<   2013年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

中欧家族旅行2012年08月-第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(V)、旧王宮と聖イジー教会



火薬塔から戻り旧王宮に進みます。

旧王宮の入口はちょっと分かりにくいですが番号を振った案内板を探します。
c0153302_13494770.jpg

都合あってヴラジスラフ・ホールの写真は残っていません。広い部屋の紐が貼られた中を歩いて見学します。天井の構造が美しいホールですが明かりの取り方に工夫すればもっと美しさが強調できると思いました。ここで騎馬兵の槍の試合をやったと言うのですから、広いです。

バルコニーからプラハが眺められますが聖ヴィート大聖堂の鐘楼に上った後ではちょっともの足りません。旧王宮から鐘楼と言う順番を推奨します。
バルコニーから見たお城の外壁というか建物の壁と言うか。
c0153302_13545954.jpg

紋章の間です。
c0153302_1355217.jpg

c0153302_13544398.jpg



旧王宮を出て、聖ヴィート大聖堂の裏、聖イジー広場に出ます。
c0153302_1350269.jpg


赤茶色い教会が見えます。聖イジー教会です。教会の2本の尖塔ですが右がやや幅広になっています。理由・原因は不明です。
c0153302_13494467.jpg

このバシリカは920年に建造でプラハ城でも最古の建物です。火事で12世紀に再建され、17世紀にバロック様式のレンガ色のファザードが造られたそうです。
c0153302_1355736.jpg


中は質素ですが明るい教会です。
c0153302_13551343.jpg

正面の祭壇上の高いドーム天井には、所々消えかけていますが、フレスコ画が残っています。
c0153302_13553923.jpg

壁が明るい色なので戸惑いましたが、壁に掛かっている祭壇の上部の絵や聖人の像にその歴史が残っているようです。
c0153302_13554266.jpg

c0153302_13555261.jpg

聖イジーの竜退治が彫り込まれた祭壇。
c0153302_13555978.jpg

横にある礼拝堂です。地下にも礼拝堂がありました。
c0153302_13552039.jpg

祭壇の奥のフレスコ画です。比較的良く残っていると思います。
c0153302_13555551.jpg

この教会は音響が良いと言うことで音楽会が催されているようです。この日も入口で夕方の音楽会を案内していました。


さて、次は黄金小路です。この左の路地を入るとチケットをチェックする人が立っています。
c0153302_1356535.jpg


大分お昼を過ぎたので入ったところにカフェがあったので入りました。サンドイッチと飲み物で人心地して見学を続けます。
c0153302_13581111.jpg

貰った小銭の裏がカレル橋とお城でした。
c0153302_13582733.jpg


チケットの裏の地図で歩いた軌跡を描きました。
c0153302_1412977.jpg



[2012.08.17]

次へ(第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(VI)、白い塔と黄金小路)    [目次]

 
by AT_fushigi | 2013-07-31 13:48 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中欧家族旅行2012年08月-第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(IV)、大聖堂をぐるり回って火薬塔へ



鐘楼を降り外に出ます。広場の反対側は旧王宮ですが壁工事中です。ここに写っている入口は旧王宮見学の入口では無く大統領府を守っている警察の物です。
c0153302_1115712.jpg


大聖堂、鐘楼の隣のアーチ型の入口は王宮に向いた昔の王様用の玄関です。この壁面には黄金色の最後の審判を描いたと言うモザイクが輝いていました。
c0153302_1115385.jpg

拡大すると
c0153302_6265580.jpg


旧王宮側に移動します。聖イジー(Svatý Jiří)の彫像がありました。馬の下にやりを向けられているのは竜です。聖イジーは英語ではSt Gorge、竜退治で有名なキリスト教殉教者・守護聖人です。
c0153302_1114034.jpg


旧王宮の方向から聖ヴィート大聖堂を見てみました。併設された旧司教館とオベリスクが見えます。オベリスクは1928年、第1次世界大戦犠牲者の追悼と共和国独立10周年を記念して建てられたそうです。
c0153302_11131100.jpg

大聖堂の奥は旧王宮との渡り廊下がありました。王様が大聖堂に安全に行く時に使ったのだと思います。
c0153302_11059100.jpg

近くで見ると大聖堂のステンドグラス窓を突き破って通しています。
c0153302_1105768.jpg


大聖堂の裏側です。ドームです。
c0153302_4201785.jpg

c0153302_111154.jpg

c0153302_111518.jpg

大聖堂の祭壇の裏にあるステンドグラス窓です。
c0153302_1103461.jpg

下に像がありましたが詳細分かりません。
c0153302_111380.jpg


ここから火薬塔は直ぐです。
火薬塔は名の通り火薬庫でした。
c0153302_1102686.jpg

今は中はチェコの軍隊の歴史館となっています。longチケットで入れますが特に入らなくてもいいでしょうと言う内容でした。
c0153302_1102251.jpg

火薬塔の側の壁には銃眼が残されていました。
c0153302_1101825.jpg

c0153302_1103041.jpg




[2012.08.17]

次へ(第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(V)、旧王宮と聖イジー教会)    [目次]
by AT_fushigi | 2013-07-30 10:16 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中欧家族旅行2012年08月-第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(III)、聖ヴィート大聖堂鐘楼とプラハの眺め



