<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

日々徒然-歳時記2010年09月-突然の秋


二日前まで連続71日の真夏日(気温30度以上)だったのに昨日から20度の突然の秋。
昨日は雨模様でどんよりした曇り空。台風が雲を持って行ってくれたので今日は秋晴れです。

我が家の庭では彼岸花が咲きました。
c0153302_17413566.jpg

コスモスがたくさん咲いている原っぱがあるというので行ってみました。
マンションが建つ予定らしい原っぱ。今年限りかもしれない。思いっきり青空が見えます。
c0153302_17452296.jpg

よく車で通る道絡の側で、先日までは大きな向日葵が咲いていましたが、今はコスモスが空き地一杯に咲いています。コスモスはこれからと思っていましたがすでに盛りを過ぎた感じでした。
c0153302_17453314.jpg



2010.09.25 15:00ごろ
by AT_fushigi | 2010-09-25 17:39 | 日々徒然 | Trackback | Comments(2)

米国出張2010年04月-第四、五日目-J-BentoとMyChoice


搭乗し無事離陸。

さて、機内食。行きに形式が変わっていたので帰国便でしっかりメニューを撮りました。
J-Bento。Japanese Bentoのことでしょう。下のほうに"SFO 100419-100531"とあるので行きの便は切り替わったばかりだったのです。
c0153302_1612770.jpg

J-Bentoを選択。
  さばの一干し焼き、ほうれん草とたまごのバター炒め
  切り干し大根の田舎煮、赤いんげん豆の含め煮
  冷麦、果物
  ポークのカツカレーライス
  お味噌汁
飲み物はプレミアムモルツビール。
c0153302_16122889.jpg

今回はしっかり写真に撮っていたので、さあと切り干し大根の位置が左右逆だったり、そばが冷麦だったり、カツカレーのカレーが分けられていなかったりと違いが分かります。初めてというのはこういうことが起こるものです。ご愛嬌です。
私はこのBentoは好ましく思っています。ただ、味噌汁はもう少し大きい入れ物にして量がほしいです。普通のお椀では揺れる事を考えてだと思うのですが量が少ないです。

新しく始まった「MyChoice」。有料のサービスでビジネスクラスのドリンクや軽食が楽しめるとあります。お酒に食指が動いたのですが高い気がして今回はパスしました。
c0153302_16125176.jpg
c0153302_16125834.jpg

J-BentoもMyChoiceも新しいサービスです。お客満足度を下げないようにコストダウンを狙っていると後で聞きました。J-Bentoは分かりませんが、MyChoiceのおかげでコンビに風おにぎりとかが無くなっていたようです。こういう努力は理解できます。

着陸前の食事です。
  ブリトー、ピカントソース
  フレッシュフルーツ
  ヨーグルト
飲み物は、白ワインにしました。
c0153302_1613441.jpg


成田空港から成田エクスプレス利用ですが、日暮里から36分の新線の工事が着々と進んでいました。


完   [目次]
by AT_fushigi | 2010-09-25 16:13 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

米国出張2010年04月-第四日目-ピンボール@SFO博物館


帰国の日もカリフォルニアブルーの上天気でした。
c0153302_15201971.jpg


サンフランシスコ空港、SFOのインターナショナルターミナルのSFO博物館(SFO Museum)は楽しみの一つです。

今回は"Pingball"。The Pacific Pinball Museum (PPM) からの出展だそうです。関連記事はこちら

ちなみに"Pinball Museum"でググって見ると米国各所にPinball Museumがあることが分かります。この秋"The National Pingball Museum"がオープンするようです。米国人の郷愁をかうのでしょうね。

もちろん私には実体験的懐かしさはほとんどありません(観光地や温泉でちょっと遊んだくらい)。でも一世を風靡したものとして、レトロな雰囲気に興味があります。
古いパチンコに似た創成期ものもありますがやはり全盛期の派手派手が好きです。ずらり並んでいますが、、残念ながらそのままではなく足を外して斜めの台に乗せて中が見えるようになっています。展示としては正しいのでしょうがもう少し工夫がなかったのかと思います。見ていて動くボールが見えたりリンリンといったような音が聞こえてくるような展示にしてほしかったです。
c0153302_1571580.jpg

それはあるものの、見ていて楽しい展示です。実体験のほとんどない私でもわくわくしてきました。
c0153302_15132576.jpg
c0153302_15133670.jpg

ボールが動くホールも良いが点数を表示するバックも楽しい。
c0153302_15155090.jpg
c0153302_15155950.jpg

展示では部品の展示もありました。
c0153302_15162271.jpg

アメリカを象徴した(と思っている)Pinballを楽しみました。PPM(Peter, Paul & Maryではありませんよ)に行ってみたくなりました。

次へ(第四、五日目-J-BentoとMyChoice)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-09-25 15:20 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)

