<   2016年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

中国2016年ー中国手続き(5)ー外国人居留許可証(居留許可证)の取得


いろいろ都合があって、やっと外国人居留許可証を取得しました。Zビザが切れる1週間前です。
本人でなくてもいいということで担当の方が受け取り票を持って行ってきてくれました。

パスポートに「外国人居留許可」シールが貼ってあります。期間は1年間です。
c0153302_16332470.jpg


さて、Zビザの方はボールペンでレ点があるだけでした。
c0153302_14013203.jpg


何といっても。パスポートがある安心感。審査期間をもっと短くできないかと思います。
想像するに渡航前審査に時間をかけ入国審査を慎重に行う米国と逆で、渡航前審査を短くすること(入国後慎重審査)で入国を容易にするためではないかと思います。

by AT_fushigi | 2016-10-19 16:35 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国滞在2016年ー食ー「野菜」の値段


野菜は非常に安いと思います
一番安いのは近くの路上で農家のおじさんが直接販売している野菜。大抵、一束2元(30円)です。問題は量が多いことです
写真の空心菜も小松菜もですが、束の根っこが両手の親指と人差し指でO(オー)を描いたより少し細いくらいで太いのです。空心菜はこれだけでニンニクと炒めて食べましたが6回分はありました。しかも1回あたりが私が買う日本のスーパーの一袋より多いのです。空心菜が大好きな子供に空心菜炒めの写真を送ったら羨ましいと言いました。小松菜は他の材料と合わせたのでもっと回数が多かったです。感覚として20分の一以下です。
c0153302_20595631.jpg

c0153302_20595577.jpg


市場が遠いので近くの八百屋でよく買います。皆さん高いと言いますが便利なのでつい使います。
数日前の買い物。これで大体1週間分です。 1. 白菜1株 2. 青梗菜2株 3. 油麦菜2株(ロメインレタスの細い版) 3. 胡瓜1本(これが長くて太い)4. 細ネギ5-6本 5. ニンニク2株 6. ザーサイ1袋 で15.5元(225円)
過去2回は同じくらいの量で10元しなかったのでよく見たら、季節外れの白菜が6元もしていました。後でしまったです。
この野菜の量で大体4-5回分はあります。一回4元(60円)以下です。
c0153302_20595515.jpg

c0153302_20595610.jpg


自炊の時のタンパク質は加工品かテイクアウトです。焼肉などをテイクアウトして野菜炒め煮4回くらいに分けて入れます。市場で25元で合鴨の焼いたのを1羽丸ごと(ザクザクと切ってくれます)求めたこともあります。4回に分けていただきました。
外食はたんぱく質中心、自炊は野菜中心の生活でバランスを取っています。外食では2人前が出てくるのでそれでちょうどいいのです。


[2016.10.17]     中国滞在記 目次へ

by AT_fushigi | 2016-10-17 21:30 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国滞在2016年ー出来事ー[2016.10.17] 久しぶりの青空、でも台風22号がこっちへ


10月8日番からの嵐の様な強風大雨から悪天候続きで12日に少し良くなったかなと思ったらまた曇りが続きました。日本と同様太平洋の停滞前線の影響です。
16日の日曜日にやっと晴れました。朝起きて、「これは晴れるぞ」と気分よく起きました。
c0153302_19525764.jpg

お昼には青空が広がりました。
c0153302_19525811.jpg

近くの小高い山をハイクして戻る途中雲が怪しくなってきました。
c0153302_19544218.jpg

今日17日はうす曇りでしたが、暖かい気候が戻ってきました。町に半袖が戻ってきました。
でも午後には、また雲が。
すっかり気に入ってしまった「中国天気」を開くと台風情報です。台風21号「莎莉嘉(SARIKA)」が海南・香港を襲い、台風22号「海馬(HAIMA)」がこちらへ向かってきているではありませんか。
c0153302_19530098.jpg

c0153302_19525835.jpg

予報だと21日の夜、上陸、この地域に最接近するようです。
c0153302_19525967.jpg

私は20日の便で帰国しますので影響ないと思っています。加速しないでね。


[2016.10.17]     中国滞在記 目次へ

by AT_fushigi | 2016-10-17 20:06 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国滞在2016年ー旅情報ー厦門ー「台湾小吃街」夕方ぶらつく


