<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

家族旅行2011年12月-欧州-南イベリア半島-第二日目-コルドバ・メスキータ



以前バルセロナ起点で旅行した時にコルドバ、グラナダ、セビリアは行っているので今回はその中からアルハンブラだけを再訪と決めていました。アルハンブラは事前にチケット購入が必要でしたので夕方の予約を取っていました。
いつもレンタカー手続きでは長時間待たされるので、今日はコルドバ移動、レンタカー、アルハンブラ以外考えていなかったのですが時間がありそうなのでメスキータに行くことにしました。出発前にテレビ番組で世界遺産として整備されたという情報があったのも動機です。
でもここで反論が。駐車場探しに時間を使いたくない。というのでタクシーで行くことにしました。2km位で公園をぷらぷら行けば丁度いい散歩ですが時間節約です。

タクシーの運転手に「メスキータ」と言うと頷いて発車、ここは英語が通じないので不安です。手元の地図でフォローしてしまいました。心配は不要で最短コースで着きました。降りて運転手の指さす方へ進むとありました。南西の角。
c0153302_6335727.jpg

ちょっと目立つal-Hakan IIが拡張した部分の扉。3枚の扉です。真ん中が王宮の門(Postigo de Palacio)でカリファが出入りした扉です。左右の扉は赤と白の飾りとなっています。奥から高尚な精神の扉(Puerta del Espiritu Santo)、聖イルデフォンソの扉(Puerta de San Ildefonso)だそうです。
c0153302_6341547.jpg

壁沿いに人の流れについていきます。冬ですが結構な観光客です。昔は大型ごみが積み上げてあったりで汚かったという覚えがありますが今はとてもきれいです。
c0153302_6343498.jpg

西側の司祭の扉(Puerta Deanes)から中に入ります。反対側の聖カタリナの扉(Puerta de Santa Catalina)からも入れます。
c0153302_6345849.jpg

c0153302_636536.jpg

入るとすぐにオレンジのパティオです。モスクだったころパティオで身を清めてモスクに入場したそうです。モスクだったころは写真右手の壁は無くパティオから直接中に入れたそうです。突き当りに聖カタリナの扉が見えます。
c0153302_635268.jpg

パティオに入るとすぐアルミナール(Alminar、英語でミナレットMinaret)と言われる高さ54mの回教寺院の鐘楼の尖塔(Torre Campanario)がそびえているのが見えます。
c0153302_6353554.jpg

モスクに沿って歩くとラス・パルマス(Las Palmas)の扉があります。位置や装飾から考えて大聖堂の入口でしょう。
c0153302_6354922.jpg

パティオを挟んで反対側に鐘楼の尖塔が見えます。
c0153302_6362132.jpg

パティオを回ってみます。尖塔の下。
c0153302_4342820.jpg

一周してきて司祭の門あたりです。
c0153302_637947.jpg

聖カタリナの扉に近くモスクの壁の前にチケット売り場があります。大人一人8ユーロでした。
c0153302_6372159.jpg

チケット売り場に貼ってあった警告。右上のマークが分かりにくいですが飲食品持ち込み禁止のようです。
c0153302_6373279.jpg

さて、世界遺産コルドバのメスキータの解説です。
キリスト教徒の国ではコルドバの大聖堂です。

Wikipedia「785年、イスラム教の寺院としてアブデラマン1世時代に建設された。その後、カトリック教徒が権力をにぎった1236年からは、内部に礼拝堂を設けたりカテドラルが新設されて、メスキータはイスラム教とキリスト教、2つの宗教が同居する世にも珍しい建築となった。」
Googlemapsからの上空からの写真。
c0153302_6375018.jpg

Wikipedia「もともとこの地には西ゴート王国時代に建設されたカトリック教会の聖ビセンテ教会が存在していた(略)。その後、イスラム勢力が北アフリカからイベリア半島に侵入し後ウマイヤ朝を建国すると、この聖ビセンテ教会はイスラム教のモスクとしても使用されるようになった。更に8世紀末にはイスラム教徒がキリスト教徒から聖ビセンテ教会を完全に買い取り、新たにモスクの建造を開始した。」