米国出張2010年04月-第二、三日目-サプライズDinner


第一日目は仕事ONLY。日本人だけでアメリカン日本食。

第二日目はTeam Dinnerのイベントが。San Jose Tech Musuem でのDinnerです。
San Jose Tech Musuem はSan Joseの中心にありSilicon Valleyの歴史館です。15年位前に行ったことがありますが結構楽しめました。まだ、Silicon Valleyが元気だったと言うと失礼かもしれませんが。確かパルアルトのHPの創業小屋というか納屋が移設されていたと記憶しています。
子供とくれば一日中楽しめるようになっています。

さて、びっくりしたことにこの博物館の2階を貸しきってロビーというか通路というかでDinner Partyです。こんなこともできるのですね。調べてみると確かにHPによればメンバーになればBirthday Partyもできるとあります。これに乗ったのでしょうか。

何やらチケットをもらってエスカレータで2階へ。
c0153302_17444653.jpg

2階の展示室は出入り自由なのでまずワイン片手に見学です。子供が実際に触って楽しめるように工夫されています。
(残念ながらカメラの電池切れでしたので古い携帯電話のカメラの写真です。)
c0153302_1745651.jpg
c0153302_17451695.jpg
c0153302_17452445.jpg
c0153302_17453728.jpg


最後はワインとイタリアンでおしゃべりになってしまいました。
c0153302_1745529.jpg


第三日は仕事ONLYで、夕食もケータリングでした。
ちょうど日本同様気候の変化が激しかったです。4月というのに寒くてしょうがなかったです。
着いた日と第二日は曇り。
c0153302_17532239.jpg

第三日目にやっとカリフォルニアの青い空になりました。
c0153302_17533840.jpg


次へ(第四日目-ピンボール@SFO博物館)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-09-24 17:53 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

米国出張2010年04月-第一日目-美術鑑賞の後、雨の中を出発


三菱美術館でモネを鑑賞した後、NEXで成田空港に向かいました。
美術館を出るとき雨を一粒感じ、駅につくころにはポツポツでした。
空港は雨が結構降っていました。
c0153302_1493137.jpg

いつもとおりラウンジで過ごして、搭乗・離陸。

食事です。離陸後の食事はお弁当でした。後でANAのHPで調べたのですが5月の食事と同じでした。この日は5月まで10日あるので...月の切り替えは20日なのでしょうか?
J-BENTOとなっており、運びやすいし、良い工夫だと思います。

J-Menu BENTO
  いかの軟骨の唐揚げ、干し海老とキャベツの塩だれ風味
  白身魚の酒蒸し
  鮭の炙り寿司、蟹の巻き寿司
  豚の角煮、ごはん
  お味噌汁
  季節のくだもの:りんごと伊予柑
飲み物はプレミアムモルツビールにしました。
c0153302_1494556.jpg


この便では良く寝ることができました。疲れていたのでしょうか。
着陸前の食事。
  ロースハムとビーフのパストラミ
     +アメリカンチェダーチーズ
  フレッシュフルーツ:りんご、キウイ、伊予柑
  十勝ヨーグルト
  ロールパン
c0153302_1503057.jpg


無事サンフランシスコに到着。



次へ(第二、三日目-サプライズDinner)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-09-24 01:51 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

旅の線-鉄道-NEX-連結


成田エクスプレス(NEX)は横浜方面と新宿方面からの列車が東京駅で連結する便もあります。中央線からか新宿から乗ることがほとんどで、東京から乗車することはほとんどありませんでした。
東京駅の徒歩圏内に三菱一番館美術館ができたので、夕方出発の米国出張時に美術館によってから成田空港に向かいました。

まず、横浜方面からの列車が到着。
c0153302_23122111.jpg
c0153302_23122859.jpg
c0153302_23123491.jpg

まもなく、新宿方面からの列車が来ました。
数メートル手前で一回停車。
c0153302_231311.jpg

1メートル手前で再度停車。
c0153302_23133398.jpg

後はスムースなドッキングでした。東京駅の看板の目の前での連結でした。
c0153302_23134011.jpg
c0153302_23134859.jpg
c0153302_23135435.jpg



2010.04.20 14:00ごろ
by AT_fushigi | 2010-09-23 23:15 | 旅の点と線 | Trackback | Comments(0)

