<   2008年 01月 ( 46 )   > この月の画像一覧

斜交いにもの見れば-中国製餃子問題

中国食品の安全性が問題になっています。

----- 引用はじめ -----

「中国製ギョーザで10人中毒症状 農薬検出 千葉・兵庫」
          2008年01月31日03時11分

日本たばこ産業(JT)子会社の「ジェイティフーズ」(東京都品川区)が輸入した冷凍ギョーザを食べた千葉、兵庫両県の3家族計10人が下痢や嘔吐(おうと)などの中毒症状を訴え、このうち、女児(5)ら3人が一時重体になっていたことが30日、わかった。いずれも中国の食品会社「天洋食品廠公司」の製造。両県警がギョーザを鑑定したところ、メタミドホスなど有機リン系農薬の成分が検出されたため、ジェイティフーズは同公司製造の23品目、約58万点の自主回収を始めた。(略)

----- 引用終わり ----- 
<出展:朝日新聞HP asahi.com、http://www.asahi.com/national/update/0130/TKY200801300289.html>

中国の農薬の問題は従来から日本でも報じられ神経質になっています。生鮮品の輸入検査が厳しくなっていることは知っていますが、好んでリスクを冒す必要はないので野菜など中国産は決して買いません。実際にはスーパーなどに中国産の野菜が並ぶことはまれです。が、ニンニクや筍などいくつかの食品を見かけます。
また、中国の出張先では高級レストランといわれるところ以外は行かないようにしています。屋台で食べるなど危険極まりないと思っています。自分の身を守るためにはしょうがないです。営業からも20-30元(340-500円程度)以下の単品がメニューに並んでいるようなお店には絶対行くなといわれています。高いといっても日本に比べれば安いのだから中国人のお金持ちそうな人がいる高級店を探しなさいと言われています。
中国では高級レストランでは野菜を洗剤で洗って使うと報道されています。これをいかにも問題のように放送していますが、私の母は昔は日本でも洗剤を使っていたと言っていました。日本の場合は、野菜についたギョウチュウなどの虫の卵の除去でした。つまり、人糞を肥料として使っていたからです。今ではそのような自然のリサイクルは無くなりそういうことはなくなりました。きちんと管理された洗剤を適量使えば問題ないと思います。
私は中国と仕事をするのが好きです。中国人は唯我独尊的なところが強く、中国人と付き合うにはエネルギーが必要です。出張すると疲れるので、美味しい料理とお酒で中国の夜をリラックスして過ごすようにしています。毎日違う料理を食べることもできます(元が上がる前に食べつくしたいのですが)。早く安心できる食の管理が確立されることを願っています。そして、屋台などの未知の分野へも進出したいなあと思っています。

しかし、今回の被害は異常です。案の定、下記の記事が出ました。真相はどうなのでしょうか。

----- 引用はじめ -----

「農薬、相当な高濃度」専門家指摘 ギョーザ中毒問題
          2008年01月31日04時16分

(略) 東京聖栄大食品学科の真木俊夫准教授(毒物学)によると、食品を通した有機リン系毒物による健康被害はきわめてまれ。「ギョーザであれば加熱により有害物質はある程度、分解されたはず。それでも重体者が出たことから、相当高濃度だったことが考えられる」と指摘する。 (略)

 真木准教授は混入の経緯について「ギョーザの具や皮の原材料に残留農薬があったとしても、ここまでの影響は考えにくい」といい、兵庫県警などの調査でメタミドホスが包装物からも出ていることを挙げ「工場での製造の過程で混入した可能性が高いのではないか」と話す。

 中国内で日本向け加工肉食品を製造している会社経営者によると、メタミドホスは工場内に侵入してくる虫を除去するための殺虫剤で使われることがあり、ギョーザ工場で過って原料に混入した可能性もあるという。 (略)

----- 引用終わり ----- 
<出展:朝日新聞HP asahi.com、http://www.asahi.com/national/update/0130/TKY200801300343.html>
by AT_fushigi | 2008-01-31 15:23 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

歌舞伎を観に行ってみよう-(VI)