「歴代の王は、人口の増加と共にメスキータの拡張を図っていった。外壁を壊し、多柱の空間を水平に拡張していった。最終的に、外周は約175m×135mの広がりとなり2万5千人もの回教徒を収容する規模まで達した。」
公式HPから拡張の様子を図式化してみました。
c0153302_6381113.jpg

「コルドバのモスクは10世紀末に拡張工事が行われ、数万人を収容することが出来る巨大モスクが完成した。しかし13世紀にレコンキスタによってカスティージャ王国がコルドバを再征服すると、コルドバの巨大モスクはカトリック教会の教会堂に転用される。」

「最終的には16世紀、スペイン王カルロス1世(神聖ローマ皇帝としてはカール5世、ただしスペイン国内ではカルロス5世とも呼ばれる)の治世にモスク中央部にゴシック様式とルネサンス様式の折衷の教会堂が建設され、現在のような唯一無二の不思議な建築物として成立を見た。」

さて、中に入りましょう。

[2011.12.30]

次へ(第二日目-コルドバ・メスキータ、イスラム教モスク部分)    [目次]

 
by AT_fushigi | 2014-01-23 06:04 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2011年12月-欧州-南イベリア半島-第二日目-マドリッド-コルドバAVEの旅



コルドバへはスペインの新幹線、AVEを利用します。
予めWEBで時間を調査していました。まあ、到着が深夜になるのは分かっていたのとコルドバ駅のレンタカー会社が10時にオープンなので8時の列車に乗ることにしていました。
c0153302_7223194.jpg


7時に部屋を出ました。ホテルは駅の目の前、横断歩道を渡るだけです。
c0153302_72246100.jpg

でも、あらあら、工事中。
c0153302_7225582.jpg

おぼつかない案内を推理しながら行くとピックアップやタクシー乗り場をぐるり回って駅に着きました。
c0153302_723981.jpg


チケット売り場。WEBでも購入できたのですが、朝に弱い我が家族、乗れるかどうか自信がなかったので現地購入にしました。まあ、朝早いので満席ということは無いでしょう。
私は試していませんがヨーロッパのWEB予約では海外のクレジットカードが受け付けられないことがあるようです。恐らくVISAやMasterと提携しているがVISAやMasterが管理していないカード、例えばデパートカードなどはダメだと思います。VISAから承認の回答が来ないからです。
(紛失した時にも同じ問題が起こります)
まあ、スペインですから皆が事前購入とは思えないので現地購入でも困らないと自分勝手に思っています。
c0153302_7244186.jpg

2組しかいなかったので番号札を取って待つこともなく、モニターに札番号と窓口が表示され、窓口の上に番号が表示されました。英語で何の問題もありませんでした。まあ、行き先、時間、枚数だけですから。時間も枚数も手は使えたし。
7:30のセビリア行きもありますがコルドバには停まらないようです。
c0153302_736995.jpg

チケットです。全車指定でTURISTA(2等車)の6号車です。
消費税込みで一人73.97ユーロでした。高い気がしました。WEB事前予約だと割引があるようですが確認していません。
c0153302_7251820.jpg


売り場を出てAVEと書いてある表示に従い、上る動く歩道で上階へ。
c0153302_7261195.jpg

セキュリティチェック。
c0153302_7262596.jpg

入ると待合室で小さな売店とカフェコーナーがありました。
プラットホームを電光掲示板で確認すると、6番線です。
その改札口の前でしばらく待つと、出発30分前に放送があって改札です。
c0153302_7264038.jpg


プラットホームは階下です。
AVEです。「renfe」(Red Nacional de los Ferrocarriles Españoles)はスペイン鉄道のことです。Wikipedia「車両は最初に開通したマドリードとセビリア間の高速新線ではフランスのTGVの技術供与を受けて造られたもの」。というわけでTVGの車両です。
c0153302_7271961.jpg

