<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

家族小旅行2014年12月-第二日目-ヨセミテ渓谷・ハーフドーム


真直ぐ車を進めると、左へ行くとビレッジに至る交差点に来ます。
ここをまっすぐ進むと、目に前にハーフドームが現れます。
前2回ともここは大混雑でしたが冬の今は数台です。
路上駐車して記念撮影です。

c0153302_13225929.jpg
右がハーフドームです。一枚岩で標高差1400mだそうです。ドームと言いますが実は横から見ると平板で円盤状の巨岩であることが分かります。
夏には1日がかりですが登山できるそうです。
左側がヨセミテの滝がある高台です。この間に氷河が流れて行ったそうです。
ハーフドームを拡大して撮ります。路上に1台も停まっていません。
c0153302_13560211.jpg
c0153302_13564835.jpg
もう少し近づこうと「Happy Isles Trail-head」に進みます。
c0153302_13181504.jpg
この駐車場入り口の杉林では昨晩までの雨のしたたりが樹木から落ちてきて陽光と交差し、きらきら、とても幻想的な情景でした。
c0153302_13194433.jpg
駐車場から雄大な岩山が見えます。この上に夏なら絶景が望めるGlacier Pointがあります。下からは見えないようです。
c0153302_15061302.jpg
c0153302_15064948.jpg
道がぬかるんでいるのでハイキングは諦め前回行ったクラーク橋(Clarks Bridge))まで行ってみることにしました。
夏には多くの子供や犬が泳いでいたメルセド川(Merced River)です。
c0153302_15085626.jpg
そして、橋の袂から見たハーフドームです。
c0153302_15170712.jpg
この先のホースライドの裏庭がカメラポイントです。
c0153302_15181183.jpg
c0153302_15183652.jpg
さて、ハーフドームを堪能したところでお昼にしましょう。

地図です。
c0153302_15222074.jpg


[2014.12.13]

by AT_fushigi | 2015-03-30 15:22 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族小旅行2014年12月-第二日目-ヨセミテ渓谷・逆さヨセミテ滝@Swinging Bridge


今回初めて車を止めたところです。
キャンプ場の標識があり前回2回は通り過ぎていました。今回向こうにヨセミテ滝を見つけて止めることにしました。
c0153302_22491634.jpg
Swinging Bridgeとあります。名前の由来は良くわかりませんがヨセミテ滝のカメラスポットだそうです。
c0153302_23234878.jpg
行くと確かに橋から滝が正面に見えます。
c0153302_23243814.jpg
橋の上は良い家族写真スポットです。
橋を渡ったところの正面に大きな岩の壁が迫ります。三兄弟岩 (Three brothers) です。写真左から末っ子 (Lower Borother) 、次男 (Middle brother) と続きます。長男にはEagle Peakという別の名前が付いています。そして、雪だるまがありました。
c0153302_23293441.jpg
橋の下の河原で、子供が熱心に写真を撮っています。
c0153302_23303498.jpg
行くと、なんとヨセミテ滝が川面に映っているのです。「逆さヨセミテ滝」です。深いのでしょう、川の表面が滑らかです。
c0153302_23321409.jpg
c0153302_23322832.jpg
実は橋の上からはこの逆さ滝は見えません。浅くなってさざ波が立っているからです。
c0153302_23334720.jpg
河原からの角度がちょうど川の静かな面に滝を写していたのです。

暫らく歩くともっと滝がハッキリ見えるスポットがありました。
c0153302_23401709.jpg
c0153302_23405148.jpg
c0153302_23403613.jpg
地図です。
c0153302_23525605.jpg


[2014.12.13]

by AT_fushigi | 2015-03-21 23:54 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族小旅行2014年12月-第二日目-ヨセミテ・トンネルビュー/ブライダルヴェイル滝