大聖堂を出て右手の第3の中庭を進みます。
c0153302_29275.jpg

大聖堂を横から見ます。2本の尖塔と横に時計台があります。
c0153302_15455351.jpg

この鐘楼(時計台)上ります。下の小さな入口から入ります。
c0153302_6184025.jpg

入口。
c0153302_15462247.jpg

ここはlongのチケットでも入れません。中には受付があってチケットを売っているのですがコルナでないと駄目だと言うのです。ユーロも駄目だと言うのです。実はホテルで少額両替しただけだったのでコルナ現金の持ち合わせがありません(現地のお金は普通クレジットカードを使ってATMから下ろします)。
チケット売り場で買ってきてくれと言うのです。遠いし混んでるしなと思案顔をしたら大聖堂の正面の反対のビルの両替屋のところにチケット売り場があると言うのです。
c0153302_15455730.jpg

無事チケットをゲット。ここはクレジットカード購入です。

さて、チケットを出すと、もいでくれて記念コインをくれました。
c0153302_15461255.jpg

さて、細いらせん階段を262段(だったと思う)上ります。降りて来る人とすれ違わなければなりません。
c0153302_15524324.jpg

途中、鐘が見えたりしました。上の回廊まで一気に上るとさすがに息が切れました。ちゃんとベンチがありましたが満席でした。
ここは息切れする位急な階段を上ってきたので相当高いです。大聖堂の尖塔が同じ高さに見えます。
c0153302_15475936.jpg

俯瞰図。
c0153302_15465636.jpg



回廊に出ると素晴らしい景色です。暑いので少しかすんではいますがプラハの町が遠くまで見渡せます。尖塔が多いので「百塔のプラハ」と言われているそうです。
まずはヴルタヴァ川(モルダウ川)の北から南へ下るように眺めます。
プラハ郊外地区。
c0153302_1559284.jpg

スタレー・ムニェスト(Staré Město 旧市街)地区。カレル橋、旧市街、ユダヤ人地区(Josefov)
c0153302_15462410.jpg

ノヴェー・ムニェスト(Nové Město 新市街)地区。
c0153302_15462895.jpg

マラー・ストラナ(Malá Strana)地区。後で展望台に行ってみます。
c0153302_15472497.jpg

上の写真にホテルが写っていました。下の写真の中央やや左の屋根に4つ出窓がきちんと並んでいる家です。
c0153302_1604759.jpg

旧市街地を少し拡大。
c0153302_161076.jpg

カレル橋を沢山の人が往来しているのが見えます。
c0153302_1612686.jpg


ここからはお城も俯瞰出来ます。フラッチャニ広場、第2の中庭、大聖堂の尖塔。
c0153302_15474532.jpg

これから行くお城の東にある旧門方向。
c0153302_15464399.jpg


風見鶏が目立つ所にあります。
c0153302_15464933.jpg

階段を下りる時に窓から大聖堂の中、ステンドグラスが見えました。
c0153302_1547594.jpg




[2012.08.17]

次へ(第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(IV)、大聖堂をぐるり回って火薬塔へ)    [目次]

 
by AT_fushigi | 2013-07-28 16:01 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)

中欧家族旅行2012年08月-第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(II)、聖ヴィート大聖堂



先に進めて第3の中庭にはいると目の前に聖ヴィート大聖堂(Katedrála svatého Víta)がそびえています。広角のレンズが必要です。
c0153302_9164838.jpg

正面には3か所扉がありますが私のカメラには収まりません。正面中央の扉です。
c0153302_9512683.jpg

右の入口の列に並んで入ります。ちなみに左側が出口です。
c0153302_9172569.jpg

c0153302_9164033.jpg

中ではチケットの改札があります。
c0153302_9171747.jpg

大きなカテドラルです。
c0153302_14233548.jpg

祭壇に進みます。
c0153302_14311379.jpg

上部のステンドグラス。
c0153302_14325441.jpg

正面大祭壇。
c0153302_14335523.jpg

c0153302_14554092.jpg

祭壇の裏には幾つかの小さな祭壇が。
c0153302_14425172.jpg

祭壇から見た入口の壁。丸いステンドグラス、バラ窓です。
c0153302_14342996.jpg

c0153302_1522579.jpg

大きなパイプオルガン。何故か側面にあるのです。
c0153302_14472916.jpg


聖ヴァーツラフの礼拝堂と言うらしい。壁面の絵画やシャンデリア(?)など最も豪華な装飾でした(写真ボケボケ)。
c0153302_10453099.jpg
c0153302_10454291.jpg


王か聖職者の棺。装飾が素晴らしい。
聖人ヤン・ネポムツキー(14世紀)の装飾。
c0153302_14454381.jpg

棺の横の側面の彫り物。右端にお城、中央にカレル橋。
c0153302_15223239.jpg


ステンドグラスに目が行きます。
有名なのがミュシャのステンドグラスです。まさにミュシャの絵です。
「10世紀ボヘミアの王でチェコの守護聖人である聖ヴァツラフとその祖母 聖リュドミラを中心に置き、そのまわりには、スラヴ世界にキリスト教をもたらしスラヴ言語での布教につとめた聖ツィリルと聖メトディウス兄弟の生涯と事蹟を描いています。」(ミュシャを楽しむためにから)
c0153302_14214789.jpg

c0153302_14224639.jpg

斜めから見ると色彩も鮮やかです。
c0153302_15253240.jpg
c0153302_1525719.jpg
c0153302_15251298.jpg
c0153302_1525354.jpg