Wikipedia「AVEは "Alta Velocidad Española"(「スペインの高速」の意)の略称であると同時に、スペイン語で鳥の意味で、翼を広げた鳥が列車のシンボルマークになっている。」。車両に書いてあるAVEの文字のVに鳥が描かれています。
c0153302_727393.jpg


乗車。車内は辛子色の座席です。
c0153302_7275540.jpg

間もなく出発です。COCHEは英語のCoachだと思います。6号車。
c0153302_728810.jpg


まだ、日の出前に出発。スペインはイギリスより西にあるのにフランスやドイツと同じ時間を使っています。1時間以上太陽の巡りが違うのではないでしょうか。8時ですが7時前のイメージです。
c0153302_7282825.jpg

8時37分日の出です。
c0153302_7283944.jpg


この列車にはカフェ車両があります。朝のクロワッサン・ジュース・カフェメニュー(3.60ユーロ)を朝食としていただきました。
c0153302_729027.jpg

夜はビールとオリーブが楽しめそうです。
c0153302_7302032.jpg

列車の景色はずーーーとオリーブ畑です。
c0153302_7303336.jpg


予定時間より3分早く到着。AVEは到着時間にマージンを持っているというのは本当でした。時間に正確よりマージン持つ方が国民性にあっているのでしょう。
c0153302_7304792.jpg

コルドバ駅。
c0153302_7305875.jpg

c0153302_73115100.jpg

駅舎は上階でエスカレータで上がります。
c0153302_7394589.jpg

定刻に出発です。
c0153302_7314791.jpg


さて、この駅のHERTZでレンタカーする予定で予約していました。ところがGooglemapsでみてもHERTZの予約書の住所にはそれらしき建物が無いのです。現地でも広場があるのみでした。
そこでTaxiの運転手に聞くとなんと駅の道路の反対側を指さします。行ってみると長距離バスセンターでした。そこにありました。StreetViewでわずかにHERTZの文字が見えるのが分かりますか?
c0153302_7324716.jpg

c0153302_733116.jpg

10時開店まで10分あり当然の開いていません。5分過ぎにやっと女性が現れました。それから準備し手続きが終わったのは10時半過ぎていました。一番安い車にしていたのですが1ランクアップグレードにして燃料費の安いディーゼルにしてくれるというので、ゆっくりした手続きも待てました。
私は保険だけはケチらないでフルサポートにしています。そのおかげでランク上の車をアサインされることが多いです。
トラブル等を予想していたので実は思ったより時間がかかりませんでした。今日はアルハンブラの予定ですが夕方から夜が良いので時間があります。そこで家族会議。メスキータに行くことにしました。


[2011.12.30]

次へ(第二日目-コルドバ・メスキータ)    [目次]

 
by AT_fushigi | 2014-01-20 07:19 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2011年12月-欧州-南イベリア半島-第一日目-スペイン到着