私の会社の代理店に昔の知り合いの中国人がいて、早速深圳から来てくれました。
会議の後、厦門で夕食を楽しもうとフェリーで渡りました(その人は厦門のホテルに泊まっています)。夕食にはちょっと早かったのでどこかでビールで乾杯しようかということになり、「台湾小吃街」に入りました。その人も厦門には何回か来ていますがここは初めてということでした。
どこかに入ろうか、でも量はいらないしと話しながらT字路まで来ました。前に気になっていた「海鮮坊」にテラス席があったのでここにしようと座りました。

通りは暮れを待つ人たちで賑やかです。
さて、店頭の牡蠣(虫へんに毛)とビールをオーダー。
c0153302_23505871.jpg

c0153302_23505948.jpg

牡蠣は焼いているのかと思ったら下から湯気が出ているのです。ニンニクとエシャロット(?)とネギのトッピングでいただきます。1個1元(15円)。
c0153302_23510063.jpg

10個で10元、ビールも10元で20元(300円)。ビールは聞いたこともないブランド(恵泉)のビールで(二人とも好きではない)「純生」でしたが、ビールは1種類しかないとのこと。ここは雰囲気を楽しむということで。「乾杯」。
c0153302_23505977.jpg

正直言って牡蠣は小さく味もイマイチでしたが、観光地はこんなもんだろうと暮れていく街を歩く人波を楽しみました。ふと気が付くと洒落た音楽が流れていて、「いいね」サインを出しました。
c0153302_23505866.jpg




[2016.10.05]     中国滞在記 目次へ

by AT_fushigi | 2016-10-14 00:09 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国滞在2016年ー食ー「柚子」...中国の柚子って!


私が住んでいる地域は果物が美味しいので有名な地域だそうです。
裏山は初夏に何とかという美味しい実が沢山なるそうです(確か深圳もライチがたくさん取れるところでした)。果物のお店、露天や屋台は沢山あります。
今日庶務の人が大きな黄色い実をもってきて言うには「ゆず」。書いてもらうと「柚子」。
「えっ」、それってブンタンとかザボンていうんじゃないの。
c0153302_21505817.jpg

食べてみるとこれは九州名産ブンタン・ボンタン。ザボンです。
バイドって見ると、確かに中国では「柚子」というようです。
c0153302_22524922.jpg

日本では「柚子」はこんなに小さくて、これはブンタンっていうんだと日本語のWikipediaを見せると「へえ」という顔をしました。
c0153302_22525072.jpg

中国語Wilipediaを調べるとちゃんと「香橙,也称罗汉橙,日语爲柚子(中文的「柚子」日文則一般写作“文旦”)」とあり対応関係は分かりました。
ブンタンを日本語Wikipediaでしらべると、「文旦」は中国からの伝来物で、中国から日本に輸入した謝文旦という人名から日本では「文旦」というとのこと。日本に来て「柚子」が「文旦」に化けたのですね。これは分かっりました。でも、なぜ中国原産で北育ちの「香橙」が南育ちの「柚子」に化けたのでしょう。


[2016.10.10]     中国滞在記 目次へ

by AT_fushigi | 2016-10-13 22:38 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国滞在2016年ー食ー秋の味覚「柿」「焼栗」


市場で秋を見つけました。「柿」と「焼栗」です。柿は一個6元(90円)、焼栗は一袋15元(225円)でした。最近中国物価に慣れてきた為か高いかなあと思いました。連休中の3日前にはなかったので連休明けて入ってきたのでしょう。

柿は富有柿に見えます。日本の富有柿がこちらでも栽培されているのでしょうか。それとも中国にも同じような柿があるのでしょうか。ヤフって見ると、羅田甜柿という美味しそうな柿があるそうです。百度で写真を見ても富有柿に似ています。
柿を早速いただきました。トロッとして皮は剥けないのでスプーンでいただきました。種なしでした。種に当たるところがこりっとしていました、皮しか残らないくらいこそげ取って食べました。半分と四分の一と切りましたが半分が食べやすかったです。美味しい秋の味覚をいただきました。
c0153302_21533137.jpg

c0153302_21533183.jpg


栗は日本でよく食べる栗と同じでした。Wikipediaに写真がないので種類は分かりません。栗には焼く前にあらかじめ切れ目が入れてあり食べやすくなっています。食べ始めると止まらなくなるので...中の栗を数えるとちょうど40個でした。栗も美味しいです。
c0153302_22034589.jpg

c0153302_21533150.jpg

c0153302_21533191.jpg



[2016.10.10]     中国滞在記 目次へ

by AT_fushigi | 2016-10-11 22:07 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国滞在2016年ー食ー中国産「秋田小町」... いける!


