<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

家族旅行2013年08月-北米-グランドサークル-第四日目-モニュメントバレーへ(気になることも)



さて、また来ることを期待してセドナを去り、モニュメントバリーに向かいます。
思い立つのが遅く、キャンセルを問い合わせてやっと3週間前に予約の取れた”The View"ホテルに泊るのです。

オーククリークから一気にリムへ掛け上るつづら折れの道を上り、フラッグスタッフに向かいます。
フラッグスタッフで給油して、運転を替わってもらい沿道にカメラを向けます。

ほとんど真っすぐな道、時々ガソリンスタンドがあります。
c0153302_1024486.jpg

c0153302_1023457.jpg

NavajoのCameron地区に近づいてきました。一昨日Grand Canyonから下って来てここからセドナに向かったのでした。
c0153302_1085648.jpg

橋を渡ります。狭い川が見えたのでLittle Coloradoだと思います。
c0153302_109276.jpg

c0153302_1092818.jpg

さて、この後低い「すり鉢山」が多く見られました。柔らかい上層の岩のなれの果てでしょうか。
c0153302_109553.jpg

c0153302_10101853.jpg

今改めて調べるとこの付近はウラン鉱山の放射能対策した所でした。地図の89号を北上しています。グランドキャニオンから降りてくる64号と交わるあたり、Little Coloradoを渡るあたりにある黄色の円は対策した所です。まあ、この地区は窓を閉めてさっと通り過ぎましょう。
(Federal Actions to Address Impacts of Uranium Contamination in the Navajo Nation, Jan, 2013)
c0153302_10105094.jpg


閑話休題、先に進みます。

しばらくすると、かなり古い岩山が多く見られます。昼と夜の寒暖の差でどんどん崩れ裾の方は川模様になっています。ここは赤いので...
c0153302_10105223.jpg

160号に移ります。この付近も除染跡地が多い所です。
c0153302_10114497.jpg


実は89号はPage付近で山崩れがあり途中から不通になっています。Detourは160号です。PageのAntelopeのガイドからこの89号不通と迂回路、迂回路は50分ほど余分に掛かると言うメールが来ていました。
c0153302_1012375.jpg


160号に入り景色が赤茶っけてきました。
c0153302_10143722.jpg

c0153302_10142613.jpg

Tuba City付近でスクールバスを数台見かけました。夏休みの最中の何かイベントでもあったのでしょうか。家がポツンポツンなのでバスも数台いるのでしょう。
c0153302_10164468.jpg

鉄道と何かの鉱山か石切り場か。気になるなあ。
c0153302_10171638.jpg

c0153302_10173928.jpg

何やら前方に...
c0153302_10185677.jpg


間もなくKayentaの町の西側の163号に曲がります。”The View"ホテルが予約できない時はこの町に泊る予定でした。前をまたスクールバスが行きます。
c0153302_10191587.jpg

あと25マイルでMonument Valleyです。
c0153302_10193847.jpg

しばらくすると、最初の孤立した岩が迎えてくれます。Chaistla Butteです。これを見ると期待感が高まります。
c0153302_10193374.jpg

その目の前に道路の両サイドに特徴ある岩が門の様に構えています。左がOwl Rock、右がAgathla peakです。Valleyの入場門という感じです。
c0153302_10194794.jpg

c0153302_10194764.jpg

c0153302_14351749.jpg


そして、
c0153302_1020997.jpg

WOW、見えた。という感じでした。
c0153302_1021182.jpg


163号から”The View"へ右折したところに広場があったので停めてぐるりを見まわしました。

道路からの90度が素晴らしい(拡大可)。
c0153302_10212527.jpg

岩には名前が付いています
c0153302_1018612.jpg

右側のMitchell MESAとButteです。
c0153302_10231324.jpg

Google Earthの地図と名前をみてください。
c0153302_10132471.jpg



ここから数kmの所にパーク入口があります。ホテルはこの中に有ります。宿泊者も払わなければなりません。
一人$5ですがここはNavajo自治区なのでUSAのNational ParkのPassは使えません。
c0153302_10233271.jpg