米国出張2010年04月-美術鑑賞の後出張


先月に続いて米国出張。
仕事三昧の出張でしたが、USAの便は夕方だったので東京駅前の三菱一号館美術館でマネを鑑賞して成田空港に向かいました。
美術館を出る頃ポツリポツリと雨を感じました。成田空港に着いたときはかなりの雨でした。
帰りはサンフランシスコ空港(SFO)の展示コーナーではビーンボールのヴィンテージ物を展示していました。

第一日:東京・成田(NRT) --(NH008)--> サンフランシスコ(SFO)、お仕事、ベイエリア泊
第二日、三日:お仕事
第三日:サンフランシスコ(SFO) --(NH007)--> 東京・成田(NRT)

旅の線-鉄道-NEX-連結
第一日目-美術鑑賞の後、雨の中を出発
第二、三日目-サプライズDinner
第四日目-ピンボール@SFO博物館
第四、五日目-J-BentoとMyChoice


c0153302_11222980.jpg
c0153302_11241743.jpg
c0153302_11242532.jpg


出張・旅行一覧へ    [Blog Top]
by AT_fushigi | 2010-09-23 11:24 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年08月(II)-蛇料理

一日で4件仕事をこなしてのとんぼ返りでした。
同僚の珍しいものという指定に、蛇料理でした。私は2回目です。今回は美しいサファイア色の...

第一日:東京・成田(NRT) --(NH909)--> 香港(HKG) --(Ferry)--> 深圳泊
第二日:深圳泊
第三日:深圳 --(Ferry)--> 香港(HKG) --(NH912)--> 東京・成田(NRT)

第一日目-中国移動の時期
第一日目-夕食は蛇料理が
第二日目-疲れた日
第三日目-ANAパンダ

c0153302_1291233.jpg


出張・旅行一覧へ    [Blog Top]
by AT_fushigi | 2010-09-22 01:23 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

「カポディモンテ美術館展」 @国立西洋美術館


都心への出張の前に行ってきました。
茹だる様な昼下がり、上野駅から直ぐなので助かります。
c0153302_17461165.jpg


■ 展覧会

「ナポリ・宮廷と美―カポディモンテ美術館展 ルネサンスからバロックまで」
-- 国立西洋美術館
-- 2010年6月26日(土)~9月26日(日)
-- 休館 月曜
    (7月19日(月)、8月16日(月)、9月20日(月)は開館、
    7月20日(火)、9月21日(火)は休館)
-- 開館時間:9:30~17:30
-- 一般1,500円、大学生1,200円、高校生700円、中学生以下無料 
-- 公式HP: http://www.tbs.co.jp/capo2010/ 
-- [概要] 
    ナポリの丘の上に建つカポディモンテ美術館はイタリアを代表する美術館のひとつ。
    16世紀にファルネーゼ家が収集した作品。本展の前半は彼らが収集した
    ルネサンスからバロックまでの作品を紹介。後半は、17世紀の
    ナポリ絵画を紹介。
    展示されるのは約80点の絵画・彫刻・工芸・素描
c0153302_14461259.jpg


■ 美術館

上野駅から文化会館前と蔭を辿り、暑さを避けながら美術館へ。
c0153302_14484951.jpg

猛暑で外を散歩したり、たたずむ人はいない。
c0153302_1450546.jpg

チケットはPCで取りました。
c0153302_14504043.jpg


■ 作品 (写真は上記HPより)

I. イタリアのルネサンス・バロック美術

[ルネサンス美術]

はっきり言ってこの章が本美術展の目玉。

まず、エル・グレコ「燃え木でロウソクを灯す少年」。実物を見るとわかるが相当厚く絵の具を塗りたくっている。相当苦労して表現していると思われる。
c0153302_22272634.jpg

パルミジャニーノ「貴婦人の肖像(アンテア)」。ポスターにもなっている。貴婦人ではなく高級娼婦という意見もある人物は謎。ただ、十代と思われる若々しい自信に満ちた美しさに圧倒される。衣装やテンの描画に技術の高さがわかる。特にテンの頭が生きているようで目を引く。
c0153302_22274186.jpg

ティツィアーノ「マグダラのマリア」。私の好きなティツィアーノだがこの作品は強すぎる気がした。
c0153302_22275718.jpg

ブロンズィーノ「貴婦人の肖像」が美しいと思ったがHPに作品はなかった。


[バロック美術]

パルトロメオ「キューピッド」は可愛い。完璧な絵画だ。
c0153302_22285176.jpg

グイド・レーニ「アタランテとヒッポメネス」。競走で相手を負かして殺してしまう美しいアタランテに挑むヒッポメネス。ヴィーナスから3個のりんごを落とし拾わせるという知恵をもらった。アタランテの手に1個のりんご、2個目を拾おうとしている。ヒッポメネスの左手にはもう一個のりんごが隠されているのだ。神話を基に場面・構図も工夫されていてイタリアらしい傑作だが、食傷気味かも。
c0153302_22293589.jpg