WOW...喜びに満ちています。

今夕方、ヨーグルトを買おうと近くの小さなスーパー(超市)へ。ヨーグルトが全部売り切れていたので(なぜだろう?)店の中をうろうろ。と言っても、日本の我が家の近くのセブンとあまり変わらない広さですが。そうだ、レトルトのご飯ってあるんだろうかと探してみました。「さとうのごはん」があと3個しかないのです。
探しているうちに、お米のコーナーへ。っと、目に入ってきたのが「秋田小町」の文字。「あきたこまち」ではありません。ひらがなで書いたって誰も読めません。そして、端の方に「東北」の文字が。実は中国東北地方では短粒米が栽培されていると東北出身の餃子屋さんで聞いていたのです。Wikiでも中国では東北のジャポニカ米が増加していると書いてありました。
c0153302_20344301.jpg

「”黒土地の郷”、吉林省、そこは日本と同じ緯度で、肥沃な黒土や水に恵まれ品質のいいお米がとれます。このお米は日本のお米とよく似ていて滑らか爽やか甘い、そして冷えても美味しい、寿司に適する」とあります。
c0153302_20344336.jpg

確かに、長粒米ではない。
c0153302_20344325.jpg

この真空パックされた「秋田小町」、5kg40元(600円)を買ってしまいました。

袋には1.2-3回水洗い 2.1.2-1.3倍の水 3.炊飯器のスイッチを押す 4.出来たらしゃもじでほぐして蒸らす、と書いてありますが炊飯器なんてありません。148元(2,240円)も出して買った圧力鍋の出番です。
c0153302_20485533.jpg

一合カップなんてありませんからRussel Hobbsのカップに2杯炊いてみます。
c0153302_20485516.jpg

迷いましたがまず純水で2回、水道で4回洗いました。最後に純水で洗い純水加減は1:1。鍋に入れて強火。シュッシュ言い出したら1分待って弱火(コンロの弱火機能が役に立ちます)。私の料理のバイブル「白ごはん」は5分、鍋の取扱説明書には4分とあり、日寄って4分半圧力をかけました。火を消して10分そのまま待ちます。さあ、オープン。いい感じ。
c0153302_20485596.jpg


お茶碗がないので丼飯です。
c0153302_20585544.jpg

おかず作りは後回し、梅干しでいただきます。「うま~い」。これでご飯危機が救われたとほっとしました。(写真が黄色っぽいのは電球の色です)
c0153302_20585508.jpg


さて、冷静に言うと、食べるほど後味が気になってきます。これは、カリフォルニア米のときに感じたものと同じような気がします(ひょっとして、これはカリフォルニア米「あきたこまち」の種か?)。しかし、カリフォルニアではすぐ慣れました。ここでも慣れるでしょう。
正直、カリフォルニアに住んでいるころはカリフォルニア米で満足していましたが、帰国して日本のご飯の美味しいこと、その差に愕然としました。私の味覚ってそんなものです。しかし、そうは思いつつ、これからも、圧力鍋で作った「秋田小町」を食べ続けるでしょう。


[2016.10.10]     中国滞在記 目次へ

by AT_fushigi | 2016-10-10 21:16 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

日々徒然-歳時記-百度のDoodle_161009_重陽


2011年12月18日の「let it snow」で興味をもって、Doodleが出るたびにアップしていたGoogleのDoodle(Googleの遊び心[一覧])。最近は余り興味を持てなくなったのはどうしてだろうか。

今日初めて百度のDoodleを認識したのです。これから気を付けてみましょう。

今日のDoodleは「重陽」でした。重陽は五節句のひとつ。知ってはいるけれど、日本では祝ったりしない。中国でも特に何もなかった。秋が来たと感じるのだろうか。百度百科までお付き合いしましょう。
c0153302_00493400.jpg

c0153302_00493345.jpg

c0153302_00493416.jpg

しかし、Baiはそのままだしduが見えない。そこがGoogleと違うということかもしれません。傾向が分かるまでしばらく静観です。

by AT_fushigi | 2016-10-10 00:51 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