日の入時間が迫っています。急いで”The View"ホテルにチェックインです。


[2013.08.12]

次へ(第四日目-モニュメントバレー・夕日ツアー(I))    [目次]

 
by AT_fushigi | 2013-10-22 10:00 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2013年08月-北米-グランドサークル-第四日目-セドナ・オーククリークヴィスタ



カテドラルロックとエアポートメサで寛いだせいで予定以上の時間が経ってしまいました。Vortexのパワーかもしれません。
セドナ北西の山は今回の駆け足旅行では諦めることにしました。
そこで、オーククリークヴィスタ(Oak Creek Vista)に寄ってモニュメントバレーに向かうことにしました。

来る時に車を停めたMidgely Bridgeです。
駐車場からの景色をパノラマにしてみました。(拡大可)
c0153302_9105494.jpg

昨日は夕日の逆光で撮れなかったSteamboat Rockです。
c0153302_8493744.jpg

c0153302_849863.jpg


橋の駐車場のから橋の下をくぐってオーククリークヴィスタに降りる道があります。そこからオーククリークヴィスタを見ることが出来ます。
c0153302_8541255.jpg


橋の袂の下まで降ります。この橋はオーク・クリークの支流の上を渡っている橋です。
c0153302_8544712.jpg

c0153302_856298.jpg

橋の下を通って反対側へ。
c0153302_8553298.jpg

支流が交わった所がYの字になっているのでオーククリーク渓谷を上かから見通せます。Vistaですね。オーククリークはセドナ盆地に流れ込み、渓谷も平らになります。その川がカテドラル・ロックの側を流れているのです。
c0153302_8564693.jpg

c0153302_8583322.jpg


ヴィスタの奥がセドナです。両岸の岩は垂直に切り立ち地層が面白い形状を作りだしています。
c0153302_8565039.jpg
c0153302_8561187.jpg

c0153302_8562314.jpg


ここからクリーク上流に向かって渓谷沿いにハイキングトレイルが付いています。このトレイルはHuckaby Trailと言い途中から渓谷を降りて登り対岸をセドナ方向へ歩くハイキングコースになっています。
c0153302_8573296.jpg

ここから対岸を見るとGreat ThumbやMitten Ridgeを下から目線で見ることが出来ます。
c0153302_8595319.jpg

c0153302_8591139.jpg

渓谷は曲がっているので渓谷は見通せません。
c0153302_90920.jpg

この先にグラスホッパー・ポイントというピクニックが出来る場所があるらしいのですが時間の関係でしばらく歩いて戻ります。

橋の下で布の鞄がひっかけてあるのを見つけました。行きには無かったのですが、支流探索のガイドのものだと思われます。手袋や懐中電灯などが見えました。
c0153302_8595255.jpg


ここでセドナにサヨナラして一気に北上しモニュメントバレーに向かいます。
...と出てしばらくしたらINDIAN GARDENなるお店に「up to 40% Down」の文字を娘が発見。寄ることになってしまいました。手作りのストーンの芸術的なブレスレットやネックレスが展示してありますが値段を聞いて諦めました。欲しい良い物は値引きが無いか少なかったのです。
c0153302_912735.jpg

隣のカフェ+コンビニで飲み物を買って出発です。
c0153302_913312.jpg

c0153302_904694.jpg



ところで、車でセドナをRed Rockエリアを回る時は注意が必要です。駐車するにはPassが必要だと聞いていました。しかし、私達が駐車した所には券売機も無かったしそういう注意も無かったので不思議に思い調べてみました。
セドナの案内に寄れば
   1日券:$5、1週間券:$15、一年券:$20
ダッシュボードなど外から見える所に貼る必要があります。
c0153302_932981.jpg

