<   2010年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

中国出張2010年05月-第三日目-朝、中国新幹線で杭州へ


朝、眠い目を擦りながら朝食に向かいます。隣の建物の一階です。
明るいレセプションホール。
c0153302_17461361.jpg

外に出るとガウディ的ホテルの建物の外装。
c0153302_1747116.jpg

そして建物の前の庭に馬の像が。この別荘の持ち主だったMollerさんが心から愛した宝の馬と書いてあります。
c0153302_1750742.jpg
c0153302_17492928.jpg

朝食の食堂です。
c0153302_1752860.jpg

朝食は和洋中の料理が用意されています。
c0153302_1751296.jpg

洋中をいただきました。
c0153302_17512648.jpg



今朝は杭州へ新幹線(高速鉄道)で移動です。
チケットです(改札後のですが)。一等席にしました。乗車+特急料金で64元(1,000円)です。
磁気カードのようです。
c0153302_1861012.jpg

まずはタクシーで上海南駅へ。
c0153302_1872559.jpg

駅の中。
c0153302_1874317.jpg

中国では待合室で列車を待ちます。A1, 1, 2とあります。
c0153302_188254.jpg

待合ホール(候車庁)は地下でした。
c0153302_185353.jpg

入り口に列車名が。
c0153302_182829.jpg

チケットのチェックとセキュリティチェックがありました。
c0153302_19143.jpg

待合ホールです。
c0153302_193167.jpg

ホールの出口に列車名が。
c0153302_194714.jpg

待っているとまもなく入場です。磁気カードを通す改札口はあるのですが動いていないようです。機械の故障でしょうか。
c0153302_1112447.jpg

列車にどっと駆けつけます。いつでも乗車できる日本とはずいぶん違った景色です。
c0153302_1104543.jpg

「和諧号」。D5番の列車はTGVを持つフランス・アルストムの技術で開発されましたがTGVではありません。車体も断面が四角です。
c0153302_1175951.jpg

c0153302_1274356.jpg
車内販売でしょうか。食堂車があるのでしょうか。
c0153302_118126.jpg

時間が近くなったので乗車します。
c0153302_1184986.jpg
c0153302_119395.jpg

一等席車両です。座席もちょっと高級そう。
c0153302_1193317.jpg
c0153302_1194571.jpg

発車です、駅が後ろに遠ざかります。
c0153302_120753.jpg

車内販売でコーヒーを。
c0153302_1202076.jpg

車内誌がありました。「和諧之旅」。右上に”CRH"の文字も。中の記事にJALの破産も。「破産之謎」だそうです。
c0153302_1203970.jpg
c0153302_1204956.jpg

こちらはトイレ。使用はしませんでしたが調査のため行って見ました。飛行機のトイレのようです。ところで、日本の新幹線のトイレは使った記憶は無いのですが...
c0153302_1221584.jpg

途中で今建設中の本当の高速鉄道路が見え隠れしていました。今は時速160kmですが新しいレールでは時速350kmで運行します。
c0153302_1234251.jpg

杭州に到着。地下を通って外に出ます。
c0153302_1235755.jpg



次へ(第三日目-杭州・西湖を眺めながらの昼食)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-10-29 18:09 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(4)

中国出張2010年05月-第二日目-上海の別荘ホテルと摩天楼バー


ホテルの前の高速道路の下がライトアップされて幻想的です。
c0153302_113934.jpg

これが今回のホテル。人目で気に入りました。
c0153302_122590.jpg

衡山马勒别墅饭店
-- Address: 静安区陝西南路30号
-- Tel: 021-62478881
c0153302_124840.jpg

入り口とその奥の受付のホールです。
c0153302_13619.jpg
c0153302_131346.jpg
c0153302_132423.jpg
c0153302_133344.jpg

この後、直ぐ浦東のグランド・ハイアット上海=金茂大厦(Jin Mao Tower)へ。
タクシーで川の下のトンネルを抜けます。
c0153302_1132643.jpg

タクシーを降りると東方明珠が見え、上海環球金融中心(World Financial Center)が聳え立っています。
c0153302_155915.jpg
c0153302_143224.jpg

