カテゴリ:出張・旅行( 948 )

ヨーロッパ出張2007年09月-小旅行第一日目-NY→ゴスラー

年末をゆっくりしています。昔の出張小旅行を紹介します。

この出張は第一週は米国、第二週がドイツ・ベルリン。週末をゴスラー[世界遺産]、ブロッケン山、クヴェトリンブルグ[世界遺産]、ポツダム[世界遺産]を回る小旅行とすることにしました。例によって「欧羅巴の旅」を参考に計画を立てました。このゴスラー旅行の記事もかなり参考にしています。

第一日目:ベルリン到着-ゴスラー(泊)
第二日目:ゴスラー-ブロッケン山-クヴェトリンブルグ(泊)
第三日目:クヴェトリンブルグ-ポツダム-ベルリン

ベルリンから120kmくらい有るのでレンタカーで移動です。BMWの一番安いのにしました。
マニュアルを期待していたのですがオートマでした。久しぶりのアウトバーンなので最初は慎重に運転していましたが目が慣れてくるとビュンビュン飛ばしました。アウトバーン沿いにたくさんの風力発電所群がありプロペラが回っていました。実際風が強く、時々車がスーと横触れします。
c0153302_1101964.jpgc0153302_12112211.jpg


2時間程度で今日泊まるホテルに着きました。途中、ゴスラーの細い一歩通行の道をあっちこっち回って広場に着きました。ホテルは「欧羅巴の旅」にあったホテルを利用しました。市庁舎のあるマルクト広場に面するという立地が良いことと、15世紀の古い建物と言うことで選び、日本からメールで予約していきました。ただ、朝食付きで133ユーロと予定の倍の価格でした(「欧羅巴の旅」では2泊+観光案内で133ユーロと有りましたが9月はハイシーズンとのことで高い料金設定のようです)。

Hotel Kaiserworth
Markt 3, 38640 Goslar
Telephone: (05321) 709-0
http://www.kaiserworth.de/HotelKaiserworth.htm

c0153302_1220225.jpg

丁度結婚パーティが終わり広場には人が溢れていました(ホテルで披露宴があったようです)。ホテルの人が車を横付けにしろというので遠慮しつつ移動しました。外壁がサーモンピンクで、最初ぎょっとしました。また、Kaiserと名前が示すように皇帝の人形が壁に備え付けてあります。
ホテルの部屋のドアに何かかかっています。来たときは写真の左、夜帰ってくると右のようになっていてチェックインすると花側を出すようです。
c0153302_12391259.jpgc0153302_12392511.jpg


部屋は狭いですが清潔でよいセンスの内装です。ベッドはヨーロッパの小さいサイズです。
c0153302_0453055.jpg

6時に待ち合わせて街にでました。丁度6時にマルクト広場に面する時計台が鳴り、騎士による鉱山の発見、中世、近世、近代の採掘の様子を示すからくり人形が回転します。これはゴスラーの歴史に関係あります。ゴスラーはここハルツ地方の中心都市で、銀、銅、鉛が採掘されたランメルスベルク鉱山という1000年以上(ローマ時代にさかのぼる)の歴史ある鉱山の麓にあります。鉱山は残念ながら資源が枯渇し1988年閉山となったそうです。
c0153302_1726619.jpg


c0153302_1727676.jpgc0153302_17284534.jpg

c0153302_17304714.jpgc0153302_17291486.jpg


マルクト広場からホテルの横を通り水路のほうへ向かいます。水路沿いに見所があるようです。
郷土料理レストラン・ヴォルトミューレ(Worthmühle)と同じ水路沿いにある水車(Lohmühle)です。
c0153302_23306.jpgc0153302_2342387.jpg

ゴスラー博物館前にあるUNICEF世界遺産指定を記念した旧市街をモチーフにしたモニュメント(鉱山で栄えた街なので金属製のモニュメントです)。
c0153302_2373519.jpg


水路を渡り、大聖十字救貧院(Grosses Heiliges Kreuz)の芸術家のアトリエ。取り壊された大聖堂の入り口が残されたDomvorhalleと見ました。
c0153302_2381014.jpgc0153302_2382837.jpg

しばらく行くと皇帝の居城(Kaiserplatz)が有ります。フリードリヒ一世とウィルヘルム一世の銅像が有ります。c0153302_0202466.jpgc0153302_020487.jpg


ここまではおのぼりさん的に回っただけで余り興味あるものはありませんでした。
c0153302_0282633.jpg
ハルツ山地方は「魔女の棲む山」で有名です。魔女狩りという暗い過去もありましたが今は観光資源になっています。ところどころで魔女のディスプレイが見られます.