極めつけは
c0153302_15265474.jpg

その他のステンドグラスも比較的新しい時代の作家の手によると思われます。
細長い楕円の様な、小学校で見た玉ねぎの細胞の様なエレメントを繋いだステンドグラスです。
c0153302_917510.jpg

c0153302_9171199.jpg

工場が見えたり近代的な絵柄です。
c0153302_14275929.jpg

c0153302_1428770.jpg


構造物も古い物から新しい物まで完成に600年かかった歴史を感じます。
c0153302_14495874.jpg

c0153302_15365912.jpg


その他にも多くの装飾がありました。
ジブリの「もののけ姫・シシ神」を思い出した壁に描かれた絵。
c0153302_917121.jpg

アンジェリコの絵を思い出しました。
c0153302_14462237.jpg


十分堪能して出ました。


[2012.08.17]

次へ(第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(III)、聖ヴィート大聖堂鐘楼とプラハの眺め)    [目次]
by AT_fushigi | 2013-07-27 10:15 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中欧家族旅行2012年08月-第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(I)、入城、第1と2の中庭



プラハ城です。

お城の成り立ちをWiki情報から纏めてみました。

========= Wiki情報から編集 ========
プラハ城の場所に870年、ボジヴォイ1世によって聖母マリア教会が建築された。10世紀前半には聖イジーと聖ヴィートのバシリカが建設された。
12世紀にロマネスク様式の宮殿と城塞がここに造成され、14世紀には、ボヘミアの黄金時代を築いた神聖ローマ皇帝カール4世(=ボヘミア国王カレル1世)の支配の下、王宮がゴシック様式で再建された。聖ヴィートも広大なゴシック教会として建築が始まり、600年掛けて完成したのは20世紀に入ってから出る。
フス戦争の後、1485年、ウラースロー2世が城の再建に着手した。その後にも、支配者はヴラジスラフ・ホールやベルヴェデーレ、芸術コレクションのためのスペイン・ホールを増設・改築していく。
プラハ城の再建としては、18世紀後半に女帝マリア・テレジア(ボヘミア女王)が行ったものが最後となる。オーストリア皇帝フェルディナント1世(=ボヘミア王フェルディナント5世)は1848年の退位後、プラハ城を居城とした。1918年、チェコスロバキア共和国の成立とともに、プラハ城には大統領府が置かれた。
========= Wiki情報から編集 ========

プラハ城には東西に2つの入口があります。多くの人は観光バスで来れる西側の門から入ります。私達もホテルがこの西の門に近かったのでここから入りました。

お城のある場所はフラッチャニ(城の丘)と言われその名を頂いたフラッチャニ広場にその門はあります。私達は近い門から入ったのですが写真の右側の鉄のアーチのある門が正門で門の上には「戦う巨人たち」と名付けられた像があります。
c0153302_1721307.jpg

門をはいると第一の中庭です。次の日衛兵の交代式をここで見学しました。
c0153302_17224941.jpg


更に人の流れにしたがって第2の中庭に入ります。第1の中庭から第2の中庭へ抜けてきた通り口です。
c0153302_233372.jpg

第2の庭は広く新宮殿に囲まれています。
c0153302_17232146.jpg

入って右手に聖十字架礼拝堂(Kaple svatého Kříže )がありその前にコールの噴水(Kohlova fontána)があります。礼拝堂の奥は大統領府になっています。
c0153302_17241147.jpg

聖十字架礼拝堂。1763年に建てられ19世紀に当時の国王専用のチャペルとして現在の形に改修されたそうです。"the treasure of the St. Vitus Cathedral"という展示を行っていましたが別料金でチケットを購入する必要があります。
c0153302_205254.jpg

コールの噴水。1686年、その装飾からライオンの噴水ともいわれています。
c0153302_1513614.jpg

礼拝堂の反対側にInformationがありチケットを購入します。
c0153302_17234639.jpg

人気の観光地なので込んでいます。
c0153302_17241963.jpg

無事チケットをゲット。もちろんクレジットカードで購入できます。
c0153302_17243195.jpg


さて、チケットですがお城を散策するだけならチケット入りません。チケットは教会や黄金小路などの建物や路地に入るための物です。
公式HPによれば入れる場所によって2種類のチケットがあります。
Prague Castle - long visit:350コルナ
St. Vitus Cathedral, Old Royal Palace, permanent exhibition "The Story of Prague Castle", St. George's Basilica, Golden Lane with Daliborka Tower, Prague Castle Picture Gallery, Powder Tower, Rosenberg Palace
Prague Castle - short visit:250コルナ
St. Vitus Cathedral, Old Royal Palace, St. George's Basilica, Golden Lane with Daliborka Tower
longにあってshortにない建物等には個別にチケットを買うことが出来ます。
longのチケットを買いました。表の左端に「I II III V VI VII VII IX」とありそれが裏のローマ数字に対応しています。含まれていないのが「IV X」。これは別途チケットを買う必要があると言うことです。
  IV: The Treasure of St. Vitus Cathedral
  X: Great South Tower of St. Vitus Cathedral
Xは聖ヴィート大聖堂の側面のタワーを上るチケットです。高い所が好きでプラハの町並みを見たい人は購入してください。(その様子は後続記事に出ます)



