<   2010年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

中国出張2010年04月-第二日目-夕方、北京に移動


仕事が終わって夕方5時過ぎに空港へ移動します。リングロード(外環高速)ができて昔2時間半掛かったところを1時間半で。

武漢も発展著しく、荒野にアパートが立ち並んでいるのがいくつも見えます。
c0153302_20183796.jpg

一方、高速道路ではこんな古そうなトラックやこんなオート三輪まで走っています。
c0153302_2018526.jpg
c0153302_2019154.jpg

武漢空港のラウンジはメインエントランスから左右に分かれる片側のA翼にしかありません(前に経験したようにもしB翼からの出発の場合ゲートまで小型バスを出してくれます)。
c0153302_20193239.jpg
c0153302_20194199.jpg

ほぼ定刻にゲートを離れ、離陸。
夕食が出ました。鳥のあんかけご飯です。今日の夕食は機内食だけと言われていたので完食しました。
c0153302_2020571.jpg

10時ごろ北京着。出口は昼間の賑わいはありません。タクシー乗り場では人も閑散としています。
c0153302_2021252.jpg
c0153302_20213698.jpg
c0153302_20214997.jpg


11時ごろホテルにチェックイン。

北京唯実ホテル
-- Address: 中国北京市海淀区学院路39号
-- Phone: +86-10-62308899

c0153302_20222426.jpg
c0153302_2024108.jpg

電源プラグの形状は始めてみました。
c0153302_2025138.jpg


風呂に入ったら深夜1時半でした。速攻で寝ました。

次へ(第三日目-刀削麺朝食・お仕事・昼食)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-08-31 14:15 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年04月-第二日目-朝食・仕事・昼食・仕事


ラマダホテルは米国スタッフがシャワーがまあまあでリーゾナブルな価格なので利用しているホテルです。私は湖に近い古いホテル(Lake side hotel)が好きでできるだけ泊まる様にしています。
今回はイベントがあって予約が取れませんでした。

ラマダホテルのレストランから工業団地の中心であるラウンドアバウトのある広場が見えます。広場の名前は知らないのですが。
c0153302_17162448.jpg

ここには対面コーナーがあり、楽しみは麺類です。毎回武漢名物の胡麻たっぷりのペーストを絡める蕎麦風の麺ですが今回はきし麺風にしてみました。たっぷりお汁を掛けていただきます。お汁も選べたのですが困った顔をしたらさっと写真の汁を掛けてくれました。
c0153302_17164969.jpg
c0153302_17165622.jpg
c0153302_1717398.jpg

料理もいろいろ。和・洋・中がありますがもちろん中から選びます。野菜料理が美味しく特に冬瓜や葉物は逃せません。つい多く取ってしまいます。この位の量は問題なくお腹に入ります。お粥もいただきました。
c0153302_17172472.jpg
c0153302_17173168.jpg

最後に果物まで。必ず西瓜などいただく中国流が身につきました。
c0153302_1717453.jpg


========== お仕事・お仕事  ==========


お昼は時々行く代理店の近くの家庭的なカフェへ。
湖北(フーベーと聞こえる)料理ということで見かけはそうでもないですが出汁が濃くてビリからです。
c0153302_17184385.jpg

必ずでるのがお鍋。濃い出汁の中は淡水魚。骨が多い魚でしたがあっさりしていて濃厚スープとあいます。ご飯に掛けると堪りません。
c0153302_1719459.jpg

必ず出る葉物の炒め物。からし菜のような味でした。
c0153302_17194392.jpg

肉味噌。レタスで巻いて。
c0153302_17195658.jpg

南瓜の蒸し物。上海でもお芋や南瓜の蒸し物が良く出ます。味付け無し、自然の味を楽しみます。
c0153302_17201390.jpg


午後のお仕事の後、北京に移動の忙しい日です。


次へ(第二日目-夕方、北京に移動)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-08-29 17:20 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年04月-第一日目-武漢Dinner


日本人2人、中国人の3人での食事です。
エベントが開催されているとかで外のレストランの予約が取れず、ラマダホテルのレストランです。
c0153302_22372897.jpg
c0153302_2246049.jpg
c0153302_22462536.jpg