この後、マルクト広場へ別の道で帰りましたが、途中、いわゆる木組みの家が並んでいます。木彫りの飾りも注目しました。
c0153302_0291194.jpgc0153302_029507.jpg


c0153302_0341535.jpgc0153302_034425.jpg


この日町の半分を見てマルクト広場に戻り、ホテルと市庁舎の間の建物の地価にあるビールの居酒屋へ行きビールお楽しんでから、ホテルで軽い夕食を取りました。この時、食後酒にこの地方のリキュールをいただきました。
c0153302_0393143.jpgc0153302_11354560.jpg

ビールと食後酒でほろ酔いとなり、米国から移動してきた疲れと時差の関係で入浴後ベッドに入ったらすぐ寝てしまいました。

次へ
by AT_fushigi | 2007-12-29 11:51 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)

今年の海外出張総括

今年の海外出張は私にとってはクレージーの一言。一昨年から50%位づつ増えて今年は17回です。もちろんこれ以上の回数を行っている人は多くいるとは思いますが...

  1月:米国(3泊5日)
  1月:タイ(4泊5日)
  3月:米国(4泊6日)
  3月:ヨーロッパ(2泊4日)
  4月:カナダ(4泊6日)
  5月:米国(3泊5日)
  5月:中国(3泊4日)
  5月:ヨーロッパ(4泊6日)
  6月:米国(3泊5日)
  7月:米国(3泊5日)
  8月:米国(2泊4日)
  9月:米国→ヨーロッパ(7泊9日)
 10月:米国(3泊5日)
 11月:中国(4泊5日)
 12月:ヨーロッパ(3泊5日)
 12月:中国(2泊3日)
 12月:米国(2泊4日)

今はビジネス環境から米国出張が多いです。3泊が多いのはエコノミー格安は3泊以上で無いと買えないからです。逆に2泊と言うのはビジネスクラスです(除く中国、中国はエコのみ)。
今年の出張での小旅行は

3月:イタリア、ベローナ (1泊、夕方着明日昼発帰国)
5月:スイス、ベルン (1泊、夕方着明日朝発帰国)
9月:ドイツ、ゴスラー、クヴェルトリンブルグ、ブロッケン山系、ポツダム (2泊、土日、月曜からお仕事)
11月:上海・豫園 (0泊、午前着夕食まで)
12月:万里の長城 (0泊、早朝訪問し帰国)

c0153302_1828277.jpg
c0153302_18281276.jpg
c0153302_18282062.jpg

こう見るとアメリカでは小旅行がないなあ。また、ナパバレーに行ってみたいです。
by AT_fushigi | 2007-12-28 18:29 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)

ヨーロッパ出張2007年12月-追加記事-クリスマス市露店

特集:ニュルンベルグクリスマス市露店ショー

ニュルンベルグの写真を整理していたら、露店の写真がいろいろ出てきました。枚数多いので申し訳ないです。
まずはクリスマスらしい写真から。
c0153302_1465670.jpg

ローソク立てです。火をつけると上のプロペラなどが回ります。
c0153302_1573046.jpg

オーナメント、おもちゃとお菓子のお店が多いです。
典型的なオーナメントのお店。
c0153302_1511983.jpg
c0153302_15828100.jpg

私がここで買ったのは
c0153302_1515649.jpg

球やローソクです。
c0153302_1575320.jpg

c0153302_153459.jpg
c0153302_154127.jpg

おもちゃは素朴なものが多いです。
c0153302_201377.jpg
c0153302_205992.jpg
c0153302_212868.jpg

買おうか迷ったのはこのミシン。50ユーロを超えていては...
c0153302_222668.jpg

本やカードも。
c0153302_273227.jpg
c0153302_275178.jpg

お菓子も色々。
c0153302_254173.jpg
c0153302_26488.jpg
c0153302_262138.jpg
c0153302_265389.jpg

どの露店を見ても見飽きることがありません。童心に帰って楽しみました。
by AT_fushigi | 2007-12-23 02:10 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

北米出張2007年12月-第三日目-ニューヨークから帰国

朝7時半に起床。昨日は2時まで飲んでいたので完璧に二日酔いです。話に夢中になるとお酒の量が管理できなくなります。特に英語での会話の場合、間をごまかすため口に運ぶ回数が増えるようです。でも、昨日は楽しいパーティーでした。