5年ぶりくらいのグランドハイアットです。
c0153302_151855.jpg

目的は87階のバー「Cloud 9」。できたころは世界で一番高いところにあるバーと言われていました。今は上海環球金融中心のSKY87が一番なのでしょうか?込んでいましたがうまく窓際の席に座れました。この席は最低980元のオーダーをしなければいけないといわれました。3人ですので一人300元(4,500円)。席料ではなくMinimum Orderなのでフレンチワインをいただきました。
暗くて写真はとれませんでした。窓の外のブレブレの写真しかありません。東方明珠と外灘が見えます。

Cloud 9
-- Address: 世紀大道88号金茂大廈87楼
-- Tel: 021-5049-1234
c0153302_162763.jpg


次へ(第三日目-朝、中国新幹線で杭州へ)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-10-29 01:06 | Trackback | Comments(2)

中国出張2010年05月-第二日目-上海の元祖「私房菜」


ホテルでは日本から直接来た同僚と現地スタッフが待ち構えていました。今日は特別なDinnerをお願いしてありました。

「私房菜」、Private Kitchen と訳されるようです。要はお金持ちのようにあなたの専用シェフが料理するようなレストランということらしいです。こじんまりした部屋で、シェフが腕を振るった料理を頂くわけです。日本の割烹だと思っています。(中国のレストランは大勢の料理人が手分けして料理するのです)

現地のスタッフが予約してくれたのは、上海の「私房菜」の元祖といわれているレストランです。
c0153302_2318472.jpg

原創私房菜 Sophia's Restaurant
-- 上海市静安区华山路480号
-- 021-62499723

タクシーで駆けつけると、それはフランス租界にある洋館でした。
c0153302_23192555.jpg

3Fに案内されました。途中、チラッと見えた部屋ではカップルが楽しそうに食事をしていました。
c0153302_23203120.jpg
c0153302_23204164.jpg

案内された部屋は狭い部屋です。でも静かで落ち着いた感じが素敵です。
c0153302_23223886.jpg

メニューが来ると確かにいつも行くレストラントとは違います。所謂、創作料理です。
(なお、メニューは中国語、英語、日本語表記です)
c0153302_23225869.jpg

ビールを頂きながら待ちます。

蟹のスープで煮た豆腐だったと思います。滑らかな豆腐で、小さい賽の目なのでスープとよく合う。
c0153302_23231834.jpg

ハマグリの入った肉団子だと思います。貝殻にはめ込んであるのが目新しい。この店の売りだそうです。
c0153302_23233846.jpg

鱶鰭のスープ。ハロウィンみたい。
c0153302_23235616.jpg

特別な豚の角煮。棗が利いています。
c0153302_23243215.jpg

ここで紹興酒に。
c0153302_23245714.jpg

野菜炒め。百合の根、セロリ、銀杏。多分半分くらい食べた後、繕って撮った写真。
c0153302_23251245.jpg

海老炒め。クレープで包んで頂きます。
c0153302_23252894.jpg

清蒸。小ぶりのスズキあるいはスズキの子供だったと思う。
c0153302_23255855.jpg

どれも美味しく、初めての味ばかりでした。話が弾んで(程よいお酒で)料理の名前を覚えていないのが残念でした。メニューには美味しそうな料理が並んでいました。是非また来ようと思いました。
c0153302_23214777.jpg



次へ(第二日目-上海の別荘ホテルと摩天楼バー)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-10-27 23:26 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年05月-第二日目-武漢-上海移動


昼食後空港へ。同行の日本人、現地スタッフと別れ一人上海へ向かいます。

空港でも目立つのは住宅の広告。住宅バブルが起こっており、経験のある日本人には危なく見えます。
c0153302_1816593.jpg
c0153302_18161049.jpg

無事、離陸。久しぶりの窓席でした。
c0153302_18162954.jpg
c0153302_18163783.jpg

上海に到着。
c0153302_18165424.jpg

リニアモーターカーに乗ろうとすると上海万博の団体の観光客でごった返し長い列です。VIPクラスのチケットを買い短い列に並びます。
c0153302_18171169.jpg

セキュリティチェックをとおり列車を待ちます。
c0153302_18172385.jpg
c0153302_18172810.jpg

電車が到着し、プラットフォームに下ります。Transrapidが待っています。
c0153302_18175174.jpg
c0153302_18175733.jpg