第十回 舞台

座ると周囲を見てみます。以下左とか右とかは特に断っていなければ舞台に向かってです。

正面に幕の下がった舞台があります。幕には鳳凰や寄贈会社の名前などが織り込まれた上下に動く緞帳とカーテンのように左から右に開ける「定式幕」(じょうしきまく)があります。定式幕は歌舞伎の色といわれる、「黒」、「柿」、「萌葱(もえぎ)」の三色からなっていて劇場によって順序が異なります。これは江戸時代に興行を許された劇場(座)ごとに色の組み合わせが異なっていたので、それを引き継いでいるのだそうです。これが開いたら開演です。

入場してまず気づくのは、一階席の舞台に向かって左側に廊下のような「花道」が見えます。これが歌舞伎の最大の特徴の一つと言ってもいいでしょう。能からきたものと考えられますが歌舞伎では重要な舞台の一部です。この花道は登場や退場するだけでなく台詞を述べたり見得を切ったりする舞台と同等です。また、演ずる役者を客席からよりマジかに見ることができます。実際花道の側の席に座ったときは役者の声もすぐそば汗まで見えて迫力あるものでした。よって、席も「とちり」の花道に近いブロックが取れれば最高です。

右にも花道が置かれる演目もあるそうなのですがまだ観ていません。「仮花道」といい2ヶ所に花道があるので「両花道」の舞台というそうです。

花道は暖簾で覆われた出入り口に通じています。暖簾の白抜きの模様は劇場の紋です。この幕を「揚幕」と言います。芝居中にここから役者がしばしば登場・退場します。そして、ある決まった位置(これは花道を舞台に近い方が三の七三に分けたところなので「七三」という)で睨んだり踊ったり名前を名乗ったり、特殊な演技をします。

また、この「七三」にはセリあがってくる機構が組み込まれています。役者が沈んで行ったり、上ってきます。役者の頭(首)から現れるのでこれを「すっぽん」といいます。イメージ湧きますね。ここは、幽霊や妖怪など人間以外が出入りするところと決まっているそうです。キツネが化けた人間などもここから出て来ます。


幕が開くと舞台が見えてきます。

さて、今まで左とか右とか行っていましたが舞台では、向かって左側を「下手」右側を「上手」と言います。出演者が横に並ぶときも身分の高い人が大抵「上手」にいます。関白と公家が並んで話していたら大抵右が関白なんだとわかります。

舞台には春爛漫や秋の山等の背景を表す幕が下がっていたり、家の断面が置いてあったりして何が始まるか期待感が高まります。ここで左右を見てください。左右端にも真っ黒な2階建ての家のような構造物があります。

「上手」(右)の黒い構造物は大抵2階に黒い簾(すだれ)がかかっていて、「御簾(みす)」といいます。ここは三味線(太棹)を引きながら義太夫が語られる場所です。義太夫はト書き(ナレーション)的に状況を語ったりして芝居の理解を深めます。
1階は何も無いか、暖簾が掛かった出入り口か(暖簾を「上手揚幕」といいます)、演奏者が観客の前で義太夫を語るための場所と場面で異なります。義太夫を「御簾」から出て語ることを「出語り(でがたり)」と言い、その場所を「床」と言います。この場合観客は義太夫そのものを楽しむことが期待されています。

「下手」(左)の黒い構造物は格子窓の後ろに黒い簾が掛かっていて中が見えません。「黒御簾(くろみす)」と言います。ここは効果音を奏でる場所です。雨や雷などの自然の音だけでなく、心理描写に適した音を出します。「下座音楽」と言います。三味線などとともに太鼓や笛など所謂「鳴物(なりもの)」と言われるものを使用します。

まとめると、一般的にですが、「上手」(右)の壁から三味線に乗ってナレーションが入り、中央で役者が演じ、「下手」(左)の壁から音が聞こえると言うわけです。
しっかり「筋書」(プログラム)を読んで義太夫に集中すれば、義太夫のナレーションがわかったような気になるから不思議です。ところどころ分かった単語に調子の高低や速度でなんとなく雰囲気がわかり、分かった気になります。そして、歌舞伎により入り込んだ気分になれます。
もちろん義太夫がなく始まる場面もあります。

