<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

タイ出張2011年04月-週末旅行(I)-アユタヤ(1)-バンパイン宮殿と日本人街跡

                            .
タイの世界遺産アユタヤに行ってみたいと思っていました。

今回の出張で打ち合わせの時間がずれ、午前中に自由時間ができたので大急ぎでツアーを申し込みました。
午後3時にはホテルで会う約束なので時間が限られていますがアユタヤにぜひ行きたいとインターネットで探しました。
午後4時ホテルというツアーを見つけ、象に乗るオプションをはずしてタクシーで帰れば間に合うと見込みをつけ申し込みました。
入場料・昼食込みで950バーツ(このとき1バーツは実際は2.8円位だったので2,660円)と安く思いました。
決済も済み7時45分ピックアップとの連絡がメールできました。
c0153302_21975.jpg


さて、当日。

早めに起きて、朝食をたっぷりいただきます。
c0153302_221478.jpg

部屋に一旦戻ってアユタヤのある北方面を遠くを眺めると雲が出ています。
4月はかなり暑い時期なので曇っていたほうがいいかなと思いました。実際そうでした。
c0153302_222877.jpg

7時40分にバスが来ました。マイクロバスです(写真はアユタヤで撮ったもの)。ドライバーとタイ訛の日本語が話せるタイ人のガイドさんです。
c0153302_2381134.jpg

私が最初で、新婚カップルと2人のレディーをそれぞれのホテルでピックアップして総勢5人で出発です。
朝のバンコクは活発な動きです。
c0153302_2231234.jpg

社内でまず注意事項がありました。
まず、服装チェック。寺院を廻りますのでノースリーブや短パン・ミニスカート、踵のないサンダルは禁止です。全員合格。
寺院での常識的な振る舞いを要求されること、特に頭の位置、仏像の前ではそのお顔より低くするようにとのことでした。日本人で首の無い仏像の上に顔を出して写真を撮ったひとが警察沙汰になったことがあるそうです。

1時間もかからずにバン・パイン宮殿です。アユタヤの20km南にありますがここも世界遺産に含まれるそうです。
c0153302_223402.jpg

アユタヤの王、プラーサート・トーン(1629-1656)が夏の離宮を1632年にこの地、チャオプラヤ川の中洲(バンパイン島)に建造しました。しかし、ビルマがアユタヤを1767年に陥落して以来は廃墟だったそうです。
現在の建物は19世紀後半、「王様と私」で有名なチャクリ王朝のラーマ4世、5世によって造営されたものです。ほとんどの建物はラーマ5世のときに完成しています。国王の夏の住居や迎賓館として現在も使用されているとのことでした。ラーマ5世は「即位するとすぐに欧米に視察旅行をしてタイの立ち後れを実感し、チャクリー改革と呼ばれる数々の改革を行った」(Wikipedia)。西洋文化が入ってきてその建築方式を取り入れた宮殿です。ガイドさんが「西洋かぶれのところが有った」と言っていました。しかし、この王による西洋化によりイギリスやフランスはタイを植民地化せず、王政が続いたことを忘れてはなりません。

入り口でチケット。ツアーなのでガイドさんから渡されました。地球の歩き方によれば100バーツ(280円)だそうです。
c0153302_224352.jpg

入り口を入るとゴルフ場でも見るカートが並んでいて客寄せしています(上の写真にも写っています)。見学するとわかりますが広大な敷地であり、暑い中を歩くのは大変なときには便利でしょう。1時間300バーツだそうです。

長い池沿いに歩いていくと菩提樹を後ろにしたラーマ5世により1880年に建てられたクメール様式の仏塔(prasat)、ホー・エン・モンティアン・テラワット(Ho Hem Monthian Thewarat)が見えてきます。この地に離宮を造営したアユタヤ27代の王プラーサート・トーンに捧げられたのだそうです。
c0153302_2261619.jpg