VIP席は最後部車の後ろ半分です。
ここで残りの半分から人が入ってきて車掌さんと一悶着。結局追い返されました。実はVIP席(片道100元、ボーディングパスがあれば80元)は込んでいる普通席(半額)を避けた日本人二人だけ。
c0153302_18181025.jpg

出発です。時間は正確です。
c0153302_18194056.jpg

運転席(後部なので運転手はいません)。
c0153302_1820056.jpg

上海空港を後ろに遠ざかります。
c0153302_18201118.jpg

17:00を過ぎていたので最高速度は300km/hです。通常なら430km/h。
c0153302_18204176.jpg

8分少しで竜陽路駅に到着です。
c0153302_18205615.jpg

ここからタクシーでホテルに向かいます。

途中、浦東地区の高層ビルが見えます。また、万博の中国館もチラリと。
c0153302_18211296.jpg
c0153302_18211749.jpg

そして、初めての、そして好きになったホテルに到着です。



次へ(第二日目-上海の元祖「私房菜」)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-10-26 18:21 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年05月-第二日目-ランチ


空港が遠いので(1時間半かかる)、余り時間が無いというのでホテルの道を挟んで反対側にあるレストランです。
c0153302_23255344.jpg

口味堂(武昌总店)
-- Address: 武汉市洪山区卓刀泉特1号航空所小区
-- Tel: 027-87451069

武漢では有名なチェーン店だそうだ。店は中は結構広くて立派。
c0153302_23261220.jpg
c0153302_23262691.jpg
c0153302_23263832.jpg

海老とアスパラ。
c0153302_232757.jpg

この野菜が分からない。日本でも口にしたことがある。栗の水煮のような感じ。
c0153302_2328117.jpg

この店のお勧めの魚料理。野菜のいためたものがたっぷり掛かっている。
c0153302_2328321.jpg

後で青野菜を練りこんだ蕎麦を加えてくれる。
c0153302_23285652.jpg

ごぼう。
c0153302_23293081.jpg

ビールはご当地の「雪花」。最初は「純生」を」頼んだが、中国では「純生」はアルコール度を3%程度にして飲みやすくしたビール。第三のビールのような味。
c0153302_23295147.jpg

でも、これはビールではないよねと普通のビール「精製」に。
c0153302_2330848.jpg

この後、ホテルで預けておいた荷物をピックアップして空港に向かいました。
結構、いい気分で、前の晩余り寝ていなかったのでタクシーの中で不覚にも寝てしまいました。



次へ(第二日目-武漢-上海移動)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-10-25 23:30 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)

中国出張2010年05月-第二日目-武漢のホテルの中庭と朝食


昨晩は遅く着いたのですが、朝早く目が覚めました。

武汉湖滨花园酒店(武漢湖濱花園酒店)
-- Address: 武汉武昌区珞瑜路115号
-- Tel: 027-87782888

中庭に面した部屋でした。
c0153302_22325943.jpg

朝食に降りたらまだ準備中でした。レストランから中庭に出ることができます。
正面の遠くに気象台のタワーが見えます。
c0153302_22332483.jpg

タワーから目を下ろすと、中庭の正面に関羽でしょうか像があります。
c0153302_22333838.jpg

奇岩や池の坪も。
c0153302_2234060.jpg
c0153302_2234896.jpg

振り返るとホテルの真っ赤な建物が迫ってきます。
c0153302_2239465.jpg
c0153302_22391163.jpg

よく見ると朝食が始まったようです。
お粥のトッピングが並ぶテーブルには金魚鉢が。
c0153302_22393740.jpg

お焼きが武漢の郷土料理らしいのですが味がはっきりしなかったです。
苦瓜のオイスターソースは美味しかった。
c0153302_22395916.jpg



次へ(第二日目-ランチ)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-10-24 22:40 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年05月-第一日目-北京でトランジット、飛行機トラブルで2時間待ち


羽田発です。バスで駐機場まで移動し乗機です。タラップからの写真が迫力があって好きです。
c0153302_0482588.jpg

エコ機内食です。カレイの照り焼きは美味しかったです。
  前菜 サーモンのマリネ、ポークハム
     コールスローサラダ
  メインディッシュ かれい照り焼きとごはん
  冷麦
  北海道カスタードプリン
c0153302_0484157.jpg