歌舞伎は幕が閉まり、また開いて次の場面へ行くこともありますが、前の場面の家などが中央で回転しその家の裏側から次の場面が現れることも多いです。これは、舞台中央に回転台があるからです。「回り舞台」と言います。半分に仕切り、それぞれの半円に違った舞台セットを準備し、回転させることで場面展開します。1750年頃の発明だそうです。昔は当然人力でした。これによりより迅速でスムースな場面の移行ができます。また、建物の横を見せると言うこともあるようです。また、役者が「回り舞台」の外に立ちセットだけが移動すると言うのも見たことがあります。

さらに、半分に仕切られた「回り舞台」にはそれぞれの半円の中に大きなセリが埋め込まれています。登場人物が全員退場したり、大きな建造物などを下からセリ出させることができる大掛かりなものです。一方、その前には、役者一人分のセリが複数個あります。家も上下できる大掛かりなセリを「大ゼリ」、小さいセリを「小ゼリ」と言います。

回り舞台は回転するため舞台左右の端と隙間ができます。この隙間を埋めるため左右から回り舞台と連続するように背景などが出されます。また、樹木や背景などは天井からつるされています。これらは、場面とともに上下され使われます。

想像してください。地下(舞台の下)には、家などの大道具が収められていて、場面でセリに乗せられ舞台に上がります。次の場面で使われる大道具はその後反対のセリに乗せられ舞台に上がり回転を待ちます。前の場面が終わり、回り舞台が回転します。回転し終わると、左右から隙間を生める背景が出て来ます。さらに、上から背景が降りてくることもあります。こうやって、新しい場面ができました。
また、場面によっては建物そのものが演技中にセリあがってきて客を喜ばせます。

[To be continued]
by AT_fushigi | 2008-01-29 10:26 | 観劇・コンサート | Trackback | Comments(0)

北米出張2008年1月-第五日目-帰国

帰国です。毎晩の懇親会で調子が悪いです。

SFOのレッドカーペットではいつも朝からスパークリングワインです。

帰りはエコの一番前、仕切りの後ろです。しっかり足を伸ばせます。

飲み物はプレミアムモルツ。
c0153302_1522149.jpg

エコ夕食は鳥のから揚げです。
c0153302_1523397.jpg

鴨とサラミ、シーフードのサラダ、ラマンベールチーズの前菜は赤ワインが合いそうですが、また、「空の上善如水」です。

来るとき一睡もできなかったのに帰路はかなり寝ました。といいながら、「ラッシュアワー3」と中井貴一「鳳凰」を見ました。「鳳凰」は是非映画館で観たいです。インターネットで検索すると恵比寿ガーデンシネマは終了していて東京近辺では上映されていません。....最近多忙で映画をチェックしていなかったなあ。

昼食はシーフードパスタです。
c0153302_15334581.jpg


ドキュメントの案内で、「2月1日から申告するものがない方も税関申告書の提出が義務つけられます」と放送がありました。今までANAとJALだけ「不要」、他社は「義務」と言っていたので統一されることになったのでしょう。今までが異常でした。

[END]
by AT_fushigi | 2008-01-27 15:59 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

歌舞伎を観に行ってみよう-(V)


第八回 インターネットオークション等

インターネットオークションでも購入できます。私も歌舞伎のチケットを1回購入したことがあります。
Yahooオークションで購入しましたが、席について幕が開くまではちょっとどきどきでした。まず、チケットを送ってくるのか、送られてきたチケットは本物かなど心配すればキリがありません。
オークションを利用している人も多く、有用な購入手段なのかもしれません。しかし、慎重に注意して利用する必要はありそうです。

一般的に、オークションで売られているチケットは高く、私の場合でも結局1.5倍の出費になりました。
また、提供者の身元が販売者(松竹等)に知られないように(知られるとどうなるのでしょう?)席に関しては概略しかわかりません。「x列のyからzの間」という言い方が多いようですが、購入の情報としては十分です。