菩提樹の裏にも石碑が建っていました。
c0153302_2265930.jpg

池に沿って進むと、ラーマ5世により1876年完成した黄金のプラ・ティナン・アイサワン・ティッパアート(Phra Thinang Aisawan Thiphya-Art)が見えてきます。池に浮かぶタイ建築様式の美しい優雅な建物ですです。バンコクの王宮にあるラーマ4世のアーポーン・ピモーク・プラサート(Phra Thinang Aphonphimok Prasat)の模倣だそうです(後日の王宮の観光で紹介します)。
c0153302_22743100.jpg

ちなみに宮殿の建物は「プラ・ティナン」始まりますが「王の住居」という意味です。写真で後ろの左にあるのがプラ・ティナン・ワローバート・ピマーン(Phra Thinang Warophat Phiman)です。ラーマ5世の住居でネオゴチック建設だそうです。謁見の間などがあるそうです。屋根つきの廊下で右の白い建物に繋がっています。実は右の建物が玄関(Thewarat Khanlai)です。

ここは格好のカメラスポットです。また、池には魚や亀がいてそばでパンを売っていました。

振り向くと池にかかる橋がありヨーロッパ風の景色が広がっていました。右手の建物はコロニアル建築のSaphakan Ratchaprayunです。
c0153302_2281067.jpg

プラ・ティナン・ワローバート・ピマーンの玄関を過ぎると、プラ・ティナン・ウッタヤーン・プーミサティアン(Phra Thinang Uthayan Phumi Sathian)が現れます。1877年に完成しラーマ5世が好んで滞在されたそうですが、1938年に小改築中に火災で木造の建物は焼け落ち、現在の建物は1996年に再築されたものだそうです。当時の建造物は裏にある(後で見学した)ゴチックの塔が残っているだけだそうです。
c0153302_2294722.jpg

さらに進むと手入れされた西洋風の庭があります。ブーゲンビリアなどのタイの南国の花もありますが剪定された象、兎などの木の芸術品が可愛いです。コブラもありました(写真を撮るのを忘れました)。
c0153302_2285436.jpg

華僑から寄贈されたた1889年に完成した宮殿、プラ・ティナン・ウェーハート・チャルムーン(Phra Thi Nang Wehart Chamrun、明天殿)です。
c0153302_2301866.jpg

靴を脱いで中を見学することが出来ます(写真禁止なので入り口だけ)。内部の床には美しい藍の模様のタイルが敷き詰められ冷やりとします。調度品は中国から持ってきたものでしょう、絢爛でした。サイドの廊下にラクダの骨で作成した細かく巧みな彫刻が展示されていました。
c0153302_12303681.jpg

明天殿に行く途中から右手に見えていた1881年に完成したプラ・ティナン・ウィトゥン・タサナー(Phra Thinang Withun Thasana)に移動します。天文学に興味のあったラーマ5世が物見台兼天文台として建造、ポルトガル様式だそうです。ここも、靴を脱ぎのぼることが出来ます。少し急なラセン階段を3階まで上がれば眺望が最高です。
c0153302_2305149.jpg
c0153302_2311429.jpg

遠くに僧の集団が見えました。修行中でしょうか、国家安泰を念じていたのでしょうか。
c0153302_2324947.jpg

帰りはプラ・ティナン・ワローバート・ピマーンの裏を通り、ゴチックの塔を見て出入り口へ。
c0153302_2334586.jpg

中にはお土産屋などがありましたがジュースカウンターを発見。マンゴージュースをいただくことに。80バーツでした。暑かったのでこれでクールダウンです。
c0153302_2341439.jpg

ラーマ4世が最初にこの地で手がけたというワット・ニウェートタム・プラワット(Wat Niwettham Prawat)と呼ばれるルネッサンス風の仏教寺院行って見たかっですが時間の関係でパスだそうです。

