<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

家族小旅行2014年12月-第二日目-ヨセミテ渓谷・ヨセミテ滝


午後は滝へのハイキングです。1時間ほどですが天候が心配です。

滝へは案内に従って行きます。ビレッジからアッパーファールが良く見えます。
ヨセミテの滝はアッパートロワーのカスケードの2つの滝で構成されています。

ビレッジから5-6分でループ道路に出ます。しばらく道路に沿った歩道を行くとトレッキング道の案内があり森に入っていきます。
c0153302_17265981.jpg
c0153302_17271302.jpg
数分歩くと分かれ道があり木橋が見えます。
c0153302_17341913.jpg
この橋の先にジョン・ミューア(John Muir、1838 - 1914)の小屋の跡があります。後と言っても記念プレートがあるだけです。ジョン・ミューアはルーズベルトを動かし国立公園の理念を推し進めた人だそうです。
c0153302_17315879.jpg
ここからアッパーとローワーの両方の滝を見ることができます。春夏に来た時は川に水が豊富でしたが冬の今は川沿いに歩いて良いポイントを探すことができます。
c0153302_17333371.jpg
c0153302_17334260.jpg
c0153302_17340022.jpg
本道に戻ってトレイルを登るとローワーファールの側に着きます。ビレッジを出て30分も歩いていないと思います。
滝の流れを渡る橋が写真ポイントです。
c0153302_17360419.jpg
c0153302_17361291.jpg
滝の側まで行けますが昨日の雨で滑るので危険だと言うことだったので止めました。

トレイルはぐるり1周しているのでそのまま進むと両方の滝を縦に見ることができるポイントに降りて行きます。バス停や駐車場に近くカメラを構えた人沢山います。
c0153302_17385022.jpg
ループ道路に出る手前でループ道路の石橋に気が付きました。昔の石橋をそのまま残してあるそうです。ちょっと不安な感じですが。
c0153302_17453781.jpg
雲が空を覆ったり晴れたりと目まぐるしく変わります。駐車場まで来ると青空です。
c0153302_17425577.jpg
歩いてビレッジに戻ります。途中金網で囲まれた木の苗を見かけます。鹿の餌にならないようにと言うことのようです。
c0153302_17473742.jpg
っと、人の流れが止まりました。皆じっとしてカメラを構えています。青い鳥たちでした。
c0153302_17482683.jpg
ビレッジを見学しました。インディアン博物館やヨセミテを世界に紹介したアンセル・アダムズ・ギャラリーなどがあります。木に行ったのが郵便局。ここからはがきを出すと素敵なスタンプを押してもらえます。入口にはクリスマスの飾り付けがありました。
c0153302_17511730.jpg
そうそう、公園内はバスが周回しておりこれを使えば便利です。また、ミラー湖のようにバスでないといけない場所もあります。ビレッジに車を止めてバス利用も良いと思いました。
c0153302_17530322.jpg
さて、4時間以上かかるのでそろそろ帰ります。

地図です。
c0153302_17535954.jpg


[2014.12.13]

by AT_fushigi | 2015-04-28 07:29 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族小旅行2014年12月-第二日目-ヨセミテ渓谷・Ahwahneeホテル・ビレッジ


Ahwahneeホテルに向かいます。駐車場が空いていたので駐車しました。
c0153302_18104694.jpg
Yosemiteでは古く予約を取るのが難しい高級ホテルです。お昼ごろでお腹も空いて、しかも急に「狐の嫁入り」となったので入口付近を見るだけにしました。
c0153302_18120001.jpg
c0153302_18120923.jpg
AhWahneeホテルは1991年3月にSteve JobsとLaurene Powellが結婚したところです。なお、Steve Jobs ArchiveというHPで見つけた写真です。ぐるりと周るとこのように見えたのでしょう。
c0153302_18133192.jpg

ホテルを後にしてビレッジの駐車場に。雨のおかげで空いていてビレッジに至近の場所に留めることができました。
ストアで物色して、やはり、キャンティーンに行くことにしました。
c0153302_18140962.jpg
c0153302_18142251.jpg
キャンティーンに行く途中で見えたヨセミテの滝の上は青空です。
c0153302_18143943.jpg
c0153302_18152187.jpg
キャンティーンでサンドイッチやサラダ、豆のスープ、コーヒーなどをいただき滝に向かいます。
c0153302_18153482.jpg
ここで「Bus Your Table」という新しい言い回しを知りました。「テーブルを片づける」という意味です。
c0153302_18161407.jpg
さて、滝に向かいます。天気が不安定なので途中のインディアン博物館など後回しです。

地図です。
c0153302_22262935.jpg

[2014.12.13]

by AT_fushigi | 2015-04-27 18:20 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

十に一つでも行けたなら(東京エリア+美術展)...2015年05月


情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。美術鑑賞は私が行けそうな東京、横浜近辺を中心に紹介していますが、全国の美術館に広げようと少しずつ増やしています。
入館は閉館の30分前のところが多いので早めにお出かけください。イメージは文中WEBサイトより引用。ダブルクリックで拡大するものもあります。



------------------------
------  05月 美術鑑賞詳細 ------
------------------------

< 04月へ                         06月へ >


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京 [関東関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京国立博物館
  特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」
  2015年4月28日(火) ~ 2015年6月7日(日)
  「鳥獣戯画」については全4巻の前半部分が前期、
  後半部分が後期に展示されます。
  前期=4月28日(火)~5月17日(日)
  後期=5月19日(火)~6月7日(日)
  休館日:月曜
  (ただし5月4日(月・祝)は開館、5月7日(木)は休館)
  開館時間:9:30~17:00 (金は20:00まで、休日は18:00まで)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生900円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    日本で最も有名な絵巻、国宝・鳥獣戯画。墨線のみで動物や人物たちを
    躍動的に描いた、日本絵画史上屈指の作品です。全巻の修理を終え、
    その魅力を一新した鳥獣戯画の全貌を紹介します。
c0153302_13092813.jpg


国立西洋美術館
  [企画展示室] グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家
  2015年3月3日(火)~5月31日(日)
  休館 月曜日
  (ただし、3月30日、5月4日、5月18日は開館)
  開館時間:9:30~17:30 (金曜日は~20:00)
  一般1,500円、大学生1,300円、高校生800円
  [概要] (HPより)
    グエルチーノ(1591-1666年)はイタリア・バロック美術を代表する
    画家として知られます。
    今回はこの知られざる画家の全貌を、約40点の油彩画によってお見せします。
    わが国初のグエルチーノ展です。
c0153302_00545875.gif