また、行けなくなって定価以下で緊急販売するとか交換などのWEBサイトもあります。また、コンビニでの引き換え券や番号を売っていることもあります。いずれにしろ、個人責任でということになります。



第九回 到着から着席まで

私は開演30分前に着くようにしています。ぎりぎりだと何か落ち着かないような気がするからです。遅れても次の幕間まで待たせるということは無い様で時々演技中に入ってくる人がいます。でもあれは恥ずかしいです。

入り口でチケットの半券を切りますが、一人ひとりチケットを持つように言われます。

左右の廊下を進めばロッカーがありますので会社直行などで鞄を席に置きたくないときには便利です。100円です。ただ数が少ないので早めに行く必要があります。空いていないときは飛行機のように前の座席の後ろに起きます。松竹座は入ってすぐクロークがあるので便利です。

まず、「筋書」を買います。1,200円とか1,300円です。会員になっていれば100円引きで買えます。歌舞伎と新橋演舞場は月間「ほうおう」に割引券があり、松竹座や南座では「友の会」カードを提示します。
筋書には歌舞伎のあらすじや配役、そのほか話題が載っていて演目の理解に有効です。初心者は必ず筋書きを買うことを勧めます。私は幕が開く前に筋書きであらすじを読むようにしています。演目を前に見ていたとしても観てわかるようになるには相当の経験が必要だと思います。

もうひとつ役に立つのがイヤホンガイドです。進行に合わせて、あらすじ・配役・音楽・衣裳・大道具などについて解説してくれます。邪魔にならないようにうまく解説してくれるので心配無用です。ただ、私は筋書きを事前によく読んで演技に神経を集中させる方が好きですし早く歌舞伎になれるようにも思います。イヤホンガイドを借りるには1,000円のデポジットを含め1,650円払って機械をもらい、帰りに1,000円返してくれます。イヤホンガイドには英語版もあるようです。


座ったら私はひたすら筋書きを読んでいます。知っている演目でもとにかくあらすじをインプットしておきます。こうすることで演技に集中できます。

[情報は2007年1月25日現在]

[To be continued]
by AT_fushigi | 2008-01-26 21:19 | 観劇・コンサート | Trackback | Comments(0)

北米出張2008年1月-第二、三、四日目-お仕事

社内会議で忙しくしています。朝から夕方まで会議、夕食、バーでのノミニュケーションと休む間もありません。食事は朝食と昼食はホテルのビュッフェ。
夕食は、American Japanese Sushi-Bar、American Italian、Chinese、American Japaneseでした。顧客接待でないので日本食とイタリアンはいまいち。
中華で面白かったのはグループメニューはWedding用しかなかったそうです。このレストランは時々来たことがあるのですがAmerican Chineseと思っていました。ところがWedding用というのは本格中華料理でした。材料、味とも中華でした。横浜中華街より中華でした。2時間も遅れ、人数も20人くらいが30人近くに増えたのに対応、さすが中華の柔軟性と感心しました。青海ビール、紹興酒、白酒とドンちゃん騒ぎにはなりました。
日本人とアメリカ人がそれぞれ7人くらい、後は中国(2人)、ベトナム、フィリピン、インド、ペルー(2人)、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ(2人)、スウェーデン、スペイン、メキシコ、ガーナで(もっといたでしょうか?)マルチネーション。白酒が進むにつれ、大声になり、大笑いし楽しかったです。

こちらは雨季に入り、毎日曇りか雨。そのため山が緑です。
c0153302_131474.jpg

山に厚いもや(雲?)が下りてきて、下は雪だろうとのことでした。
c0153302_131492.jpg

米国時間の明日帰国します。これからマッカラム18年物があるというお誘いの言葉に...