無事、北京に到着。
c0153302_0485668.jpg

ゲートでは掃除のスタッフが待機中です。
c0153302_0491552.jpg
c0153302_0492489.jpg

Arrival Floor 。大きな空港なので結構歩きました。
c0153302_050520.jpg

案内表示の右側が入国審査です。
c0153302_11261376.jpg

審査をパスするとターミナル3の中を行き来するシャトルステーションへエスカレータを降ります。
c0153302_0511748.jpg
c0153302_0512773.jpg

ターミナル3は広大で3つの建物に分かれていてシャトルで結ばれています。
c0153302_0534362.jpg
c0153302_0535492.jpg

手荷物受け取り(Bagage Claim)へ。
c0153302_0543398.jpg
c0153302_0544190.jpg

手荷物を受け取ると出口を出なくとも国内線へトランスファーできます。トランスファー専用の通路には税関もあります。
c0153302_055913.jpg

税関を抜けるとトランスファー専用のチェックインカウンターです。私は羽田でボーディングパスを発行してもらえなかったのでチェックインしました。
c0153302_0555315.jpg

国内線出発階(3F)にエスカレータで上がります。
c0153302_056478.jpg

国内線の本人確認(外国人はパスポート確認)とその後ろがセキュリティーチェックです。
c0153302_0564639.jpg

セキュリティーチェックを済ませラウンジに。ラウンジはChina Airのラウンジです。
c0153302_057241.jpg

お昼の時間を過ぎていたので軽食も無く、ビールとスナックでくつろぎます。
c0153302_0573523.jpg

このラウンジは国内線出発階の上にあり、セキュリティーチェックが直に見えます。写真のガラスの壁の向こうが本人確認で並んでいる人の列が見えます。手前がセキュリティチェックですが、中国は日本と同様結構テキパキしていながら親切で不愉快な経験はありません。それにチェックゲート数が多いのであまり並んだ覚えがありません。
c0153302_058729.jpg


時間になったのでゲートへ。
c0153302_151952.jpg

少し変です。出発時間が表示されていないのです。っと、突然搭乗開始です。
c0153302_058431.jpg

少し遅れてゲートを離れたのですが、機内放送でエアコン機器に不具合があり駐機場に向かうとの事。待つこと30分。エアコンが働いていないので機内の温度は上昇していきます。汗が出るくらいで、結構暑かったです。待つことの嫌いな中国人が騒ぎ出すころ「機体を変更します。移動用のバスが来ているのでそれに載ってゲートに戻ってください」。皆が荷物を取り降りる準備。
c0153302_0591964.jpg

でも、前のほうで誰かが中国語で叫んでいます。私は良く分からなかったのですが、暑かったので前のほうのドアまで行くとタラップが掛けられ何人かはすでにバスのほうへ移動しています。
c0153302_0594333.jpg

結局、直ったらしく、放送指示で席に戻りました。タラップの上のほうで過ごした20分は風が当たって結構気持ちが良かったです。
c0153302_0595735.jpg

結局2時間遅れで出発。
機内食は  鳥蕎麦とサラダでした。元々は6時50分到着予定なので2時間遅れで9時ごろに武漢空港に到着のはずです。武漢は9時ごろにはレストランは閉まり始めるので夕食はこの機内食と覚悟して完食しました。結構普通にいただけました。
c0153302_105245.jpg

機内のビデオですが広告の時間が始まると後何分何秒で広告が終了するか表示します。
c0153302_12919.jpg

武漢空港からホテルまでタクシーで1時間半。前日から来ている中国人スタッフとホテルの食堂で合流し、ビールと頂いたのがワンタンメンです。
c0153302_123385.jpg

部屋に戻ったらバタンキューでした。


次へ(第二日目-武漢のホテルの中庭と朝食)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-10-24 01:02 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年05月-初中国高速鉄道

中国高速鉄道といっても在来線を160kmで走るのですが初体験です。日本の新幹線ではなくドイツのD5型でした。今年中には新幹線専用の新しい線路が開通するようです。
上海を楽しむことができました。

第一日目:東京・羽田(HND) - (NH1285) --> 上海・虹橋(SHA)
       -- (CA1365) --> 武漢(WUH)泊
第二日目:武漢(WUH) -- (MU2507) --> 上海(PVG)泊
第三日目:上海 -- (CRH) --> 杭州泊
第四日目:杭州 -- (CRH) --> 上海泊
第五日目:上海(PVG) -- (NH922) --> 東京・成田(NRT)


