2017年 11月 08日 ( 1 )

欧州出張2017年09月-第二日目-ベルゲン・最高のシーフードレストラン、ENHJORNINGEN



帰りもケーブルカーで降りてきました。夜のブリッゲンに向かいます。午後9時過ぎで人も少なくなっていました。
c0153302_23334901.jpg

夕食をここで取ろうとぶらぶらしました。広い歩道に店を出していたイタリアンがもう店じまいのようでした。
「地球の歩き方」に載っていたレストランに行くことにしました。周り階段を上ります。
c0153302_23334961.jpg

上ると真っ赤なドアがありました。
c0153302_23334926.jpg

c0153302_23335000.jpg


--- 「Enhjørningen Fiskerestaurant」
--- Address: Enhjørningsgården 29, 5003 Bergen, Norge
--- Phone: +47 55 30 69 50
--- HP: http://www.enhjorningen.no/
時間も遅いので予約無しでも入れました。入り口で気さくそうなスタッフに「まだシェフはいるの」と聞くと「YES」だったので食事をすることにしました。

プロセッコを取ってメニューを見ます。Bacalaoは南欧料理だと思っているので外しました。干鱈はベルゲンから輸出されていたのですがトマトとニンニクで美味しい料理を発明したのはポルトガルやスペインのカトリック圏の人だからです。
結局お薦めを聞いて、クジラのカルパッチョを前菜、オヒョウの蒸し物にしました。
ワインはシャブリが良いというのでお任せしました。これは美味しいワインでした。
c0153302_23553682.jpg


お店はあまり大きくありませんがいい雰囲気です。待っている間にお客が帰って少なくなったので写真を撮りました。
c0153302_23553514.jpg

c0153302_23553536.jpg

c0153302_23553564.jpg


クジラのカルパッチョが来てシャブリが来ました。クジラはスモークしたものでした。クジラのどの部分かと聞いたのですが、なぜそういう質問をするのかという感じでクジラはどこも同じというような返事でした。
c0153302_23594784.jpg

メインンのオヒョウです。シェフが直接届けてくれました。一口頂いて蒸し具合が絶妙だったのでそういうとニヤッとして去りました。ソースとピッタリだったのですがソースは何か分かりませんでした(メニューには書いてあったのですが)。写真は付け合わせが良く見えるようにと食したところを隠すように皿を半回転したものです。
c0153302_23594788.jpg

デザートはパスしてエスプレッソをいただきました。
c0153302_23594810.jpg


終わってブリッゲンを散歩しました。夜は人が疎らで寂しいですが雰囲気はあります。
c0153302_21392420.jpg

c0153302_21392477.jpg


港の岸壁を散歩してホテルに帰ります。ブリッゲンの前に停泊していた帆船です。
c0153302_21392412.jpg

そこから見えるホテルがある港の対岸です。
c0153302_21392555.jpg

倉庫を改造したスタバです。
c0153302_21463560.jpg

魚市場から見たブリッゲンです。
c0153302_21392560.jpg

ホテルの近くに明日のサイクルレースのサポートでしょうかシマノのトラックが止まっていました。このそばのワインバーでワインをいただいてホテルに戻りました。
c0153302_21392533.jpg


ホテルの部屋から見たブリッゲンです。
c0153302_21392634.jpg

明日のレースのメインスポンサーであるVOLVOの臨時のショールームも明るく照らされていました。
c0153302_21392569.jpg

明日は朝8:30の列車に乗らなければなりません。シャワーを浴びて直ぐに寝ました。


by AT_fushigi | 2017-11-08 22:00 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)