日々徒然-短信_2017年1-12月


== == == == == == == == == ==
04月

[2017.04.29] 「ミュシャ展」行ってきました。チケット買うにも20分並ぶほど人気でした。私は乃木坂側から行きましたが、回ってみると六本木側のチケット売り場はもっと長い待ち行列でした。感想は一言、「よくぞチェコが国外展示を許してくれた」です。2年前にプラハに行ったときは見ることが出来ず、この大作は初じめてです。これくらい価値を感じた美術展は久しぶりでした。
[2017.04.16] 美術展案内「十に一つでも行けたなら(東京エリアplus)」の今月分をアップしました。自分でその月に行きたい・行った美術展をアップし始めて、行った美術館をフォローするようになりました。日本にいないときは中断したりしましたが、また日本に戻ったので再開です。行けないかもしれない「行ってみたい」美術館の情報を増やしていきたいと思っています。
[2017.04.15] 何とか、4月1日から仕事が始まりまだ忙しくしています。この土日で美術展案内を再開しようと準備しています。
[2017.04.01] 3月28日に帰国し、独立しました。このため忙しくしていました。これから、その辺の話もアップしていこうと思います。その前に、中国で貯めた話題を放出したいと思います。

== == == == == == == == == ==
03月

[2017.03.22] 昨日中国に無事戻りました。厦門空港の入国審査場で指紋を採取されました。2月10日から深圳空港で挿入され、順次各空港に採取機を設置するようです(関連記事をアップします)。装置が、検出部に当てる手を指示し、検出完了すると「OK」が表示されるので、非常に分かり易いのです。しかし、汗や脂が少ないためか米国入国でも苦労する私なので、なかなかOKを出してくれませんでした。それでも2回目には「OK」を出してくれました。
[2017.03.21] この2週間日本に一時帰国していました。忙しくしていて更新ストップしてしまいました。今日中国に戻ります。

== == == == == == == == == ==
02月

[2017.02.25] 今度は国名の由来に嵌ってしまいました。調べれば調べるほど面白く、一日一国がやっとです。東アジアを終え、東南アジアに取り掛かっています。少しづつ増やしていきます。よろしかったらどうぞご覧ください。「国名の由来
[2017.02.18] 旧正月中に完成させようとしていた世界の国々のNational Day一覧がやっと完成しました。ご参考にどうぞ。「National Day
日本は「天皇誕生日」がNational Dayです。「建国記念の日」は「の」が入った経緯から日本建国記念日ではなくNational Dayにはなっていませんでした。
イギリスがイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの複合国なので4国が満足するNational Dayを決めることができないでいることを初めて知りました。イギリス連邦が祝う女王誕生日がNational Dayと考えられていて、そっとしているようです。また、女王誕生日は実際の誕生日ではないのです。「わけわからん」です。
[2017.02.15] 昨日14日厦門航空で中国に戻りました。バレンタインデーということか機内で全員にチョコレートを配っていました。
c0153302_11531498.jpg

数字95557のようですが意味が良く分かりませんでした。ヤフって見ると中国国内での厦門航空のホットライン電話番号でした。
[2017.02.05] 旧正月の休暇も今日までです。今週はゆっくりしました。平日は毎晩友人たちと会っていました。昨日、土曜日は都美術館の「ティツィアーノとヴェネツィア派展」を楽しんできました。午前中用があったので遅い時間となり、美術館を出たのは午後4時半でした。久しぶりの上野なので公園や不忍池を散歩しました。
梅と河津桜が見ごろでした。五條天神の紅白梅を鑑賞していた人たちは、言葉から中国人やタイの人たちでした。
c0153302_10415833.jpg

不忍池の弁天様の屋台は煌々と明かりがついて賑わっていました。その後、不忍池を回りながら「駅伝発祥の碑」をみたり、懐かしく唐十郎の「東天紅の灯(火?)」を確認してみたり夕方の散歩を楽しみました。
c0153302_10485812.jpg

湯島天神に足を延ばすと「合格祈願」の絵馬が山のようにぶら下がっていました。午後6時過ぎの、屋台も閉まった湯島天神は静かに梅を楽しむ人たちがいました。旧正月から1週間目、月は半月です。陽が沈んで天頂で光っていました。見上げる梅の花と月には情緒あります。ただ、私の格安スマホでは写真にとるのは...
c0153302_10313163.jpg

