欧州出張2017年09月-第二日目-ベルゲン・フロイエン山



ブリッゲンからスタバの側の上り坂を上った突き当りにケーブルカーの駅があります。白い建物です。
c0153302_10411812.jpg

「FJELDETS BATALJON」って何でしょうか。160周年だそうです。ググるとベルゲンの地区の自衛防衛隊のような感じでしょうか。写真右が駅の入り口ですが、正面の斜面の公園の地下あたりからケーブルカーが出発するようです。
c0153302_10411885.jpg

ケーブルカー「FLOIBANEN」の駅の入り口です。ケーブルカーはこの奥から出発します。GooglemapのStreetviewで見ると2014年8月の様子ですが長い待ち行列が写っています。9月で観光シーズンが終わったためか、午後7時過ぎだったからなのか私は並ぶことはありませんでした。明日開催の自転車レースの車輪のオブジェが壁に飾ってあります。
c0153302_10411909.jpg

c0153302_12105855.jpg

c0153302_12105835.jpg


ケーブルカーの終点はレストランだけではなく色々楽しむことができる施設があるようです。
c0153302_10411817.jpg

入り口入って直ぐ左側の窓口でチケットを買います。往復で90クローネ(約1260円)でした。
c0153302_12585292.jpg

c0153302_13002204.jpg

歴史などのディスプレイが壁に掲載された廊下を進むと改札口があります。左が入り口、右が出口です。
c0153302_10411963.jpg

最初は町が見えるようにと一等席である一番下の窓に陣取ったのですが、中国人がどっと入ってきて呼び合って皆来るのでラッシュ並みに混雑となりました。うるさいので一番上のエリアに移動しました。中国人のマナーの悪さはどこでも見られます。
街はサイドの窓から見えましたが夕日や反射で写真になりませんでした。先頭ですがカメラをほぼ固定してビデオを撮ってみました。ビデオからもわかるようにノンストップ便でした。

上って展望エリアに来ると夕日が沈みかけています。
c0153302_12380061.jpg

太陽が沈むまでたたずみましたが結構寒かったです。地球の歩き方をお尻の下に敷いて座って待ちました。
c0153302_12365037.jpg

c0153302_12365007.jpg

c0153302_12365083.jpg

ブリッゲンも夕やみに沈んでいきます。
c0153302_12365076.jpg

そして午後9時ごろには、街全体に明かりが灯され印象的なシーンが撮れました。
c0153302_12365151.jpg

午後9時30分のケーブルカーで降りました。
c0153302_12432431.jpg

c0153302_12441391.jpg

夕食はブリッゲン付近で取ろうと決めていたので向かいました。


# by AT_fushigi | 2017-11-24 12:48 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

欧州出張2017年09月-第二日目-ベルゲン・ブリッゲン



ホテルに落ち着いて窓から覗いてみます。港の見える部屋を希望したので良い眺めです。
これから世界遺産「ブリッゲン」を回り、日が沈む前に旧市街を俯瞰できるケーブルカーでフロイエン山に上ります。9月ですが日没は8時半ごろです。
c0153302_16500385.jpg

コの字型港の反対側にあるブリッゲン方向です。
c0153302_15281275.jpg

写真右上の山がフロイエン山でケーブルカーの駅が写っています。
c0153302_15281242.jpg


ホテルの前の道路を渡ると魚市場です。夕方なので何もありません。
ハンザ同盟ベルゲンの威光を示すような獅子像がありました。
c0153302_15281281.jpg

c0153302_12094547.jpg


魚市場から見たブリッゲンです。
c0153302_16244069.jpg

世界遺産「ブリッゲン」です。ブリッゲンとはノルウェー語で埠頭という意味です。10世紀ごろバイキングが衰退し、船建造技術者としてドイツ人が移住してきました。12世紀に干鱈を中心にした海産物貿易が盛んになり、ドイツ商館が建造され、三角屋根の木造倉庫を建てました。ベルゲンはハンザ同盟の主要貿易都市として発展しました。この建築物群を伝統的手法で修復し観光資源として活用しているのです。
c0153302_16244050.jpg


建物は61棟あるとのことです。奥に長い建物の間の狭い空間は廊下になっています。
c0153302_16594299.jpg

2階へは中階段(写真右端)と外階段の建物があります。
c0153302_16594316.jpg

c0153302_16594328.jpg

大きくせり出した2階の通路がアーケードとなっているところも。
c0153302_16594364.jpg

伝統的な構造です。
c0153302_16594280.jpg


ブリッゲンの中はショップやレストラン・カフェ・パブなど観光向けとなっています。
c0153302_16594265.jpg

倉庫には名物の干鱈が保管されていたそうで、大きな木の干鱈のオブジェがありました。
c0153302_16594368.jpg

今晩の夕食はこの近辺で食べようと思っていたので、切り上げてフロイエン山に向かいました。


# by AT_fushigi | 2017-11-23 17:38 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

欧州出張2017年09月-第二日目-オスロからベルゲンへ



初めての空港なので国内便ですが1時間半前に着くように移動します。
オスロ中央駅でコインロッカーからキャリーバッグを出します。入れた時のチケットにある数字を入れるとロッカーが開きます。
c0153302_16174421.jpg