不安を覚えて乗った1時間半のLimo移動でしたが、何とか無事乗り切りJFKです。
c0153302_933613.jpg

JALのサクララウンジへ。ダイヤモンド会員の招待でファーストクラスラウンジに入りました。
c0153302_9395259.jpg

ANAのBAラウンジに比べ見劣りします。ワイン等充実した方がいいと思います。
ここで朝食です。迎え酒しようとしたらなんとお酒が無い! 芋焼酎「尽空」をどうぞといわれても、私はお酒でないとだめなのです。しょうがありません、お茶にしました。
c0153302_948529.jpg


搭乗。飲み物はブルゴーニュワインの赤を選びました。

デパニュー マランジュ・ルージュ
ブルゴーニュのワイン産地コート・ドオル(黄金の丘)の最南端にあるマランジュは、もっとも新しいAOCワインです。若くて意欲的なワイン醸造家たちが、葡萄栽培からワイン醸造までテロワールの特徴を最大限に生かすワイン造りに挑戦しています。近代的なピノ・ノワールの繊細でフラワリーな香りとエレガントな味わい。新しい産地の息吹を感じ取ってください。(JAL)

最近中目黒の「石丸館」で飲んだばかりのマランジュです。このマランジュは飲みやすいものでした。
おつまみはスモークチーズとカシューナッツ、サプライズはクリームチーズのズッキーニ巻きとスモークサーモンです。
c0153302_10102054.jpg

食事はまた和食です。まずは八つの肴(旬味彩菜)
c0153302_10281089.jpg

モッツァレラチーズの西京漬け、烏賊鳴門巻き、蟹黄身酢和え、牛蒡と人参の金平仕立て、玉子焼き、鯛南蛮漬け、蒸し鶏山葵餡掛け、ほうれん草とえのき茸のお浸しです。チーズの西京漬けは初めてですが、漬けが足りないかも知れません。烏賊、蟹は普通に美味しかった。鯛の南蛮漬け、蒸し鶏はお酒を美味しくします。お酒は往路と同じ「白楽星」。でも1本だけ。

台の物は「牛と根菜の米沢鍋風味」です。
c0153302_10382091.jpg

ですがこれはちょっといけませんでした。野菜はいかにも冷凍あるいは解凍失敗です。牛もちょっとお肉の匂いが嫌いです。なぜでしょうか?残してしまいました。後、炊き立てご飯、香の物、味噌汁です。デザートはパンナコッタでした。

この後、睡眠不足のためグースー寝てしまいました。2,3時間で目が覚めたのでうどんを頂いて、また爆睡。起きたらもう北海道の東です。慌てて定食を頼むと和食が無く洋食となりました。
c0153302_10541741.jpg

海老とホタテのグリルサフランライス、マッシュルームサラダ、フルーツ、ケーキ。ホタテと海老は焼き加減等よかったです。この洋食も丸です。

JALが力を入れていると言われているロンドン、パリ、フランクフルト、アムステルダム、ニューヨーク、シカゴ線の一つを経験して素晴らしいサービスに満足しました。これは、他社に比べ差をつけています。また先日のミラノ、中国線でもわかるように全体の食事レベルが高いです。
また、JALに乗っていた10年前、再開した去年と比べても、CAやスタッフの改善が感じられました。顧客満足という視点が感じられます。一つギクシャクしていると感じたのは日本人ではないアジア系CAに対する日本人CAの態度です。ANAの一体感をJALではまだ感じられません。改善されると期待しています。
by AT_fushigi | 2007-12-22 11:11 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

北米出張2007年12月-第二日目-ニュージャージー-クリスマスパーティー

今日の仕事終了後、バスでレストランに移動、クリスマスパーティーです。世界各地から来ている営業やスタッフはうきうきした顔をしています。一方日本人はちょっと恥ずかしそうです。
c0153302_228224.jpg


Raven and the Peach
740 River Road, Fair Haven, NJ 07704
Telephone: +1-732 747 4666

