<   2008年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧

2008年  海外出張-喜怒哀楽-

情報は正確な記述に努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。
NEW(12/28): 中国・米国出張2008年11月 完了、「出張・旅行」に追加
NEW(12/20): 「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」@国立西洋美術館 「美術鑑賞」に追加
NEW(12/16): 日本酒-「たれくち」「和田美酒」「赤石大吟醸」 「お酒・ワイン」に追加
NEW(12/02): Starbucksご当地タンブラー!香港、武漢、大阪 「こだわり?」に追加
NEW(10/03): 西麻布「すゑとみ」 「レストラン」に追加

「武漢-サンフランシスコ」出張連日完了。

「十に一つでも行けたなら...」: 毎月の歌舞伎公演や展覧会の予定などです。
  2009年 1月2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
  2008年 1月、2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
 
出張・旅行 歌舞伎 美術鑑賞 レストラン(日本) お酒・ワイン(お酒) こだわり? 

by AT_fushigi | 2008-12-31 23:59 | ご挨拶・予定

今年ももう少し


皆様のご支援で2008年が無事過ぎ様としています。
ありがとうございました。


このBLOGを始めて行動様式が変わりました。
一番大きいのがデジカメをほとんどの機会に持つようになった、食事だろうとなんだろうと写真を撮るようになったことでしょう。
これ自身も楽しいのですが、後でBLOGに載せる為に写真の選択の時間が楽しい。記憶を手繰り、思い出を作っていくような物です。
もう一つは、腰が少し軽くなったかなあと思います。美術鑑賞などでもBLOGに載せる楽しさが少し後押ししていました。うれしい変わり様です。

今年は異常に海外出張が多く16回。金融危機が無ければ12月も2回予定がありました(今は延期ということになっています)。美術鑑賞も21回展覧会に足を運んでいます。ただし、さっと行けない歌舞伎は出張が多かったためお客さんを招待したのを含め5回でした。個人でレストランに行くのもも減ったように思います。

大好きなお酒を紹介できていないかもしれません。こちらは結構取り忘れやピンボケ、人が写っていたりと掲載できまない写真も多かったです。
今年最後なのでパパッと見つかったお酒の写真を載せましょう。「ああ、めでてえな」ということで。

c0153302_1773610.jpg
c0153302_1774458.jpg

c0153302_177519.jpg
c0153302_17759100.jpg

c0153302_17873.jpg
c0153302_1781769.jpg

c0153302_1783793.jpg
c0153302_1784755.jpg



さあ、お節料理再開。
by AT_fushigi | 2008-12-31 17:25 | ご挨拶・予定 | Trackback | Comments(0)

「セザンヌ主義(c)」


セザンヌということで出かけました。横浜に勤めていながら横浜美術館は初めてです。今年の美術鑑賞の締めくくりです。

■ 展覧会概要
c0153302_014143.jpg

「セザンヌ主義(c) 」
-- 横浜美術館
-- 2008年11月15日(土)- 2009年1月25日(日)
    10:00~18:00
     (金曜、土曜、祝祭日の前日、11月23日、12月24~31日は20時まで)
    休館:毎週木曜日(12/25(木)は開館)、2009年1月1日
-- 当日 大人1,400円、大学・高校生1,100円、中学生800円、小学生以下無料
    横浜美術館コレクション展も観覧可
-- 概要
    セザンヌの名作約40点と、その影響を受けたと考えられる20世紀の巨匠の作品
    約100点を国内外から集め、それらを並置、比較して展観するという大胆な試み。
c0153302_0145423.jpg

■ 展覧会

みなとみらい線で「みなとみらい」下車。案内にしたがって進むとビルに囲まれた枯れ草がぼうぼうの何にも無い原っぱに出る。その先に美術館はあった。美術館からランドマークタワーが見える。
c0153302_0151648.jpg
c0153302_0152869.jpg

展覧会の黄色のサインが目立つ。中に入ると彫像のある凝ったロビーに出る。この空間に似つかわしくない急ごしらえのチケット売り場がある。
c0153302_0155472.jpg
c0153302_01631.jpg
c0153302_0161188.jpg

エスカレータで上がり展示場へ。午後4時過ぎなので人も少ない。若い人が多い。


作品にかんしては図録が手元に無いので後報します。とりあえず今年中に概要だけアップです。


帰りは真っ暗。午後5時半なので家路を急ぐサラリーマン・OLの流れに乗って桜木町まで行って帰宅した。
c0153302_0163215.jpg


[美術鑑賞2008]
by AT_fushigi | 2008-12-30 23:46 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)

日本酒-田酒-「古城乃錦」いつもより早い発売?