クラゲ。分厚くてコリコリしたクラゲでした。
c0153302_22483087.jpg

きのこのオイスター炒め。このきのこ、つるつるして美味しい。
c0153302_22484586.jpg

スッポンです。一匹丸ごとを似てあります。味の濃いプリンプリンがたまらない一品。
c0153302_22485982.jpg

長江の魚だそうです。川魚ので濃い出汁の美味しい一品。
c0153302_22491463.jpg

鱶鰭のスープ。
c0153302_22494418.jpg

ご飯には胡麻が。
c0153302_236296.jpg

これは、武漢の料理とのこと。
c0153302_2363978.jpg

食事の後散歩しました。午後9時ですが多くの人で賑わっていました。
c0153302_237496.jpg

そして、行った先はマッサージ。足マッサージで100分で7-80元(1,000円ちょっと)です。3時間のじっくりマッサージで4,000円ちょっとです。ただし、チップとして50元(700円)位渡す人が多いと聞いています。私の場合は中国人が全て払ってくれたので...
私は100分の足マッサージで足裏と肩・背中を中心にお願いしました。
c0153302_04141.jpg



次へ(第二日目-朝食・仕事・昼食・仕事)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-08-28 23:07 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年04月-第一日目-北京空港T3国内便ラウンジ


北京空港の国内便のラウンジは初めて。スターアライアンスは中華国際航空(Air China)のラウンジです。
c0153302_1165876.jpg

入り口でのチェックの後、受付があります。
c0153302_1171248.jpg

入ると、右手に飲み物やスナックのコーナーがあります。ビールはもちろん北京の燕京ビールです。
c0153302_1173986.jpg
c0153302_1174644.jpg

席は仕切りのところに電源のある席を選びます。
c0153302_1175333.jpg

奥に気になるコーナーが。餐飲区とあります。中にはカップラーメンが並んでいます。大型湯沸しポットもあります。中国らしくないなと思ってそこにあるプレートを見たら、オープンの時間帯があるのでした。外れていた時間だったのでので残念です。同行の同僚が食しましたが普通とのこと。
c0153302_1192058.jpg
c0153302_1192716.jpg
c0153302_1193486.jpg
c0153302_1194322.jpg

搭乗口は一番端。いつもより清潔な機内でした。
c0153302_1110552.jpg
c0153302_11101646.jpg
c0153302_11102392.jpg

無事到着。ターミナルへはバス移動。夕日がまだ高いのに赤いのが印象的です。
c0153302_214331.jpg
c0153302_1111320.jpg

ここから手配されていたタクシーで定宿へ。
c0153302_11111160.jpg



次へ(中国出張2010年04月-第一日目-武漢Dinner)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-08-28 11:11 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年04月-第一日目-北京トランジット


雨の羽田空港を後にしました。
c0153302_17413139.jpg

ビールとエコノミー昼食です。
  前菜 スモークサーモン ディル風味、ソフトサラミ、春雨サラダ
  なめこ蕎麦
  牛肉とごぼうのすき焼き風ごはん
c0153302_17414129.jpg
c0153302_17414878.jpg

何事も無く北京空港到着です。相変わらず汚い空気で景色が霞んでいます。ターミナル3に到着です。
c0153302_17422585.jpg

ふと気がつくと機内整備の人たちでしょうか、女性の一団が蛍光バンドをつけて飛行機に向かっています。
c0153302_17424031.jpg

検疫の向うが入国審査です。
c0153302_1743317.jpg

入国審査を出ると下へ降りるエスカレータがありバッゲージクレームへシャトル(電車)での移動です。
c0153302_17431989.jpg
c0153302_17432537.jpg

降りると、バッゲージクレームへ続きます。降りるときはこのまま税関審査・出口に向かいます。
c0153302_17435581.jpg

今回はターミナル3内のトランジットなので、出口に向かわずバッゲージクレーム入り口のすぐ脇にあるトランジット専用の税関に向かいます。
c0153302_17443421.jpg

Nothing Declareを通りぬけます。特にドアとかありません。広い通路をそのまま進みます。
c0153302_17454632.jpg

通ると右手方向にトランジット専用カウンターが並んでいます。今回は羽田でボーディングパスを発行してもらったのでカウンターまで行かずに左手の国内便登場口に向かいます。
c0153302_17462649.jpg

エスカレータをあがると、入場審査(パスポートチェック)、セキュリティを通ります。
c0153302_17464781.jpg
c0153302_17465189.jpg

セキュリティからラウンジまでは直ぐでした。
c0153302_174769.jpg



次へ(第一日目-北京空港T3国内便ラウンジ)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-08-27 17:47 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年04月-初めての北京トランジット


武漢と北京での仕事なので北京で初めてトランジット。3時間半のトランジットタイム。インターネット接続が不調で退屈な時間となりました。
仕事も明るいうちに仕事、夕方の移動で結構疲れました。

