米国の電子渡航認証取りました(汗)


来週から2週間米国から欧州へ回る世界一周出張なので渡航前電子渡航認証の登録申請をやってみました。結論から言うと簡単でした。要は必須項目はI-94W入国カードと同じ内容をINPUTするだけです。でも、「Approved」が出るまではちょっとドキドキでした。

------------------------------------------------------------------------------------------

先回のサンフランシスコ出張でパスポートコントロール(入国審査)で電子渡航認証に関するリーフレットを配っていました。

要は短期滞在査証免除(観光や商用目的で滞在で90日以内のビザ無しで入国できる優遇措置、VWP:VISA WAIVER PROGRAM )で米国に入国する場合は事前にインターネットで認証を取りなさいということ。
2009年1月12日からはVWPで入国するときは必須になります。

8月1日から任意ですが認証は取れます。電子渡航認証システム:ESTA:Electronic System for Travel Authorizationというようです。今は英語版だけですが10月15日から日本版で認証を受けられるとのこと。

ESTAは、一度認証されると2年間またはパスポートの有効期限日まで有効となり、VWPでの入国は何度でも可能とあります。

ESTAの申請は、渡航の72時間前までにしなければなりません。回答は即座とあります。

このシステムのメリットははっきりしませんが、万が一認証を拒否されればVWPでの入国は不可となり、有無を言わさずVISAの取得が必要となります。VISAを取得しないと飛行機への搭乗も拒否されます。
米国のVISAを取るのは忍耐と時間が必要と聞いたことがあります。1月になってから認証して万が一認証拒否にあったら大変です。任意の今の期間のほうがまだリスクは小さいかと思い認証を受けることにしました。

まず、「渡航前電子渡航認証」でサーチして外務省のニュースからESTAに入りました。

以下は私が認証登録を行った日の画面です。変更されていることもありますのでご注意願います。

最初にポップアップが出て「モニターしてるよ」などとあります。「はいはい、OK」
c0153302_13115754.jpg

手順が示されます。

  Step 1: 申請のページに必要事項の記入を行います。
  Step 2: 申請します。
  Step 3: 登録番号が発行されます。
  Step 4: 認証 (or 拒否)

その下に
  左サイド: 新規登録申請
  右サイド: 記録の変更
今回は初めての登録なので左の「Apply」をクリック。

c0153302_1320375.jpg

(長いページを合成)

入力フォームが現われます。ほとんどの必須項目が、米国VWP入国の際のI-94Wフォームと同じです。私が気がついたのは、「居住国」「パスポート発行国」「パスポート発行日」「パスポート有効期限」が多いかなと。そのほか必須項目ではありませんがE-mail Addressや電話番号などの記入欄もあります。
複数回の渡航に有効ということもあり、航空会社や便名、滞在先などは必須項目にはなっていません。

サインの変わりに「Certification」ボタンをクリックして「NEXT」。
c0153302_13274965.jpg

(これも長いフォームの合成です。)

入力した内容が表示され、最後に「パスポート番号」と「文字」(人間が入力していることを確認、スパム対策です)を入力して登録申請「Apply」です。
c0153302_13382997.jpg

(文字パターンは消しました)

しばらくすると登録番号が送られてきました。英数字で16桁です。メモメモ。番号を控えて「NEXT」。
c0153302_13401839.jpg

(当然ですが登録番号は消してあります。)

しばらくして「Approved」が出ました。ほっと一安心。
c0153302_1355572.jpg

繰り返しますが、画面は変更されることもあると思います。ご注意を。

実際、登録するのに時間は掛かりません。しかし、これはインターネットに慣れていない人には無理です。うちのおばあちゃんには無理だろうな。誰かが手助けする必要があります。
また、悪いことに利用する人が出そうで不安ですね。外務省などは今から認証登録は自分で出来ない場合、旅行会社に依頼するように徹底する必要があると思います。

しかし、このシステムのメリットが分かりません。もうワンステップあるような気がします。
 
by AT_fushigi | 2008-09-13 13:53 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/9698962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ち~坊 at 2008-09-15 06:12 x
興味深く拝見させていただきました。
オーストラリアのETASに対してアメリカはESTAって言うんですね。
ETASは何度も自分でとっていますので、米国のESTAを面倒とは思いません。
でもETASと違うのは、PCで個人的にも取れることですね。
これで多少なり入国以前にふるいをかけられるのでしょう。
2年有効との事なので、渡米が決まってから申請したいと思います。
Commented by AT_fushigi at 2008-09-15 21:10
ち~坊さま
コメントありがとうございます。ESTAは渡航者のためということになっています。あるとしたら着いてから問題が分かるのではなく事前に分かるということでしょうか。何か納得できません。
明日から世界一周の出張に出ます。また、報告入れます。週末はブルージュの予定です。
Commented by Nao at 2008-10-07 10:59 x
はじめまして。私はただいままさにESTAの申請をしようとしているところなのですが、NEXTをおすと*Passport number and verify number do not match. Please check that your passport information is accurate. と表示されます。何度も確認しているのですが、発行:有効期間満了期日には間違いがなく、(パスポートナンバーの記載が違っているのかな?)などと思っています。TGなどを省いた数字のみを入れても同じ表示がでて前へ進めません。何かご教授を頂けたらと思います。。
Commented by AT_fushigi at 2008-10-07 12:10
Naoさま
まず、パスポート番号はTG.........です。
エラーメッセージから違っているのはパスポート番号ではなく他の事項だと思われます。
"match"していないということからpassport informationの上のApplicant Informationに不備があると思われます。そして恐らくプリミティブな、ちょっとした勘違いではないかと思われます。Family nameとgiven nameがひっくり返っているとか、male/femaiボタンを押し間違えたとか。パスポートに書いてある内容と異なるところがあるのだと思います。
あまり助けになりませんね。申し訳ないです。
Commented by AT_fushigi at 2008-10-07 13:57
Naoさま
私も更新を試みましたが跳ね返されました。システムがおかしいのかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 歳時記-中秋の名月 優雅な平日の午後 フェルメール... >>