東京都美術館
  大英博物館展―100のモノが語る世界の歴史
  2015年4月18日(土) ~ 6月28日(日) 
  休館日:月曜日、5月7日(木)  (ただし、5月4日(月・祝)は開室)」
  開館時間:9:30~17:30(金は20:00まで)
  一般 1,600円、大学生 1,300円、高校生:800円
  [概要] (HPより)
    ロンドンにある大英博物館は、人類の文化遺産の殿堂として世界中のあらゆる地域と
    時代を網羅したコレクションを誇ります。
    700万点を超える収蔵品から選び出した100作品を通じて、200万年前から現代に至る
    人類の創造の歴史を読み解こうとする試みです。
c0153302_13172084.jpg

上野の森美術館
  第33回上野の森美術館大賞展
  第32回大賞展入賞者展
  4月29日 (水) 〜 5月10日 (日)
  太田雪村 日堂、金泰伸彩黒世界展
  5月11日 (月) 〜 5月16日 (土)
  第50回北城書社展
  5月12日 (火) 〜 5月16日 (土)
  創立100周年記念「未来へつなぐ 展」
  5月17日 (日) 〜 5月24日 (日)
  NEW WORKS HIROKO TSUDA
  5月26日 (火) 〜 6月1日 (月)
  第6回東山魁夷記念 日経日本画大賞展
  5月28日 (木) 〜 6月7日 (日)

国立科学博物館
  「特別展 大アマゾン展」
  2015年3月14日(土)~6月14日(日)

江戸東京博物館
  「大 関ヶ原展」
  2015年3月28日(土)~2015年5月17日(日)
  休館日:月曜日、5月7日(木)  (ただし、5月4日(月・祝)は開室)」
  開館時間:9:30~17:30(金は20:00まで)
  一般 1,600円、大学生 1,300円、高校生:800円
  [概要] (HPより)
    慶長5年(1600年)の天下分け目の関ヶ原合戦を制したのは、東軍を率いた
    徳川家康でした。
    2015年は、元和2年(1616年)に亡くなった家康の没後400年目にあたります。
    この節目の年に、誰もが知っている関ヶ原合戦の全貌を明らかにする展覧会を
    開催いたします。
c0153302_13365700.jpg

東京国立近代美術館
  「生誕110年 片岡球子展」
  2015年4月7日(火)~5月17日(日)
  休館日: 月曜日(ただし5 月4 日は開館))
  開館時間:10:00~17:00 (金曜日は10:00~20:00)
  一般 1,400円、大学生900円、高校生・中学生400円、都内中学生・小学生以下無料
  [概要] (HPより)]
    日本画家・片岡球子(1905-2008)は鮮烈な色彩、大胆にデフォルメ
    された形、力強い筆使いの画風で知られています。これらは、球子独自
    のものとして戦後の日本美術院において他の画家の追随を許しませんでした。
    本展では、代表作によって球子の画業をたどるとともに、遺されたスケッチ、
    資料類もあわせて展示します。
c0153302_22443351.jpg

  所蔵作品展「MOMAT コレクション」
  2015年3月7日(土)~5月17日(日)
  休館日: 月曜日(ただし5 月4 日は開館)
  開館時間:10:00~17:00 (金曜日は10:00~20:00)
  一般 1,350円、大学生1080円、高校生・中学生680円、都内中学生・小学生以下無料
  [概要] (HPより)]
    桜の舞う春を代表する作品として、重要文化財の川合玉堂の 
    《行く春》をで展示します。

国立新美術館
  「ルーヴル美術館展 」日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
  2015年2月21日(土)~6月1日(月)
  休館日:火曜日
  (ただし、5月5日(火)、26日(火)は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (金曜日は20:00まで)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    この度、パリのルーヴル美術館のコレクションから厳選された83点
    を通して、16 世紀から19 世紀半ばまでのヨーロッパ風俗画の展開
    をたどる「ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ
    絵画の真髄」を開催いたします。
    本展には、17世紀オランダを代表する画家、フェルメールの傑作《天
    文学者》が初来日するほか、ティツィアーノ、レンブラント、ルーベ
    ンス、ムリーリョ、ル・ナン兄弟、ヴァトー、ブーシェ、シャルダン、
    ドラクロワ、ミレーなど、各国・各時代を代表する巨匠たちの名画が
    一堂に会します。
c0153302_09315940.jpg

フェルメールの《天文学者》
c0153302_09321157.jpg
ティツィアーノ《鏡の前の女》


サントリー美術館
  「同い年の天才絵師 若冲と蕪村 」
  2015年3月18日(水)~5月10日(日)
  休館日:火曜日(5月5日(火・祝)は20時まで開館)
  開館時間:10:00~18:00 〔金・土〕10:00~20:00
  一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展覧会は、伊藤若冲と与謝蕪村の生誕300年を記念して開催する
    もので、若冲と蕪村の代表作品はもちろん、新出作品を紹介するとと
    もに、同時代の関連作品を加えて展示し、人物、山水、花鳥などの共
    通するモチーフによって対比させながら、彼らが生きた18世紀の京
    都の活気あふれる様相の最も輝かしい一断面をご覧いただきます。
c0153302_09562732.jpg


  「着想のマエストロ 乾山見参! 」
  2015年5月27日(水)~7月20日(月・祝)
  休館日:火曜日
  開館時間:10:00~18:00 〔金・土〕10:00~20:00
  一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    陶工・尾形乾山(おがたけんざん・1663~1743)は、絵師・尾形光琳の弟と
    して京都の裕福な呉服商「雁金屋」に生まれ、その高い芸術的教養によって、
    絵画や文学に基づく新しい造形を陶磁の世界に持ち込みました。
    本展では、受け継がれてきた乾山の美の系譜を数々の作例を通してご紹介します。

東京都写真美術館
  大規模修繕中。オープンは2016年

山種美術館
  「松園と華麗なる女性画家たち」
  2015年4月18日(土)~6月21日(日)
  休館:月曜日
  (但し、5/4は開館、5/7は休館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,200円・大高生900円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展では、《新蛍》、《砧》、《牡丹雪》など当館所蔵の松園作品全18点を
    一挙公開いたします。加えて、女性初の帝室技芸員でもあった南画家・野口
    小蘋晩年の代表作《箱根真景図》(山種美術館)をはじめ、小倉遊亀、片岡
    球子、北沢映月らの日本画をご紹介いたします。
c0153302_14044848.png