公園内に入りまずはトンネルビューを目指します。

ゲートから暫らく進むと大きな岩山が見えてきます。
この岩を見るとヨセミテに来たのだと思います。残念ながら名前は知りません。
c0153302_01384133.jpg
ここから道がアイシーとなり運転している息子が滑るとゆっくり走ります。
途中でヨセミテのループに入ります。ここから川をはさんで二つのループが時計と反対回りの8の字の道路になります。
このループに入ってすぐにトンネルビューへ向かう登り道になります。夏ならグレイシャーポイントにも行くことができます。
更にゆっくりな速度で登ります。凍っているようです。
トンネルビューの駐車場に滑り込みます。
c0153302_01460249.jpg
駐車場を通り過ぎてトンネルがあり抜けるとスキー場がありチェーンをつけた車がトンネルに入っていきます。
車を降りてまず気づくのは周りの日が当っていない山の冷たさです。
c0153302_01530744.jpg
c0153302_01543954.jpg
そして、滑る地面を見ながら用心して展望台に進み顔を上げると有名なトンネルビューが飛び込んできます。
c0153302_01570618.jpg
c0153302_01592876.jpg
目を凝らすと滝が見えます。Bridalveil fallでしょうか。
c0153302_02035133.jpg
ここで家族写真をたくさん撮って、ループに戻ります。

ループに戻って直ぐに左側に駐車スペース車線となっているところがあり展望台もあります。
そこからエル・キャピタン (El Capitan) が正面に大きく見えます。春には左側にリボン滝が見えるはずです。
c0153302_17212503.jpg
反対側にブライダルヴェイル滝が見えました。トンネルビューから見えた滝です。まだ、水量が少なく目立ちませんが2月には水量が増えてもっと迫力あります。
c0153302_17240853.jpg
c0153302_17242842.jpg
地図です。
c0153302_17585420.jpg

[2014.12.13]

by AT_fushigi | 2015-03-11 02:12 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

日々徒然-歳時記-Googleの遊び心_150305_安藤百福



今日は3月5日。

Google検索してみました?

今日は安藤百福の生誕105周年です。
4つパターンがあります。
c0153302_17071823.gif
c0153302_17065500.gif
c0153302_17074204.gif
c0153302_17075887.gif

ググってみると「チキンラーメン」と「カップヌードルを開発した日清食品株式会社の創業者とのこと。
インスタントラーメンの熱狂的ファンがGoogle Japanにいたのでしょうね。4つものバージョンを作るとは。

インスタントラーメン発明記念館」 大阪府池田市満寿美町8-25 (3月20日リーオープン)
(HPより)
1958年8月25日、安藤百福は大阪府池田市の自宅裏庭に建てた小さな小屋でありふれた道具を使って日夜研究を重ね、チキンラーメンを発明しました。「インスタントラーメン発明記念館」はこのインスタントラーメン発祥の地である大阪府池田市で「チキンラーメンファクトリー」や「マイカップヌードルファクトリー」といった体験工房やインスタントラーメンに関するさまざまな展示を通して発明・発見の大切さを伝えています。

「カップヌードルミュージアム」 横浜市中区新港2-3-4
(HPより)
百福氏の生涯を貫くクリエイティブシンキングマインドに触れ、その芽を刺激するきっかけとなればという思いで施設全体の設計を考えています。ミュージアムのロゴはカップヌードルのパッケージデザインからインスピレーションを得て「!」マークを3つ重ねました。発明や発見の楽しさ、食の大切さ、夢をもって自分で考えることの楽しさなど、様々な「!」との出会いが、このミュージアムでありますようにとの願いを込めています。
c0153302_17345101.jpg



by AT_fushigi | 2015-03-05 17:22 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

日々徒然-歳時記-Googleの遊び心_150303_雛祭り



今日は3月3日。

Google検索してみました?

三角を押すと...
c0153302_00433505.jpg

結構好きです、こういうの。流し雛ですね。
c0153302_00382191.gif
検索結果の表示のロゴも素敵です。

by AT_fushigi | 2015-03-03 00:39 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

家族小旅行2014年12月-第二日目-マリポサからヨセミテ国立公園へ


早朝起きると青空でした。昨晩の雨にぬれて山や木々が朝日に輝いていました。
c0153302_16301486.jpg
レセプションのある棟で朝食をいただきます($62は全員の朝食付きです)。
終わって外に出たら山々から靄が立ち込め始めあっという間に空は靄で覆われてしまいました。朝日の当たった地面からの湿った暖かい空気が靄となるのです。
c0153302_16362253.jpg
c0153302_16362288.jpg
c0153302_16362227.jpg