次へ(第五日目-帰国
by AT_fushigi | 2008-01-25 13:13 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)

歌舞伎を観に行ってみよう-(IV)


第七回 会員

「関東」と「関西」で別会員となります。「関東」は「歌舞伎会」、「関西」は「松竹友の会」です。いずれも先行予約の特典がありますので、より確実にチケットを獲得したい方は有料ですが入会されると良いと思います。


「歌舞伎会」は、
歌舞伎座・新橋演舞場を含む関東地域での松竹主催演劇公演に関し特典が得られます。
入会条件は18歳以上、「歌舞伎会 NICOS VISAカード」が交付されます。入会金不要で年会費は3,150円(税込)、発行までに1週間から10日掛かります。
会員は歌舞伎会会員(平会員)、特別会員、ゴールド会員があります。12月から翌年11月までに、それぞれ特別会員は14回、ゴールド会員は28回以上の購入演目数(詳細は会員規則で)で上級会員になれます。
申し込み:オンラインあるいは歌舞伎会事務局03-3541-3131(代表)
特典は
(1)先行予約
歌舞伎座 :ゴールド会員 公演月前月 の10日、特別会員11日、歌舞伎会会員13日、一般15日
新橋演舞場:ゴールド会員 公演月前々月の20日、特別会員21日、歌舞伎会会員22日、一般24日
ただし、土曜日の夜の部、日・祝日の昼の部はそれぞれ計2枚まで。
(2)チケット代5%引き
(3)月刊会報「ほうおう」(定価250円)無料配送
(4)「ほうおう」に筋書100円割引等の割引券付
(5)松竹直営の全国の映画館にて、歌舞伎会会員特別料金=1,000円(税込)


「松竹友の会」は
大阪松竹座・京都四條南座を含む関西地域での松竹主催演劇公演で特典を得られます。
入会条件は18歳以上、「松竹友の会JCBカード」が交付されます。入会金不要で年会費は2,362円(税込)、発行までに1-2月掛かります。
申し込み:松竹友の会 事務局06-6214-2220
特典は
(1)先行予約
大阪松竹座:会員先行販売 毎月9日、一般10日
京都南座 :会員先行販売 毎月14日、一般15日
ただし、先行予約は一人4枚まで。
(2)公演案内の送付
(3)友の会カード提示で筋書100円割引等の割引
(4)松竹直営の全国の映画館にて、歌舞伎会会員特別料金=1,000円(税込)

[情報は2007年1月24日現在]

[To be continued]
by AT_fushigi | 2008-01-24 12:38 | 観劇・コンサート | Trackback | Comments(0)

北米出張2008年1月-第一日目-サンフランシスコ到着

今回はANAです。ANAのラウンジです。体調が本調子でないので今日はビールをパスすることにし、おそばとお酒を頂こうとしました。まず、お酒が冷蔵庫にありません。しょうがないので白ワインにします。
おそば・うどんのコーナーへ行くとメニューが!なんと天ぷら、キツネ、山菜から選べるようになっていました。
c0153302_7484396.jpg

これは、12月にはなかったと思います。キツネそばにしました。
おすしをゲットして席に着きます。
c0153302_7522666.jpg

と、席からバーカウンターが見えるのですがなにやら看板があります。
c0153302_7541740.jpg

SAKE BARとあります。それで冷蔵庫にお酒がなかった理由がわかりました。そこで、早速バーへ。お酒は3種類。
c0153302_865987.jpg

いつもの松竹梅「白壁蔵」に加え季節物の搾りたてが2本。「一の蔵」と「槽口長命泉」です。長命泉は甘すぎたので一の蔵を楽しみました。

成田を20分遅れで離陸。エコ夕食はフィッシュを選びました。飲み物はビールは「プレミアムモルツ」、お酒は「空の上善如水」。鴨肉のハムの前菜とおそば、メインは蟹すしと焼き鮭+野菜の煮物。このレベルなら問題ないでしょう。デザートはいつものハーゲンダッツのバニラアイス。
c0153302_904856.jpg

朝食はいつもの厚いベーコンとポテトフレーク、果物、ヨーグルトでした。
c0153302_9441638.jpg

機内ではほとんどのビデオ番組と映画「オリヲン座からの招待状」を観て、「数独」を何問か解いたら、一睡もしないうちにSFO着陸でした。

SFOは天候悪く、上空で30分待たされて直前に滑走路の変更もあり40分遅れで着陸。離陸の遅れと計1時間の遅れ。ほぼ同時に着陸したらしくパスポートコントロールはすでに人であふれ、私たちは通路に並ぶことに。パスポートコントロールを出るのに1時間以上かかりました。会議に出席する、UA、JL組も同時に着き、まとまってホテルに行くことができました。