ラウンジ内の階段を下りるとシェンゲン協定国のフロアに出ることができます。搭乗券をチェック後、出たところです。
c0153302_642593.jpg

年末の空港込んでいます。
c0153302_6422375.jpg

バスで駐機場へ移動しての搭乗です。
c0153302_6423425.jpg


小型機の良いところは出発前に操縦席が見えること。
c0153302_6425391.jpg


離陸後、LH定番のピルスナー、ヴァルシュタイナーで乾杯します。
c0153302_6432325.jpg

夕食もたっぷり。前菜はローストビーフとザワークラウト、メインはオムレツ、チーズとリンゴのソース、チーズケーキ。
c0153302_6434655.jpg


2時間弱の飛行でマドリッドに着きました。10時ごろでした。
c0153302_6435624.jpg

ここで事件。ビジネスなので最初に降りたのですが人もいない空港で行き方が分からず一緒に降りた人について行きました。Baggage Claimの表示はずっとあったので良いのだろうと思っていました。
2Fから1Fに降りたところでその人は外へ。私たちはBaggage Claimの方へ。そこでカルーセル番号を確認してその番号の方へ向かったのですがビルの端の壁が来ても無かったのです。そこで空港関係者と思われる人に聞くと何とBaggage Claimは2か所あり別々に仕切られているというのです。2Fは繋がっているので降りるところを間違ってはいけないのだそうです。そういえば私たちの後ろには付いてくるグループはありませんでした。
一方向にしか行けないようになっている2重の自動ドアを通って降りてきたので戻ることはできないのは分かっていました。その人に聞くと一回外に出てもう一つの仕切りに入るしかないというのです。羽田や成田で一回外に出たら中に入るのは不可能です。一回イタリアで入ったことはありますが案内されてでした。その人に案内を頼むと大丈夫行ってごらんと言うので行ってみました。
もうひとつの出口に行くと人だかりかと思いきやドアは奥にあって人がいませんでした。ドアが開いた時を見計らって中に入りました。案の定見つかって出て行けと言います。その時ベルトに私たちのスーツケースが見えたので素早く取って搭乗券裏のタグと一致することを見せました。そしたら仕方ないという顔をして解放してくれました。
c0153302_64423100.jpg

こんな経験初めてです。マドリッド空港T4は要注意です。

[追記] 空港のHPにBagage Claimの違いが書いてありました(下図)。
私の記憶ではShengen国からのフライトのBagage Claim (Hall 10)に行ったのでした。これは正しいのです。しかし、実際の荷物は、non-ShchengenのHall 11のカルーセル(ターンテーブル)から出てきたのです。
しかし、よく考えたら私たちや一緒だった日本からの団体はミュンヘンでは荷物を受け取らずここで税関を通るわけです。本当は税関のあるHall 11を通らなければいけないわけです。つまりフライトではなくどこから来たのかが問題なわけです。
荷物を定義通り2つに分けるのは面倒です。日本人が多くnon-Schengen国からの入国が多ければHall 11は合理的なわけです。
c0153302_1326390.jpg

c0153302_13261631.jpg

私の知っているSchengen協定国の空港では、Schengen協定国からのフライトと国内線は同じターミナルに到着していたと思います。乗り継ぎで入国した人の関税は確かに難しい問題に思えます。
そういえば昔、アムステルダムでは税関の人が一人ひとりタグを見ていたのを思い出しました。タグに違った色がついているのです。
また、米国入国時に全員が荷物を受け取り税関を通り、トランジットの時は通過後、再度チェックイン荷物を預ける仕組みも納得いきます。

外に出ると午後10時半を過ぎていました。ホテルは明日スペイン新幹線(AVE)で移動のためアトーチャ駅の近くです。空港は郊外にあり駅へ行く有料シャトルバス(5ユーロ)があるのは調べていました。しかし、最終便が11時で停留所までの移動が不安なので、目の前にあった乗り場からタクシーで移動することにしました。

深夜にもかかわらず年末のライトニングが灯ってていました。
c0153302_6453295.jpg

30分位でホテルに到着。60ユーロくらい取られたと思います。
c0153302_6454687.jpg


駅まで歩いて1分のホテルです。
c0153302_646646.jpg

「Hotel Mediodia」
-- Address: Plaza Emperador Carlos V, 8 - 28012 - Madrid
-- Phone: +34 91 527 30 60

機内でもらったアメニティバッグです。
c0153302_6462311.jpg


寝るだけのホテルです。お風呂に入って12時過ぎに寝ました。明日は8:00の列車をつかまえます。
c0153302_530296.jpg


[2011.12.29]

次へ(第二日目-マドリッド-コルドバAVEの旅)    [目次]

 
by AT_fushigi | 2014-01-19 06:40 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2011年12月-欧州-南イベリア半島ー第一日目-スペインへ出発