バスに戻り日本人街跡へ。途中、バンコクへ向かう列車に会いました。
c0153302_2345914.jpg

10分少々で着いた日本人街跡は降りて入り口で記念写真だけです。
c0153302_2351756.jpg
c0153302_2352866.jpg

いよいよ、アユタヤに向かいます。

c0153302_2494374.jpg


次へ(アユタヤ(2)-ワット・ヤイ・チャイ・モンコン)    [週末旅行目次]
by AT_fushigi | 2011-05-28 22:20 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

タイ出張2011年04月-週末旅行(I)-アユタヤ



久しぶりのタイ出張でした。実は以前の2回の出張では観光はできませんでした。今回は、午後からの打ち合わせの前にアユタヤ・バスツアーに参加、土曜日にバンコク出発前に顧客と王宮付近観光に行って来ました。
これを週末旅行(I)、(II)で報告します。アユタヤは2日前、王宮は前日の夜決めたので準備不足でしたが楽しんできました。両方とももう一度行っても良いと思いました。

さて、アユタヤ.......世界遺産。

日本を飛び立つ前の日、顧客の予定が決まり、自由時間ができたので、大慌てで予約しました。午後3時までにホテル戻らなければいけないのでそういうツアーを探しました。いろいろありましたが結局950バーツのツアーに決めました。帰りが間に合わないので途中でタクシーに乗る覚悟で安いツアーを探したのでした。

結局、効率よく案内してくれたのと誰も象に乗らなかったので3時前にホテルに着きました。
曇っていましたが結構暑く、かえって良かったと思います。あの暑さに日差しが加わったら観光は大変だったでしょう。
東南アジアの歴史を知らなく行ったのですが、俄然興味を持ってしまいました。ほかの遺跡も行ってみたくなりました。そういう意味で良いイントロダクションになりました。


予定と実際
  08: 00 [07:45] 私のホテル出発 [08:15] 最後のお客
  09: 00 [09:05] バンパイン宮殿
  10: 20 [10:05] 日本人街跡(車窓)
  10: 30 [10:10] ワット・ヤイチャイモンコン、[10:45] ワット・マハタート
  12: 00 昼食(後回し) [12:15-13:15]
  13: 10 [11:20] ワット・プラシーサンペット、[12:00] ワット・ロカヤスタ
  16: 00 [14:30] ホテル到着

記事
  (1) バンパイン宮殿と日本人街跡
  (2) ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
  (3) ワット・マハタート
  (4) ワット・プラ・シー・サンペット
  (5) モンコン・ボピット、ワット・ロカヤスタ
  完了


c0153302_23472922.jpg



出張・旅行一覧へ    [Blog Top]
by AT_fushigi | 2011-05-24 23:49 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年08月-第五日目- 香港空港展示、帰国

          .
香港経由で帰国です。朝7時前にホテルを出て、フェリーで深圳から香港空港へ直接渡ります。

香港空港でいつも通りお茶とお菓子を買ってゲートへ。

ターミナル1の中を行き来するシャトルトレインでゲートに移動。ゲート付近に「Glimpses of Hong Kong」というコーナーができていました。昔の香港の写真、ポスターなどで当時を振り返ります。
c0153302_13233955.jpg

BAKILLY(百家利) という化粧品会社の1920-30ごろのポスターだそうです。Kwan Wai-nungという当時の有名ポスター画家の作だそうです。
c0153302_13234795.jpg

無事離陸し、東京へ。
機内食です。中華風旨煮ご飯とオムレツからご飯をチョイス。飲み物は白ワインが定着。

  前菜:ハムとスモークホタテ、海老、等
  メインディッシュ:中国風白身魚と野菜の旨煮ごはん 
  四季の麺: 茶蕎麦

c0153302_13244734.jpg
c0153302_13245329.jpg


成田駅では新スカイライナーと新NEXが入っていました。
c0153302_1325897.jpg
c0153302_13251113.jpg


今回の出張は2日目の上海博物館が良かった。


完   [目次]
by AT_fushigi | 2011-05-24 18:26 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年08月-第四日目- Dinnerだけ