損保ジャパン日本興亜美術館
  「ユトリロとヴァラドン 母と子の物語」
  2015年4月18日(土)~6月28日(日)
  休館:月曜日(ただし5月4日は開館)
  開館時間:10:00~18:00(金~20:00)
  一般1,200円・大高生800円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    パリの風景を詩情豊かに描いたモーリス・ユトリロ
    (1883年~1955年)と、ユトリロの母で画家のスュザンヌ・
    ヴァラドン(1865年~1938年)の展覧会です。
    油彩を中心に、日本初公開作品ならびに個人所蔵作品
    を含むユトリロの作品約40点とヴァラドンの作品約40点を展示

c0153302_14100686.jpg
根津美術館
  「燕子花と紅白梅」
  2015年4月18日(土)~5月17日(日)
  休館:月曜日(ただし5月4日(月・祝)は開館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,200円・大高生1,000円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    2015年は、享保元年(1716)に59歳で没した尾形光琳の300年忌に
    あたります。それを記念して、当館が所蔵する「燕子花図屏風」と
    MOA美術館が所蔵する「紅白梅図屏風」、光琳が描いた2点の国宝の
    屏風を中心とする特別展を開催します。
c0153302_14135621.jpg


講談社野間記念館
  「横山大観と近代日本画の巨匠たち展」
  2015年3月7日(土)~5月17(日)  
  休館日:月・火曜日(月・火曜日祝日開館、翌日閉館)
  (5月6日、7日は休館)  開館時間:10:00~17:00
  一般 500円、学生 300円、小学生以下無料
  [概要] (HPより)
    大観、栖鳳、玉堂~近代日本画の巨匠たち
    その生涯をかけて新しい日本画の創造を担ってきた近代日本画の
    巨星、横山大観。京都画壇の大立者として四条派に諸派や洋画の
    研鑽までも加えて独自の画風を確立した、竹内栖鳳。そして奇し
    くも栖鳳の師である幸野楳嶺、大観の師である橋本雅邦の両名に
    師事し、自然と人の営みを漂う詩情のもと描いた川合玉堂。この
    三人は、近代の日本画壇において、まぎれもなく重要な役割を果
    たした巨匠と呼べるでしょう。

  「横近代日本の洋画展」
  2015年5月23日(土)~7月20(日)  
  休館日:月・火曜日(月・火曜日祝日開館、翌日閉館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般 500円、学生 300円、小学生以下無料
  [概要] (HPより)
    文明開化・欧化主義のもと、明治以降、近代日本の美術界にも
    「洋画」というジャンルが形成されました。西洋の文化や思想、
    そして、油彩、水彩などの技法との出会いから、日本近代洋画
    の礎を築きあげていった日本の洋画壇。
    今回の展示では、共に第一回の文化勲章を受章した岡田三郎助と
    藤島武二をはじめとする近代洋画壇の作家たちの作品をお楽しみ
    いただきます。

佐藤美術館
  「藤井聡子 日本画展」
  2015年5/12(火)~6/21(日)
  休館日:月曜日
  開館時間:10:00~17:00(金曜日~19:00)
  一般 600円、大高生 400円、中小学生以下無料
  [概要] (HPより)
    院展を中心に活動している藤井聡子の美術館での初個展。叙情的な
    自然風景、人々の営みの一瞬を等身大の眼差しで捕えた表現など
    大作を中心に展覧します。日本画の確かな技法に裏打ちされた作家
    の静謐な世界観を是非ご堪能下さい。
c0153302_13255844.jpg
c0153302_13261878.jpg

ブリヂストン美術館
  「ベスト・オブ・ザ・ベスト」
  2015年1月31日(土)〜5月17日(日)
  休館:月曜日(月曜日祝日開館、翌日閉館)
  開館時間:10:00~18:00
  一般 800円、大学・高校生 500円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    2015年5月18日より、ブリヂストン美術館は休館して新築工事に
    入ります。数年後には新たに生まれ変わった姿をお見せすること
    になりますが、このたびの展示は、休館前最後のものとなります。
    創設者・石橋正二郎の収集から出発する石橋財団コレクションは、
    現在約2,500点を数えます。本展では、そのうちのベストセレク
    ション、合計約160点をご紹介いたします。当館のコレクション
    を特徴づけるのは、19世紀以降のフランスを中心とした西洋近現
    代美術が、系統だってそろえられていることでしょう。印象派、
    ポスト印象派から20世紀のフォーヴィスム、キュビスム、抽象絵画へ。
c0153302_15340939.jpg


三菱一号館美術館
  「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ~アメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから」
  2015年2月7日(土)~5月24日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、4月6日、5月18日は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (ただし、金~20:00)
  一般1,600円/高・大学生 1,000円/中学生・小学生 600円
  [概要] (HPより)    西洋美術を集めた国立美術館です。本展では、そのNGAの中で最も
    人気があるフランス印象派とポスト印象派のコレクションを展示します。
    ワシントン・ナショナル・ギャラリー(nga)は、アメリカ唯一の
c0153302_16054713.jpg


五島美術館
  2012年秋まで休館


松岡美術館
  「創立40周年記念 特別企画「わたしの好きなシロカネ・アート。
           あなたが選ぶ、松岡コレクション」

  2015年4月7日(火)~6月28日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、祝日の場合は翌日)
  開館時間:10:00~17:00 
  一般 800円/高・大学生 500円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    1975(昭和50)年、東京・新橋にて産声を上げた松岡美術館は、
    おかげさまで2015年創立40周年を迎えます。これもひとえに多く
    のお客様のご支援の賜物と、感謝しております。
    そこで、この一年は約1800点の松岡コレクションの中から、お客
    様のリクエストの多かった作品を選出し、ご紹介する「わたしの好
    きなシロカネ・アート」展を開催してまいります。
c0153302_14234744.jpg

Bunkamuraザ・ミュージアム
  「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」
  2015年3月21日(土・祝)-6月28日(日)
  休館日:4/13(月)、4/20(月)のみ休館
  開館時間:10:00~17:00 
  一般 800円/高・大学生 500円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    本展では、ヨーロッパ全土の貿易とビジネスを支配し、ルネサンス
    の原動力となった銀行・金融業と、近代のメセナ活動の誕生を、
    ボッティチェリの名品の数々を中心に、ルネサンス期を代表する芸
    術家たちによる絵画・彫刻・版画や、時代背景を物語る書籍・資料
    など約80点によって、浮き彫りにします。
c0153302_01004107.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関東 [東京関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