しかし、地図の朱色に塗られた地域と指定されたトレイルヘッドの駐車場で必要なのです。私達の行った所は指定地外なので券売機など無かったのだと思います。ベルロックやコートハウスロック、オーククリーク上流や北部のトレイルヘッドでは必要です。もちろん町の駐車場では必要ありません。
偶然にも私達は不要な所だけを回っていたのでした。
c0153302_934027.jpg


セドナはRed Rocks観光すると1日で回ることができる所ですがやはり滞在してトレッキングをする所だと思います。SchneblyやBrocken Arrowはジープで回れるようです。しかし、私は歩いてゆっくり変わる景観の変化を楽しむべきだと思います。
Vortex巡りは有名で多くのハイカーで賑わっているようです。カテドラルロック下では何人からもトレイルの入口を聞かれました。日本人は必ず行く所と思っているのかもしれません。
上記のHuckabyを始め多くのトレイルがあります。手元の本には56のコースが紹介されています。もちろんRed Rockに登るのもいいですが、例えば、エアポートメサのぐるり一周コースは3,4時間掛かるようですが素晴らしい遠景が楽しめるコースもあります。
多くのトレイルは自己責任で歩くように自然の小路になっているようです。一方アップタウンに行くと観光地に来たと言うことを感じるでしょう。昼は自然の中を歩いて、夜は賑やかな町や美味しい物を楽しめる所です。
また、来ようと思います。今度はトレッキングの用意をして。(クリックで拡大可)
c0153302_9131157.jpg


さて、車は北へ。


[2013.08.12]

次へ(第四日目-モニュメントバレーへ(気になることも))    [目次]

 
by AT_fushigi | 2013-10-19 08:45 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2013年08月-北米-グランドサークル-第四日目-セドナ・エアポートメサ再訪



ベルロックに行こうと思ったのですが、昼間の景色を見たいと言うことでエアポートメサヴォルテックスへ。実はホテルでセドナの周りぐるりが見えるので夕日だけでなく昼間も行くべきだと勧められていたのでした。
お昼ごろでしたが駐車場はがら空きでした。
入口の案内地図
c0153302_17193564.jpg

「トレイルから離れるな。足元には貴重な生き物がいる。」と書かれた警告版がありました。
c0153302_17203113.jpg

この丘を上ります。
c0153302_17204914.jpg

鞍部の道案内です。
c0153302_17205139.jpg

ここから頂上まで直行できますがトレイルを離れるながあったので巻くようにして頂上に向かいます。若者は早くも頂上です。
c0153302_17231025.jpg

登り始めて5分少しで頂上です。最も短時間で行けるヴォルテックスです。着くとそこに瞑想の人(赤の他人です)が。頂上は平坦でそこに座っただけで特別な場所に来た様な気がします。これがVortexといことなのでしょう。
c0153302_17225497.jpg

頂上から空港に向かう道が見えます。
c0153302_1722582.jpg



まずは、東から南は逆光なので北西からじっくり眺めます。
正面に山並みというか岩並みが見えます。
c0153302_1724916.jpg

コーヒーポット。一番手前の筒状の岩です。私には鶏に見えました。
手前に低い丘が見えます。シュガーローフサミットです。
c0153302_17245043.jpg

セドナに良く滞在していたウォルト・ディズニーが着想を得たと言うサンダーマウンテンです。白い岩なので比較的新しい地層です。
c0153302_17244634.jpg

左手にチムニーロックが見えます。この煙突岩は独立峰の様になっています。
c0153302_17265310.jpg

西に目を転じます。チムニーロックの左にある小山がLittle Sugar-loaf Summitです。その後ろに有るテーブル丘がDoe Mountain。平らなのにMesaではなくMountainです。
c0153302_17255789.jpg