                                        .
この日は朝から晩までお仕事、お仕事。昼食は顧客の社員食堂で。20元(250円)で食べ放題。

夕食はダウンした人がいたので近場で。ホテルの隣の「繽紛世紀酒樓」。

「繽紛世紀酒樓」
-- Address: 广东省深圳市南山区南海大道2289号
-- Phone: 0755-26413222

ここは普通の中華ですが早めに行かないと個室が取れない店とのこと。予約したらといいたくなりますが。定宿、東華ホテルの至近なので便利に使っています。
今回は料理は少なめに。
c0153302_036479.jpg
c0153302_0365553.jpg
c0153302_03737.jpg
c0153302_0371119.jpg
c0153302_0372189.jpg
c0153302_0372939.jpg
c0153302_037364.jpg



次へ(第五日目- 香港空港展示、帰国)   [目次]
by AT_fushigi | 2011-05-23 00:38 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年08月-第三日目- 深圳定宿とDinner

                      .
いつもの「東華ホリデーイン」です。ここは日本のビジネスマンも多く、ホテルの周りには居酒屋が並んでいるエリアがあります。

「東華暇日酒店(東華ホリデーイン)」
-- Address: 深セン市南山区南油大道山東大厦東華園電話
-- Phone: +86( 0755 )6416688

c0153302_0112487.jpg

ロビーには来月の中秋の名月に食する月餅の予約販売がありました。
c0153302_0122234.jpg

このホテルのECOのひとつがアメニティの袋を紙にしていくことです。以前、歯ブラシの袋を紙にしていいかというアンケートを渡されたこともありました。
c0153302_0114513.jpg
c0153302_0115266.jpg

窓からの眺めも変わっていきます。海がほとんど見えなくなりました。
c0153302_0124699.jpg
c0153302_0125525.jpg


===== お仕事 =====

夕方、訪問を終えDinnerです。疲れていた人がいたのでホテルのレストランへ。
c0153302_0143069.jpg

この日のスペシャルは鹿の軟骨です。どれでしょう。
c0153302_0141082.jpg
c0153302_0145364.jpg
c0153302_015081.jpg
c0153302_015797.jpg
c0153302_0151534.jpg
c0153302_0152422.jpg
c0153302_0153113.jpg
c0153302_0153820.jpg
c0153302_0154669.jpg
c0153302_0155329.jpg

解答:魚の空揚げの後のオレンジ色のお皿です。

外を散歩すると夏の暑さを凌ぐ為でしょうか人が多く出ていました。踊っている集団も。
c0153302_0175634.jpg



次へ(第四日目- Dinnerだけ)   [目次]
by AT_fushigi | 2011-05-23 00:18 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年08月-第三日目-深圳に移動

                                             .
上海虹橋空港から深圳に移動です。先月と異なり上海市内から上海虹橋空港第2ターミナルに向かいます。
c0153302_2317262.jpg
c0153302_23173649.jpg

カウンターは意外と空いている。
c0153302_23181685.jpg

出発。この奥が本人確認とセキュリティチェックです。
c0153302_23194366.jpg
c0153302_23195149.jpg

スタアラの上海航空のラウンジです。
c0153302_232214.jpg

軽食コーナー。果物と炒飯・焼き蕎麦。
c0153302_23235595.jpg
c0153302_2324214.jpg
c0153302_2324851.jpg

果物とお菓子とお茶です。
c0153302_23256100.jpg


1Fに降りてバス移動です。
ゲート41。
c0153302_23533352.jpg

ワンワールドのMUがスタアラのFMを買収したのでいつかはFMもワンワールドになるでしょう。
c0153302_23555046.jpg
c0153302_2356176.jpg


バス移動は飛行機が間近に見ることができます。
c0153302_23582100.jpg
c0153302_2358859.jpg
c0153302_23581888.jpg
c0153302_23583430.jpg


機内食は製造年月日が貼ってあるのですが2日前のです。冷凍食品なので問題ないとは思うのですが中国なのでちょっと心配です。しかし、完食しました。
c0153302_031822.jpg
c0153302_032694.jpg