この辺では高級なところらしいです。
パーティの様子は企業秘密です。私が頂いたワインだけを紹介しましょう。食事前は飲み物とカナッペをコンパニオンから受け取ったので銘柄等チェックできていません。下記はテーブルでオーダーしたワインです。

c0153302_22323490.jpg

Rubicon Estate Cask Cabernet
2003
Napa Valley, USA

まだ若かった。もう少しまろやかさを期待していた。

c0153302_22442265.jpg

Dutton-Goldfield
2006
Russian River Valley


c0153302_22594531.jpg

Opus One
2000
Napa Valley, USA

ご存知Opus One、少しづつ頂きました。もう少し豊潤さがあっても良いかなと思いました。275ドルの価値はわかりませんでした。

c0153302_22221685.jpg

Ruffino Chianti Reserva Ducale Ore (Gold Label)
2004
Tuscany, Italy

スパイシーだが飲みやすかったです。

食事が終わって、ゲームが始まりました。この辺はすべて省略です。最後はバーでウィスキー、ブランデー、リキュールを飲みながら話す話す。ベッドに戻ったら2:30を過ぎていました。明日は8時出発です。
おやすみなさい。

次へ(第三日目-ニューヨークから帰国
by AT_fushigi | 2007-12-22 00:15 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

北米出張2007年12月-第一日目-ニュージャージー-Hotel&Dinner

今回のホテルは

Oyster Point Hotel
146 Bodman Place, Red Bank, New Jersey 07701
Telephone: +1-800 345 3484

Navesink川のほとりにある、古いけれどちょっと洒落た、部屋数58のホテルです。ヨットハーバーが有って周りはお金持ちの家が並んでいます。Jon Bon Joviが近くに住んでいるらしいです。
15年前の最初の海外出張で泊まった、思い出深いホテルです。古くなって、近くの新興チェーンホテルに比べ見劣りはしますが雰囲気は良好です。
c0153302_12491697.jpg


ロビーもクリスマス気分です。お部屋はいたって普通です。田舎のホテルなので相当広いです。
c0153302_12511467.jpg
c0153302_12512866.jpg

仕事が終わって帰ると入り口のブッシュに電飾が。トナカイでしょうか。
c0153302_12531525.jpg


Dinnerはホテルすぐ近くです。この近辺にしては洒落たお店です。

The Original Basil T's
183 Riverside Avenue、Red Bank, NJ 07701
Telephone: +1-732 842 5990
www.basilt.com

メニューから
   バルサミコ酢のミックスサラダ
   ブカチーニ(bucatini, 長いマカロニあるいは細長いペンネ)トマト味
   舌平目のムニエル
を選びました。到着日に仕事だったので疲れてもいました。気持ち的にはベッドに行きたいだったので、食するほうの意欲は減退していました。余裕を持って味わうことができませんでしたが、パスタがアルデンテでアメリカにしては良い方のイタリアンでした。

次へ(第二日目-ニュージャージー-クリスマスパーティー
by AT_fushigi | 2007-12-21 15:20 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

北米出張2007年12月-第一日目-成田→ニューヨークJFK

欧州、中国、米国と毎週連続の出張です。
普通は月に一回か2ヶ月に一回なので、でもこれは異常な状況。今後起こらないことを願います。

今回はさすがにビジネスOKが出ました。また、ニューヨーク便は食事が良いので楽しみです。ラウンジでPCのトラブルと奮戦しているうち時間が経ってしまいました。ギリギリで解決し、飛行機に飛び乗りました。

ニューヨーク便はSHELL FLAT SEATです。
c0153302_0375217.jpg

さて楽しみの食事です。
まず、ワインはボルドーメドックを選びました。

シャトー・レゾンガール プルミエール・コート・ド・ボルドー 2003
ロンドンでワインバーを経営していた、フィリップ・アンド・サラ・イル夫妻が、1998年に始めたシャトーです。ガロンヌ川右岸のヴィルナーヴ・デ・リオン村に、45ヘクタールの畑を所有して、メルロ(80%)とカベルネ・ソーヴィニョン(20%)を栽培しています。おいしいワインを知る人が理想とする、あふれんばかりの果実味、おおらかなバランスの中に、繊細なタンニンの存在感があり、もっとも現代的なボルドー・スタイル。(JAL)

やはりまだ若いかもしれません。ゆっくり頂きます。
おつまみはプレッツェル、コパン、カシューナッツ、アーモンド。アミューズはモッツェレラチーズ、ミニトマト、アスパラときゅうりのピクルスです。
c0153302_0543532.jpg