[2012.08.17]

次へ(第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(II)、聖ヴィート大聖堂)    [目次]
by AT_fushigi | 2013-07-27 09:18 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中欧家族旅行2012年08月-第九日目-チェコ・プラハ、お城にGO



朝のホテルです。
c0153302_14382855.jpg

c0153302_14382932.jpg


吹き抜けから朝食のキャンティーンが見えます。
c0153302_14383221.jpg

ハム、カプレーゼ等。
c0153302_14383611.jpg

ダノンです。最近見ていなかったので懐かしい。
c0153302_14385785.jpg


キャンティーンにはお洒落な棚があります。脈絡もなく置かれた古いもの、懐かしい物が色々ありました。
c0153302_14381275.jpg

c0153302_14375763.jpg


さあ、お城に出発です。
ホテルの前のお店が気になりますが先を急ぎます。
c0153302_14374026.jpg

ホテルの前の道を少し進むと坂道がありその先にお城の宮殿の屋根の一部が見えます。
c0153302_14381615.jpg

先は階段でした。
c0153302_14374258.jpg

階段を上がるとお城への上り道です。
c0153302_14371980.jpg


さあ、お城の入口に着きました。
c0153302_1438251.jpg



[2012.08.17]

次へ(第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(I)、入城)    [目次]
by AT_fushigi | 2013-07-26 14:47 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中欧家族旅行2012年08月-第八日目-チェコ・プラハ到着、お洒落なホテル、美味しい夕食、夜のカレル橋



雨が降りそうなどんよりした低い雲の下プラハに入りました。日も暮れかかりヴルタヴァ川(モルダウ川はドイツ圏での名前)沿いに車を進めホテルに向かって左折して坂をのぼりはじめたところで検問がありました。「ビール大消費国のチェコ、飲酒運転の検問か」と思ったのですが、行き先を聞かれパスポートを見せたら通してくれました。後でわかったのですがアメリカ大使館の前を通る道だったのです。

無事ホテルに着いてチェックインしました。

「Sax, Vintage Design Hotel」
-- Address: Jansky vr?ek 328/3, 118 00 Praha 1
-- Phone: +420 257 531 268
-- HP: http://www.hotelsax.cz/

ここもBooking.comで予約したのですが評判がよい割に安く3泊で312ユーロです。

レセプションから中を除くとお洒落な空間が広がっています。
c0153302_510336.jpg

部屋は外窓が無い部屋でしたが広く問題はありません。内側に向いた窓はあるのですが人が通る影が写ります。値段が安いのはこのためでしょう。きれいで清潔なので問題ありません。
部屋の内装もポップな感じです。
c0153302_5113378.jpg

c0153302_5115635.jpg

バスルーム。
c0153302_5123161.jpg

シャワーの壁もファンキーな感じです。
c0153302_512433.jpg

アメニティは緑です。
c0153302_514054.jpg

旅行鞄置場です。
c0153302_5501541.jpg


荷物を置いて夕食に出かけます。

夕食はホテルに推奨してもらいました。歩いて10分くらいの川の近くでした。近くに日本大使館があるとのお店の人が言っていました。
レストランに入ったのは午後10時近かったのでお客さんも少なかったです。

「Restaurant Konirna」
-- Address: Maltezske nam. 10, 118 00 Praha 1
-- Phone: Phone: 257 534 121
-- HP: http://konirna.eu/

チェコビールを頼んでメニューを見ます(ビールは日本でのビールと似ていて美味しいです)。チェコ料理は良く分からなかったのでSpecialtyから選びます。
c0153302_5401671.jpg

プラハハムと茸のソテーです。美味しいハムでした。茸と一緒に頂くと香りも楽しめます。
Slices Prague Ham Served with Horseradish Mousse,
Boletus Mushroom Salad and Sweet and Sour Mushrooms
c0153302_540171.jpg

モラビアのキャベツスープ、パンの器です。普通かな。
Moravian cabbage soup
with sour cream and homemade sausage served in a crispy roasted bread bowl
c0153302_5412282.jpg

8時間ローストしたバラ肉です。8時間もローストしたと会って脂もかなり抜け美味しかったです。
Flank of young pig roasted eight hours with garlic and thyme,
served with spicy sauce, fine potato puree and chips
c0153302_5411276.jpg

コヒーを飲んで外に出ると霧雨です。ホテルで借りた傘が役立ちます。その足でカレル橋に行ってみました。暗くて足元も注意が必要です。観光客が多く出ていて暗がりの中蠢いていました。

往復して早々にホテルに帰りました。
お城側のたもと。
c0153302_546762.jpg

橋の中ほどからお城を見上げます。
c0153302_545023.jpg

反対側のたもと。
c0153302_5452266.jpg


今日は3つの世界遺産を見たのですがベッドに入ると疲れを感じました。明日のプラハ見物に備えさっさと寝ます。


[2012.08.16]

次へ(第九日目-チェコ・プラハ、お城にGO)    [目次]
by AT_fushigi | 2013-07-26 05:46 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中欧家族旅行2012年08月-第八日目-チェコ・テルチ



チェコの2つの世界遺産、チェスキークルムロフ歴史地区とホラショヴィッツェを回って第3の世界遺産テルチ歴史地区に着きました。
町の入口ホルニー門(Horní brána)をくぐり抜け広場に入ります。直ぐのところで運よく出た車があったので広場の南東の端に駐車しました。