深圳空港は経済特区の外にあるので市内に行くタクシーは赤色と決められています。
c0153302_043046.jpg



次へ(第三日目- 深圳定宿とDinner)   [目次]
by AT_fushigi | 2011-05-22 00:04 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年08月-第二日目-小南国でDinner

                                                    .
===== お仕事 =====

楽しみのDinnerです。上海オフィスから徒歩圏にある「小南国」です。銀座に日本店がある創造中華のお店です。上海に数店、香港や北京にも展開しています。

小南国(金鷹店)
-- Address: 上海市静安区陕西北路278号金鹰国际购物广场7楼
-- Phone: 021-63867977

c0153302_22493162.jpg


写真だけ載せます。

c0153302_2395240.jpg
c0153302_2310094.jpg
c0153302_2310613.jpg
c0153302_23101399.jpg
c0153302_23102031.jpg
c0153302_23102898.jpg
c0153302_23103776.jpg
c0153302_23104492.jpg
c0153302_23105115.jpg


日本でも通用する創作料理です。実は上海は伝統料理に一工夫加えた創作料理の店が増えています。中産階級の成長と関係あるようです。


次へ(第三日目-深圳に移動)   [目次]
by AT_fushigi | 2011-05-15 23:19 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年08月-第二日目-上海博物館

                                                         .
二日目は午後からの打ち合わせに参加すればよかったので上海博物館へ行きました。昼食を省略しての午前中の2時間少しの短時間でしたが青銅器を中心に回りました。

まずは朝食。
c0153302_15113280.jpg


9:00から開館なのでそれに合わせてタクシーで行きました。中国はタクシーが安いので良く利用します。

上海博物館
-- Address: 上海市人民大道201号
-- Phone: (021) 6372 3500
-- Open: 9:00 - 17:00 (入館は16:00まで) all year round
-- Close: 年中無休
-- Fee: Free ただし、一日入館5,000人まで
-- HP: http://www.shanghaimuseum.net/

正面玄関(南口)のある、「延安高架」の入り口で降ろされます。県(鼎)を模したという独特の建築物です。
c0153302_15273787.jpg

観光バスが多くいたので予想したとおり長い列でした。西から入って東の地下鉄の駅方面に列が続いていたので建物の正面の反対側へ。ここで1時間足らず並びました。一度に多くの人が入場しないような制限があるようでした。
c0153302_15291356.jpg

やっと、入り口が見えました。振り向くとまだまだ長い列です。
c0153302_15303257.jpg
c0153302_15413997.jpg


中に入ると中央が吹き抜けになっていて、丸天井から日差しが入ります。
c0153302_1541734.jpg

受付があり日本語のパンフレットもあります(後から4階から撮ったものです)。
c0153302_15394784.jpg

階段も凝っています。
c0153302_15482468.jpg


博物館は清代までの遺物を収集展示しているとのこと。4階の展示室があり11の展示館があります。

1階 中国古代青銅器館、中国古代彫塑館
2階 中国古代陶磁館、暫得楼陶磁器館
3階 中国歴代絵画館、中国歴代書法館、中国歴代璽印館
4階 中国少数民族工芸館、中国歴代貨幣館、中国明清家具館、中国歴代貨幣館

1階の青銅器が有名とのことなのでじっくり鑑賞。まさに教科書に出てくるような、中国の歴史を感じる青銅器がこれでもかと展示されています。しかも年代とともに細工が細かくなり芸術品と昇華して行きます。
c0153302_15434849.jpg
c0153302_1544310.jpg
c0153302_15441284.jpg
c0153302_15441853.jpg
c0153302_15462691.jpg


時間が無いので2階の陶磁器館へ。中国古代陶磁館と暫得楼陶磁器館があり、後者は胡恵春という個人コレクションの寄贈だそうです。
まずは、暫得楼陶磁器館。ここも歴史の本で見る陶器が並んでいます。
c0153302_1614157.jpg
c0153302_1615839.jpg
c0153302_162535.jpg
c0153302_1621268.jpg
c0153302_1622096.jpg
c0153302_1643992.jpg