また、中国家族旅行のアップを再開します。


== == == == == == == == == ==
01月

[2017.01.25] トランプ大統領令で騒然としています。特にアメリカを分断しているというコメントが出ています。私は何度もアメリカに行っていた経験からこの分断は既にできていたと考えています。所謂先端・革新・グローバル企業で成功した人たち・地域とそれに乗れなかった人たち・地域です。
私は成功した企業と仕事をしていました。最近は、仕事の上でアメリカというのはカリフォルニア州のある西海岸とエスタブリシュメントの東海岸だけで他の90%以上の州や人々は見えてきていませんでした。1990年代は会社訪問はアメリカ全土に散らばっていて2週間かかりましたましたが、今はボストン・ニューヨーク周辺とシリコンバレー周辺に限られてきました。さらに、その差が富の偏り・格差を醸成しているように感じていました。今回の大統領選はその問題が表面化したものだと理解しています。
トランプ大統領のやっていることは問題だと思いますが、そのバックグラウンドにあるものはもっと深刻だと思います。多くのアメリカ人はテロ対策・難民問題よりこの地域・富の格差構造に不満を持っているのではないでしょうか。ですから、多くの人は大統領令に溜飲を下げているのではないでしょうか。格差の上にいると考えられているIT企業のコメントやカリフォルニアやエスタブリッシュメントの人だけがデモしているのを冷たく見ているのではないのでしょうか。
トランプ大統領のやり方はビジネス的だと思います。問題あればまず止めて徹底的に見直す。彼は政治家ではありません。それがいいかどうかは結果次第だと思っていると思います。
[2017.01.25] 21日に日本に一時帰国しました。チケットが取れず中国へは2月の14日に帰ることになりました。その間は日本オフィスに出社します。
帰国した日の中央線で偶然眼を窓に向けた時に夕日をバックにした富士山を一瞬見ることができました。日本に戻ったという気がしました。
余談ですが、中央線の浅川を渡る付近で富士山が大きく見えます。八王子方面に用がある時はそれをいつも楽しみにしています。出張で国分寺に行った時は駅ビルの屋上から富士山が見えました。家族によれば東急百貨店吉祥寺店の屋上からも見えるとのことです。
関西から関東に来てよかったことの一つは富士山をいろいろなところから見ることができることでした。最初に渋谷の下宿でしたが渋谷の高台からも見えたのを記憶しています。高い建物が増えている昨今、地上から見えるところは減っているかもしれませんが、屋上などからは良く見えると思います。
武蔵野の台地は富士山の噴火物の降った跡です。中央線から富士山が見えるのも偶然ではありません。空気が澄む寒い日は良く見えるでしょう。中央線沿線の富士見ポイントを探るのも面白いかもしれません。こんどググってみましょう。
[2017.01.16] 久しぶりに日が差し、少し青空が見えました。寒さが緩んだ気がします。
[2017.01.15] 数日前から厚い雲で覆われ、とても寒いです。最低気温は10度くらいと東京の最高気温くらいで、ましだと思って耐えています。必要ないかなと思っていたセータやコートが役に立っています。水曜日には最高気温も20度、最低気温も15度を超える予報でほっとしています。
[2017.01.10] 旧正月の帰国は1月22日から2月5日の2週間となりました。今年は正月と旧正月がひと月も離れていないのでこういう日程になりました。ちょっと、申し訳ないような、ありがたいような。
[2017.01.08] 上海から厦門に戻ったのが1月2日ですがそれから毎日20度を超える暖かい日が続いています。東京の4月か5月でしょうか。また、暖気で霧が出て、6日金曜日は濃霧でフェリーが一日欠航になったそうです。5日に旅行からアパートに戻った時はフェリーを利用したので一日違いで助かりました。今日も霧ですが頭の上は青空です。厦門の方向は薄っすら見えるくらいです。後一週間はお天気も良く20度を超える暖かさという予報です。
[2017.01.05] 明けましておめでとうございます。家族旅行から帰ってきました。上海と厦門の観光旅行です。お天気に恵まれ楽しい旅行でした。特に、念願の世界遺産福建土楼はとても良かったです。後日報告します。
c0153302_15472256.jpg