中国滞在2016年ー出来事ー[2016.10.09] 台風19号の影響で大嵐


今朝は急に気温が下がって半袖では寒いくらいでした。
昨日の夕方から怪しげな雲が流れていました。
昨晩は夜遅くから台風並みの風と雨が吹き荒れました。「ビュービュー」と音がして物が飛んでぶつかる音が聞こえていました。朝起きると雨は止み、風は緩くはなっていましたが空の雲は激しく動いていました。そしてベランダに出るとぶるっと体が震えました。

ヤフって見ると、台風がまた来ると思ったら迷走してどうも来ないようです。台風19号「Aere」。命名はアメリカで意味は「嵐」だそうです。最もアメリカではハリケーンの方が大変そうです。
c0153302_23483085.jpg

しかし、この台風とそこに繋がる前線がこの冬の嵐のような暴風雨を起こしていたのです。「中国天気」によれば台風が反時計回りに大気の流れを起こし、太平洋上の高気圧がおこす時計回りの流れとロシアにある低気圧の反時計回りの流れが強調して大きな風を起こしています。また、高気圧は太平洋の湿った暖かい空気をはこび、ロシア上空の暦とぶつかって雨を降らせていたのです。漳州付近ではロシアの寒気で寒くなったのでした。
c0153302_23483090.jpg

漳州市では警報が出ていました。黄色というのは結構重大な警報だと思います。
c0153302_23483079.jpg

これが日本まで伸びる前線の雲となっています。気象庁の衛星から見た雲の様子で良く分かります。
c0153302_23483081.jpg


この気圧配置は台風が行っても12日まで解消しないようです。
c0153302_23483017.jpg

c0153302_23483009.jpg

c0153302_23483069.jpg



[2016.10.09]     中国滞在記 目次へ

by AT_fushigi | 2016-10-10 00:09 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

中国滞在2016年ー行事ー平穏に過ぎた国慶節


春節と並んで長い連休となる「国慶節」です。
「1949年10月1日に天安門広場にて中華人民共和国の建国式典が行われ、毛沢東により中華人民共和国の成立が宣言されたことにちなむ。[中略] この日をはさむ約1週間が大型連休となる。」Wikipedia

建国記念日なので様々な場所に国旗が掲げられています。
c0153302_10385947.jpg

ただ、私の周りでは普通の土日の休日と特に大きな違いは感じられません。市場に買い物に行くと半分くらいの出店しかないなあと感じたくらいです。
一番連休を感じたのは、観光地の人出です。普段はほとんど人のいない「南砲台」に多くの観光客が来て駐車場に入り切れず路上駐車の混雑が生じていました。厦門は中国のメジャーな観光地です。どこも人でいっぱいです。海岸沿いの幹線道路は渋滞となっています。「胡里山砲台」へ行ったのですが多くの観光客が来ていました。

さて、私は居留許可を申請した際パスポートを提出しているので、大人しくしていました。パスポートの替りの写真付き預かり証をくれます。しかし、街中で警察に声をかけられたときの身分証明にはなるかもしれませんが、セキュリティの厳しい空港・駅などでは難しいのではないでしょうか。写真を含め普通紙にプリントアウトしたものですから。確かに押印はしてありますが、これも偽物は作れそうです。
c0153302_13465567.jpg


というわけで、
  10月1日:紅茶とお菓子と仕事でゆっくり過ごす、途中途中で数独に熱中
  10月2日:掃除洗濯。結構時間が掛かった。夕方に30分の散歩の後、夕食に「白鱚」
  10月3日:南砲台まで3時間の散歩
  10月4日:だらだら過ごして、夕方、歩いて10分ちょっとの市場まで買い物
  10月5日:厦門でうろうろ。夕方「胡里山砲台」で夕日を楽しむ(でも雲にかかって...)
  10月6日:市場で富有柿(1個6元)・焼き栗(一袋15元)に季節を感じ初物買い
       肉ががっつり食べたいと夕食に骨付きカルビ(60元)
  10月7日:ビールと数独とBLOGで時間を過ごす
なんと、平和な日々。明日から仕事だ。
c0153302_14170797.jpg

c0153302_14171845.jpg



[2016.10.07]     中国滞在記 目次へ

by AT_fushigi | 2016-10-08 14:18 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)