横浜美術館
  「石田尚志 渦まく光」
  2015年 3月28日(土)~5月31日(日)
  休館日:木曜日
  開館時間:10:00~18:00  
  一般 1,500円、大学・高校生900円、中学生600円、小学生以下無料

そごう美術館
  「イメージの魔術師」と呼ばれた絵本作家エロール・ル・カインの魔術展
  2015年4月25日(土)~5月17日(日)
  休館日:無し
  開館時間:10:00~20:00
  一般 1,000円、大学・高校生800円、中学生以下無料

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関西 [東京関東その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

京都国立博物館
  特別展「桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち」
  2015年4月7日(火)~5月17日(日)
  休館日:月曜
  (ただし5月4日(月・祝)は開館)
  開館時間:9:30~18:00 (金は20:00まで)
  一般1,500円、大学生1,200円、高校生900円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展覧会は、狩野派史上最大のピンチにおちいった慶長年間前後に
    着目し、永徳没後、「豪壮」から「華麗」へ、さらに新たな為政者・
    徳川家に対応すべく、「瀟洒淡麗」へと画風を変えていく一大転換
    の過程を、永徳の後継者たちの作品を一堂にして辿るものです。
    また、この「桃山後期」に焦点をあてた狩野派の展覧会としては、
    過去最大規模となる、国宝1件、重要文化財23件、重要美術品1件、
    初公開作品4件を含む70件を出品し、百花繚乱のごとくその才能を
    花開かせた狩野派絵師たちの競演と戦いの歴史をご紹介します。
c0153302_12050927.png

大阪市立美術館
  特別展「肉筆浮世絵-美の競艶 ~浮世絵師が描いた江戸美人100選~」
  2015年4月14日(火)~6月21日(日)
  休館日:月曜
  (ただし、5/4は開館、5/7は休館)
  開館時間:9:30~17:00 (金は20:00まで)
  一般1,500円、高大生1,200円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展は、アメリカ・シカゴの実業家ロジャー・ウェストン氏に
    より収集された肉筆浮世絵を紹介する里帰り展です。
    菱川師宣、西川祐信、宮川長春、勝川春章、歌川豊国、葛飾北斎、
    祇園井特、河鍋暁斎ら、多彩な絵師たちによる一点物の貴重な
    肉筆浮世絵をお楽しみください。
    なお、ウェストンコレクションは日本初公開になります。
c0153302_00565126.jpg
c0153302_00570183.jpg



堺 アルフォンス・ミュシャ館
  「ミュシャの花冠―芸術と民族への想い―」
  2015/04/07(火)~2015/07/05(日)
  休館日:月曜日(休日の場合は開館)
      休日の翌日(翌日が土・日曜日、休日の場合は開館)
  開館時間:9:30~19:00
  一般500円、大・高校生300円、中・小学生100円
  [概要] (HPより)
    ミュシャは芸術に対して、また国や民族に対して確固たる
    自身の考えを持ち、作品制作に取り組んでいました。ミュシャ
    の芸術という花は誰のために、どのようにして生まれ、何を
    伝えようとしたのでしょうか。
    本展覧会では、ミュシャの芸術に対する考え方とともに関連
    する作品を紹介いたします。
c0153302_00303517.jpg
c0153302_00304829.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その他 [東京関東関西]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ひろしま美術館
  毛利博物館所蔵「毛利家の国宝・至宝展」
  2015年4月25日(土)~ 2015年5月31日(日)
  休館日:無休
  開館時間:9:30~17:00
  一般1,300円、大学生1,000円、高校生600円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    山口県防府市にあり、毛利家伝来の宝物を所蔵する毛利博物館との
    共催により、国宝である雪舟「四季山水図」(通称:山水長巻)な
    どの日本伝統絵画と、大名家に伝わる婚礼道具や雛飾りなど、当時
    の風俗の中にある美の世界を紹介する特別展。
c0153302_12475026.jpg



正確な情報掲示を努力していますが、間違いがあるかもしれません。ホームページなどで休館日、開館時間等確認してお出かけください。


by AT_fushigi | 2015-04-26 13:31 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(2)

日々徒然-歳時記-Googleの遊び心_150423_上村松園 そして 山種美術館「上村松園 生誕140年記念 松園と華麗なる女性画家たち」



今日は4月23日。

Google検索してみました?

大好きな上村松園の生誕140周年でした。

c0153302_11490088.jpg

丁度、先日、山種美術館の「【特別展】上村松園 生誕140年記念 松園と華麗なる女性画家たち」へ行ったばかりでした。
c0153302_11521981.png
c0153302_11524272.png
山種美術館収集の粋を堪能しました。
c0153302_11535670.jpg
c0153302_11541220.jpg
実は日本アニメの礎を見たような気もしました。また、実践女子学園香雪記念資料館収集の作品も多く興味を持ちました。
暁翆「紫式部図」
c0153302_12000718.jpg
もちろん、全く作風は違うが球子や遊亀の作品もありました。

by AT_fushigi | 2015-04-24 12:06 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

日々徒然-歳時記-Googleの遊び心_150422_アースデー



今日は4月22日。

Google検索してみました?


アースデーだそうです。

c0153302_18593198.gif


でもクリックすると....「あなたを動物にたとえると?」
c0153302_18595271.gif
4択問題が5問あります。
c0153302_19013213.gif
c0153302_19014755.gif
c0153302_19015843.gif
c0153302_19021283.gif
c0153302_19022524.gif
で回答すると動物が現れます。私の回答では「コモドオオトカゲ」になりました。「(食欲は)一生衰えることはないでしょう」...当たっている!!!!!
c0153302_19034745.gif
4x4x4x4x4=1024通りしてみればどういう動物が現れるのか分かるのですが適当にやってみたところ12種類確認できました。他にもありましたか?
残りの11種類は以下。
「シャコ」「コウイカ」「ラーテル」「ミツバチ」「ダイオウイカ」「センザンコウ」「サンゴ」「アメリカシロヅル」「ラッコ」「キモモマイコドリ」「マンモス」
c0153302_19062497.gif
c0153302_19064536.gif
c0153302_19070406.gif
c0153302_19071962.gif
c0153302_19075229.gif
c0153302_19095546.gif
c0153302_19101021.gif
c0153302_19102207.gif
c0153302_19103619.gif
c0153302_19104447.gif
c0153302_19105069.gif


by AT_fushigi | 2015-04-22 19:08 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