c0153302_15522460.jpg

c0153302_14251770.jpg

c0153302_14251821.jpg



c0153302_22212864.jpg


# by AT_fushigi | 2017-02-25 22:50 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(II)厦門・福建土楼


朝食を済ませて8:30前に出ると既にドライバーJiaさんが待っていました。
c0153302_17245995.jpg

挨拶もそこそこに直ぐ出発しました。運転も丁寧で快適なドライブです。
c0153302_17231205.jpg


2時間もすると山間に入ります。30分くらいで道の両側に数多くの土楼が見えてきます。円形だけでなく方形も多くありました。
c0153302_16562651.jpg

c0153302_16564359.jpg


出発して2時間40分で景観地区の入口に来ました。ここで入村料を払います。
c0153302_17231345.jpg

ドライバーが買いに行ってくれるのですが付いていきました。疑うということではなく、単に興味があったからです(ドライバーはどう思ったかはわかりませんが)。

建物の側に地図がありました。そこでドライバーが予定を話してくれました。
c0153302_17231415.jpg

まず、和贵楼・云水谣古镇・怀远楼を回って塔下村・裕昌楼・田螺坑土楼群を回るということでした。河坑土楼群はスキップとのことでした。時間がないようなことを言っていました。
c0153302_21054843.jpg


チケット売り場です。
c0153302_17231341.jpg

料金表によれば、
   田螺坑土景区(塔下村・裕昌楼・田螺坑土楼群)が100元/人
   云水谣景区(和贵楼・云水谣古镇・怀远楼)が90元/人
   河坑土楼群が50元/人
です。まず一人90元づつ払いました。
c0153302_21114689.jpg

c0153302_17231426.jpg




[2017.01.03]

次へ()    [目次]


# by AT_fushigi | 2017-02-18 21:15 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)

家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(I)厦門・福建土楼


今日は念願の「福建土楼」です。世界遺産に登録されて有名になりました。大昔、華僑の起源を探るというようなテレビ番組があり、そこで紹介されずっと興味を持っていました。そして行くところは「田螺坑」と決めていました。あの山から見た写真の場面を見て見たかったのです(行くまでは、その景色を見るためにわざわざ山を登るのだと思っていました!なのでドライバーにこの写真の風景が見えるところにも行ってくれと頼んでしまったのでした)。

さて、福建土楼への行き方です。

さて、Wikiによれば『「福建土楼」は「福建省南東の山岳地帯にある複数階の大きな建築物で、大集団がそこで生活、防衛し、土壁と木の骨組みで創られている」と定義される』だそうです。3,000くらいあるそうです。「ほとんどは龍岩市の永定県と漳州市の南靖県の山岳地帯にある」だそうです。
人が住んでいますし、交通の便もあるので、私達観光客は世界遺産に登録された福建土楼に行くことになります。
c0153302_17223425.jpg

UnicefのWeb Siteの地図に世界遺産名を入れてみました。番号は登録枝番です。行きたい田螺坑は006です。
c0153302_17250653.jpg


さて、行くことを決めてどうやって行こうかと思案しました。直線で100km、高速道路約100km、一般道約100kmです。欧米ならレンタカーですが...中国では止めておきます。公共バスもあるらしいのですが時間が掛かるのと自由が効きません。
オプショナルツアーですが、外国人向けのツアーは高い。英語でも一人1000元(15,000円)を軽く超えています。
現地の人は、中国ではCtripが良く利用されているというのでアクセスしてみました。しかし、中国語に比べ英語や日本語のサイトは貧相です。
中国人向けサイトでは希望に合ったツアーがありました。世界遺産006,008,009を回ります。交通費+昼食+入村料で298元です。ただし、バスは決まった駐車場までで後は自分で回るようです。現地人のバイクや自動車が並んでいるのでしょう。10元か20元でしょうが少ない滞在時間の中では面倒です。
c0153302_17352330.jpg

