十に一つでも行けたなら...2008年9月


情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。

9月の予定
   



歌舞伎:
  歌舞伎座 「秀山祭九月大歌舞伎 平成20年9月2日(火)~26日(金)
  新橋演舞場 新秋九月大歌舞伎 平成20年9月1日(月)~25日(木)
  三越劇場 九月公演三越歌舞伎 平成20年9月2日(火)~19日(金)
  巡業 [西コース]  「松竹大歌舞伎」 平成20年8月31日(月)~9月25日(木)

展覧会:
  「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」@東京都美術館 平成20年8月2日(土)~12月14日(日)


  → 2008年8月
  → 2008年7月
  → 2008年6月
  → 2008年5月
  → 2008年4月
  → 2008年3月
  → 2008年2月

------------------------
-------- 8月 詳細 ---------
------------------------

歌舞伎 (歌舞伎美人

歌舞伎座
  歌舞伎座百二十年「秀山祭九月大歌舞伎」
  平成20年9月2日(火)~26日(金)
   昼の部 午前11時~
    一、竜馬がゆく(りょうまがゆく) 風雲篇 染五郎、亀治郎、松 緑、錦之助
    二、ひらかな盛衰記(ひらかなせいすいき) 逆櫓 吉右衛門、芝雀、歌六、東蔵、富十郎
    三、日本振袖始(にほんふりそではじめ) 玉三郎、染五郎、福助
   夜の部 午後4時30分~
    一、近江源氏先陣館(おうみげんじせんじんやかた) 盛綱陣屋
          吉右衛門、玉三郎、福助、松緑、宜生、玉太郎、歌昇、歌六、左團次、芝翫
    二、鳥羽絵(とばえ) 鷹之資
    三、天衣紛上野初花 河内山 上州屋質見世の場より 松江邸玄関先の場まで
          吉右衛門、染五郎、芝雀、錦之助、歌六、左團次
   1等席:15,000円、2等席:11,000円、3階A席:4,200円、B席:2,500円、1階桟敷席:17,000円
   平成20年8月15日(木)10:00より受付開始

新橋演舞場
  新秋九月大歌舞伎
   平成20年9月1日(月)~25日(木)
   昼の部 午前11時~
    一、源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき) 義賢最期 竹生島遊覧 実盛物語
          海老蔵、権十郎、門之助、市蔵、松也、梅枝、男女蔵、右之助、家橘、友右衛門
    二、枕獅子(まくらじし) 時蔵、松也、梅枝
   夜の部 午後4時30分~
    一、加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ) 時蔵、亀治郎、松也、梅枝、團蔵、海老蔵
    二、色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ) かさね 亀治郎、海老蔵
   1等席:14,700円 2等席:10,500円 3階A席:4,200円 3階B席:2,520円 1階桟敷席:15,750円
   平成20年7月24日(木)10:00より受付開始

赤坂ACTシアター
  赤坂大歌舞伎
   平成20年9月3日(水)~20日(土)
   昼の部 12:00~ 16:30~ (日にちによって14:00~ 18:30~)
    一、江戸みやげ狐狸狐狸ばなし
    二、棒しばり
          勘三郎、扇雀、勘太郎、七之助、段治郎、亀蔵、坂東彌十郎
   S席:13,500円、A席:8,000円
   平成20年7月19日(木)10:00より受付開始

三越劇場
  九月公演三越歌舞伎
   平成20年9月2日(火)~19日(金)
    一、ぢいさんばあさん 橋之助、亀三郎、壱太郎、新悟、亀鶴、孝太郎
    二、上 手習子 孝太郎
       下 俄獅子 橋之助、国生、宗生
   入場料:9,000円 (インターネット限定Mチケット:6,750円 座席数限定・当日座席指定 )

巡業[西コース]
「松竹大歌舞伎」
  平成20年8月30日(土)~9月25日(木)
   一、芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)
          葛の葉/魁春、松本錦吾、歌江、市川高麗蔵
   二、歌舞伎十八番の内 勧進帳
          松本幸四郎、魁春、市川高麗蔵、松江、坂東亀寿、松本錦吾、梅玉