12月第2週のある日、仕事の後、いつものお酒を楽しむバーへ。なんと「田酒 純米大吟醸 古城乃錦」が置いてあるではないですか。例年年明けだと思っていましたが今年は年内発売だそうです。
すっきりしたお酒を楽しんで(一人一杯までです)、しかし、すっきりしないまま帰宅。帰宅後急いで調べると理由は分かりませんが確かに売り出されています。

このお酒は青森でしか売り出されないので(と聞いています)例年手を尽くして(大袈裟な!)手に入れます。昨年から純米大吟醸となり、そのためか昨年は1本しか入手できませんでした。

このお酒は賛否両論の評価を聞きます。とくに大吟醸になってからスマートすぎるとの声も聞きます。特に「日本酒らしい日本酒が好き!」という方には不満が残るような気がします。私も一般論として淡麗辛口を避けるほうなので分かる気がします。が、「古城乃錦」だけは特別な気がします。あの淡いすっきりした中にも旨口が残っている味わいに他にはない魅力を感じてしまうのです。

バーでもいい機会なので「喜久泉・吟醸」「田酒・山廃純米」、「田酒・特別純米」も楽しんだのですが、同じ蔵元(西田酒造)のお酒とは思えないくらい全く違うお酒たちで楽しませてくれました。

さて、色々あって、その後、「古城乃錦」入手することができました。しかも、2本。とてもうれしいです。
c0153302_17183623.jpg

「純米大吟醸・古城乃錦」
  蔵元:西田酒造店
  所在地:青森県青森市
  酒度:+2、酸度:1.4 、アルコール度:16.5%
  酵母:協会9号、米:古城錦:45%
  (購入記録、2008年12月、720ml、2400円)
c0153302_17192556.jpg
c0153302_198242.jpgc0153302_17194812.jpg

独特のほのかな香りとバランスが取れたというべき味を楽しみました。
今年の正月は田酒・大吟醸もあり、日本酒らしい「赤石」とともに楽しみます。なんと贅沢な。

PS:「古城乃錦」には手違いで「田酒・びん燗」も付いて来ました。後で報告します。
c0153302_17213965.jpg


「お酒・ワイン」TOPへ
by AT_fushigi | 2008-12-30 17:22 | お酒・ワイン | Trackback | Comments(0)

「巨匠ピカソ 魂のポートレート」


もう一つの「巨匠ピカソ」展です。

■ 展覧会概要
c0153302_14544425.jpg

「巨匠ピカソ 魂のポートレート 」
-- サントリー美術館
-- 2008年10月4日(土)~12月14日(日)
    10:00~18:00
    休館:毎週火曜日
-- 当日 大人1,100円、大学800円、高校生500円、中学以下無料
    「巨匠ピカソ」展の一つの館の観覧券(半券可)をもう一方の券売所で見せると、
    割引価格(200円引き)が適用されます。

■ 展覧会

国立新美術館から5分程度歩くと東京ミッドタウン。サントリー美術館はその中にあります。こじんまりした美術館ですが良い展示企画を行っています。私も両方の美術館で鑑賞する機会が何回かありました。
c0153302_1455252.jpg

欠点は狭いことだけでなく、それに加え鑑賞し辛い構造だということです。美術館として設計されていなかったのかもしれません。また、作品のレイアウトやライトニングがどうにかならないかとも思っています。まあ、一企業の美術館とはそういうものといえばお仕舞いですが。

今回も2会場に分ける理由が良く分かりませんでした。この程度なら国立新美術館の中でできたのではないかと思います。サントリーならではの展示とは思えませんでした。ポイントになる作品が数点あるのだからそれを膨らませることができたのではないかと思います。

そうは言っても注目の作品には目を奪われます。そういう作品の前は人だかりでした。

これ以降は後日。

■ 図録

国立新美術館の「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」と共通です。荷物になるのでサントリー美術館のほうで買いました。

■ 展示作品

■ その他

東京ミッドタウンはクリスマスのデコレーションでした。
c0153302_14552345.jpg
c0153302_1455314.jpg



[美術鑑賞2008]
by AT_fushigi | 2008-12-29 14:55 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)

「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」


「巨匠ピカソ」の冠をいただいたピカソの回顧展が国立新美術館とサントリー美術館の2つの美術館で開催されました。公式HPによれば、国立新美術館の「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」展は、初期から晩年までの全画業を約170点でたどり、サントリー美術館の「巨匠ピカソ 魂のポートレート」展では「自画像」をテーマに約60点を展示しています。パリ国立ピカソ美術館の改装に伴って実現した国際巡回展の一環だそうで、国内で最大級のピカソ展だそうです。