ミュンヘン経由でマドリッドに飛びます。ルフトハンザのミュンヘン行きは朝がゆっくりなので助かります。
c0153302_051473.jpg


さて、この飛行、何とファーストクラスにアップグレードです。感謝、感激です。
c0153302_0523973.jpg

搭乗するとまだクリスマスリースがありました。
c0153302_053133.jpg

バラとシャンパンがお出迎えです。
c0153302_0531182.jpg

離陸後の飲み物の時のアミューズメントです。フォアグラのパテのカナッペと生春巻き風です。
c0153302_0532376.jpg

食事のセット。バラが良い香りでした。食事は海外航空会社なので洋食をチョイス。
c0153302_0533919.jpg

前菜はキャビアはファーストクラスの定番ですね。
c0153302_054799.jpg

その後スモークサーモン、テリーヌの好きな方をいただきました。
c0153302_0544958.jpg

c0153302_055499.jpg

サラダ。
c0153302_0552959.jpg

主菜はビーフのルーラードと鯛のポワレから私はお肉を取りました。日本で食するのよりちょっと厚くて、他の家族の取った鯛の方が美味しかったように思います。
c0153302_0554773.jpg

デザート、チーズ、ポルトワイン。コーヒー、ブランデーも。
c0153302_056504.jpg

c0153302_057418.jpg

ワインも美味しく優雅な食事でした。
サーブしてくれたのは銀髪の上品な日本人でした。丁寧なサービスで時間が経つのを忘れてしまいました。

食事の時に気がついたのですが飛行コースがいつもと違います。いつもは新潟からウラジオストック方向に抜けるのですが北海道に向かっています。低気圧か何かを避けたのでしょうか。
c0153302_0592965.jpg

c0153302_0594039.jpg


あまり眠れず、着陸前の食事になりました。
4つの料理から好きなのをいくつでも選べるのでチキンを除いた料理を頼みました。シーフードのマリネ、ローストビーフの野菜巻き、茸クリームソースのリングィーネ。どれも美味しかったです。
c0153302_105761.jpg

c0153302_11914.jpg

c0153302_112014.jpg


ゆっくりしているうちにミュンヘンに到着。遠回りした為かちょっと遅れたようです。午後6時ごろでしたがすっかり暗くなっていました。
c0153302_113748.jpg

ミュンヘン空港ではファーストクラスの乗客はファーストクラスラウンジの入口で入国審査を受けます。
c0153302_115587.jpg

ファーストクラスラウンジは好きなものを頼めますが、着陸前に食べ過ぎておつまみと美味しいドイツワインにしました。
c0153302_12787.jpg



[2011.12.29]

次へ(第一日目-スペイン到着)    [目次]
by AT_fushigi | 2014-01-11 15:50 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)

家族旅行2012年01月-スペイン・ポルトガル-準備・変更



[12/21]
17日から正月休暇の旅行の計画を立てています。アドバイスもいただけるのではないかと期待して進捗を掲載します。
1.行きと帰りの航空券はルフトのマイルで購入。
   ルートも決まっていなかったのでマドリッド-東京往復を取りました。
   冬で東京-マラガだと翌日到着であきらめ。
2.レンタカーはマドリッドではグラナダまで5時間以上かかるので
   コルドバでPick-upすることにしました。
   コルドバまではスペイン新幹線を使います。
3.年末年始の観光地のホテルは50-100%高いようです。
   パラドールとポザーダに一泊づつ。約150Euro。予約完。
   他のホテルは80Euroを超えないようにしたかったのですが、
   グラナダではアルハンブラ近くの、
   ポルトはRiver side部屋の150Euroと高いところを予約。
4.世界遺産を中心に予定をたててみました。
[12/22]
1. ホテル全行程予約完。
   パラドール、ポサーダは現地予約で日本予約の半額に近い。
   ユーロ高でもありますので。
   人気ホテルですが、冬なので10日前でも予約OK。
   Parador de Carmona:セヴィリア近郊
   Pousadas, Castelo de Óbidos:リスボン近郊
2.Tangier (Tanger)、Moroccoのリサーチ
   世界遺産/テトゥアン(Tétouan)は外せないかな。
   シェフシャウエン(Chefchaouene)=シャウエン(Chauen)は日帰りは?。
   アシラ(Asilah)は無理そう。
   もう少し検討。
3.行程を地図にしてミシュランHPで移動距離を調べる。
   厳しいのは最終移動のポルトからマドリッド。
   LeonでAVEにするか検討中。
   セヴィリア(実際にはCarmona)からリスボンも目安の300km超え。
   1時間の時差があるのでよろしいことにしましょう。
   リスボンの夜の街を楽しみたいので。
   セヴィリアは2度目なのでスキップも。
[2012.01.04]
   色々あってポルトは諦めました。レンタカーもコルドバで返すことに。
[2012.01.07] マドリッドからミュンヘン経由で帰国しました。15:25出発なのにミュンヘンにランディングしたのが15:08!ハラハラドキドキで緊急プロセスで搭乗しました。
車内放送でブリュッセル、東京など4方向への乗り換えは専用車で移動とのこと。駐機場でタラップを降りると4台のバンと行き先の紙を持った空港職員が待っていました。東京行きは5人でした。5人でまずターミナルの1Fの専用のパスポートコントロールへ。出国手続き後同じバンで隣の搭乗ゲート下から上がり出発階へ。隣の搭乗ゲートへ行き、そこでボーディングパスをチェックしまた下へ。同じバンで離れ島のゲートに向かい搭乗しました。着いたのが33分でした。他の乗客はバスでゲートから移動してきたためかまだ荷物の整理などをしていました。遅れることなく離陸したようです。遅れの放送もありませんでした。