Annunciation


Artist: A, B, C, E, F, G, L, M, P, S, V, Z


Location:
Italy
Museo Diocesano, Cortona, Italy
---- Angelico, Fra, 1434
Galleria degli Uffizi, Firenze, Italy
---- Albertinelli, Mariotto, 1503
---- Baldovinetti, Alessi, 1447
---- Bartolomeo, Fra, 1500
---- Botticelli, Sandro, 1481
---- Da Vinci, Leonald, 1480
Galleria Palatina (Palazzo Pitti), Firenze, Italy
---- Andrea del Sarto, 1513
---- Andrea del Sarto, 1528 (Convento)
San Marco, Firenze, Italy
---- Angelico, Fra, 1442 (Convento)
---- Angelico, Fra, 1446 (Museo)
---- Angelico, Fra, 1452 (Museo)
Santa Maria Novella, Firenze, Italy
---- Ghirlandaio, Domenico, 1482
San Miniato al Monte, Firenze, Italy
---- Baldovinetti, Alessi, 1467
Spedale degli Innocenti, Firenze, Italy
---- Bartolomeo di Giovanni, 1488
Galleria Doria Pamphili, Rome, Italy
---- Lippi, Flippo, Fra, 1445
Santa Maria delle Grazie, San Giovanni Valdarno, Italy
---- Angelico, Fra, 1435
Duomo (Cattedrale di Santa Maria Assunta), Volterra, Italy
---- Bartolomeo, Fra, 1497
Germany
Gemäldegalerie Alte Meister, Dresden, Germany
---- Francesco del Cossa, 1472
Städel Museum, Frankfurt am Main, Germany
---- Crivelli, Carlo 1482
Alte Pinakothek, München, Germany
---- Lippi, Flippo, Fra, 1450
---- Albertinelli, Mariotto, 1506
Hungary Magyarország
Szépmûvészeti Múzeum, Budapest, Hungary
---- Bartolo di Fredi, 1383
Spain Bundesrepublik Deutschland
Museo Macional del Prado, Madrid, Spain
---- Angelico, Fra, 1428
UK
National Gallery, London, UK
---- Crivelli, Carlo 1486

USA
Philadelphia Museum of Art, Philadelphia, USA
---- Strozzi, Zanobi, 1453
National Gallery of Art, Washington, D.C, USA
---- Carnevale, Fra, 1450
---- Van Eyck, Jan, 1436
---- Juan de Flandes, 1519
---- Giannicola di Paolo, 1515
---- Giovanni di Paolo, 1435
---- Lippi, Flippo, Fra, 1440
---- Masolino da Panicale, 1430


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_22105070.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Albertinelli, Mariotto ( Mariotto di Bigio di Bindo Albertinelli)
Italian (Florence), 1474 - 1515
c0153302_00381660.jpg

1503, Oil, (23 x 50 cm), Galleria degli Uffizi, Firenze, Italy
[-, -] [TOP]

Albertinelli, Mariotto (cont.)
c0153302_00383240.jpg

1506, -, (- cm), Alte Pinakothek, München, Germany
[-, -] [TOP]


Andrea del Sarto
Italian (Florence), 1474 - 1515
c0153302_19322043.jpg

1513, Oil on wood, (183 x 184 cm), Galleria Palatina (Palazzo Pitti), Firenze, Italy
[-, -] [TOP]

Andrea del Sarto (cont.)
c0153302_00571253.jpg

1528, Oil on wood, (96 x 189 cm), Galleria Palatina (Palazzo Pitti), Firenze, Italy
[-, -] [TOP]


Angelico, Fra ( Fra Giovanni da Fiesole)
Italian (Florence), 1395 - 1455
c0153302_23074558.jpg

1425-28, Tempera, (194 x 194 cm), Museo Macional del Prado, Madrid, Spain
[Jan, 2012] 家族旅行[TOP]

Angelico, Fra (cont.)
c0153302_22482807.jpg

1433-34, Tempera, (150 x 180 cm), Museo Diocesano, Cortona, Italy
[-, -] [TOP]

Angelico, Fra (cont.)
c0153302_22594288.jpg
1435, Tempera, (195 x 158 cm), Santa Maria delle Grazie, San Giovanni Valdarno, Italy
[-, -] [TOP]

Angelico, Fra (cont.)
c0153302_22362196.jpg

1440-42, Fresco, (176 x 148 cm), Convento di San Marco, Firenze, Italy
[-, -] [TOP]

Angelico, Fra (cont.)
c0153302_22411354.jpg

1437-46, Tempera, (- cm), Museo di San Marco, Firenze, Italy
[-, -] [TOP]

Angelico, Fra (cont.)
c0153302_23114852.jpg

1451-52, Tempera, (- cm), Museo di San Marco, Firenze, Italy
[-, -] [TOP]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_17203890.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Baldovinetti, Alessio
Italian (Florence), 1425 - 1499
c0153302_15084855.jpg

1447, Tempera on wood, (167 x 137 cm), Galleria degli Uffizi, Firenze, Italy
[Aug, 2013] 家族旅行[TOP]

Baldovinetti, Alessio (cont.)
c0153302_15195452.jpg

1466-67, Fresco, (Wall 480 cm), San Miniato al Monte, Firenze, Italy
[-, -] [TOP]


Bartolo di Fredi ( Bartolo Battiloro)
Italian (Siena), 1330 - 1410
c0153302_15572704.jpg

1383, Tempera on panel, (70 x 32 cm), Szépmûvészeti Múzeum, Budapest, Hungary
[-, -] [TOP]


Bartolomeo di Giovanni (Alunno di Domenico)
Italian (Firenze), 1458 - 1501
c0153302_17414451.jpg

1488, Tempera on wood, (- cm), Spedale degli Innocenti, Firenze, Italy
[-, -] [TOP]


Bartolomeo, Fra (Baccio della Porta)
Italian (Firenze), 1472 - 1517
c0153302_18072731.jpg

c. 1497, Panel, (176 x 170 cm), Duomo (Cattedrale di Santa Maria Assunta), Volterra, Italy
[-, -] [TOP]

Bartolomeo, Fra (cont.)
c0153302_18090374.jpg

c. 1500, Tempera on wood, (19,5 x 9 cm), Galleria degli Uffizi, Firenze, Italy
[-, -] [TOP]


Botticelli, Sandro (Alessandro di Mariano di Vanni Filipepi)
Italian (Florence), 1445 - 1510
c0153302_17561280.jpg

1481, Fresco, (243 x 550 cm), Restoration, Galleria degli Uffizi, Firenze, Italy
[April 08, 2015] @ BUNKAMURA ザ・ミュージアム 「ボティチェリとルネサンス」[TOP]

