中国出張2008年8月-第三日目-北京・パスポート紛失事件


紫禁城を見学して満足して北京新世紀日航飯店(日航ホテル)に戻ってきました。翌日が北京オリンピックの開会式。今晩から一般人は泊まれないとかで別のホテルに移動です。
ホテルの玄関付近は車で混雑。タクシーの乗り付けにも時間がかかりました。
入り口には美女が並んで待っています。ここでレセプションか何かあるようです。政府関係者が来るのでセキュリティも厳しいとホテルの人が言っていました。
c0153302_11133210.jpg

朝預けた荷物をピックアップし、疲れを感じたのでホテルラウンジへ。北京地元の「燕京ビール」を頼んでソファーに身を沈めました。
c0153302_11161946.jpg


ここまでは...大満足。タクシーで今晩のホテルに向かいます。途中オリンピック会場近くを通ったのですが、ちょうど聖火が会場に着いたところとのことで大混雑でした。

さて、悲劇はホテルについて起こりました。
チェックインしようとして
パスポートが無い」。
ビジネスバッグの定位置に無い。

それから、ホテルの人に事情を説明して場所をもらい、ポケットを探し、バッグをひっくり返して調べました。「無い!」。ホテルの人が時々心配そうに覗きに来ます。

まず、今日の夕食を共にすることにしていた現地の営業の人に事情を電話で説明しました。これを解決しないと夕食にはいけません。すぐにホテルに向かうと言って切れました。

それから、記憶を手繰ります。最後にパスポートを見たのを思い出す努力をしました。
昨晩寝る前に財布と一緒に確認して、それ以降見ていない。朝は時間が無く、いろんなものをビジネスバッグに詰め込んで部屋を出た。最後に忘れ物が無いか確認したつもりだが...仕事では会議机の上でパソコンの出し入れだけだったし...紫禁城でカメラを出したが営業の人の前で出したので何か落ちたらどっちかが気がつくだろう...入れるときに落ちることは無いだろう...などなど。

結果、朝ビジネスバッグに詰め込むときにパスポートの記憶が無いのがおかしい。ホテルの可能性が高いと、日航ホテルに電話しました。日本語のわかる人が出てきて忘れ物がないか、部屋係りの人に聞いてくれるなどしてくれ、さらに、すでに部屋に人が入っているにもかかわらず部屋を実際に調べてくれました。本当に感謝です。でも、見つかりませんでした。

ホテルの人に「パスポートはトラブルが多いのですぐに大使館に知らせたほうが良い」と言われました。電話番号(10-6410 6971)を教えてもらって電話します。夜7時なので「今日の業務は終わりました....」とテープが答えます。「えっ」と戸惑いましたが、まもなく「人命にかかわるなど緊急の場合は"7"を押してください」。即7をプッシュ。

すぐに女性の方が出ました。事情を説明したところ、中国でパスポートを無くすと大変だということを言われ再発行より渡航証+ビザ(査証)を取るのが早いと言われました。手順を説明してくれました。以下が手順です。電話での会話なので字など誤りがあるかもしれません。参考程度に読んでください。

(1) 公安局(警察):遺失物届けを出す。「欠失証明」を発行してもらう。
(2) 北京外国人出入境管理局(月-土 8:30-16:30)
          北京市東城区安定門外東大町2番、Tel: 10-8402 0101
           :「欠失証明」を持参し、遺失証明書「護証報失証明書」を発行してもらう
(3) 大使館 北京市東三環北路2番北京南銀ビル2F Tel: 10-6410 6971
          :渡航証を発行。上記証明書、写真2枚(中国2寸サイズ)、戸籍謄本。
           身分証明できるもの多数(パスポートのコピー、運転免許証、健康保険証等)
(4) 北京外国人出入境管理局
          :査証申請、発行。

(1)(2)(3)はその場。ただし、(3)は戸籍謄本取り寄せに3日は掛かる。(4)は最低3日。と言うことで1週間の滞在が必要とのこと。

丁度、明日から9日間の夏休みだし、オリンピックを北京で見ると言うのもいいかなと覚悟を決めました。

まもなく、営業の人が到着。聞いた手続きを説明すると彼も同じことを地元警察で聞いてきたとのこと。問題は1泊2-4,000元(3-6万円)出してもホテルが取れるかどうか。まあ、田舎でもいいかなと思うのですが中国語を話せないと厳しいかなと言われました。