これは行かなければと思っていましたが機会が無く、しかし12月の第2週は海外出張がまだ予定されていたので(実際は出張はなくなりましたが)、仕事の様子を見て閉館2週間前の12月第一週に有給休暇を一日とって出かけました。

2回に分けてそれぞれの展覧会鑑賞の報告します。 まずは国立新美術館の「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」からです。

c0153302_232280.jpg

■ 展覧会概要

「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」
-- 国立新美術館
-- 2008年10月4日(土)~12月14日(日)
    10:00~18:00(金曜日は~20:00)
    休館:毎週火曜日
-- 当日 大人1,300円、大学1,000円、高校生600円、中学以下無料
    「巨匠ピカソ」展の一つの館の観覧券(半券可)をもう一方の券売所で見せると、
    割引価格(200円引き)が適用されます。
c0153302_2361046.jpg

■ 展覧会

いつものように乃木坂駅から入ります。この時やさしそうなおばさまに声を掛けられました。「使わないチケットがあるので差し上げます」と。2館の入場券をいただいてしまいました。ありがとうございました。
c0153302_2391180.jpg

展覧会も終盤なので混雑を予想して午前中に来たためか、人は多かったですが報道されているような土日の混雑はありませんでした。また、時間のせいかお年寄りと女性が多かったです。
c0153302_2354487.jpg

入場すると年代別にそして作品傾向(時代)別に展示されていました。残念ながら入り口で取った展示作品一覧は発表年月順となっていましたが、展示はピカソの絵の変遷を追うようになっているため必ずしも順序一致していません。作品番号も展示では小さく印刷されているため一覧を見ながらの鑑賞は困難でした。

ピカソはその時々の愛した女性で作品が変遷していくというのが大きなテーマでした。展示を追っていくとまさにその通りで、解説も分かりやすく、そういう企画としては成功していました。

私はピカソに関しては作品の好き嫌いがあるのですが、これだけ多くの作品で変遷を見せられると作品自身に厚みが増してきて少し違った見方ができたように思います。作品はそれ自身だけで鑑賞するのとは違った味わいです。

これ以降は後日。

■ 図録

■ 展示作品

c0153302_2341494.jpg
c0153302_2342118.jpg
c0153302_23428100.jpg


[美術鑑賞2008]
by AT_fushigi | 2008-12-29 02:36 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)

年越し前に....


今年の出張報告が年を越さずに済んでホッとしていたら、ピカソと横浜美術館のセザンヌ展の図録を貸してしまっていた事に気が付きました。図録無しでアップし後で追加しようと思います。
お酒の情報もありますがこちらはゆっくりでもいいでしょう。

ところで、ダウンロードする前に、カメラを持っていってしまった娘がスキーから帰ってきたので、遅いですがクリスマスの写真だけアップします。
c0153302_17511878.jpg
c0153302_17513044.jpg
c0153302_17514650.jpg

それと見るだけのニュルンブルグのGluhwein。いつのか分からないのです。古くても飲めるのかしら。
c0153302_18245396.jpg

by AT_fushigi | 2008-12-28 17:51 | ご挨拶・予定 | Trackback | Comments(0)

中国・米国出張2008年11月-第四、五日目-初 JAL Premium Economy


米国サンフランシスコからの帰国は初 JAL Premium Economy でした。チェックインもPremium Ecoの専用ラインが用意されてて、一番列が少なく早くチェックインできた感じです。
ラウンジも専用ラウンジがありました。サクララウンジの奥にあるMABUHAYラウンジ。
c0153302_1711292.jpg

中は急ごしらえという感じです。しかし、空間、ソファーなどSFOのサクララウンジより広いように思いました。しかも、JGCとか高級メンバーはサクララウンジを使うのでしょう、人が10人程度。2人掛けのソファーに座ってゆっくりしました。(11月中旬です。)
c0153302_17115134.jpg

飛行機の写真を撮るのが最近面白くなって来ました。色々な航空会社の飛行機を撮るだけではなく、アングル、模様や機械の造形美などです。そのうちそういうコーナーも作ってみたいです。
c0153302_1712588.jpg

搭乗です。Premium Eco の座席もスカイシェルタイプです。
c0153302_17122074.jpg

ビジネス向けということでパソコン作業ができるよう広がるテーブルと電源が付いています。
c0153302_1712417.jpg
c0153302_17124840.jpg

食事前の飲み物。JALオリジナルドリンク「スカイタイムゆず」にしました。大好きな乾燥納豆があるのがうれしい。
c0153302_17131173.jpg

専用メニューがあります。といっても内容はEco食です。いつものように「ゑびす」をいただいて選んだのがチキン。シーザサラダ、若鶏シャスール風+パスタと野菜のソテー付き、ホウレン草+卵焼き+塩鮭焼。
c0153302_17133634.jpg
c0153302_17134392.jpg

