中国出張2008年8月-第三日目-北京(人気スポットでDinner)


空港から市内へ。道路の追い越し車線の最左はオリンピック専用レーンです。表示もあります。進入禁止の信号も。
c0153302_251819.jpg
c0153302_252986.jpg

タクシーのなかには国旗をハタハタと。
c0153302_26337.jpg

新しい故宮をデザインしたと思われる料金所を過ぎたところでタクシーが止まりました。前に詰まっています。誰かVIPが通過するからだそうです。車の外に出て見物しようとした人もいましたが警官に怒られ、車に戻されました。
c0153302_28324.jpg
c0153302_284232.jpg

すごい勢いで黒い車が数台駆け抜け解放です。霞の掛かった北京の風景を見ているうちにホテルに着きました。日航ホテルです。開会式前日の明日からは一般客は取らないとかで今晩だけの滞在です。ちょっと高めの950元です。
c0153302_2134789.jpg

夕食は中心部の人気スポットということで楽しみです。
ここは什刹海風景区といわれる地区にあります。故宮の西の南海、中海、北海と池を北上し地安門西大街を越えると前海と后海(後海)があります。この前海と后海の岸辺を数年前から民家を改装したり改築したりして洒落たバーやレストランなどにしていった観光客の多く訪れる地域だそうです。
この前海の西岸は「荷花市場」といわれ特に人気のバーやレストランが集まっています。荷花はLotusのことだそうです。地安門西大街から入ると門があります。人でごった返しています。半数近くは外国人かもしれません、多く感じました。
c0153302_2371125.jpg
c0153302_2372749.jpg


目指すレストランは

「S'SILK ROAD 茶馬古道」
-- 住所  北京西城区什刹海前海西沿荷花市場内
-- 電話  010-66155515

c0153302_3205154.jpg

外でフラッシュをたかなかったので、写真がぶれています。

「茶馬古道」は現代城と王府井にもお店があるとのこと。茶馬古道とは雲南省で取れた茶をチベットの馬と交換したことから名付けられた交易路のことだそうだ。雲南省の料理を出すらしい。プーアール茶とともに健康的ということで流行っているそうである。
受付からサーブする女性まで少数民族のものと思われる衣装を着けている。雲南省の伝統的衣装でしょう。帽子に特徴がある。

先付け。ここは野菜(山菜)が有名らしい。
c0153302_304734.jpg

焼肉4種。焼肉も名物で一頭焼いて4種の部位。レバーとベーコンはわかるのだが...
c0153302_342882.jpg

中華ハムと茸と青唐辛子の炒め煮。想像通り辛い。なめ茸のような茸が美味しい。
c0153302_372048.jpg

羊の肉をくたくたに煮たもののようだ。味噌につけお饅頭のようなものを割って挟み食するのだが、味噌が塩辛く少量でよかった。肉は脂肪も無くそれだけでも美味しい。遊牧民の料理だそうだ。
c0153302_3112130.jpg

次も茸と野菜の炒め物。今度の茸はエリンギのようにシャキシャキ、プルンとしていて食感が楽しめる。野菜も何種類かあり美味しいお皿だった。
c0153302_3135530.jpg

何やら木の実やいろんなものをもち米で蒸したおこわのよう。甘い味がちょっと他の料理と馴染まない。雲南省の料理か?
c0153302_315326.jpg

お店のSPECIAL、野菜。ちょっと硬くて、山菜を楽しむというならしょうがないかという感じ。
c0153302_3195826.jpg


これで3人分です。機内で万が一の場合を考え全員機内食を食していたのでこれでおなか一杯になりました。
実は写真に取らなかったのですが注がれる「白酒」を次々「乾杯」して最後は全員気持ちよくなりました。

ホテルに戻ると入り口は一箇所になっており、パスポートか部屋のキーの提示が必要と表示が。でも、日航ホテルです。ちゃんと覚えてくれていて顔パスで通りました。

次へ→(Starbucksタンブラー@長城、北京・天壇
or
←前へ [目次] 次へ→(第三日目-北京(故宮へ)
by AT_fushigi | 2008-08-12 03:25 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/9429248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< Starbucksタンブラー@... 中国出張2008年8月-第三日... >>