午後はお仕事(会議)、夕食は雨でなければ歩いていける距離のモールの中の居酒屋さん。飛行機内で一睡もしていないので、バタン、グー。

次へ(第二、三、四日目-お仕事
by AT_fushigi | 2008-01-23 10:14 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)

歌舞伎を観に行ってみよう-(III)


第四回 公演日時

観たい公演が決まったら日時を決めます。昼の部と夜の部があり演目が違う場合が多いので気をつけましょう。また、公演の中日(途中)で昼と夜の部の演目がひっくり返ること(演目入替)もありますので注意が必要です。
初日に近いほうが良いか、千穐楽が良いかは好みでしょう。緊張間あふれる舞台か、肩の力が少し抜けた舞台か。私は真ん中あたりを狙っています。

一般的に昼の部は午前11時ごろから午後3時前、夜の部は午後4時半ごろ開演です。平日の昼の部は一日会社を休むことになるので会社員には辛いです。夜の部は午後に休暇をとれば良いので比較的観劇しやすいです。開演15分前には到着したいので予め交通機関をチェックしておいたほうが良いでしょう。
自分のスケジュールと相談して、観劇の日にちと昼夜を決めます。チケット購入には2,3候補を持っておくほうが良いと思います。


第五回 席と観劇料

歌舞伎美人」から「公演情報」を選び、その公演を見ます。すると、料金が表示されています。
例えば1月の公演で
歌舞伎座、「壽 初春大歌舞伎」だと
     1等席 17,000円
     2等席 13,000円
     3階A席 5,000円
     3階B席 3,000円
     1階桟敷席 19,000円
新橋演舞場、「通し狂言 雷神不動北山櫻、市川海老蔵五役相勤め申し」だと
     1等席 14,700円
     2等席 10,500円
     3階A席 4,200円
     3階B席 2,520円
     1階桟敷席 15,750円
大阪松竹座、「壽 初春大歌舞伎」だと
     1等席 15,750円
     2等席 8,400円
     3等席 4,200円
浅草公会堂、「新春浅草歌舞伎」
     1等席 9,000円
     2等席 5,500円
     3等席 2,000円
となっています。ちなみに」昨年の公文協歌舞伎東コース、2007年7月29日鎌倉芸術館「松竹大歌舞伎」では
     S席 7,000円
     A席 6,000円
     B席 4,000円
     プレミアム・メンバーズ10%割引対象
と安目の料金設定です。
料金は劇場、役者や演目で異なります。高いかどうかは各自の価値判断ということになります。

1階の席はほとんど1等席と座敷席です。座敷席というのは1階両サイドにある少し高い壇にある席です。中の席の人から良く顔が見えるのであまり好きではありません。2階も前のほうは1等、後ろが2等です。3階の席は3等席で、「大向こう」と呼ばれ、「成田屋」とか声を掛ける人や安く歌舞伎を見ようという常連さんが多い席です。
いろいろな考え方はあると思いますが、私は、経済性の理由とかがない限り、初心者は1等席を買うべきだと思っています。料金設定が高いということはその価値はあると思っています。違った楽しみ方がわかってから「大向こう」とか行きたいと思います。
1等席の中で、役者の「とちり」がわかる7,8,9列(「いろは」で7,8,9番目が「とちり」)を取りたいところですがここは優先購入できる常連さんや後援会等が取ってしまうのでその前後5-6列が取れればベストです。左右では真ん中のほうが良いと思います。人気公演でちょっと出遅れると右サイドの前の方の列か中央の後ろとかの選択となることが多いように思います。

[情報は2007年1月21日現在]