食事は和食です。京伏見の料亭「魚三楼」のだそうです。
まず、「八つの肴(旬味彩菜)」。
c0153302_1205589.jpg

鉄皮(ふぐの皮)煮凝り、平目重ね盛り、蕪の柚子味噌田楽と菜の花、花豆甘煮と昆布巻き、菊菜と茸の胡麻和え、鱒小袖寿司、柿なます、数の子と山葵漬け。
見栄えするアレンジです。中身も充実していました。煮凝りを日本酒と口に含んだときの香りにうっとりです。ひらめは縁側もあってちゃんとした刺身(お造り)でした。胡麻和えも芳ばしく、柿なますの干し柿のねっとりした甘さが美味しさを増します。
飲み物は、もちろんお酒にしました。
純米大吟醸 伯楽星 07/12
地元の風土に根ざした、独自の技術体制により生み出された伯楽星。バナナのような優しい香りが広がり、食事を邪魔しない爽やかな仕上がりです。(宮城県)(JAL)新澤醸造店、兵庫産山田錦100%。ミラノ便で飲んだ「天領」より辛口のこっちのほうが好みです(でもあの時は体調悪かったからなあ)。2本(1本180ml)飲んでしまいました。
台の物は「牛肉の治部煮共地餡掛け」はミラノの帰りに食したので「からす鰈と海老芝煮、海老芋の煮卸し餡掛け」にしました。薄味で美味しく炊けています。御飯、香の物、味噌汁です。
c0153302_1241435.jpg

ご飯は「こしひかり」だそうで、機内で炊いたものです。
c0153302_1251644.jpg

デザートはコーヒームースとメープルウォルナットのケーキ(アプリコットのソースを添えて)、コーヒーと頂きました。
c0153302_1274272.jpg

機内食としては贅沢です。9月に搭乗したANAに比べレベルが高いと思いました。こういうことは大いに競争してもらいたいです。

この後、PCでお仕事。ワインを飲みながら、熱中しているうち、「そろそろラストオーダーです」と言われて「えっ」。「お好きなものをお好きなときに」というシステムなので、朝食は申し出た希望者だけなのです。うっかり食べ損なうところでした。和定食を頼みました。
c0153302_2111547.jpg

茸雑炊、筑前炊き、ごぼうと鶏そぼろの白和え、香の物、フルーツです。雑炊が胃にやさしくて美味しかったです。香の物は大根、菜の花とこんにゃくの梅肉和え。
でも、この「お好きなものをお好きなときに」はいいサービスかもしれませんが、説明が無く、メニューを見ないとわからないというのが問題かもしれません。初めてのときは面食らってしまいました。なにか乗客に伝える方法は無いものでしょうか。

次へ(第一日目-ニュージャージー-Hotel&Dinner
by AT_fushigi | 2007-12-21 02:11 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)

中国出張2007年12月-第三日目-北京から帰国

[米国から帰国しました]

長城見学の後、北京空港から帰国です。

空港ではまず出国手続きです。カードとパスポートを見せて通過。その後セキュリティです。成田空港と逆になっているのが面白いです。どういうバックグラウンドがあるのでしょうか。

空港で紹興酒をお土産に買いました・「古越龍山」8年物です。
c0153302_2146117.jpg

ラウンジは共同です。点心は蒸篭にあるのが2種、揚げたものが3種です。カップ麺が数種。お粥もあるようです。朝が早かったので朝食はおにぎり1個だけでした。ビールと点心で空腹を満たします。
c0153302_2138823.jpg

いつの間にかロシア語に囲まれています。アエロフロートの乗務員でしょうか。

定時に出発です。
エビスビールが飲めるのがいいですね。
c0153302_21432423.jpg
c0153302_21434497.jpg

お昼はハム、うどんとビーフシチュウとご飯です。エコご飯としては合格のレベルです。朝早かったのでご飯の後爆睡してしまいました。
by AT_fushigi | 2007-12-20 22:17 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2007年12月-第三日目-北京-長城

全く予定外で万里の長城に行くことができました。長城は観光化された「八達嶺長城」ではなく「慕田峪長城」です。

前日の夕方、天安門へ行くタクシーの運転手が「長城へ行ったか」と聞いてきました。「いや、時間が無くて」と答えると「明日の予定は」と。「お昼ごろのフライトで帰国する」と言うと、「じゃ、大丈夫」と言うのです。結局、「6時ホテル出発、12時前に空港着」で550元で案内してもらうことに。私が紙切れにガイドブックを参考に時間や料金を書いて契約成立(「Your Chinese charcters are GOOD」と言われたが単語を並べただけなので...)。この日の夕食時に中国人に聞くと、一日(朝から晩まで)タクシーを雇うと800元なので、ちょっと高いかもしれないが、まあそんなものかと言う料金だそうです。