靄が流れる中、出発です。
マリポサを出て山道を登っていくと靄が山から下りてくるのが見えます。
c0153302_00113144.jpg
川沿いに登ります。途中でがけ崩れで川の反対岸に数百メータに渡る臨時の橋があります。前回1年前に来た時から変わっていません。がけ崩れ現場です。
c0153302_00113125.jpg
暫くして元の岸に戻ります。靄を楽しみながら山道を登ります。
そして、「ここが公園手前の最後のガソリンスタンド」で素晴らしい景色に出会いました。遠くに雪をいただく鋭くとがった峰がありその手前を靄が降りてきているのです。子供共々感動して写真を撮りましたが実物にはかないませんね。
c0153302_00113122.jpg
さて、更に道を進めます。
c0153302_00251025.jpg
やっと、公園のゲートです。
c0153302_00251021.jpg
$25払って、地図をもらって、入った直ぐのパーキングでおトイレタイムです。
その間にもパーキングにも靄が覆い被さってきました。
c0153302_00251050.jpg
c0153302_00251000.jpg
さて、公園に入り、最初のハイライト、トンネルビューを目指します。


by AT_fushigi | 2015-03-03 00:30 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

十に一つでも行けたなら(東京エリア美術展)...2015年03月


情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。美術鑑賞は私が行けそうな東京、横浜近辺だけです。
入館は閉館の30分前のところが多いので早めにお出かけください。イメージは文中WEBサイトより引用。ダブルクリックで拡大するものもあります。


                                   04月へ >

------------------------
------  03月 美術鑑賞詳細 ------
------------------------


東京国立博物館
  特別展「みちのくの仏像」
  2015年1月14日(水) ~ 2015年4月5日(日)
  休館日:月曜
  (ただし、3月23日(月)、30日(月)は9:30~17:00まで特別開館)
  開館時間:9:30~17:00 (金は20:00まで、休日は18:00まで)
  一般1000円、大学生700円、高校生400円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    この展覧会には、東北の三大薬師と称される、黒石寺(岩手県)、勝常寺(福島県)、
    双林寺(宮城県)の薬師如来像をはじめ、東北各県を代表する仏像が出品されます。
c0153302_00280846.gif

国立西洋美術館
  [企画展示室] グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家
  2015年3月3日(火)~5月31日(日)
  休館 月曜日
  (ただし、3月30日、5月4日、5月18日は開館)
  開館時間:9:30~17:30 (金曜日は~20:00)
  一般1,500円、大学生1,300円、高校生800円
  [概要] (HPより)
    グエルチーノ(1591-1666年)はイタリア・バロック美術を代表する画家として知られます。
    今回はこの知られざる画家の全貌を、約40点の油彩画によってお見せします。
    わが国初のグエルチーノ展です。
c0153302_00545875.gif

東京都美術館
  新印象派―光と色のドラマ
  2015年1月24日(土) ~ 3月29日(日)
  休館日:月曜日
  開館時間:9:30~17:30(金は20:00まで)
  一般 1,600円、大学生 1,300円、高校生:800円
  [概要] (HPより)
    本展では、印象派のモネの作品から始まり、スーラ、シニャックに
    よる新印象派初期の作品、その後フランスやベルギーで次々と生み
    出された多様な新印象派の作品、さらにマティス、ドランの色彩溢
    れる作品をご紹介します。
c0153302_00150106.jpg

上野の森美術館
  「VOCA展2015 現代美術の展望─新しい平面の作家たち」
  3/14(土)〜3/30(月)

国立科学博物館
  「特別展 大アマゾン展」
  2015年3月14日(土)~6月14日(日)

江戸東京博物館
  「探検!体験! 江戸東京」
  2014年12月2日(火)~2015年3月8日(日)

東京国立近代美術館
  所蔵作品展「MOMAT コレクション」
  2015年3月7日(土)~5月17日(日)
  休館日: 月曜日
  (ただし、3月23日、3月30日、4月6日、5月4日は開館)
  開館時間:10:00~17:00 (金曜日は10:00~20:00)
  一般 430円、大学生130円、高校生・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    桜の舞う春を代表する作品として、重要文化財の川合玉堂の
    《行く春》をで展示します。