第一日:東京・羽田(HND) --(NH1285)--> 北京(PEK)
           --(CA8206)--> 武漢(WUH)泊
第二日:武漢(WUH) --(CA1366)--> 北京(PEK)
第三日:北京(PEK) --(NH1286)--> 東京・羽田(HND)

第一日目-北京トランジット
第一日目-北京空港T3国内便ラウンジ
第一日目-武漢Dinner
第二日目-朝食・仕事・昼食・仕事
第二日目-夕方、北京に移動
第三日目-刀削麺朝食・お仕事・昼食
第三日目-北京空港から帰国

c0153302_916185.jpg



出張・旅行一覧へ    [Blog Top]
by AT_fushigi | 2010-08-27 17:16 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

iphone テレビコマーシャル


最近気になっているiphone4のコマーシャル。カダイフの作り方で行ったついでにYouTubeで検索してみました。
テレビ電話の機能を分かりやすく見せていて秀逸です。「ウェディング」「パパの誕生日」「恋人」とあるようです。
私のお気に入りは「恋人」。手話で気持ちを伝え合う二人。特に彼女の表情が好きです。
(なお、米国版でも同じような場面はあります)



もう一つは「パパの誕生日」。パパにバースデーケーキをプレゼントするのですが、パパはホテルの一室で電気を点けてベッドに横たわっていて、ママと娘は明るい日差しの入っているダイニングキッチンにいる。この時間関係から米国出張・滞在かなあと思ってしまうのですが。



[2010.08.25]
by AT_fushigi | 2010-08-25 12:47 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

カダイフの作り方


SALONE2007の記事を書きながらカダイフってどうやって作るのだろうと興味が湧いてきました。
c0153302_12185431.jpg

ありました、YouTubeに。百聞は一見にしかずということで、



回転式クレープヒートプレート+ストレート多穴の如雨露(ちょっと違うか)とは!
by AT_fushigi | 2010-08-24 12:18 | お菓子・食品 | Trackback | Comments(0)

レストラン(日本-イタリアン)-横浜-SALONE2007


今年4月に人気のお店「SALONE 2007」に行ってきました。予約の取りにくいお店ですが前日予約を入れたらキャンセルがあったようで席が取れました。

■ お店情報

「SALONE 2007 (サローネ2007)」
-- 住所 奈川県横浜市中区山下町82-3 シタラビル1F
-- 電話  045-651-0113
-- 営業時間  12:00~14:00(L.O)、18:00~21:00(L.O)
-- 定休日  日曜日、第1、第3月曜日
-- カード  可 
-- テーブル席
-- HP http://www.salone2007.com

■ お店

横浜駅から地下鉄みなとみらい線に乗り、元町・中華街駅で下車。駅から数分。一本中に入ったところ。
c0153302_15431724.jpg

(写真は帰りに見送ってくれたスタッフが中に入るのを待って撮った写真。)
席に着くと、メニューがおいてある。この店はおまかせコース(10,500円)のみ。ワインもおまかせにしました。
c0153302_15434048.jpg
c0153302_1544133.jpg


■ 料理(メニュー)

8 piatti: 8皿のコース
  Inicio:  山形牛のスピエディーノ
  Golozo:  兎とフォアグラのサラーメ
  Vapore:  鮮魚のヴァポーレ
  Pesce:  カダイフで巻いた桜台のアルフォルノ
  Pasta Ripieno:  ファゴッティーニバッカラのリピエーノ 浅蜊のサルサ
  Cucchiaio:  雉のクッキアイオ
  Pasta Fresca:  グラミーニャ 豚コストレッタのラグー
  Pietanza:  和牛ハラミのタリアータ
  Dolce o Formaggio

■ ワイン

おまかせでグラスワイン。オレンジ風味の鮮魚のヴァポーレのときはオレンジ色のワインなど料理を盛り上げた。写真を撮るのが申し訳ないような雰囲気だったので白ワインはなく、ボトルは赤ワインのみ。
c0153302_15444062.jpg
c0153302_15445779.jpg
c0153302_1545440.jpg
c0153302_15451120.jpg


■ 食事

Inicio: 山形牛のスピエディーノ
スピエディーノ?イメージが違うが串に刺してあるのでOK。
マッシュポテトを山形牛で巻いたもの。もちろんマッシュのお芋や山形牛の解説付き。残念ながら、覚えていない。ヴォイスレコーダがあればよかった。
最高の牛。トリュフの香りもいいが牛の香りも良い。
c0153302_15454379.jpg