8月31日[日] 埼玉県川口市  川口総合文化センター 048-254-9900 12:00-
9月01日[月] 神奈川県横須賀市 横須賀芸術劇場 046-823-9999 12:00-
9月03日[水] 愛知県丹羽郡  扶桑文化会館 0587-93-9000 12:30-
9月06日[土] 三重県津市   三重県文化会館 059-233-1122 12:30-
9月07日[日] 兵庫県神戸市  神戸文化ホール 078-351-3349 13:00-
9月09日[火] 愛媛県松山市  愛媛県県民文化会館 089-923-5111 13:30-
9月10日[水] 兵庫県赤穂市  赤穂市文化会館 0791-43-5111 12:00-
9月13日[土] 大分県大分市  iichiko総合文化センター 097-533-4004 13:00-
9月14日[日] 福岡県北九州市 北九州芸術劇場 093-562-2655 13:00-
9月15日[月] 山口県周南市  周南市文化会館 0834-22-8787 13:00-
9月17日[水] 広島県呉市   呉市文化ホール 0823-25-7878 13:30-
9月18日[木] 広島県福山市  ふくやま芸術文化ホール 084-928-1810 14:00-
9月19日[金] 岡山県高梁市  高梁総合文化会館 0866-22-1040 14:00-
9月21日[日] 滋賀県大津市  びわ湖ホール 077-523-7136 12:30-
9月22日[月] 愛知県豊川市  豊川市文化会館 0533-89-7082 13:00-
9月23日[火] 石川県小松市  こまつ芸術劇場うらら 0761-20-5500 14:00-
9月25日[木] 神奈川県厚木市 厚木市文化会館 046-224-9999 13:00-


歌舞伎無しあるいはこれから発表

国立劇場

京都南座

大阪松竹座

名古屋御園座 

中日劇場

博多座

シアターコクーン

------------------------ 8月から

行きたい美術展示会

「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」
  東京都美術館
  平成20年8月2日(土)~12月14日(日)
  概要
    フェルメール作品を含むオランダ絵画黄金時代を代表する珠玉の作品約35点を
    一堂に紹介する。



チェックしている美術館 (*): 「行きたい美術展示会」に詳細

国立新美術館
  「ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密」 2008年7月2日(水)~9月15日(月)

東京国立博物館
  「六波羅蜜寺の仏像」 2008年7月10日(木)~9月21(日)

国立西洋美術館
  「ヴィルヘルム・ハンマースホイ」 2008年9月30日(火)~12月7日(日)

東京国立近代美術館
  所蔵作品展「近代日本の美術」 2008年8月9日(土)~10月3日(日)

東京都美術館
  「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」 (*) 2008年8月2日(土)~12月14日(日)


東京都写真美術館
  「世界報道写真展2008」 2008年6月14日(土)~8月10日(火)

サントリー美術館

そごう美術館
  「現代フランスナイーヴ派絵画展」 2008年9月13日(金)~9月28日(木)

気になる美術館 (*): 「行きたい美術展示会」に詳細


どんどん編集します。]
# by AT_fushigi | 2008-01-01 03:09 | ご挨拶・予定 | Trackback | Comments(0)

十に一つでも行けたなら...2008年8月


情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。

8月の予定
   



歌舞伎:
  国立劇場 第14回稚魚の会・歌舞伎会合同公演 平成20年8月21日(木)~8月26日(木)
  歌舞伎座 「八月納涼大歌舞伎 平成20年8月9日(土)~27日(水)
  巡業 [西コース]  「松竹大歌舞伎」 平成20年8月31日(月)~9月25日(木)

展覧会:
  「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」@東京都美術館 平成20年8月2日(土)~12月14日(日)


  → 2008年7月
  → 2008年6月
  → 2008年5月
  → 2008年4月
  → 2008年3月
  → 2008年2月

------------------------
-------- 8月 詳細 ---------
------------------------

歌舞伎 (歌舞伎美人

国立劇場
  第14回稚魚の会・歌舞伎会合同公演
  劇場:国立小劇場
  平成20年8月21日(木)~8月26日(木)
   午前11時~・午後4時30分~(23日、24日のみ)
    菅原伝授手習鑑 一幕 吉田社頭車引の場
    釣女 常磐津連中
    番町皿屋敷 一幕二場 麹町山王下の場 番町青山家の場
    勢獅子 常磐津連中
  一般:3,500円、学生:2,450円
  平成20年6月13日(火)から国立劇場チケットセンターで予約開始