その左の面白い形の岩のオブジェは鶏頭岩あるいは鶏冠岩(Cockscomb Rock)。形から納得です。
c0153302_17254513.jpg

Googlemapsで見ると...(クリックで拡大可)
c0153302_17305452.jpg


さて、東です。ホテルのテラスから見えるGreat Thumb。
c0153302_17271314.jpg

ラクダ岩。スヌー-ピーはこの方向からは見えません。
c0153302_17273256.jpg

Munds Mountainsと続きます。
c0153302_1728090.jpg

手前にTwin Butte。
c0153302_1728082.jpg

そしてその奥にCourthouse ButteとBell Rockがあります。
c0153302_1729282.jpg

その右手がカテドラル・ロックの南に有る岩山です。
c0153302_1730329.jpg

Googlemapsで見ると...(クリックで拡大可)
c0153302_13363075.jpg


なぜか心地よくVortex頂上でゆっくりしました。


[2013.08.12]

次へ(第四日目-セドナ・オーククリークヴィスタ)    [目次]

 
by AT_fushigi | 2013-10-16 17:18 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2013年08月-北米-グランドサークル-第四日目-セドナ・カテドラルロック



コーヒーと持ち帰った昨晩の夕食の残りで朝食。
ホテルをチェックアウトして、セドナ観光。まずはカテドラルロックを見に。

89Aを西へ行きセドナの市街地を通り抜けUpper Red Rock Loops Roadへ左折。途中でChavez Ranch Roadへ左折。Red Rock Crossing Roadへ右折。しばらく行くと「Crescent Moon Park」の入口に着きます。

$9は高いかなと思います。
c0153302_4261365.jpg

一番奥の駐車場に停め、車を降りると目の前にカテドラルロックです。
c0153302_4265124.jpg

駐車場のトイレの脇に有った案内板。
c0153302_4271287.jpg


駐車場の側の水車小屋が目立ちます。乾燥地の開拓のために水をオーク・クリークからく汲み上げるのに作ったそうです。その後、電気を起こしたりするのに水車が使われたそうです。
c0153302_4272941.jpg


さて、クリーク沿いに歩きます。
c0153302_4275811.jpg

川沿いの林の小路を抜けると赤い岩の広場に出ます。前日の雨でまだくぼみには水たまりがありました。
c0153302_428444.jpg

この広場の先にちょっとしたスペースがあって瞑想している人がいました。Red Rock Crossing Vortexという人もいるそうです。
そのそばにケルンがありました。
c0153302_4291633.jpg

一番高かったのがこれ。
c0153302_4294754.jpg


更に進むと「Buddha beach」に至ります。その少し前から無数のケルンが積み上げられている中を通ります。
c0153302_430079.jpg

っと、トカゲだ。
c0153302_4301790.jpg

一番高かったのがこれ。
c0153302_4305827.jpg

丁度最近(前日?)の雨で多くが崩れてしまったようです。新しいのが積み上げられていました。これからまた全面にケルンが積み上げられるのでしょう。私達も一つ積み上げました。
c0153302_4312715.jpg


仏陀ビーチ(Boddha Beach)です。この右手がケルンが積み上げられていた来た道、左が川が広くなっていて子供やカップルが泳いでいました。犬も泳いでいました。
c0153302_432596.jpg

ビーチに流れ込む上流は渡れそうです。この先がカテドラル・ロックに上がる道です。
雨の後の増水で流れがきつく若い人も足を流され転びながらやっと渡っている状況。娘が挑戦しようとしましたがすぐあきらめ、私達はあっさり「今度来た時にしよう」。
c0153302_433279.jpg

上流方向です。
c0153302_4332355.jpg


このビーチから変わった岩が見えます。ラクダのようかな。
c0153302_4342936.jpg

c0153302_4344468.jpg


このあと来た道を戻りました。瞑想の赤い岩でカテドラル・ロックをカメラに納めます。
c0153302_4351492.jpg


この後土手に飛び移り荒れた小路を進みます。
c0153302_4355990.jpg

川幅が広がっている所に出ました。ここでも多くの人が泳いでいます。この下流に石が置いてあって川を渡って河原に行く場所があるのですが増水で渡れませんでした。
c0153302_436572.jpg