第一日目-北京でトランジット、飛行機トラブルで2時間待ち
第二日目-武漢のホテルの中庭と朝食
第二日目-ランチ
第二日目-武漢-上海移動
第二日目-上海の元祖「私房菜」
第二日目-上海の別荘ホテルと摩天楼バー
第三日目-朝、中国新幹線で杭州へ
第三日目-杭州・西湖を眺めながらの昼食
第三日目-Dinnerは隠れ家レストラン
第四日目-中国の高速鉄道で杭州から上海へ
第四日目-一寸だけEXPO
第四日目-美味しいイタリアン in 上海

c0153302_284384.jpg


出張・旅行一覧へ    [Blog Top]
by AT_fushigi | 2010-10-23 21:55 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年05月-第二日目-深夜便で帰国


ビールで程よい気分でフェリーポートに向かいます。
午後9:00の便です。飛行機のチェックインを済ませ、出国手続きを終え船着場に。チケット売り場ではあまり感じませんでしたが、裸電球に照らされた船着場に着き、暗い海に囲まれると寂しい感じです。
予定通りフェリーに乗船、何事も無く空港に到着。
c0153302_14613.jpg

ラウンジでまたビール。揚げ春巻きが大量に置いてありました。
c0153302_146261.jpg
c0153302_146448.jpg

さすがに深夜の空港は寂しいです。天井も暗くしてあると思います。
c0153302_1465120.jpg
c0153302_150559.jpg

00:35香港発-05:45羽田着の深夜便。

ほとんど寝ることができませんでした。
それでも1時間はウトウトできたでしょうか。
到着前の朝食。

前菜:くらげのマリネ、スモークポークハム、ポークナックル
メインディッシュ:クリーミーな小海老とぽろ葱のパスタ
四季の麺:茶蕎麦
モーニングロール
c0153302_1471941.jpg

清々しい朝の中到着。でも、眠くてそのまま会社に行って2時間寝ていました。
c0153302_1474048.jpg
c0153302_1475042.jpg

香港は近すぎてつらいRED EYEとなりました。便利だけれど、できれば避けたいと思いました。


完  [目次]
by AT_fushigi | 2010-10-23 01:47 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年05月-第二日目-遅いクイックランチ、夕方は海上世界のバー


=================================
午前の仕事
=================================

午前中の会議が遅く始まり、次が控えているのでクイックランチです。
いつもならKFCやMacなのですが、日本で言う「飲茶」をまだやっているお店を発見。

ところで中国のスタッフは「飲茶」という言葉を知らないといいます。香港ことばなのでしょうか。

メニューと回ってくるワゴンから選びます。次々お皿が並ぶのですが時間が無いので写真も時々。
c0153302_1665879.jpg

c0153302_1695833.jpg
旧暦5月5日(6月中旬)は端午節なのですが、すでに粽が季節もののメニューにありました。。
c0153302_1693290.jpg


=================================
午後の仕事
=================================

仕事が終わっての夕方。遅いランチだったので軽い食事にしようということに。
深夜便のフェリーが午後9時過ぎなので、たっぷり時間はあります。
フェリーポート近くの「海上世界」へ案内されました。初めての場所ですが外国風のバーが多いとの事。

沢山の家族やカップルが散策しています。各国の居酒屋風が並んでいます。
c0153302_16183526.jpg
c0153302_16184386.jpg
c0153302_161850100.jpg

奥に巨大な客船が見えます。ここも軽食が楽しめるバーです。
c0153302_16211984.jpg
c0153302_16213049.jpg

ここができたときはここまで海だったそうです。それが船ごと埋め立てられたそうです。
Googleの地図で見ると明らかです。船が見えますか?左上です。
c0153302_16222892.jpg

全員ビールの気分だったのでHeinekenが飲める「露台」というStarbacksの上階のお店へ。
c0153302_1624555.jpg

ビールと御つまみは春巻きなどのベトナムプレートとトルティージャチップスのメキシコプレートです。
c0153302_16274938.jpg
c0153302_16275723.jpg
c0153302_1628627.jpg



次へ(第二日目-深夜便で帰国)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-10-20 16:28 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)