歌舞伎座
  歌舞伎座百二十年「八月納涼大歌舞伎」
  平成20年8月9日(土)~27日(水)
   第一部 午前11時~
    一、女暫(おんなしばらく)、福助、三津五郎、勘太郎、七之助、彌十郎、勘三郎
    二、三人連獅子(さんにんれんじし) 橋之助、国生、扇雀
    三、眠駱駝物語 勘三郎、亀 蔵、三津五郎
   第二部 午後2時45分~
    一、つばくろは帰る 三津五郎、扇雀、勘太郎、七之助、小吉、巳之助、彌十郎、福助
    二、大江山酒呑童子 勘三郎、福助、七之助、松也、巳之助、新悟、勘太郎、彌十郎、橋之助、扇雀
   第三部 午後6時15分~
    一、新歌舞伎十八番の内 紅葉狩
          勘太郎、巳之助、高麗蔵、亀蔵、鶴松、市蔵、家橘、橋之助
    二、野田版 愛陀姫(あいだひめ)
          勘三郎、七之助、橋之助、勘太郎、亀蔵、彌十郎、扇雀、福助、三津五郎   
   1等席:12,000円、2等席:8,400円、3階A席:3,500円、B席:2,000円、1階桟敷席:14,000円
  平成20年7月15日(木)10:00より受付開始

永楽館柿落大歌舞伎
  平成20年8月1日(金)~5日(火)
  第一部 午前11時30分~/第二部 午後4時~
   一、操り三番叟 二、口上 三、奴道成寺
          片岡愛之助、片岡秀太郎、中村壱太郎、他
  A席券(278席) 10,000円、B席券(54席) 8,000円
  平成20年5月20日よりチケット予約受付。
          (株)出石まちづくり公社窓口直接かはがきにて申し込み
          電話受付なし

巡業[西コース]
「松竹大歌舞伎」
  平成20年8月30日(土)~9月25日(木)
   一、芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)
          葛の葉/魁春、松本錦吾、歌江、市川高麗蔵
   二、歌舞伎十八番の内 勧進帳
          松本幸四郎、魁春、市川高麗蔵、松江、坂東亀寿、松本錦吾、梅玉

8月31日[日] 埼玉県川口市  川口総合文化センター 048-254-9900 12:00-


歌舞伎無しあるいはこれから発表

新橋演舞場

京都南座

大阪松竹座

名古屋御園座 

中日劇場

博多座

シアターコクーン

------------------------

行きたい美術展示会

「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」
  東京都美術館
  平成20年8月2日(土)~12月14日(日)
  概要
    フェルメール作品を含むオランダ絵画黄金時代を代表する珠玉の作品約35点を
    一堂に紹介する。


----- 7月以前から

創刊記念『國華』120周年・朝日新聞130周年 特別展「対決-巨匠たちの日本美術」
  東京国立博物館
  平成20年7月8日(火)~8月17日(日)
  9:30~17:00 ~18:00[土、日、祝] ~20:00[金]
  概要
    運慶と快慶、狩野永徳と長谷川等伯など巨匠たち12組を「対決」させるという
    斬新な視点から、中世から近代までの日本美術史を見渡します。
    雪舟VS雪村、等伯VS永徳、仁清VS乾山、光悦VS長次郎、若冲VS蕭白、鉄斎VS大観
    円空VS木喰、大雅VS蕪村、応挙VS芦雪、運慶VS快慶、宗達VS光琳、歌麿VS写楽
  前売 一般:1,300円、大学生:1,000円、高校生:700円
  当日 一般:1,500円、大学生:1,200円、高校生:900円、(中学生以下は無料)


チェックしている美術館 (*): 「行きたい美術展示会」に詳細

国立新美術館
  「ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密」 2008年7月2日(水)~9月15日(月)

東京国立博物館
  日仏交流150周年記念 オルセー美術館コレクション特別展
  「フランスが夢見た日本-陶器に写した北斎、広重」
 2008年7月1日(火)~8月3日(日)
  創刊記念『國華』120周年・朝日新聞130周年 
  特別展「対決-巨匠たちの日本美術」 平成20年7月8日(火)~8月17日(日)

国立西洋美術館
  「コロー 光と追憶の変奏曲」 2008年6月14日(土)~8月31日(日)

東京国立近代美術館
  「カルロ・ザウリ展イタリア現代陶芸の巨匠」 2008年6月17日(土)~8月3日(日)