中国古代陶磁館。ここも清代までの陶磁器が時代で分類され並んでいます。
c0153302_1616138.jpg
c0153302_16162287.jpg
c0153302_16163743.jpg
c0153302_16164963.jpg

収集は素晴らしいのですが、海外や日本での収集に比べてもこんなものではないだろうと思いました。まだ行ったことはないのですが北京首都博物館の方がコレクションとしていいのかもしれません。また、海外流出や文化革命の破壊などが影響しているかも知れません。

3階は書や絵画です。NOFLASHの表示があります。作品の保護のため暗くなっているので私のカメラではぶれが大きく写真は上手く撮れませんでした。また、展示も照明(抑えてありますが)の反射が考慮された配置になっていません。
c0153302_16195729.jpg

中国歴代書法館。行書、楷書、隷書、篆書、草書など時代ごとに分類されて展示されています。唐、宋時代の名書家の大作が圧巻です。実はあまりよく分からずさっと飛ばしました。
c0153302_16245460.jpg
c0153302_1625339.jpg

中国歴代絵画館。期待して行ったのですがいまいちだと思いました。陶磁器と同じでしょうか。
c0153302_16265749.jpg
c0153302_1627812.jpg

中国歴代璽印館。これも中国の文化ですが飛ばしました。

4階は中国少数民族工芸館。こんなものではないでしょうと思いました。
c0153302_16325533.jpg
c0153302_16331113.jpg

中国古代玉器館。
c0153302_1634285.jpg


4階から見た吹き抜けの底(1階)。
c0153302_16372589.jpg


上海のオフィスには北口から出てタクシーを拾いました。
c0153302_16381577.jpg


2時間と駆け足でしたが青銅器と陶磁器の素晴らしいコレクションを見ることができ満足でした。これを鑑賞するだけでも価値があります。



次へ(第二日目-小南国でDinner)   [目次]
by AT_fushigi | 2011-05-15 16:40 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)

中国出張2010年08月-第一日目-上海へ、クラッシックホテルとフレンチDinner

                                             .
ラウンジでビールと蕎麦、おにぎりを楽しんで搭乗。無事離陸。
c0153302_11435081.jpg

食事前の飲み物は白ワイン。機内食は

前菜:サーモンマリネ、ハム、ポテトサラダ
主菜:かれい照り焼きとごはん
蕎麦、プリン
c0153302_114496.jpg



上海浦東に到着。
c0153302_11442251.jpg

上海の定宿に向かいます。上海万博のおかげで外環高速が整備され市内へも比較的短時間でいけるようになりました。磁気浮上(リニアモーターカー)利用よりタクシーのほうが便利になりました。
c0153302_11444238.jpg

新しい高速道路はスピードメーターが各所にあるようでその度毎にタクシーは減速します。タクシーはレーダーを付けていました。
c0153302_11455668.jpg

万博会場の上空を横切る「盧浦大橋」を通ります。この橋は万博のために造られたわけではありませんが、徒歩の通路もあり万博会場を見ることができるそうです。タクシーからは壁でよく見えませんが中国館です。
c0153302_11464235.jpg

上海での定宿のクラッシックホテル「マーラーヴィラ(衡山馬勒別墅飯店)」です。フランス租界の東のほうにあって雰囲気がよく居心地のいいホテルです。上海の支社にも歩いて5分なので私の仕事にも便利です。早めに申し込むと1,000元程度・以下と近隣のホテル並あるいは以下です。
混んでいるらしく一番狭いタイプの部屋でした。
c0153302_11465917.jpg
c0153302_1147751.jpg
c0153302_11471567.jpg
c0153302_11472484.jpg
c0153302_1147314.jpg
c0153302_11473939.jpg