[ファルネーゼ家と工芸] 
ため息の出る陶磁器にため息。

II. 素描

c0153302_2237337.jpg

後は省略。

III. ナポリのバロック絵画

フランチェスコ・グアリーノ「聖アガタ」。残酷な主題だがそれを美しい絵にしている。当時の題材の選択の制限の中で美を表現する画家の技量も感心する。キリスト教ではない私にとっても美しい絵だ。
c0153302_22354924.jpg

カヴァッリーノ「歌手」は手の荒れ方や顔の皮膚から貧しい歌手なのだろうと推測した。そう思ってみると表情に訴えるものが迫ってくる。
c0153302_2236829.jpg

アルテミジア・ジェンテレスキ「ユディットとホロフェルネス」。寝入った敵の大将を殺している残酷な場面。こういう絵は避けたくなるが、作家が先輩画家に襲われたトラウマが絵に表れているという解説に妙に納得してしまった。
c0153302_2236333.jpg


■ 感想

入り口からいくつかの作品を見ながら最初の広い部屋に入るとパルミジャニーノ「貴婦人の肖像(アンテア)」が正面にあるのが直ぐわかる。それを意識しながら見て行くとまずエル・グレコ「燃え木でロウソクを灯す少年」があってびっくり。塗りたくった絵の具に画家の苦労が見える。続いての「貴婦人の肖像(アンテア)」にはため息が出て遠く近くで隅々まで見た。そして、ブロンズィーノ「貴婦人の肖像」の美しさに呆然。ティツィアーノ「マグダラのマリア」の迫力に圧倒されてここまででかなり満足。

しかし、最初のコーナーで傑作を連続してみてしまったので後ろ窄みな感じだ。Iの前に導入部があればよかったと思う。

西洋美術館の企画展は地下だが面積的に狭いと思う。ウルビーノのヴィールスやコロー、ハンマースホイなどテーマ(作者)がはっきりしている場合には十分でも、2007年のパルマ展でもそうだが広範な展示ではあと一部屋という不満が残る。


[美術鑑賞]
by AT_fushigi | 2010-09-05 14:06 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(2)

中国出張2010年04月-第三日目-北京空港から帰国


北京空港です。大きな空港です。新しいターミナル3です。
c0153302_034324.jpg
c0153302_0343871.jpg

出国ロビーには橋を渡ります。橋の下は到着ロビーです。
c0153302_0345320.jpg

赤色の天井に白いストライプが洒落ています。
c0153302_035697.jpg

今回の出張のころ事件があったためかチベットのお店が目に付きました。店には装飾品や仏像などが置いてある。古そうなタンカで(宗教的なものに失礼ですが)ちょっと気に入ったものがありましたが2万円位するのでもう少し調べてからにしようと思い今回はあきらめました。
c0153302_0352937.jpg
c0153302_0353643.jpg

出国ロビーの中心の竜のオブジェを目印にゲートへ向かいます(記事を書いているときにはやっている「ベスト・キッド」にも出てきましたね)。
c0153302_036684.jpg

オブジェの向こうで国内便と国際便に分かれる入り口がある。
国際便の案内にしたがって行くとシャトルステーションにエスカレータで降りる。
c0153302_0365827.jpg
c0153302_037947.jpg

国際線ターミナル駅に着くとそのまま出国審査、セキュリティです。
c0153302_0373833.jpg
c0153302_0374543.jpg

抜けるとお土産やさんが並んでいます。
c0153302_0403446.jpg

スターアライアンスはAir Chinaのラウンジ利用です。エスカレータで上がります。
夕食時間だったのでいろいろいただきました。写真を撮り忘れましたが、ここには麺コーナーがあり(時間制限はありますが)ラーメンをいただけます。
c0153302_038935.jpg
c0153302_039219.jpg


無事、離陸しエコ機内食。

  前菜 :モークサーモン、サラミソーセージ、ポテトサラダ
  和風まと鯛の煮おろしと筍ごはん
  四季の麺
飲み物はプレミアムモルツビールです。
c0153302_0401589.jpg

駐機場でタラップから降りると周りは真っ暗で寂しい。
c0153302_04055100.jpg

バスで国際ターミナル、入国、バスで国内線ターミナルへ移動し京急を使って品川経由で帰宅しました。

PS: ターミナル内シャトルステーションで新しい羽田国際ターミナルで1日4便に増便されるという広告です。
c0153302_0433122.jpg


完   [目次]
by AT_fushigi | 2010-09-05 00:43 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)