第六回 チケットの購入

公演が決まったらチケットを購入します。まず、松竹興行の最も典型的な場合を紹介します。

歌舞伎美人」の「公演情報」を調べて公演を決めます。公演の紹介のページの料金の下に「チケット詳細」があるのでクリック、あるいは単純にスクロールダウンすると下に「チケット詳細」があります。直接、インタネット購入サイト「チケットWeb松竹」に行かないのは興行によっては違った購入方法があるからです。

通常、購入は窓口購入、インターネット(パソコンと携帯電話)、電話が選べます。

■ 直営劇場(歌舞伎座、新橋演舞場、南座、大阪松竹座)の窓口で空席状況を見ながら購入できます。営業時間は10:00-18:00です。

■ インターネット)パソコンと携帯電話)の場合は「チケットWeb松竹」から購入です。

(1)初めての場合「初めての方はこちら」をクリック。そうでない場合「購入する」をクリック。
     購入フローの紹介。「ユーザ登録・購入する」(フローの紹介だけ)
(2)初めての場合「ユーザ登録」をクリックし登録(ユーザ登録はパソコンの方が入力が楽)
(3)「関東」か「関西」かを選ぶ。
     劇場別に公演が出るので希望の公演の「申し込み」をクリック。
     公演日、席の等級、枚数、「横並びの連続席かどうか」を選択して「席をおさえる」をクリック
     すると自動的に席を選択して席番号を表示。座席表も別ウィンドウで示される。
     気に入れば「購入する」、気に入らなければ「取消す」をクリックし再度公演日から。
(4)受け取り方法(直営劇場窓口か郵送か)とクレジットカード情報を入力、「決済する」ボタンを押し購入完了

この「チケットWeb松竹」購入は便利ですが、席は選べません。席の優先順位は決まっていて(松竹の考える良い席の順序だと思います。))、何度やってもそれをほかの人が購入するまで同じ席が出てきます。横並びはできますのでカップルや家族で隣同士指定はできます。

■ 電話の場合、チケットホンで予約し、購入します。劇場によってチケットホンの「関東」・東京(03-5565-6000)と「関西」・大阪(0570-000-489 あるいは 06-6214-2200)に電話します。大阪は南座と大阪松竹座のみで、ほかの劇場は東京に電話します。
公演と日にち、午前・午後を指定し、座席の空席状況を聞きながら希望の席を探します。「真ん中あたり」とか「通路側」とか相談できます。座席表を手に、あるいはパソコンに表示して相談してください。引き取りは、直営劇場窓口か代引きの宅急便を選びます。時間指定できる宅急便が便利です。


注意事項として買ったチケットは、興行休止の外は、他日との取替えや取消しはできません。しっかり、予定を調べて購入しましょう。もっとも、オークションという方法もありますが...

発売日は「歌舞伎美人」の「公演情報」の各公演のページに記載されています。直営劇場では決まっています。もちろん、例外もあるので注意しましょう。歌舞伎座は前月の15日、新橋演舞場は前々月の24日、大阪松竹座は前月の10日、南座は前月の15日です。また、「歌舞伎会」や「友の会」に入っておくとメールで発売情報が得られますので便利です。

実際の購入の時ですが、人気のある歌舞伎は発売と同時に電話やアクセスが集中します。電話がつながるのに百回以上掛けなおしたという話も聞きます。初日で良い席は売切れてしまうと思っておいた方が良いでしょう。
「歌舞伎会」や「友の会」会員は1-5日前に先行購入できますので、発売時にすでに良い席はかなり販売済みということも考えられます。良い席を取ろうと思ったら有料ですが会員になっておくほうが良いと思います。

[情報は2007年1月22日現在]

[To be continued]
by AT_fushigi | 2008-01-22 23:23 | 観劇・コンサート | Trackback | Comments(0)

北米出張2008年1月


今年初めての出張です。サンフランシスコの近郊です。社内の会議ばかりなのでカジュアルな服だけ持参です。


記事
北米出張2008年1月-第一日目-サンフランシスコ到着
北米出張2008年1月-第二、三、四日目-お仕事
北米出張2008年1月-第五日目-帰国

出発 
by AT_fushigi | 2008-01-21 16:32 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

歌舞伎を観に行ってみよう-(II)