モラビアに属するテルチは、モラビアとボヘミアという2つの王国の首都プラハとウィーンの中間地点として13世紀に造られました。16世紀大火に襲われましたが領主ザハリアーシュ・ズ・フラデゥツェにより町の建物はルネッサンス、バロック様式に統一され再建されその街並みをいまだに伝えていまるのだそうです。
1992年に世界遺産として登録されました。
テルチ市のHPから借用。
c0153302_15231489.jpg


車から降りると門を入る前から見えていた教会の塔が見えます。聖霊教会(Kostel sv. Ducha)です(地図#1)。真中の灰色の建物がテルチの家(Telčský dům)と呼ばれる建物です。御伽噺をテーマにした展示場があるそうです(http://www.telcsky-dum.cz/)。
c0153302_10463328.jpg


さて、広場(地図#2)を一周します。この広場はマルクト広場ですが再建の領主の名前を冠してザハリアーシュ広場(namesti Zachariase z Hradce)と名付けられています。

駐車した直ぐそばに有名なNo.15の家があります。No.15広場の家の住所のようです。2階の出窓と外観が面白いです。
c0153302_1047160.jpg

広場の北側の家並みです。このように完璧に古い家並みが並んでいるのは見事です。
c0153302_10471631.jpg


広場の東には高いモニュメントが見えます。このモニュメントは「聖母マリアの柱塔(英語Marian Column)」と言われ、1718年にペストの終焉を記念して建てられたのだそうです(#3)。
c0153302_10475317.jpg

その前に古いポンプがあったので一緒に撮りました。
c0153302_1048519.jpg

この「聖母マリアの柱塔」の前後に噴水があります。
一つはワインの神ディオニューソスを抱くギリシャ神話シーレーノス(Silenus)の像が、もう一つが聖マルケータ(sv. Markéty)像が設置されています。写真は聖マルケータ像(#4)。
c0153302_1048297.jpg


ここから奥のお城方向を見ると坂になっているのが分かります。聖母マリアの坂(Mariánský sloup)と言われているそうです(#2)。
c0153302_1049992.jpg

北側の家並みを見ていきます。手前のモノトーンの家がNo61の家です。旧約聖書をモチーフにした壁画で有名です。
c0153302_10492091.jpg

c0153302_1055335.jpg

奥に進むと右手にお城、左手に2つの教会が見えます。
c0153302_10493316.jpg


お城の壁沿いに細く外に向かって狭まっていく通りがあります。その先は町の門、ドリニ門(Dolní brána)です。両側の壁は監視や敵に攻め入られた時に役に立ったのでしょう(#5)。
c0153302_10505458.jpg

門を出たところです。昔はこの門の向こうに跳ね橋があったそうです。
c0153302_1051727.jpg

16世紀に建てられたルネッサンス様式の館が見えます。
c0153302_10511850.jpg

お濠の水が涼しさを運んできます。
c0153302_10513133.jpg


門を戻り広場に出ます。2つの教会です。手前がバロック様式1667年建築のイエズス会のキリスト御名教会(kostel Jména Ježíš)、奥が聖ヤコブ教会(kostela sv. Jakuba)です。イエズス会教会は学校があり今は大学となっているようです(#6)。
c0153302_10521543.jpg

聖ヤコブ教会。町と共に建築され15世紀中頃再建築されたたそうです。町の外れにあるため防御の役目もはたしていたようです(#7)。
c0153302_10522920.jpg

中は静寂そのもの。
c0153302_10524395.jpg

タワーは30コルナで登れましたが雨が降りそうだったので道を急ぐため止めました。入口の写真だけ。
c0153302_10525736.jpg
c0153302_1053755.jpg

南側の家並みです。中ほどのちょっと違っているのが町役場ではないかと思います(#8)。
c0153302_10532741.jpg

駐車場近くの戻りました。
c0153302_10543889.jpg


1時間ほどで回れる小さな町ですが、広場に面した様々な形や色の古いけれど愛らしい建物は必見です。

雨が降ってきそうなので先を急ぎます。

テルチに来る途中で見た戯れる鯉の像です。鯉の養殖が盛んなんだそうです。
c0153302_10561838.jpg


テルチの町を出て10分くらいのところで鉄道の踏切で止められました。2両のローカル列車がのんびり通り過ぎました。
c0153302_10563054.jpg

っと、直ぐにまた踏切です。明らかに同じ車両が通り過ぎました。
c0153302_10564395.jpg

っと、また踏切があり、直ぐそばに駅がありました。踏切を通り過ぎて駅のスペースに車を止めていたらあの列車がやってきました。
c0153302_105707.jpg

帰国後Google Mapで見ると確かにS次の鉄道路とそれを突き抜ける道がありました。
c0153302_10571319.jpg


さあ、プラハに向かって急ぎます。




[2012.08.16]

次へ(第八日目-チェコ・プラハ到着、お洒落なホテル、美味しい夕食、夜のカレル橋)    [目次]
by AT_fushigi | 2013-07-23 10:39 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

日々徒然-短信_2013年7-12月



短信 [過去分] 2013年7月1日から

     次へ(2014年1-12月)  [短信一覧]