空港アクセス専用のFlytogetを使いました。専用のプラットフォームがあり、入り口に専用の券売機があります。
c0153302_16174462.jpg

料金は180クローネ(約2,500円)!
c0153302_16174477.jpg

実はFlytogetは国営ですが国鉄NSBとは異なる会社の経営です。なので専用のプラットフォームに券売機があります。実はNSBでも空港に行けます。今日WEBで比較すると以下のようになります。
鉄道会社乗車時間運賃間隔
Flytoget19/22分180クローネ
(約2500円)
10分間隔
NSB23分93クローネ
(約1300円)
約30分間隔
(毎時03, 13, 43分)

あまり考えずにFlytogetに乗ってしまいましたがNSBが4分遅いですが約半額です。「地球の歩き方」の情報は間違っていました。次回があればNSBを利用したいと思います。
c0153302_16340110.jpg

c0153302_09232960.jpg

Flytogetの車両は扉付近が特徴的です。扉の正面には荷物置き場があり、乗車した人は左右に分かれます。
c0153302_16174456.jpg

空港駅に到着すると日本と同様の改札口があります。チケットを通して通路扉が開きます。
c0153302_16174525.jpg

エスカレータを上ったところです。ちょっと分かり難いですが左の赤い下矢印のある所がNSBの券売機・改札口です。右の青い看板のある所がFlytogetの券売機・改札口です。
c0153302_17365120.jpg


チェックインは問題なく搭乗30分前にはSASラウンジに入ることができました。お昼抜きだったので、クスクスを中心にしっかり食べました。
c0153302_17365160.jpg

午後4時15分発のフライトでベンゲルに午後5時過ぎに到着しました。

ベルゲン空港に着くと「地球の歩き方」ではバスで市内移動となっていますが、歩いていると市内行きという看板と地下に列車が見えました。側にいた人に聞くと彼女も観光客でこの新交通に乗れと言われたとのこと。とりあえず券売機で1ゾーンのチケットを買って乗ります。
c0153302_18232939.jpg

後で調べるとこの電車、新交通はbybanen(Light Rail)といいます。バスと比較すると以下のようになります。こちらのほうが停車駅が多く10分遅いですが1/3の価格です。
交通乗車時間運賃間隔
バス
Flybussen
34分105クローネ
(約1470円)
10分間隔
新交通
bybanen
44分37クローネ
(約520円)
約5-10分間隔

c0153302_22531549.jpg

さて、社内で路線案内を見ると右端の「Bergen Luft....」はベルゲン空港だろうと想像がつきますが左側に「Bergen」の文字がないので心配になりました。隣の人に「Downtownに行くか」と聞くとTerminalだと言うので終点まで行くことにしました。
c0153302_18232866.jpg

しかし、終点だと言われて降りたところは駅でした。
c0153302_18232870.jpg

お巡りさんがいたので聞くと自転車レースがあるので今日・明日は電車は市内に入れないとのことでした。明日この駅からフィヨルドクルーズに向かうので下見をして市内に向かいました。
駅正面から古い建物が続くマルケン通りを進みます。
c0153302_22312835.jpg

c0153302_22312874.jpg

老夫婦に今日の宿は決まっているのかと尋ねられました。泊まるとこがないなら案内するよと。この通りの向こうにマルケンゲストハウスがあります。丁重にお断りして港に向かいます。
c0153302_22312972.jpg

大きな通りに出ました。明日のコースが近いのでしょうか垂れ幕が見えます。
c0153302_22312906.jpg

まもなく、右手に緩い下りの広場が現れました。この周りの建物も古い感じです。
c0153302_22312997.jpg

c0153302_22504317.jpg

c0153302_22504432.jpg

港町らしい魚の門灯です。
c0153302_22313073.jpg

c0153302_22313092.jpg


今日のホテルは港に出たところです。高めですが港に面していて窓からブリッゲンが見えることなどで決めました。
「Scandic Strand」
 --- Strandkaien 2-4, Bergenhus, 5013 Bergen, Norway
 --- 1,849クローネ(訳25,000円)
c0153302_22504407.jpg



# by AT_fushigi | 2017-11-20 23:02 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

「平山郁夫 シルクロードコレクション展」@そごう美術館


勤務先の鼻の先にそごうがあり、勤務後にそごう美術館に行ってきました。
「平山郁夫 シルクロードコレクション展 夫妻の視点が織りなす、人類への遺産」
  --- そごう美術館
  --- 2017年10月27日(金)~12月3日(日)
  --- 休館日:無し
  --- 開館時間:10:00~20:00
  --- 一般1,000円/高・大学生 800円/中学生・小学生無料

c0153302_22032443.jpg

c0153302_22035299.jpg


「プルミラ遺跡を行く・朝」と「プルミラ遺跡を行く・夜」を触れるくらいの距離でじっくり見ました。砂のようなざらっとした濃い灰色絵の具がラクダや人物に存在感を与えています。
c0153302_22175737.jpg

c0153302_22183207.jpg



[2017.11.14]

# by AT_fushigi | 2017-11-15 22:21 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)