終わってアイスクリームが配られます。
c0153302_17142584.jpg

席はエコノミーよりは広いがなぜか狭苦しさを感じるのはシェルタイプのせいでしょうか。確かにシェルタイプだとビジネスクラスでも狭く感じます。オープンなほうが好きかも。前の晩はスタッフと遅くまで語らったので結構素直に寝ることができました。

オレンジジュースのあと、着陸前の食事。ヨーグルト、グリーンサラダ、チーズトルテリーニパスタ鮭のクリームソース、果物。ビールは選択の幅が無くキリンです。
c0153302_17144741.jpg

今回は中国・武漢の会議の次の日に米国の打ち合わせというのを何とかこなしました。SQの深夜便があって助かりました。

この後、海外出張の制限指示が出たのでこれが2008年最後の海外出張となりました。ただ、必要なものは必要なのでどうなるかはわかりません。

今年の出張報告が年内に終わってほっとしています。

完  [目次]
by AT_fushigi | 2008-12-28 17:14 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国・米国出張2008年11月-第三日目-イタリアンディナー


この日は朝8時過ぎからお仕事....お仕事....

で、夕方から現地スタッフ等とDinner。近くのBurlingameのレストランです。
c0153302_2595716.jpg

「Sapore Italiano」
-- 住所  1447 Burlingame Ave, Burlingame, CA 94010
-- 電話  +1 (650) 348-3277
-- 営業時間  [月-木] 11:30-22:00, [金、土] 17:00-22:00
-- 定休日  日曜日 
-- カード  可 
c0153302_302241.jpg


前菜:クロスティーニとブリスケッタ(違いがいまいち分かりませんが)
c0153302_31854.jpg

サラダとパン。
c0153302_35226.jpg
c0153302_354215.jpg

Primo:リコッタチーズとホウレン草のラビオリ、トマトソース。これは美味しかった。
c0153302_36460.jpg

Secondo:サーモン。チキン、ステーキ、サーモンから選びます。サーモンは普通においしかったです。
c0153302_362167.jpg

ワインは近くのCupertinoの山のワインです。
c0153302_364124.jpg

Pasone, 2003
by Picchetti Winery
Type: Red
Region: Cupertino, California
Country: USA
Vintage: 2006
Varietal: 100% Cabernet Sauvignon

デザート:ティラミス
c0153302_374534.jpg


米国ではいいほうだと思いますが、まあ普通でしょう。

次へ(中国・米国出張2008年11月-第四、五日目-初 JAL Premium Economy)  [目次]
by AT_fushigi | 2008-12-27 23:16 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国・米国出張2008年11月-第二日目-SQを楽しむ


SQに搭乗。SQは3月以来です。
c0153302_103760.jpg

席は2Fの非常口の近く前にCAの席がある広々席です。しかも隣はいない、嬉しい。
離陸後水平飛行に入りアメニティが配られました。
c0153302_1204255.jpg

22:45発なのに食事が出ます。食事前の飲み物は赤ワインを頂きます。おつまみはナッツだったと思います。[後で確認します]
まずは前菜。スモークサーモンです。
c0153302_1211796.jpg

このパン、形が面白いが皮の占める割合が多いので香ばしく美味しい。
c0153302_122351.jpg

メインはチキンにしました。久しぶりに美味しいチキンを頂きました。カトラリーに椰子の木の模様がデザインされていますがチキンの上の貝割れ大根も椰子の木のデザインとなっています。
c0153302_1223535.jpg

チーズとデザートのアイスクリームです。
c0153302_8424925.jpg

このフライトは資料造りと数独でほとんど寝ることありませんでした。

着陸前の遅い昼食です。アジア系のお皿です。
果物。
c0153302_1241165.jpg

シリアル。
c0153302_1271062.jpg

焼ヌードルと点心。
c0153302_1262739.jpg


18:35にSFO着です。Hotel Shuttleに乗るために出発ロビーに上がるとInternational ターミナルは閑散としています。
c0153302_1273611.jpg

この後、ホテルの入り口で先発隊とばったり出会いそのまま荷物をコンシェルジェに預けてSFO近くのホテルに泊まったときはお世話になっているBarkingameの寿司屋さんに。

美味しい日本酒をいただいて、部屋に帰ると歯磨きしてバタンキューでした。


次へ(中国・米国出張2008年11月-第三日目-イタリアンディナー)  [目次]
by AT_fushigi | 2008-12-26 01:16 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)