第一日目-東京(NRT) 13:10 --(LH715)--> ミュンヘン(MUC) 17:25
     ミュンヘン(MUC) 19:35 --(LH1806)--> マドリッド(MAD) 22:20 泊
      夜遅く到着。寝るだけ。
第二日目-マドリッド-コルドバ-グラナダ 泊
      朝AVEでコルドバへ移動。
      コルドバ駅でレンタカー。
      世界遺産/コルドバ歴史地区
      世界遺産/アルハンブラ宮殿。
        午後のチケットのみ入手。ナスル宮殿は17:00-18:00。
        +ナスル宮殿20:00-22:30。
第三日目-グラナダ-フリヒリアナ-(ミハス)-タリファ 泊
      白い村、スペインで一番美しい村、フリヒリアナ
      ジブラルタル
      高速フェリーの発着港タリファ泊
第四日目-タリファ-タンジェ-タリファ-セヴィリア 泊
      シェフシャウエンとテトーアンに日帰り
      カルモナパラドール泊
第五日目-アルガルヴェ-リスボン 泊
      カルモナ
      ファーロ、セグレス
      リスボン旧市街のホテル泊
第六日目-リスボン-シントラ-ロカ岬-オビドス 泊
      リスボン見学
      世界遺産/シントラの文化的景観
      ロカ岬
      オビドスポザーダ泊
第七日目-オビダス-サフラ 泊
      世界遺産/アルコバサ修道院
      ナザレ
      サフラホテル泊
第八日目-コルドバ-マドリッド 泊
      AVEでコルドバ-マドリッド
      プラド美術館
      空港近くのホテル泊
第九日目-マドリッド(MAD) 12:20 --(LH1801)--> ミュンヘン(MUC) 14:55
     ミュンヘン(MUC) 15:35 --(LH714)
第十日-               --> 東京(NRT) 11:15
   
c0153302_144466.jpg





出張・旅行一覧へ    [Blog Top]
by AT_fushigi | 2014-01-03 00:45 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

新年のご挨拶 -2014-

c0153302_847549.jpg


あけましておめでとうございます。

米国勤務になって1年、ベイエリアは本当に住み易いところです。ガイ川崎がシリコンバレーはスタンフォード大学があったから成立したのではない。住みやすい環境が最大要因だと言うのに100票です。
住居費が高いのと、食に関しては米国内ではましな方だと思うのですが不満はありますが。

海外出張もこちらに来ても多いです。日本へ行くのも海外出張です。「まだまだ続く」です。まだ、2011-12年年末年始のスペイン・ポルトガルと2011年8月のイタリアの家族旅行に手が付いていません。今年中に投稿します。