Botticelli, Sandro (cont.)
c0153302_17183286.jpg

1481, Fresco, (243 x 550 cm), Original/ San Martino alla Scala, Firenze, Italy
Galleria degli Uffizi


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_13375032.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Carnevale, Fra
Italy (Firenze), c. 1445 - 1484
c0153302_13373530.jpg

c. 1445/1450, tempera on panel, (87.6 x 62.8 cm), National Gallery of Art, Washington, D.C, USA
[May, 2014] 小旅行[TOP]

Crivelli, Carlo
Italy (Venezia), c. 1430? - 1495
c0153302_17164728.jpg

c. 1482, -, (- cm), Städel Museum, Frankfurt am Main, Germany
[-, -] [TOP]

Crivelli, Carlo (cont.)
c0153302_18145693.jpg

c. 1486, Oil on wood transferred to canvas, (207 × 146 cm), National Gallery, London, UK
[Dec, 1985] 小旅行[TOP]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_12495057.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Van Eyck, Jan
Netherlandish, c. 1390 - 1441
c0153302_12491940.jpg

c. 1434/1436, oil on canvas transferred from panel (90.2 x 34.1 cm), National Gallery of Art, Washington, D.C, USA
[May, 2014] 小旅行[TOP]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_15003438.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Francesco del Cossa
Italy, c. 1436 - 1478
c0153302_15203981.jpg

c. 1470-72, tempera on panel (50 x 35.5 cm), Gemäldegalerie Alte Meister, Dresden, Germany
[Mar, 2015] 小旅行[TOP]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_13233249.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Ghirlandaio, Domenico
Italy (Umbria), c. 1460 - 1544
c0153302_01185254.jpg
c. 1482, Fresco, (- cm), Santa Maria Novella, Florence
[-, -][TOP]

Ghirlandaio, Domenico (cont.)
c0153302_01193993.jpg
c. 1482, Fresco, (- cm), Tornabuoni Chapel, Santa Maria Novella, Florence
[-, -] [TOP]


Giannicola di Paolo
Italy (Umbria), c. 1449 - 1494
c0153302_13495379.jpg

c. 1510/1515, oil on panel, (40.3 x 35.9 cm), National Gallery of Art, Washington, D.C, USA
[May, 2014] 小旅行[TOP]


Giovanni di Paolo
Italy (Siena), c. 1403 - 1482
c0153302_13215120.jpg

c. 1435, tempera on panel, (overall: 40 x 46.4 cm), National Gallery of Art, Washington, D.C, USA
[May, 2014] 小旅行[TOP]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_14090071.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Juan de Flandes
Netherland, active c. 1496 - 1519
c0153302_14084799.jpg

c. 1508/1519, oil on panel, (110.2 x 78.4 cm), National Gallery of Art, Washington, D.C, USA
[May, 2014] 小旅行[TOP]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_13091683.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Lippi, Filippo, Fra
Italian (Florence), c. 1406 - 1469
c0153302_13090475.jpg

c. 1435/1440, tempera on panel, (overall: 100 x 161 cm), National Gallery of Art, Washington, D.C, USA
[-, -] [TOP]

Lippi, Filippo, Fra (cont.)
c0153302_23203158.jpg

Private
[-, -] [TOP]

Lippi, Filippo, Fra (cont.)
c0153302_23283242.jpg

c. 1445, Oil, (183 x 175 cm), Galleria Doria Pamphili, Rome, Italy
[-, -] [TOP]

Lippi, Filippo, Fra (cont.)
c0153302_23002732.jpg

c. 1450, -, (203 x 186 cm), Alte Pinakothek, München, Germany
[-, -] [TOP]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_12534369.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Masolino da Panicale
Italian (Florence), c. 1383 - 1447
c0153302_12270183.jpg

c. 1425–30, oil and tempera on wood (148 x 115 cm), National Gallery of Art, Washington, D.C, USA
[May, 2014] 小旅行[TOP]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_17110077.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Strozzi, Zanobi (Zanobi di Benedetto di Caroccio degli Strozzi)
Italian (Florence), 1412 - 1468
c0153302_16114187.jpg

1453, Tempera and tooled gold on panel with horizontal, (37 x 30.2 cm), Philadelphia Museum of Art, Philadelphia, USA
[April 08, 2015] @ BUNKAMURAザ・ミュージアム 「ボティチェリとルネサンス」[TOP]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_23245396.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Da Vinci, Leonald ( Leonardo di ser Piero da Vinci)
Italian (Florence), 1452 - 1519

c0153302_23465515.jpg

1475-80, Oil, (217 x 98 cm), Galleria degli Uffizi, Firenze, Italy
[May, 2007] 国立博物館 特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像」[TOP]


by AT_fushigi | 2015-04-10 16:42 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)

十に一つでも行けたなら(東京エリア美術展)...2015年04月


情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。美術鑑賞は私が行けそうな東京、横浜近辺だけです。
入館は閉館の30分前のところが多いので早めにお出かけください。イメージは文中WEBサイトより引用。ダブルクリックで拡大するものもあります。


< 03月へ                         05月へ >

------------------------
------  04月 美術鑑賞詳細 ------
------------------------


[2015.04.12] Bunkamuraザ・ミュージアム「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」
[2015.04.19] 山種美術館「花と鳥の万華鏡 ―春草・御舟の花、栖鳳・松篁の鳥―」

東京国立博物館
  特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」
  2015年4月28日(火) ~ 2015年6月7日(日)
  「鳥獣戯画」については全4巻の前半部分が前期、後半部分が後期に展示されます。
  前期=4月28日(火)~5月17日(日)
  後期=5月19日(火)~6月7日(日)
  休館日:月曜
  (ただし5月4日(月・祝)は開館、5月7日(木)は休館)
  開館時間:9:30~17:00 (金は20:00まで、休日は18:00まで)
  一般1600円、大学生1200円、高校生900円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    日本で最も有名な絵巻、国宝・鳥獣戯画。墨線のみで動物や人物たちを躍動的に描いた、
    日本絵画史上屈指の作品です。全巻の修理を終え、その魅力を一新した鳥獣戯画の全貌を紹介します。
c0153302_13092813.jpg