2013年 7月8月9月10月11月12月

== == == == == == == == == == == == == == == == ==


2013年12月


[2013.12.22] 今年は日本で正月を迎えます。今日帰国しました。久しぶりのユナイテッドでしたが機材不良で飛行機の入れ替えがあり3時間遅れでした。その分中央線を通る高尾行き成田エクスプレスに乗れました。
[2013.12.06] 日本から中国、そして今、嵐が予測されているストックホルムにいます。ミュンヘンでとても行きたかった改修間もないレンバッハ美術館に行きました。

[2013.12.31] 第六日目-旅の終り
[2013.12.29] 第六日目-ブライスキャニオン・ポイント巡り
[2013.12.29] 日々徒然-歳時記-Googleの遊び心_131229_番外編・1158で10を作る
[2013.12.22] 第六日目-ブライスキャニオン・番外編・ナンバープレート
[2013.12.16] 第六日目-ブライスキャニオン・日の出
[2013.12.10] 第五日目-レッドキャニオン経由ブライスキャニオン
[2013.12.06] Lenbachhause美術館

== == == == == == == == == == == == == == == == ==


2013年11月


[2013.11.30] 日本に来ています。先日洛中洛外図の後期展示に行ってきました。前期・後期両方鑑賞できて幸運でした。
[2013.11.03] 日本からBay Areaに戻ってきました。行きはJAL、帰りはANAのSFO便でした。私は787(JAL)より777(ANA)のエコノミーのほうが余裕があって好きでした。

[2013.11.30] 「京都―洛中洛外図と障壁画の美」@東京国立博物館(前期・後期)
[2013.11.29] 第五日目-ホースシューベント
[2013.11.24] 第五日目-アンテロープ・キャニオン(II)
[2013.11.15] 第五日目-アンテロープ・キャニオン(I)
[2013.11.12] 第五日目-モニュメントバレー・感動の日の出
[2013.11.08] 第四日目-モニュメントバレー・Navajoの夕食
[2013.11.06] 第四日目-モニュメントバレー・夕日ツアー(II)
[2013.11.05] 第四日目-モニュメントバレー・夕日ツアー(I)
[2013.11.03] モノレールMy Suica、Suica&N'EX

== == == == == == == == == == == == == == == == ==


2013年10月


[2013.10.26] 日本へ1週間出張です。台風が通り過ぎて良かったです。
[2013.10.01] オバマケアの取り扱いで暫定予算の合意ができず米国で国の一部の機関が閉鎖です。100万人の職員が無給のお休みだそうです。10月中旬のデフォルト危機を睨んだ駆け引きでもあります。今のところ生活に変化はありませんが...

[2013.10.21] 第四日目-モニュメントバレーへ(気になることも)
[2013.10.18] 第四日目-セドナ・オーククリークヴィスタ
[2013.10.15] 第四日目-セドナ・エアポートメサ再訪
[2013.10.12] 第四日目-セドナ・カテドラルロック
[2013.10.07] 第四日目-セドナ・部屋のテラスから朝日
[2013.10.01] Googleの遊び心_121015_ヨセミテ国立公園_123周年


== == == == == == == == == == == == == == == == ==


2013年09月


[2013.09.15] 福島のことで神経質になりすぎているのかもしれません。グランドサークルを回って帰ってきて、その一帯がウラン採掘で汚染されていて最近鉱山周辺は除染されたと言うことが気になっています。露天掘りなので土のカバーをしたようですが、露天掘りなので塵芥が散っているのではないかと。また、グランドキャニオン周辺ではまだ採掘がおこなわれていること廃坑は放置されているようにも見えることも。
[2013.09.07] ドイツ・イタリアの出張から帰ってきました。「北イタリア ピエモンテの田舎で暮らして」のRIEさんの近所のNovaraに泊った時、モンフェラートでピエモンテ料理を楽しんできました。


[2013.09.30] 第三日目-セドナ・エアポートメサで夕日
[2013.09.29] 第三日目-セドナへ
[2013.09.25] 第三日目-グランドキャニオン・デザートビュー
[2013.09.18] 第三日目-グランドキャニオン・マーサポイントとGrandView... 追加あり
[2013.09.16] 第三日目-グランドキャニオン・Yavapai Cafeでランチ
[2013.09.14] 番外-グランドキャニオン・ウラン採掘
[2013.09.12] 第三日目-グランドキャニオン・サウスリムの雄大な眺望... 記載忘れ
[2013.09.11] 第三日目-グランドキャニオン・日の出と駅
[2013.09.09] 第二日目-グランドキャニオン・サウスリムとEl Tovarホテル
[2013.09.08] 第二日目-ルート66の町、セリグマンとウィリアムズ
[2013.09.02] 第二日目-フーバーダム
[2013.08.30] 第一日目-ラスベガスぷらっと街歩き
[2013.08.29] 第一日目-ラスベガスへ
[2013.08.29] 家族旅行2013年08月-北米-グランドサークル ... 編集

