張2008年8月-第一日目-成田から深圳へ


無事搭乗、離陸です。

席は右の窓側です。飛行ルートは成田を出発、東京湾をかすめて富士山へ。富士山下方に、小豆色をした富士で頂上のお鉢が見えました。写真は取れませんでした。その後、名古屋空港の上空、関西空港を右手に見ながら進みます。四万十川が見えてきました。
このルート初めての窓側でした。いつもの旅行会社はいつも気を利かせて通路席です。今回はアップグレードをWEBで行った際窓側の席を取ってみました。天候よければ見ごたえあるルートだとわかりました。次回はカメラを構えてしっかり楽しみたいと思います。
今回は暑さのためかかなり霞んでいました。例えば関空です。
c0153302_1613881.jpg

さて、富士山を過ぎた当りでおつまみが出ました。籠にあけて食してくださいとあります。飲み物はシャブリにしたのですが今一かなあ。
c0153302_1634144.jpg
c0153302_163543.jpg

食事は和食です。「がんばれ!日本!」だそうです。金目鯛を「金」にかけたそうです。

前菜: かじき昆布押しと小鯛笹漬け
小鉢: 蛸柔らか煮(茗荷、しし唐、エリンギ、太葱)
     川海老艶煮と湯葉含め煮(アスパラガス柔らか煮、松の実味噌)
主菜: 金目鯛煮付け(椎茸、人参、鞘隠元、冬瓜、筍、蒟蒻)
俵御飯、味噌汁
アイスクリーム

かじきがもっちりで昆布の味が利いて美味しかったです。金目鯛はちょっとぱさついていた。全体的に野菜が美味しくいただけました。
c0153302_1644318.jpg
c0153302_1645488.jpg

お刺身に面白いものが。「ワサオーロ」天然由来の抗菌シートだそうです。これははずし忘れでしょうか。山葵の抗菌作用を利用しているのでしょう。
c0153302_1651449.jpg

さて、食事後は明日の会議の準備。急だったので大忙しです。しかし、資料完成前に無事到着。

いつも通りに香港に入国しないで、フェリーで直接深圳に入ります。詳しくはこちら
c0153302_1654377.jpg

今回はフェリー乗り場に行くバスの一番前の席でしたが、フェリー乗り場からのバスとすれ違いました。初めて1車線だと気がつきました。気をつけてみると退避スペースがところどころにありました。
c0153302_1661324.jpg

中国で入国審査、税関検査が終わって、安心して下の出口の写真を撮っていたら出口を出るまでは撮影禁止と怒られてしまいました。
c0153302_167232.jpg

出てタクシーでホテルに向かいました。
c0153302_167203.jpg

前回と同じ「東華ホリデーイン」です。フェリー乗り場からホテルまで24元でした。

フロントでは、最近滞在の記録があったのか覚えていてくれたのか「果物送ります」と。
c0153302_1674999.jpg

中国のホテルのミネラルウォーターは高いです。このホテルでもエビアンの小瓶が30元(500円程度)。最近、無料提供が多くなってきており、このホテルでは洗面台のところに無料のお水が置いてあります。
c0153302_1681997.jpg
c0153302_1682724.jpg

部屋はこんな感じで悪くは無いです。
c0153302_1684334.jpg


←前へ [目次] 次へ→(中国出張2008年8月-第一日目-嵐のなかのDinner
by AT_fushigi | 2008-08-09 16:08 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/9408537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by galleriaarsapua at 2008-08-10 21:24
暑い中、中国出張、お疲れさまでした。
中国の現在の様子が手に取るように想像できておもしろいです。
フェリー乗り場に行く為のバスの道のりが一車線で所々に待避所が設けられているとの事、山道の細い道をよく運転している私にはとても共感を持ち納得しました。
中国の近代化は過ぎですね。空港のタクシー乗り場は関空みたいです。
勿論これは表の顔で色んな顔の中国があるのでしょうけれど。
ミネラルウォーター500円はびっくり。
この30元という価値は都会と山奥の田舎とでは本当に違うのでしょうね。
Commented by AT_fushigi at 2008-08-11 08:25
galleriaarsapuaさま
コメントありがとうございます。イタリアからの情報、そして今はチンクエテッレで楽しんでいらしゃる様子を楽しみにしています。
中国は発展途上ですが大国になるでしょう。今は貧富の差が大きく、近代化部分と残されている部分がごっちゃになっています。これは急激なる変貌を遂げている現在しょうがないことです。ただ残念なのは近代化のため古いものが壊されているというニュースを見ることです。こういうものを大事に思えるようになって初めて近代国家になったといえるのではないでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国出張2008年8月-第一日... 中国出張2008年8月-第一日... >>