国立新美術館
  「ルーヴル美術館展 」日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
  2015年2月21日(土)~6月1日(月)
  休館日:火曜日
  (ただし、5月5日(火)、26日(火)は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (金曜日は20:00まで)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    この度、パリのルーヴル美術館のコレクションから厳選された83点
    を通して、16 世紀から19 世紀半ばまでのヨーロッパ風俗画の展開
    をたどる「ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ
    絵画の真髄」を開催いたします。
    本展には、17世紀オランダを代表する画家、フェルメールの傑作《天
    文学者》が初来日するほか、ティツィアーノ、レンブラント、ルーベ
    ンス、ムリーリョ、ル・ナン兄弟、ヴァトー、ブーシェ、シャルダン、
    ドラクロワ、ミレーなど、各国・各時代を代表する巨匠たちの名画が
    一堂に会します。
c0153302_09315940.jpg
フェルメールの《天文学者》
c0153302_09321157.jpg
ティツィアーノ《鏡の前の女》


サントリー美術館
  「同い年の天才絵師 若冲と蕪村」
  2015年3月18日(水)~5月10日(日)
  休館日:火曜日(5月5日(火・祝)は20時まで開館)
  開館時間:10:00~18:00 〔金・土〕10:00~20:00
  一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展覧会は、伊藤若冲と与謝蕪村の生誕300年を記念して開催する
    もので、若冲と蕪村の代表作品はもちろん、新出作品を紹介するとと
    もに、同時代の関連作品を加えて展示し、人物、山水、花鳥などの共
    通するモチーフによって対比させながら、彼らが生きた18世紀の京
    都の活気あふれる様相の最も輝かしい一断面をご覧いただきます。
c0153302_09562732.jpg

東京都写真美術館
  大規模修繕中。オープンは2016年

山種美術館
  「花と鳥の万華鏡 ―春草・御舟の花、栖鳳・松篁の鳥―」
  2015年2月11日(水・祝)~4月12日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,000円・大高生800円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    日本では伝統的に絵画を通じて花と鳥を愛でる文化があります。
    2015年春、山種美術館では多彩なバリエーションを持つ明治以降の
    日本画を中心に、花と鳥をテーマにした展覧会を開催いたします。
    本展では、花の表現に新たな技法で挑んだ菱田春草《白牡丹》や速
    水御舟《翠苔緑芝》、鳥の姿を徹底した観察に基づき描写した竹内
    栖鳳の《みゝづく》や上村松篁《白孔雀》など、当館所蔵の優品を
    選りすぐって紹介いたします。四季折々の自然に注がれた画家たち
    のまなざしや花と鳥に込められた人々の思いに触れるとともに、伝
    統の中で磨かれてきた多彩な花と鳥の表現をご堪能ください。
c0153302_10100768.png
c0153302_10110928.png

損保ジャパン日本興亜美術館
  「FACE展 2015」
  2015年2月21日(土)~3月29日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~18:00
  一般500円・大高生300円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    損保ジャパン日本興亜美術賞展

根津美術館
  「救いとやすらぎのほとけ 菩薩」
  2015年3月7日(土)~4月6日(月)
  休館:月曜日(ただし4月6日(月)は開館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,000円・大高生800円・中学生以下無料
c0153302_10252827.jpg

講談社野間記念館
  「横山大観と近代日本画の巨匠たち展」
  2015年3月7日(土)~5月17(日)  
  休館日:月・火曜日(月・火曜日祝日開館、翌日閉館)
  (5月6日、7日は休館)  開館時間:10:00~17:00
  一般 500円、学生 300円、小学生以下無料
  [概要] (HPより)
    大観、栖鳳、玉堂~近代日本画の巨匠たち
    その生涯をかけて新しい日本画の創造を担ってきた近代日本画の
    巨星、横山大観。京都画壇の大立者として四条派に諸派や洋画の
    研鑽までも加えて独自の画風を確立した、竹内栖鳳。そして奇し
    くも栖鳳の師である幸野楳嶺、大観の師である橋本雅邦の両名に
    師事し、自然と人の営みを漂う詩情のもと描いた川合玉堂。この
    三人は、近代の日本画壇において、まぎれもなく重要な役割を果
    たした巨匠と呼べるでしょう。