夕方Dinnerに出かけます。
c0153302_11484530.jpg

世界都市上海ということで外国料理に挑戦です。フレンチです。

外灘にでます。
c0153302_114931.jpg
c0153302_11491590.jpg
c0153302_1149236.jpg

ここから福州路に入って少し入った所に歴史を感じる古いビルを改装したレストランがあります。
c0153302_11554758.jpg

Hamilton House
-- French
-- Address: 上海市黄浦区福州路137号福州大楼
-- Phone: 021-63210586
-- HP: http://www.hamiltonhouse.com.cn/#
c0153302_11495069.jpg

中に入ると高い天井でアールデコ調の内装です。
c0153302_1150985.jpg

料理はメインが150-200元(2,000-3,000円)程度とリーゾナブルです。
ワインは中国では関税のためと聞いていますが海外のワインが高い。また、このレストランはどうか分かりませんが、管理状態に問題あることが多いです。値段の高いワインは飲む人が少ないので品質が悪くなっていることが多いです。ですので、400元(6,000円)くらいのワインを頼むのが一番無難です。
今回はハウスワイン(チリ)が230元(3,000円)なのでこれで十分。

初めてということもあり、WEBでお奨めとあったオニオンスープ(120元)とVeal Cutlet(230元)にしました。オニオンスープは本場の味という評判でしたが普通でした(それが本場ということか)。Veal柔らかく美味しかったです。

残念なのは部屋の照明が落とされ、ろうそくの炎での食事だったので、写真は上手く撮れませんでした(フラッシュを焚くのはマナー違反と思っているので)。

最後のコーヒーを楽しんで帰りました。

レストランの外・内装などは雰囲気があって気持ちのいいところですが、料理は普通でした。まあ、中国のフレンチなのでこれでも頑張っているほうなのかもしれません。


次へ(第二日目-上海博物館)   [目次]
by AT_fushigi | 2011-05-14 11:51 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国出張2010年08月-第一日目-初スカイライナーで成田空港へ

2010年7月に成田アクセスラインが開業して、新型スカイライナーが運行され、従来に比べ15分短縮しました。そこで、早速スカイライナーに乗車してみました。上野駅から成田空港駅です。

まずは東京駅から山手線で上野駅へ。後ろの車両から不忍口へ。
c0153302_019661.jpg

出て京成上野駅へ。初めての駅利用です。地下道かなにかで繋がっているのかと思っていましたが、「聚楽」のあったビルの前をコロコロを転がして歩道に沿って行きます。
c0153302_0194132.jpg

直ぐにチケット窓口があります。都心から36分と言っていますが正確にはには日暮里-成田空港第2ビルが36分です。京成上野-成田空港間は44分です。料金はライナー券1,200円、乗車券1,200円で計2,400円です。
c0153302_0232056.jpg
c0153302_0232982.jpg

改札を通りホームへ。ホームはあまり近代的ではなく歴史を感じます。
c0153302_028034.jpg
c0153302_028841.jpg

新型車両です。2代目AE型というそうです。隣に前の世代のAE100型が来て並んで止まりました。同じホームには普通も止っています。
c0153302_030645.jpg
c0153302_0301783.jpg
c0153302_0314236.jpg

昼間、1時間に2本走行しています。
c0153302_0325363.jpg

座席は普通。
c0153302_03499.jpg

表示は日本語と英語に加えて中国語、韓国語も出ます。
c0153302_034232.jpg
c0153302_0343215.jpg


出発進行。
座席のヘッドも独特の形。
c0153302_0373649.jpg

走行表示です。オレンジ色が載っている線が最近開通した成田スカイアクセスです。
c0153302_0361124.jpg

成田スカイアクセスは田園地帯を通したため車窓は田んぼが続きます。
c0153302_0391791.jpg

定刻に成田空港に到着しました。
c0153302_0395498.jpg


次へ(第一日目-上海へ、クラッシックホテルとフレンチDinner)   [目次]
by AT_fushigi | 2011-05-08 00:41 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)