== == == == == == == == == == == == == == == == ==


2013年08月


[2013.08.29] 2011年の家族旅行か今年かを迷って今年の家族旅行を先にすることにしました。2011年はイタリア盛りだくさんの急ぎ足旅行なのでゆっくり行きます。
[2013.08.29] 米国に来て、顧客であるGoogleに敬意を表して、Cromeを使うようになりGoogle+に登録していました。今日、Google検索時に特別なDoodle(ロゴ)がでました。誕生日だからでした。
[2013.08.27] 昨年夏の中欧家族旅行が完了しました。見どころ多く長い旅行記になりました。家族旅行2012年08月-中欧-クロアチア・ハンガリー・スロバキア・オーストリア・チェコ
[2013.08.23] 昨年の夏旅行の完成を急いでいます。旧市街広場はプラハの歴史が閉じ込められているので大作となってしまいました。あと、少しです。
[2013.08.18] Grand Circle家族旅行から帰ってきました。結局Bryce Canyonに宿泊しました。当日決めたので公園内のロッジは泊ることはできませんでした。しかし、奇妙な風景は楽しんできました。Grand Canyonではギリギリで泊ってみたかったEl Tovarホテルが取れました。
家族旅行2013年08月-北米-グランドサークル

[2013.08.29] Googleの遊び心_130829_My_Birthday
[2013.08.28] Googleの遊び心_130828_I_HAVE A DREAM_50周年
[2013.08.27] 第十一日目-帰国
[2013.08.27] 第十日目-チェコ・プラハ、夕暮れのカレル橋
[2013.08.23] 第十日目-チェコ・プラハ、旧市街広場、天文時計など
[2013.08.21] 第十日目-チェコ・プラハ、ミュシャ博物館とユダヤ人地区 ... 追加あり
[2013.08.20] 第十日目-チェコ・プラハ、ヴァーツラフ広場
[2013.08.20] 第十日目-チェコ・プラハ、カレル橋
[2013.08.20] 第十日目-チェコ・プラハ、プラハ城(XI)、黒塔、東正門、葡萄圓
[2013.08.19] 第十日目-チェコ・プラハ、プラハ城(X)、護衛隊交代式 ... 修正版
[2013.08.19] 第十日目-チェコ・プラハ、プラハ城(IX)、王宮美術館と王宮庭園側門
[2013.08.18] 第十日目-チェコ・プラハ、聖ミクラーシュ教会
[2013.08.17] 第九日目-チェコ・プラハ、夕方の散歩と食事
[2013.08.06] 第九日目-チェコ・プラハ、飢餓の壁、ペトシーン展望塔
[2013.08.06] 第九日目-チェコ・プラハ、ストラホフ修道院
[2013.08.03] 第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(VIII)、巨人の門とフラッチャニ広場
[2013.08.01] 第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(VII)、ダリボルカとローゼンベルク宮殿

== == == == == == == == == == == == == == == == ==


2013年07月



[2013.07.30] Antelope観光の良い時間帯のツアーが取れたので計画変更です。家族旅行2013年08月-北米-グランドサークル-準備
[2013.07.24] 夏旅行の具体的に想像しながら旅程を立てていたら結構ハードな日程があることが分かり計画変更です。
[2013.07.23] 夏旅行のGrand Canyondeの公園内ホテルが予定した日に予約が取れました。ただし、エアコン無しなのですが...夜は寒いくらいと聞いているので良いかなとも思っています。
[2013.07.22] 今年の話の前に昨年の夏旅行を仕上げます。チェコのテルチをアップしました。そして最後の世界遺産プラハに向かいます。
[2013.07.21] 亜細亜出張完了。今年の夏の計画をアップしたいと思っています。
[2013.07.18] 中国出張を急いで今年の夏の計画をアップしたいと思っています。夏旅行はグランドキャニオン公園内ホテルは1日しか空いていなくて、しかも崖っぷちは満室、ちょっと離れたMaswikかYavapaiしか空いていませんでした。思っていた日程とは異なるので計画変更です。Sedona、Bryce Canyonは予定通り取れました。子供が小学校や中学校の頃はハイキングなど考えましたが今は観光だけなので結構車で回れそうです。
[2013.07.17] 夏休みは家族でグランドサークルを回ることにしました。いつものように5月の連休が終わって夏はどうしようかの話(メール)が始まり、6月中旬にグランドサークルに決めました。夏休みは半年前に決めようよと言っているのですが... まあ、今までもどうにかなっているので。
ラスベガスまでの飛行機とレンタカーは直ぐに取ったのですがサークル内をどう回るのか決めていませんでした。昨日難しそうなMonument Valley観光のホテルの予約が取れたのでこれを中心に日程を組み立てています。期間内で希望していたホテルのうち1箇所1日しか空いていませんでした。すごい人気なんですね。ちょっと焦りました。車なのですが1時間以内くらいのホテルを大至急探します。

[2013.07.31] 第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(VI)、白い塔と黄金小路
[2013.07.30] 第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(V)、旧王宮と聖イジー教会
[2013.07.29] 第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(IV)、大聖堂をぐるり回って火薬塔へ
[2013.07.28] 第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(III)、聖ヴィート大聖堂鐘楼とプラハの眺め
[2013.07.27] 第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(II)、聖ヴィート大聖堂
[2013.07.26] 第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(I)、入城
[2013.07.25] 第九日目-チェコ・プラハ、お城にGO
[2013.07.24] 第八日目-チェコ・プラハ到着、お洒落なホテル、美味しい夕食、夜のカレル橋
[2013.07.22] 第八日目-チェコ・テルチ
[2013.07.21] 家族旅行2013年08月-北米-グランドサークル-準備
[2013.07.19] 第第十三~十五日目-米国帰国、パスポート忘れとI-94電子化
[2013.07.18] 第十一、十二日目-帰国、蘇州から福岡へ
[2013.07.13] 第十日目-贅沢な蘇州料理、やっぱり中華
[2013.07.09] 第九日目-夕食は...日本食
[2013.07.02] 第八、九日目-台湾でお仕事して蘇州へ移動
[2013.07.01]第七日目-台湾でドイツ風ビール