公安局(警察)に行く前に最後のチェックです。2つのバッグから全てを出した状態だったので確認しながら入れていきます。まず、ビジネスバッグ。まず、システム手帳を入れたところ、それに寄りかかっていた、透明の袋が20枚くらいとじられたA5くらいの写真ファイルが倒れました。お札や領収書を入れたり便利に使っているファイルです。二人で目を見合わせました。袋の間からパスポートが滑り出てきたのです。

「ウオ」と彼が声を上げ、「よかった」と。私は呆然としました。このファイルは振ったり、上下から見て、無いことを確認していたからです。ちなみに1ページに上下2枚ある袋はパスポートより小さいので入りません。ページの間に挟まっていたのです。

すぐに気を取り戻し、まず、大使館、そして日航ホテルに連絡。今日のホテルの人に伝えると喜んでくれました。すぐチェックインしてくれました。一緒に喜んでくれたのですが、クレジットカードによるデポジットを取るのを忘れてしまい、後でマネージャが謝りに来てデポジット取りました。

食事のとき彼と話しながら思い出したのですが、日航ホテルだったのでデポジットのときJALカードを使いました。朝、忙しかったのでいつも通りビジネスアカウントのカードを出したところ違うと言われました。JCBだと言われ、あれっと覚えているJCBを出したのですがこれも違うと言うのです。傍で今日の会議の話をしながらだったので気もそぞろだったのでしょう。ちょっとパニックになりました。JALカードをJCBと認識していなかったのです。
日航ホテルだと思い出しJALカードを出したのですが、カードはパスポートのカバーにはさんでおいたのです。このときカードに集中していたのか、パスポートを取り出したことは覚えていません。そして、きっとあわてていたので、バグサイドの定位置に入れたつもりでファイルの間に入ってしまったものと思われます。ビニール同士なので背表紙を持って振っても出てこなかったとしか考えられません。倒れたとき捩れて倒れたので、出てきたものと思われます。
この写真ファイルは探すとき何度も手にしているので、なぜ見つからなかったのか不思議です。日航ホテルの人がこういう場合あわてると見逃しやすいので落ち着いて探すように言ってくれたのを思い出しました。

まあ、結果よければ全て良しということで、チェックイン後、食事に出かけました。

====================================================
←前へ [目次] 次へ→(第三日目-ほっとDinner
by AT_fushigi | 2008-08-23 14:00 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/9521750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ち~坊 at 2008-08-24 07:16 x
実は昨日コメント書いて送信したつもりが・・・消えてしまいました。(涙)
ちょっと酔っていたせいか(笑)もしれないし、
どこか違う所にコメントしたのかなぁ・・・と心配になり、昨夜は寝てしまいました。
で改めまして・・・
パスポート出てきてよかったですね。私も無意識にやった時は失敗が多いです。
たとえば無意識に鍵を閉めると、あとで「閉めたかな?」と不安になりますよね。
駅員さんがする「指差し確認」はとっても良い事だと思って時々使っています。
そして私も1度だけ内容は違いますがそんな経験をしています。
かなり昔マドリッドのオスタルに泊り、南を旅してまたマドリッドのオスタルに戻ってきたら、オスタルのおばちゃんがニコニコしながら私の目の前に赤い物を突き出したのです。それはまさしく私のパスポート! ベッドの下に落ちていたそうです。
私は数日間パスポートを無くした事に気つかず、のほほんと旅していたのです。
でも気がついていたら心臓バクバクでしょうから、不幸中の幸いだったのかも。

PS:紫禁城の詳しい説明ありがとうございました。
Commented by AT_fushigi at 2008-08-24 15:08
ち~坊さま
コメントありがとうございます。パスポートが出て来た瞬間は呆然としてしまいました。それくらい緊張して覚悟していました。ち~坊さんも「らしい」失敗談があるのですね。
紫禁城へ行った時間は出張前は打ち合わせが設定されていました。しかし、オリンピックで金曜日が休み指令が出ていて、木曜日が忙しくなり直前でキャンセルになりました。このため事前調査ができずに出かけました。行ってみて事前調査していたらもっと有意義だったろうなと思いました。建物もそうですが飾りや置物にも歴史的意義や意味を知っていればと思いました。
私は修復もあまりされていない東宮が好きです。天平の甍といいますが紫禁城も権力を感じる構造物もいいですが、やさしい屋根が好きになりました(最近屋根フェッチではないかと思うようになってきました)。昨年12月の出張で景山に行っていますが(http://atxfushigi.exblog.jp/7761302/)ここからの紫禁城の眺めも推奨です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国出張2008年8月-第三日... 中国出張2008年8月-第三日... >>