さて、朝6時ホテルをチェックアウト。まだ、外は真っ暗で、相当冷え込んでいます。昨日とは違う運転手が近寄ってきました。訝しげな顔をすると昨日の運転手と自分の写真の入ったカードを出しました。昨日の運転手は英語が少し話せたが今日の運転手は本当に片言。さらに、昨日の私の書いた紙切れを提示して「OK?」と出してきました。「OK」と答えて車に乗り込みました。
空は晴れていましたので、楽しみに出発。途中で夜が明けてきました。
c0153302_5424516.jpg

7時半ごろ到着。7時半なので駐車場には私たちのタクシーのみです。運転手が寝ているからと言うので彼を置いて出発。
まず、江澤民による「慕田峪長城」の石碑です。
c0153302_5561350.jpg

さて、案内板によれば(下の写真はロープウェイの上の駅できれいに撮れたものですが)、ロープーウェイ、スライダーがあるようです。さて、ガイドブックによるとロープウェイ(写真右の点線)で登って、長城を歩いて下って、スライダー(同左点線)で降りるのが一般的なコースとのことです。
c0153302_61464.jpg

ロープウェイに乗ろうと坂を上り始めたら女性が大声で呼びます。その声に運転手が出てきて「ロープウェイは9:00から運転、(案内には無いスライダーと並行にある)リフトは8:30から運転。」と通訳してくれました。さらに入場券がいるとのことです。「え、登れないの」と聞くと階段があるとのこと。そこで45元の入場料を払って階段に向かいます。
私たちの入場券を買ったのは「北検票口」(写真参照)だったのでここから登り始めました。結構急な階段を「ハアハア」途中から顎を出しながら登っていくと長城が段々現れます。山中なのでまだ、朝日が当たっています。
c0153302_611147.jpg

長城に着きました。当然ですが私たち以外誰もいません。一人(二人)占め状態です、長城は素晴らしかったです。キーンとした静けさの中で、当時を想像していました。遠くに馬に乗った兵士が見え、歩兵が登ってくるのが見える気がしました。更に雪が景色に色合いをつけます。映画の世界です。
c0153302_1274623.jpg
c0153302_128928.jpg
c0153302_1283236.jpg
c0153302_1285075.jpg
c0153302_129829.jpg

もう少しで駅と言うところでロープウェイが動き出した音が聞こえほっとしました。時計を見ると9:15でした。ロープウェイを使って観光客が降りてきてたちまちそこは観光地になりました。35元(往復は50元)払って下りました。およそ、1時間半(登るのも入れると2時間)のゆっくりした長城見学でしたが、悠久の歴史を感じることができ大満足でした。人が来る前、つまりロープウェイが動き出す前が人も居らず最高の長城を見物できます。お勧めです。
この後、タクシーに向かい、荷物が開けられていないのを確認して空港へ向かいました。

次へ(第三日目-北京から帰国
by AT_fushigi | 2007-12-20 01:38 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)

中国出張2007年12月-第二日目-北京-Dinner

3人で夕食です。中華は少人数だとお皿の数が少なくなるので...広州からの人が一緒なので北京で流行の広東料理に行きました。

c0153302_1515834.jpg


东方红 (EASTRED restaurant)

まず、出てきたのがりんごのマリネ様なもの。ガリガリ食べますがなぜかどこかで食べた味です。びっくり、サラダが出てきました。ミズナみたいです。
c0153302_1552182.jpgc0153302_1554626.jpg


大好きな湯葉の煮物と菜っ葉の炒め物です。
c0153302_371772.jpgc0153302_373673.jpg


揚げ海老のマヨネーズ和えはソースに刻んだハーブ(野菜)の一味加わって美味しかったです。お魚の身は1mm位に薄く削いでありまた。2スライスごとに切り離してあり皮もついていて独特の食感です。取り分けてくれるのですが写真は尾頭付きの主客のお皿です。
c0153302_3124821.jpgc0153302_3143726.jpg


全体的に軽い感じの料理です。Japanese Chineseに近いです。これが新しい傾向と確信しましたが一時的なブームかもしれません。
紹興酒はご存知「会稽山」の八年もの。私たちの間では八年物で味が大体飽和して美味しいということで八年物を頼むのが習慣になっています。

最後に中国の面白い習慣。支払いはテーブルで行うことが多いのですが、支払い済みかどうかわかるような仕組みを取っているところが多いです。この店では植物を置いていきます。
c0153302_3443875.jpg


次へ(第三日目-北京-長城
by AT_fushigi | 2007-12-19 03:45 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)