Crescent Moon Parkを散歩して戻ります。
Parkと89Aの途中、来る時に目を付けていた場所で写真を撮ります。
c0153302_4363028.jpg

c0153302_4381135.jpg


89Aに入る直前に撮影ポイントがあって右からカテドラル・ロック、コートハウス・ビュッテ(Courthouse Butte)、マンズ山並み(Munds mountains)、双子ロック(Twin Rocks)、平らなAirport Mesaが一望できます。
c0153302_437685.jpg

Googlemapsでみると。
c0153302_4373972.jpg


最後にカテドラル・ロックを見てAirport Mesaに向かいます。
c0153302_4382743.jpg


PS: カテドラル・ロックを写真に収めるなら午後がお勧め。朝はどうしても逆光になってしまいます。


[2013.08.12]

次へ(第四日目-セドナ・エアポートメサ再訪)    [目次]

 
by AT_fushigi | 2013-10-14 04:22 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2013年08月-北米-グランドサークルー第四日目-セドナ・部屋のテラスから朝日



日出は5:45AMの予定です。5:15に目覚ましを掛けていました。

目覚ましがなる前に窓付近が赤い光が差し込むのを見て目が覚めました。急いで起きてカメラにバッテリーを入れを構えたのですが赤い光は消えていました。残念です。
台地の削られた窪みの底なので雲に反射した光が射したとしか考えられません。

テラスに出て東を見ると空は明るいのですが周りや山は暗闇の中です。左の雲が赤みを射しているのでこの光があたったのかもしれません。日はThumb ButteかMitten Ridgeの方向です
c0153302_103548.jpg

日出時間になってやっと光の筋が見え始めます。
c0153302_10353642.jpg

Camel Rockの東側(こちらから見て裏側)に陽が当たりだしたようです。
ここで気が付いてホテルの廊下に出て西の山を見ればよかったのですがテラスの椅子に腰をおろして待ちの状態になってしまいました。
c0153302_1036174.jpg

陽の放射筋が増えてきました。
c0153302_10363937.jpg

日出時間から30分たってCathedoral Rockに陽が射し始めました。赤い岩に陽が当たるとモルゲンロートの様に見えます。
c0153302_10365531.jpg

c0153302_10371319.jpg

Twin Rocks、Nun達にも光が当たり始めたのは太陽が顔を出す5分前でした。
c0153302_10372032.jpg

日出時間から45分後の6時半ごろ太陽がMerry-go-roudから登場しました。
c0153302_10375514.jpg

セドナに朝日の光が広がっていきます。
c0153302_10381939.jpg

Twin RocksやCastle Rockもクリアに見rます。
c0153302_10383231.jpg


ホテル内の散歩に出かけました。
このホテルと言ってもモーテル風ですが各部屋は南南東にテラスがあります。2F建てで2Fの廊下に出ると北の山々が良く見えます。
c0153302_11111126.jpg

Steamboat Rockが良く見えます。
c0153302_11113918.jpg

ホテルは断崖の上に立っているので地下一階に当たる斜面にプールなどがあり降りると違った景色が見えます。
c0153302_11115299.jpg

こんな下から目線になります。
c0153302_11121753.jpg

c0153302_11123831.jpg

部屋に戻ると太陽が射しこみ窓の外は眩しいです。ホテルを出発する前にテラスからポイントのRockの写真を取っておきます。
Thumb Butte、Mitten Ridge
c0153302_11131969.jpg

Camel RockとSnoopy Rock
c0153302_11134667.jpg

Twin Rおcks、NunsとCastle Rock。
c0153302_11141055.jpg

Cathedral Rockです。
c0153302_11144583.jpg


Google Mapsではこういう感じです。
c0153302_11195889.jpg


[2013.08.12]

次へ(第四日目-セドナ・カテドラルロック)    [目次]

 
by AT_fushigi | 2013-10-08 10:31 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

日々徒然-歳時記-Googleの遊び心_131001_ヨセミテ国立公園_123周年



今日は10月1日。なんの日でしょうか。

Google検索してみました?