Golozo: 兎とフォアグラのサラーメ
フォアグラペーストが塗られた兎のサラミ。大粗引きの兎のサラミ。添えられたリコッタ(にいろいろ練りこんだもの)は微かにエスプレッソの香り。
c0153302_15455635.jpg

Vapore: 鮮魚のヴァポーレ
スズキの蒸し物。蛸と蛤が添えられた日本料理のお椀のようなスープ仕立て。オレンジ風味。
スプーンだけで頂く。これはどうかな。
c0153302_15461166.jpg

Pesce: カダイフで巻いた桜鯛のアルフォルノ
カダイフ(カダユフ)を使った料理に時々出会うがフリットがほとんど。アルフォルノ(オーブンを使って)というのだからオーブンで仕上げたものだろう。カダイフが細いので柔らかな感じだがパリッとしていたのでオイルミストを塗して焼いたのだろうか。サクサクという食感を楽しんだ。ソースの酸味があるのであっさりした味になっている。
c0153302_15462575.jpg

Pasta Ripieno: ファゴッティーニバッカラのリピエーノ 浅蜊のサルサ
バッカラ(塩漬け鱈)のリピエーノ(詰め物)のファゴッティーニ(包みパスタ)。もちろん塩抜きした鱈以外にもいろいろ入っていたが...。これにアサリのトマトソース(サルサ)を掛けたもの。イタリアパセリも色を添える。
こういうファゴッティーニや大き目のラビオリを食すると餃子から由来するのかと思うがイタリア人には絶対聞けない。タルタル族に支配されたポーランドにはもっと餃子に近い料理がある。
c0153302_15464635.jpg
c0153302_15465595.jpg

Cucchiaio: 雉のクッキアイオ
クッキアイオはイタリア語でスプーン。スモークされた雉、ラズベリー、ポレンタ、等など。一口で食すが色んな味の変化と調和。
c0153302_15471918.jpg
c0153302_15472716.jpg

Pasta Fresca: グラミーニャ 豚コストレッタのラグー
グラミーニャは細くちょっと長いカールしたマカロニのように穴の開いたパスタ。コストレッタはミラノ風カツレツで使われているお肉?サルシッチャとのラグー。添えてあったのはドライイチジクとヘーゼルナッツ。

c0153302_15474669.jpg
c0153302_15475380.jpg
Pietanza: 和牛ハラミのタリアータ
和牛ハラミのタリアータ。もう一切れは人参とズッキーニのスフォルマート。タリアータには松の実が掛けられ、バルサミコとイチゴソースが添えられている。タリアータはレアで中まで暖かい。ジューシーで旨みが閉じ込められている。ちょっと量が...少ない。
c0153302_15482075.jpg

Dolce o Formaggio
c0153302_15541690.jpg
c0153302_15484355.jpg

最後にエスプレッソとグラッパ。
c0153302_15492870.jpg
c0153302_15493541.jpg


■ 感想等

横浜のこの地域に多いサロン・ラウンジ風のイタリアンレストラン。この中でもトップの人気を誇る。そして、お客のほとんどが女性グループかカップルである。
ホスピタリティは素晴らしい。料理やワインの説明も詳しく聞きほれてしまう。
料理も複雑で、いろいろな香りや味や食感のハーモニーである。材料にもこだわっている。
至福の時間を過ごすことができる。

ただ、どこかに不満が残るのは、やはり私はガッツリ系で、素材そのものを楽しむのが好きだからだろうか。
c0153302_1550178.jpg


レストラン一覧へ    [Blog TOP]
by AT_fushigi | 2010-08-22 08:50 | レストラン | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年08月(I)-初めてのスカイライナーと上海博物館

初スカイライナーです。都心から36分。これは日暮里から。今回は上野からの利用です。

第一日:東京・成田(NRT) --(NH959)--> 上海・浦東(PVD) 上海泊
第二日:上海泊
第三日:上海・虹橋(SHA) --(FM9371)--> 深圳(SZX)泊
第四日:深圳泊
第五日:深圳 --(Ferry)--> 香港(HKG) --(NH912)--> 東京・成田(NRT)

第一日目-初スカイライナーで成田空港へ
第一日目-上海へ、クラッシックホテルとフレンチDinner
第二日目-上海博物館
第二日目-小南国でDinner
第三日目-深圳に移動
第三日目- 深圳定宿とDinner
第四日目- Dinnerだけ
第五日目- 香港空港展示、帰国

c0153302_11255333.jpg


出張・旅行一覧へ    [Blog Top]
by AT_fushigi | 2010-08-21 11:23 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)