国立西洋美術館
  [企画展示室] グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家
  2015年3月3日(火)~5月31日(日)
  休館 月曜日
  (ただし、3月30日、5月4日、5月18日は開館)
  開館時間:9:30~17:30 (金曜日は~20:00)
  一般1,500円、大学生1,300円、高校生800円
  [概要] (HPより)
    グエルチーノ(1591-1666年)はイタリア・バロック美術を代表する画家として知られます。
    今回はこの知られざる画家の全貌を、約40点の油彩画によってお見せします。
    わが国初のグエルチーノ展です。
c0153302_00545875.gif

東京都美術館
  大英博物館展―100のモノが語る世界の歴史
  2015年4月18日(土) ~ 6月28日(日) 
  休館日:月曜日、5月7日(木)  (ただし、5月4日(月・祝)は開室)」
  開館時間:9:30~17:30(金は20:00まで)
  一般 1,600円、大学生 1,300円、高校生:800円
  [概要] (HPより)
    ロンドンにある大英博物館は、人類の文化遺産の殿堂として世界中のあらゆる地域と
    時代を網羅したコレクションを誇ります。
    700万点を超える収蔵品から選び出した100作品を通じて、200万年前から現代に至る
    人類の創造の歴史を読み解こうとする試みです。
c0153302_13172084.jpg

上野の森美術館
  第28回 日本の自然を描く展
  平成27年4月20日(月)、21日(火)10:00〜17:00

国立科学博物館
  「特別展 大アマゾン展」
  2015年3月14日(土)~6月14日(日)

江戸東京博物館
  「大 関ヶ原展」
  2015年3月28日(土)~2015年5月17日(日)
  休館日:月曜日、5月7日(木)  (ただし、5月4日(月・祝)は開室)」
  開館時間:9:30~17:30(金は20:00まで)
  一般 1,600円、大学生 1,300円、高校生:800円
  [概要] (HPより)
    慶長5年(1600年)の天下分け目の関ヶ原合戦を制したのは、東軍を率いた徳川家康でした。
    2015年は、元和2年(1616年)に亡くなった家康の没後400年目にあたります。
    この節目の年に、誰もが知っている関ヶ原合戦の全貌を明らかにする展覧会を開催いたします。
c0153302_13365700.jpg

東京国立近代美術館
  「生誕110年 片岡球子展」
  2015年4月7日(火)~5月17日(日)
  休館日: 月曜日(ただし5 月4 日は開館))
  開館時間:10:00~17:00 (金曜日は10:00~20:00)
  一般 1,400円、大学生900円、高校生・中学生400円、都内中学生・小学生以下無料
  [概要] (HPより)]
    日本画家・片岡球子(1905-2008)は鮮烈な色彩、大胆にデフォルメされた形、
    力強い筆使いの画風で知られています。これらは、球子独自のものとして
    戦後の日本美術院において他の画家の追随を許しませんでした。
    本展では、代表作によって球子の画業をたどるとともに、遺されたスケッチ、
    資料類もあわせて展示します。
c0153302_22443351.jpg

  所蔵作品展「MOMAT コレクション」
  2015年3月7日(土)~5月17日(日)
  休館日: 月曜日(ただし5 月4 日は開館)
  開館時間:10:00~17:00 (金曜日は10:00~20:00)
  一般 1,350円、大学生1080円、高校生・中学生680円、都内中学生・小学生以下無料
  [概要] (HPより)]
    桜の舞う春を代表する作品として、重要文化財の川合玉堂の 
    《行く春》をで展示します。

国立新美術館
  「ルーヴル美術館展 」日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
  2015年2月21日(土)~6月1日(月)
  休館日:火曜日
  (ただし、5月5日(火)、26日(火)は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (金曜日は20:00まで)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    この度、パリのルーヴル美術館のコレクションから厳選された83点
    を通して、16 世紀から19 世紀半ばまでのヨーロッパ風俗画の展開
    をたどる「ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ
    絵画の真髄」を開催いたします。
    本展には、17世紀オランダを代表する画家、フェルメールの傑作《天
    文学者》が初来日するほか、ティツィアーノ、レンブラント、ルーベ
    ンス、ムリーリョ、ル・ナン兄弟、ヴァトー、ブーシェ、シャルダン、
    ドラクロワ、ミレーなど、各国・各時代を代表する巨匠たちの名画が
    一堂に会します。
c0153302_09315940.jpg

フェルメールの《天文学者》
c0153302_09321157.jpg
ティツィアーノ《鏡の前の女》


サントリー美術館
  「同い年の天才絵師 若冲と蕪村 」
  2015年3月18日(水)~5月10日(日)
  休館日:火曜日(5月5日(火・祝)は20時まで開館)
  開館時間:10:00~18:00 〔金・土〕10:00~20:00
  一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展覧会は、伊藤若冲と与謝蕪村の生誕300年を記念して開催する
    もので、若冲と蕪村の代表作品はもちろん、新出作品を紹介するとと
    もに、同時代の関連作品を加えて展示し、人物、山水、花鳥などの共
    通するモチーフによって対比させながら、彼らが生きた18世紀の京
    都の活気あふれる様相の最も輝かしい一断面をご覧いただきます。
c0153302_09562732.jpg


東京都写真美術館
  大規模修繕中。オープンは2016年

山種美術館
  「花と鳥の万華鏡 ―春草・御舟の花、栖鳳・松篁の鳥―」
  2015年2月11日(水・祝)~4月12日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,000円・大高生800円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    日本では伝統的に絵画を通じて花と鳥を愛でる文化があります。
    2015年春、山種美術館では多彩なバリエーションを持つ明治以降の
    日本画を中心に、花と鳥をテーマにした展覧会を開催いたします。
    本展では、花の表現に新たな技法で挑んだ菱田春草《白牡丹》や速
    水御舟《翠苔緑芝》、鳥の姿を徹底した観察に基づき描写した竹内
    栖鳳の《みゝづく》や上村松篁《白孔雀》など、当館所蔵の優品を
    選りすぐって紹介いたします。四季折々の自然に注がれた画家たち
    のまなざしや花と鳥に込められた人々の思いに触れるとともに、伝
    統の中で磨かれてきた多彩な花と鳥の表現をご堪能ください。
c0153302_10100768.png

c0153302_10110928.png
  「松園と華麗なる女性画家たち」
  2015年4月18日(土)~6月21日(日)
  休館:月曜日
  (但し、5/4は開館、5/7は休館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,200円・大高生900円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展では、《新蛍》、《砧》、《牡丹雪》など当館所蔵の松園作品全18点を
    一挙公開いたします。加えて、女性初の帝室技芸員でもあった南画家・野口小蘋
    晩年の代表作《箱根真景図》(山種美術館)をはじめ、小倉遊亀、片岡球子、
    北沢映月らの日本画をご紹介いたします。