第二回 巡業

地方巡業は各地を原則一日の興行を転々と行うものです。巡業は松竹の興行と公文協歌舞伎があります。

公文協とは社団法人・全国公立文化施設協会のことです。「文化庁からの委嘱により、公立文化施設において自主的・主体的な文化芸術活動が行われる環境を醸成するための各種事業を実施し、地域における文化芸術活動の拠点である公立文化施設の活性化を図り、相互の連携・ネットワーク化を促すことにより、地域文化力の発信・交流を推進するため、次の事業を実施しています。」とのこと。
東京や大都市に集中しがちな芸術活動を地方でも活性化しようということでしょうか。

公文協歌舞伎は年に3回東、中央、西コースと開催されます。東とか言うのは目安です。国の保護もあり比較的安価で、国の事業ですから内容も充実しています。平成17年度の「十一代目市川海老蔵襲名披露公演」や平成18年度の「十八代目中村勘三郎襲名披露公演」もありました。
今年平成20年の予定は
[東コース]
  期 間  平成20年6月29日~7月31日
  演 目  操三番叟/口上/弁天娘女男白波 浜松屋より勢揃いまで
  出演者  市川段四郎/市川亀冶郎 他
[中央コース] 「二代目中村錦之助襲名披露」
  期 間  平成20年6月29日~7月31日
  演 目  彦山権現誓助剱 毛谷村/口上 他
  出演者  中村錦之助/中村梅玉/中村時蔵 他
[西コース]
  期 間  平成20年8月30日~9月25日
  演 目  勧進帳 他
  出演者  松本幸四郎/中村梅玉 他  
東と中央は毎年同時期に開催されます。劇場はまだ発表されていません。一番最近の開催は平成19年度[西コース]ですが
     8月31日:埼玉県川口市 川口 リリア・メインホール
     9月2日:滋賀県大津市 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
     9月3日:石川県小松市 こまつ芸術劇場
     9月5日:大分県大分市 iichiko総合文化センター
     9月6日:福岡県北九州市 北九州芸術劇場
     9月7日:山口県周南市 周南市文化会館
     9月8日:広島県呉市 呉市文化ホール
     9月9日:広島県福山市 ふくやま芸術文化ホール
     9月10日: 岡山県高梁市 高梁総合文化会館
     9月11日: 岡山県岡山市 岡山市民会館
     9月12日:香川県丸亀市 丸亀市民会館
     9月14日:愛媛県松山市 愛媛県県民文化会館
     9月16日:愛知県丹羽郡 扶桑文化会館
     9月17日:兵庫県神戸市 神戸文化ホール
     9月20日:兵庫県赤穂市 赤穂市文化会館
     9月21日:兵庫県姫路市 姫路市文化センター
     9月22日:愛知県豊橋市 アイプラザ豊橋
     9月23日:千葉県東金市 東金文化会館
     9月24日:千葉県松戸市 松戸 森のホール21
で開催されました。開催地は公文協に応募し、松竹が歌舞伎が可能な施設かチェックし決まるようです。
巡業の情報は「歌舞伎美人」>「座館情報」>「巡業」にあります。今年の情報はまだ載っていません。時々チェックしてみてください。


第三回 メールマガジン

歌舞伎の情報を入手するには松竹の「歌舞伎美人メールマガジン」、国立劇場の「メルマガ・伝統芸能」のメールマガジンを利用するのも良いと思います。
「歌舞伎美人メールマガジン」は毎週木曜日発行で、公演情報や歌舞伎関連情報が得られます。
「メルマガ・伝統芸能」は月に2回程度日本芸術文化振興会が発行していて、国立劇場、国立演芸場、国立能楽堂、国立文楽劇場、伝統芸能情報館、芸術文化振興基金、新国立劇場、国立劇場おきなわの公演や行事などに関する情報が得られます。

また、インターネット購入のために登録するとチケット情報などが送られてきます。松竹では「チケットWeb松竹」国立劇場では「NTJメンバー」への登録です。

[情報は2007年1月21日現在]
by AT_fushigi | 2008-01-21 00:04 | 観劇・コンサート | Trackback | Comments(0)