でも、日本からの検索では特別なDoodleはありません。GoogleのDoodleは国ごとに設定されています。

米国ではヨセミテ国立公園の123周年です。
c0153302_237141.jpg

クリックしてみると
”Google celebrates Yosemite, but park closes because of shutdown”
という記事が多いです(クリックで拡大可)。
c0153302_238332.jpg

ヨセミテ国立公園のHPに行くと"federal Government shutdown"の為とあります(クリックで拡大可)。
c0153302_2381554.jpg

そうです。例のオバマケアを含むかどうかでもめている暫定予算が決まらず時間切れで国家機関の多くが閉鎖されている問題です。
ロイターのHPによれば
「米政府は1日、17年ぶりとなる政府機関の一部閉鎖を開始。最大100万人の連邦政府職員が無給休暇となるほか、国立公園の営業や医学研究プロジェクトが停止される。」。

そこにあるDOIのページに行くとオバマ大統領のメッセージがあります(クリックで拡大可)。
c0153302_2383892.jpg

c0153302_2384983.jpg


今日は日本では消費税8%が発表され、日米で大騒ぎの日でした。
朝日新聞「安倍晋三首相は1日夕、首相官邸で記者会見を開き、来年4月から消費税率を今の5%から8%に予定通り引き上げる、と正式発表した。」


[2013.10.01]

Googleの遊び心[一覧] 
by AT_fushigi | 2013-10-02 02:34 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2013年08月-北米-グランドサークルー第三日目-セドナ・エアポートメサで夕日



ホテルで夕日を見るのにベストポイントはと聞くとエアポートメサ以外にないとの返事。信じてここに行くことにしました。
7;16の日の入りということでした。

前もって調べていたエアポートメサのVortexの駐車場は一杯でした。そこでそのままメサまで上がりました。空港の入口付近に大きな駐車スペースと夕日見物に適した広場がありました。人が多くいたので直ぐ分りました。

着くと7時でした。北の台地の断崖は既に夕日に染まっていました。この後この壁は影になりました。
c0153302_14232332.jpg

c0153302_14213833.jpg

c0153302_1422123.jpg


この場所は夕日には良いのですが夕日が赤く染めるRed Rockを見るのは東の展望がありません。そこで、Voltexのところまで歩いて降りることにしました。同好のカップルが数組いました。見ると既に多数の人がVortexの側の大きな岩に上っています。
c0153302_14224564.jpg

5分で駐車場、2分で岩山の頂上に着きました。
c0153302_14234348.jpg

c0153302_14234885.jpg

Vortex近くの斜面にはケルンがあり夕日に染まっています。
c0153302_14241617.jpg

しばらくして夕日が山の端に掛かります。
c0153302_14243781.jpg

Munds Mountainが赤く染まっています。
c0153302_14245880.jpg

ラクダ岩やスヌーピーは遠くて分かりません。
c0153302_14251360.jpg

遠くにBell RockやCouthouse Butteが夕闇に浮かんでいます。それより南から西は夕日が当たっていたのですが霞んでいてしばらくすると夕日に色は見えなうなりました。
c0153302_1425633.jpg

夕日が沈んで行きました。静寂が闇を包みます。
c0153302_14253722.jpg

c0153302_14253757.jpg

c0153302_142547100.jpg


下の娘が送ってきたANONの一眼で撮った(選りすぐりの)C写真です。良いカメラは違いますね。
c0153302_14264036.jpg

c0153302_14265130.jpg

c0153302_1427057.jpg

c0153302_1427112.jpg


夕食はホテルの前のメキシカンです。マルガリータを飲みながらワカモレやタコスを頂きました。
c0153302_14274379.jpg

c0153302_1427553.jpg

c0153302_14281816.jpg

c0153302_1429835.jpg

c0153302_14283194.jpg


今日は盛り沢山で疲れました。明日の朝日の為に早く寝ます。



[2013.08.11]

次へ(第四日目-セドナ・部屋のテラスから朝日)    [目次]

 
by AT_fushigi | 2013-10-01 14:18 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)