更に探していると、同じコースでプライベート向けのツアーがありました。家族向けの4人のコースもあります。全て車移動です。ただし、4人までの場合898元(約14,000円)です(4人乗れば一人224元ですが二人だと一人449元です)。外国人向けツアーより安いですがおそらくガイドは中国語でしょう。
c0153302_17352402.jpg

c0153302_17352463.jpg
また、入村料(190元)や昼食代は入っていません。
c0153302_17352357.jpg

現地の人に相談したら、時間がフレキシブルで、ツアーより丁寧に案内してくれるプライベートドライバーのほうが良いとのことで、こちらに決めようとしました。問題は前日にドライバーから連絡があるというところです。親切にも一人が面倒を見てくれました。要はその人の名前+電話番号で申し込んだのです(その人は良く利用する会員で割引(5%)もありました)。その人が厦門のCtripに電話して事情を説明したらOKだったそうです。
以前、モロッコのシャウエンに行った時もドライバーを頼みましたが、帰りの時間さえ守れば、場所や時間に融通が利き良かったのを思い出しました。良いドライバーに当たればいいと思いました。
ちなみに、Ctripでは英語か日本語を話すドライバーを探してくれましたが見付からなかったということでした。

旧正月のひと月前ということで中国人の旅行客は少なめだろうとは思いますが、1週間前に予約して問題ありませんでした。前日にドライバーと車の写真、時間(8:30とあったので迎えの時間と解釈)がWechatで送られてきました(写真はサイズを変えボカしました)。
c0153302_16465955.jpg




[2017.01.03]

次へ(第六日目-(II)厦門・福建土楼)    [目次]


# by AT_fushigi | 2017-02-07 16:16 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第五日目-上海から厦門へ


旅行の中休み、上海から厦門に移動して、私の住んでいるところを見るだけと今日はゆっくりします。明日は片道3時間の福建土楼のドライブ旅行なので体を休めておきます。

ファミマのおにぎりで朝食を済ませ、ホテルから虹橋空港までタクシーで移動しました。58元でした。虹橋空港は広いのですが、タクシーや送り迎えの車が多くさっと空いたところで降りました。そこはDカウンターの前で、厦門航空はAカウンターだったので空港の端から端まで歩きました。
c0153302_23361483.jpg


1時間前にチェックイン、ゲートに着いたのが45分前、まだゲートに飛行機はいません。まもなく飛行機が来て15分遅れで搭乗。出発時間直前でドアが閉まり、予定通り(?)30分そのまま待って飛行機が動き出します。「混んでいて離陸許可が下りない」とのことでした。そしてほぼ定刻通りに着陸。飛行時間は1時間15分くらいだったが、時刻表では所要時間1時間55分取ってあるのでほぼ定刻飛行となった。中国の空港は過密状態。経済成長にインフラが整っていないということでしょうか。

厦門空港からホテル「厦門賓館」までタクシー。40元。トンネルを通って20分はかからなかったと思います。とても上手い女性ドライバーでスイスイ追い越していくのは感動(ヒヤヒヤ)ものでありました。
「厦門賓館」は植物園や中山公園の近くで中山通りまでも徒歩圏内です。たまたま、Booking.comでセールをしていたので予約しました。一泊400元+(6,500円位)です。古いホテル(厦門最古と言う)ですがそれほど古さを感じません。最近リノベーションしたようです。
c0153302_23361591.jpg

c0153302_23361637.jpg

百度地図などで調べてバスが便利な場所であったのも決め手でした。頻繁にくる3番線に乗れば旧市街や海岸に行けます。注意はホテルに近い停留所は「厦門賓館」ではなく「一中」という隣の停留所です。
c0153302_00273888.jpg


部屋は造りは古いですが、リノベーションしてあり、清潔で、設備も良く、アメリカにあるような厚くて高いベッドです。これで6,500円なら安いものです。
英語は片言ですがお互い様なので身振りとかで何とか通じます。使っているうち金庫の電池が切れたようなので、電話で連絡しましたが、埒があかず、すぐに飛んできてくれて何とか解決できました。スタッフが親切で一所懸命対応してくれるので、非常にいいと思いました。

少し休んで、3番線のバスに乗り、フェリーポートまで行き、私の住んでいる漳州開発区に渡ります。アパートや周りを見て...その感想はここでは省略しますが、東京での生活とのギャップを感じていないのかと聞かれました。私は「どこでも住めば都」と。厦門に戻る時、山にかかる月と金星が接近して見えました。スマホのカメラなので大分ぶれていますが(右の方です)。
c0153302_23361671.jpg

この後、厦門に戻り、以前行ったフェリーポート傍の「小眼鏡」レストランで海鮮に舌鼓を売ってホテルに帰りました。明日は楽しみの福建土楼です。


[2017.01.02]

次へ(第六日目-(I)厦門・福建土楼)    [目次]


# by AT_fushigi | 2017-01-20 00:48 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)