佐藤美術館
  「One story」-武蔵野美術大学大学院日本画コース修了制作展-
  2015年3月12日(木)~22日(日)
  休館日:月曜日
  開館時間:10:00~17:00(金曜日~19:00)
  無料
c0153302_15211722.jpg

ブリヂストン美術館
  「ベスト・オブ・ザ・ベスト」
  2015年1月31日(土)〜5月17日(日)
  休館:月曜日(月曜日祝日開館、翌日閉館)
  開館時間:10:00~18:00
  一般 800円、大学・高校生 500円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    2015年5月18日より、ブリヂストン美術館は休館して新築工事に
    入ります。数年後には新たに生まれ変わった姿をお見せすること
    になりますが、このたびの展示は、休館前最後のものとなります。
    創設者・石橋正二郎の収集から出発する石橋財団コレクションは、
    現在約2,500点を数えます。本展では、そのうちのベストセレク
    ション、合計約160点をご紹介いたします。当館のコレクション
    を特徴づけるのは、19世紀以降のフランスを中心とした西洋近現
    代美術が、系統だってそろえられていることでしょう。印象派、
    ポスト印象派から20世紀のフォーヴィスム、キュビスム、抽象絵画へ。
c0153302_15340939.jpg

三菱一号館美術館
  「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ~アメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから」
  2015年2月7日(土)~5月24日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、4月6日、5月18日は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (ただし、金~20:00)
  一般1,600円/高・大学生 1,000円/中学生・小学生 600円
  [概要] (HPより)    西洋美術を集めた国立美術館です。本展では、そのNGAの中で最も
    人気があるフランス印象派とポスト印象派のコレクションを展示します。
c0153302_16054713.jpg

五島美術館
  2012年秋まで休館


松岡美術館
  「創立40周年記念 特別企画「わたしの好きなシロカネ・アート。
           あなたが選ぶ、松岡コレクション」」

  2015年1月6日(火)~3月29日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、祝日の場合は翌日)
  開館時間:10:00~17:00 
  一般 800円/高・大学生 500円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    1975(昭和50)年、東京・新橋にて産声を上げた松岡美術館は、
    おかげさまで2015年創立40周年を迎えます。これもひとえに多く
    のお客様のご支援の賜物と、感謝しております。
    そこで、この一年は約1800点の松岡コレクションの中から、お客
    様のリクエストの多かった作品を選出し、ご紹介する「わたしの好
    きなシロカネ・アート」展を開催してまいります。
c0153302_00481104.jpg

Bunkamuraザ・ミュージアム
  「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」
  2015年3月21日(土・祝)-6月28日(日)
  休館日:4/13(月)、4/20(月)のみ休館
  開館時間:10:00~17:00 
  一般 800円/高・大学生 500円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    本展では、ヨーロッパ全土の貿易とビジネスを支配し、ルネサンス
    の原動力となった銀行・金融業と、近代のメセナ活動の誕生を、
    ボッティチェリの名品の数々を中心に、ルネサンス期を代表する芸
    術家たちによる絵画・彫刻・版画や、時代背景を物語る書籍・資料
    など約80点によって、浮き彫りにします。
c0153302_01004107.jpg

横浜美術館
  「石田尚志 渦まく光」
  2015年 3月28日(土)~5月31日(日)
  休館日:木曜日
  開館時間:10:00~18:00  
  一般 1,500円、大学・高校生900円、中学生600円、小学生以下無料

そごう美術館
  「笑みに込められた祈り 円空・木喰展」
  2012年2月7日(土)~3月22日(日)
  休館日:無し
  開館時間:10:00~20:00
  一般 1,000円、大学・高校生800円、中学生以下無料
c0153302_01155717.jpg


どんどん修正します。

十に一つでも行けたなら

by AT_fushigi | 2015-03-02 01:20 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)