== == == == == == == == == == == == == == == == ==
by AT_fushigi | 2013-07-21 16:40 | ご挨拶・予定 | Trackback | Comments(2)

家族旅行2013年08月-北米-グランドサークル-準備



夏休みは家族でグランドサークルを回ることにしました。いつものように5月の連休が終わって夏はどうしようかの話(メール)が始まり、6月中旬にグランドサークルに決めました。夏休みは半年前に決めようよと言っているのですが... まあ、今までもどうにかなっているので。


[2013.07.30] 変更。Antelope Canyonの観光のツアーで第5日目に昼の良い時間の予約が取れたのです。すっきりしたプランになりました。後、1日あればBryce Canyonも回れますが娘の仕事の関係の制約なのでしょうがありません。
  第一日目:Hotel Bellagio, Las Vegas泊
  第二日目:Yavapai Lodge, Grand Canyon泊
  第三日目:Sedona泊
  第四日目:The View Hotel, monument Valley泊
  第五日目:Page泊
c0153302_15532667.jpg


[2013.07.24] 大変更。モニュメントバレーからアンテロープ観光、ブライスキャニオンは強行日程すぎると言う結論を出しました。ブライスキャニオンは次回に取っておきましょう。家族はメールで一言「い~よ」とお任せムードで落着。
  第一日目:Hotel Bellagio, Las Vegas泊
  第二日目:Yavapai Lodge, Grand Canyon泊
  第三日目:Page泊
  第四日目:The View Hotel, monument Valley泊
  第五日目:Sedona泊
c0153302_2444421.jpg


[2013.07.21] 今日まで取れたホテル。予約が直前だったので結構ピンポイントでした。
  第一日目:Hotel Bellagio, Las Vegas泊
  第二日目:Yavapai Lodge, Grand Canyon泊
  第三日目:Orchard hotel, Sedona泊
  第四日目:The View Hotel, monument Valley泊
  第五日目:Bryce Canyon Grand Hotel, Bryce Canyon泊
今、旅程が楽な、第三日目にGrand Canyonが取れないか狙っています。

[2013.07.18] グランドキャニオン公園内ホテルは1日しか空いていなくて、しかも崖っぷちは満室、ちょっと離れたMaswikかYavapaiしか空いていませんでした。思っていた日程とは異なるので計画変更を。
ガイドブックをを買いました。これはいい本ですが情報が個人的すぎるかも。
c0153302_1623256.jpg


[2013.07.17] 昨日なかなか取れなかったMonument Valley観光のホテルThe Viewの予約が取れたのでこれを中心に日程を組み立てています。このホテルすごい人気なんですね。

[2013.06.28] 飛行機の予約を入れました。SouthwestのSan Jose-Las Vegas直行便にしました。また、SouthwestのHPからレンタカーを予約しました。

[2013.06.20] 一日の走行距離をGoogle Mapから得ます。一日最大4時間の移動になりそうです。子供が小学校や中学校の頃はハイキングなど考えましたが今は観光だけなので結構車で回れそうです。
c0153302_1630860.jpg

第一日目、カリフォルニアからLas Vegas移動&泊

第二日目、Grand Canyon South RimかSedona 泊
   Las Vegas --> Grand Canyon South Rim: 274 mile 4:18
   Las Vegas --> Sedona: 253 mile 4:26
(West Rim経由だと)
   Las Vegas --> Grand Canyon West Rim/Skywalk: 122 mile 2:30
   Grand Canyon West Rim --> Grand Canyon South Rim: 253 mile 4:24
   Grand Canyon West Rim --> Sedona: 253 mile 4:26 (同じ距離)

第三日目、Grand Canyon South Rim(以下Grand Canyon)かSedonaかMonument Valley 泊
   Sedona <--> Grand Canyon: 114 mile 2:04
   Sedona <--> Grand Canyon via Desert View: 132 mile 2:35
   Sedona --> Monument Valley: 201 mile 3:32
   Grand Canyon --> Monument Valley: 202 mile 4:04

第四日目、Monument ValleyかPege(Antelop Canyon) 泊
   Sedona --> Monument Valley: 201 mile 3:32
   Sedona --> Pege: 212 mile 3:39
   Grand Canyon --> Monument Valley: 202 mile 4:04
   Grand Canyon --> Page: 187 mile 3:17
   Monument Valley --> Page: 121 mile 2:01

第五日目、Bryce CanyonかPage  泊
   Monument Valley --> Page: 121 mile 2:01
   Monument Valley --> Bryce Canyon: 284 mile 4:48
   Page --> Bryce Canyon: 153 mile 2:47

第六日目、Las Vegasから夕方の便でカリフォルニアへ
   Page --> Las Vegas: 277 mile 4:19
   Bryce Canyon --> Las Vegas: 266 mile 4:06

[2013.06.17] Grand Circleにほぼ決定。Las Vegasから入ることにした。

================================
出張・旅行一覧へ    [Blog Top]
by AT_fushigi | 2013-07-21 16:27 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)