c0153302_14044848.png
損保ジャパン日本興亜美術館
  「ユトリロとヴァラドン 母と子の物語」
  2015年4月18日(土)~6月28日(日)
  休館:月曜日(ただし5月4日は開館)
  開館時間:10:00~18:00(金~20:00)
  一般1,200円・大高生800円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    パリの風景を詩情豊かに描いたモーリス・ユトリロ(1883年~1955年)と、
    ユトリロの母で画家のスュザンヌ・ヴァラドン(1865年~1938年)
    の展覧会です。油彩を中心に、日本初公開作品ならびに個人所蔵作品
    を含むユトリロの作品約40点とヴァラドンの作品約40点を展示

c0153302_14100686.jpg
根津美術館
  「燕子花と紅白梅」
  2015年4月18日(土)~5月17日(日)
  休館:月曜日(ただし5月4日(月・祝)は開館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,200円・大高生1,000円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    2015年は、享保元年(1716)に59歳で没した尾形光琳の300年忌にあたります。
    それを記念して、当館が所蔵する「燕子花図屏風」とMOA美術館が所蔵する
    「紅白梅図屏風」、光琳が描いた2点の国宝の屏風を中心とする特別展を開催します。
c0153302_14135621.jpg


講談社野間記念館
  「横山大観と近代日本画の巨匠たち展」
  2015年3月7日(土)~5月17(日)  
  休館日:月・火曜日(月・火曜日祝日開館、翌日閉館)
  (5月6日、7日は休館)  開館時間:10:00~17:00
  一般 500円、学生 300円、小学生以下無料
  [概要] (HPより)
    大観、栖鳳、玉堂~近代日本画の巨匠たち
    その生涯をかけて新しい日本画の創造を担ってきた近代日本画の
    巨星、横山大観。京都画壇の大立者として四条派に諸派や洋画の
    研鑽までも加えて独自の画風を確立した、竹内栖鳳。そして奇し
    くも栖鳳の師である幸野楳嶺、大観の師である橋本雅邦の両名に
    師事し、自然と人の営みを漂う詩情のもと描いた川合玉堂。この
    三人は、近代の日本画壇において、まぎれもなく重要な役割を果
    たした巨匠と呼べるでしょう。

佐藤美術館
  「画心展」 vol.5 京都造形芸術大学日本画研究室選抜新人作家展
  2015年4月17日(金)~4月30日(木)
  休館日:月曜日
  開館時間:10:00~17:00(金曜日~19:00)
  無料
c0153302_14174378.jpg
c0153302_14174819.jpg


ブリヂストン美術館
  「ベスト・オブ・ザ・ベスト」
  2015年1月31日(土)〜5月17日(日)
  休館:月曜日(月曜日祝日開館、翌日閉館)
  開館時間:10:00~18:00
  一般 800円、大学・高校生 500円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    2015年5月18日より、ブリヂストン美術館は休館して新築工事に
    入ります。数年後には新たに生まれ変わった姿をお見せすること
    になりますが、このたびの展示は、休館前最後のものとなります。
    創設者・石橋正二郎の収集から出発する石橋財団コレクションは、
    現在約2,500点を数えます。本展では、そのうちのベストセレク
    ション、合計約160点をご紹介いたします。当館のコレクション
    を特徴づけるのは、19世紀以降のフランスを中心とした西洋近現
    代美術が、系統だってそろえられていることでしょう。印象派、
    ポスト印象派から20世紀のフォーヴィスム、キュビスム、抽象絵画へ。
c0153302_15340939.jpg


三菱一号館美術館
  「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ~アメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから」
  2015年2月7日(土)~5月24日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、4月6日、5月18日は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (ただし、金~20:00)
  一般1,600円/高・大学生 1,000円/中学生・小学生 600円
  [概要] (HPより)    西洋美術を集めた国立美術館です。本展では、そのNGAの中で最も
    人気があるフランス印象派とポスト印象派のコレクションを展示します。
    ワシントン・ナショナル・ギャラリー(nga)は、アメリカ唯一の
c0153302_16054713.jpg


五島美術館
  2012年秋まで休館


松岡美術館
  「創立40周年記念 特別企画「わたしの好きなシロカネ・アート。
           あなたが選ぶ、松岡コレクション」

  2015年4月7日(火)~6月28日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、祝日の場合は翌日)
  開館時間:10:00~17:00 
  一般 800円/高・大学生 500円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    1975(昭和50)年、東京・新橋にて産声を上げた松岡美術館は、
    おかげさまで2015年創立40周年を迎えます。これもひとえに多く
    のお客様のご支援の賜物と、感謝しております。
    そこで、この一年は約1800点の松岡コレクションの中から、お客
    様のリクエストの多かった作品を選出し、ご紹介する「わたしの好
    きなシロカネ・アート」展を開催してまいります。
c0153302_14234744.jpg

Bunkamuraザ・ミュージアム
  「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」
  2015年3月21日(土・祝)-6月28日(日)
  休館日:4/13(月)、4/20(月)のみ休館
  開館時間:10:00~17:00 
  一般 800円/高・大学生 500円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    本展では、ヨーロッパ全土の貿易とビジネスを支配し、ルネサンス
    の原動力となった銀行・金融業と、近代のメセナ活動の誕生を、
    ボッティチェリの名品の数々を中心に、ルネサンス期を代表する芸
    術家たちによる絵画・彫刻・版画や、時代背景を物語る書籍・資料
    など約80点によって、浮き彫りにします。
c0153302_01004107.jpg


横浜美術館
  「石田尚志 渦まく光」
  2015年 3月28日(土)~5月31日(日)
  休館日:木曜日
  開館時間:10:00~18:00  
  一般 1,500円、大学・高校生900円、中学生600円、小学生以下無料

そごう美術館
  「御所の花 安野光雅 展」
  2015年3月18日(土)~4月19日(日)
  休館日:無し
  開館時間:10:00~20:00
  一般 900円、大学・高校生700円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    安野光雅は天皇皇后両陛下の本を装丁したご縁から、2011年1月から
    翌年4月にかけて1年以上にわたって、一般には非公開の御所の庭を
    写生する機会に恵まれました。本展では、御所に咲く四季おりおりの
    草花を題材とした130点の水彩画を展示いたします。
c0153302_14290232.jpg




どんどん修正します。

十に一つでも行けたなら

by AT_fushigi | 2015-04-10 07:30 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)