本年もマイペースで投稿していきます。気長にお付き合いのほどお願い奉ります。

AT_fishigi



[2014.01.01]

 
by AT_fushigi | 2014-01-01 23:17 | ご挨拶・予定 | Trackback | Comments(2)

出張・旅行一覧 (2013-)


米国滞在開始2013年以降の出張・旅行記事一覧です。
2012年以前の出張・旅行記事一覧はこちら



2016年 ********************************************** 
  → 海外国内・散歩 → 2017年 2016年 a href="#shuccho_ryoko_2015" target="_top">2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 

■ 海外2017年


■ 海外2016年

  2016年12月 家族旅行-上海、厦門、世界遺産福建土楼 

  2016年11月 中国国内出張-寧波、蘇州、成都、深圳 

  2016年10月 日本一時帰国 

  2016年09月 深圳出張 
  2016年09月 中国赴任 

  2016年03月 中国訪問(転職下見) 

  2016年02月 中国訪問 

■ 中国・散歩2016年

  2016年09月 廈門 南普陀寺 

■ 国内・散歩2016年

  2016年05月 家族小旅行 諏訪・木曽路・遠州気ままドライブ 

        [Blogへ戻る]



2015年 ********************************************** 
  → 海外国内・散歩 → 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 

■ 海外2015年

  2015年09月 家族旅行 スペイン・フランス国境くるり

  2015年05月 米国出張

  2015年03月 中国出張
           有益瓦版-深圳蛇口フェリーチケット売り場移動(乗り方)
  2015年03月 欧州出張
           巡東西写録-ポツダム
           巡東西写録-ドレスデン

  2015年01月 欧州出張
           芸術散歩-”Steve McCurry写真展”
           芸術散歩-”Giorgio de Chirico e l'oggetto misterioso”
  2015年01月 米国出張

■ 国内・散歩2015年

        [Blogへ戻る]



2014年 ********************************************** 
  → 海外国内・散歩 → 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 

■ 海外2014年

  2014年12月 日本出張

  2014年11月 日本出張

  2014年10月 日本出張

  2014年08月 家族旅行 イエローストーン・グランドティトン

  2014年06月 日本出張

  2014年05月 日本出張

  2014年04月 亜細亜出張日本・中国

  2014年03月 日本出張

■ 国内・散歩2014年

  2014年12月 家族小旅行 サンフランシスコ・ナパ・ヨセミテ/CA

  2014年11月 米国国内出張サンアントニオ/TX

  2014年09月 米国国内出張シャーロット/NC

  2014年07月 米国国内出張オースティン/TX

  2014年05月 米国国内出張ノーフォーク/VA

  2014年04月 米国国内出張シアトル

  2014年03月 米国国内出張サンフランシスコ(泊まり)

  2014年02月 米国旅行サンタローザ・メンドチーノ
  2014年02月 米国国内出張サンタバーバラ

        [Blogへ戻る]



2013年 ********************************************** 
  → 海外国内・散歩 → 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 

■ 海外2013年

2013年

  2013年12月 日本帰国ー正月休暇    
  2013年12月 欧州出張    
           芸術散歩-Lenbachhause美術館

  2013年11月 日本・中国・台湾出張

  2013年10月 日本出張

  2013年09月 欧州出張

  2013年08月 グランドサークル家族旅行

  2013年06月 亜細亜出張-日本・台湾・中国 (NH-4つの初体験)

  2013年05月 欧州出張-ストックホルム、ミラノ、ジェノヴァ(LH-天候不順を蹴散らせて)

  2013年04月 亜細亜出張日本・中国・台湾-

  2013年01月 米国赴任

■ 国内・散歩2013年

  2013年03月 国内出張アナハイム


2012年以前 ********************************************** 


2007年12月から2012年までの出張・旅行記事一覧

  
        [Blogへ戻る]
by AT_fushigi | 2014-01-01 03:00 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)