東京都美術館
  「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」 (*) 2008年8月2日(土)~12月14日(日)


東京都写真美術館
  「世界報道写真展2008」 2008年6月14日(土)~8月10日(火)

サントリー美術館

そごう美術館
  「横浜浮世絵にみる横浜開港と文明開化」 (*) 2008年7月31日(金)~8月31日(木)

気になる美術館 (*): 「行きたい美術展示会」に詳細


どんどん編集します。]
# by AT_fushigi | 2008-01-01 03:08 | ご挨拶・予定 | Trackback | Comments(0)

十に一つでも行けたなら...2008年7月

「十に一つでも行けたなら...」 
情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。

7月の予定
   歌舞伎座行きたい
   歌舞伎巡業が本格的に始まります。
   


歌舞伎:
  国立劇場 7月歌舞伎鑑賞教室「義経千本桜」 平成20年7月3日(木)~7月24日(木)
  歌舞伎座 「七月大歌舞伎」 平成20年7月7日(月)~31日(木)
  大阪松竹座 「第十七回七月大歌舞伎」  平成20年7月5日(土)~29日(火)

  中村吉右衛門奉納公演「比叡山薪歌舞伎」 平成20年7月19日(土)~25日(金)
  巡業 [東コース]  「松竹大歌舞伎」 平成20年6月30日(月)~7月31日(木)
  巡業 [中央コース]  中村信二郎改め二代目中村錦之助襲名披露「松竹大歌舞伎」
       平成20年6月30日(月)~7月31日(木)

展覧会:
  「対決-巨匠たちの日本美術」@東京国立博物館 平成20年7月8日(火)~8月17日(日)
  「木喰展」@そごう美術館 平成20年6月27日(金)~7月24日
  「国宝 法隆寺金堂展」@奈良国立博物館 2008年6月14日(土)~7月21日(月・祝)

  → 2008年6月
  → 2008年5月
  → 2008年4月
  → 2008年3月
  → 2008年2月

------------------------
-------- 7月 詳細 ---------
------------------------

歌舞伎 (歌舞伎美人

国立劇場
  7月歌舞伎鑑賞教室「義経千本桜」
  平成20年7月3日(木)~7月24日(木)
   午前11時~・午後2時30分~
    義 経 千 本 桜/歌昇、種太郎、高麗蔵
  一般 1等席:3,800円、2等席:1,500円、学生(全席):1,300円
  平成20年6月6日(火)から電話・インターネット予約開始

歌舞伎座
  歌舞伎座百二十年「七月大歌舞伎」
  平成20年7月7日(月)~31日(木)
   昼の部 午前11時30分~
    一、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら) 鳥居前 吉野山 川連法眼館
          市川海老蔵宙乗り狐六法相勤め申し候
          海老蔵、玉三郎
   夜の部 午後5時~
    一、夜叉ヶ池(やしゃがいけ)/春猿、笑三郎
    二、高野聖(こうやひじり)/玉三郎、海老蔵、歌六
  1等席:15,000円、2等席:11,000円、3階A席:4,200円、B席:2,500円、1階桟敷席:17,000円
  平成20年6月15日(木)10:00より受付開始

大阪松竹座
関西・歌舞伎を愛する会 第十七回七月大歌舞伎
平成20年7月5日(土)~29日(火)
昼の部 午前11時~
   一、春調娘七種(はるのしらべむすめななくさ)/松緑、菊之助、孝太郎
   二、片岡十二集の内 木村長門守(きむらながとのかみ) 血判取
          我當、進之介、左團次
   三、伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)
          花水橋/菊之助、愛之助
          御殿/藤十郎、秀太郎、孝太郎、魁春、仁左衛門
          床下/仁左衛門、松 緑
          対決・刃傷/菊五郎、左團次、愛之助、仁左衛門
夜の部 午後4時30分~
   一、一谷嫩軍記 熊谷陣屋(くまがいじんや)/仁左衛門、我當、孝太郎、愛之助、秀太郎、藤十郎
   二、黒手組曲輪達引(くろてぐみくるわのたてひき) 浄瑠璃「忍岡恋曲者」
          菊五郎、魁春、松緑、菊之助、左團次、田之助
   三、上 羽衣(はごろも)/菊之助、松緑
      下 団子売(だんごうり)/孝太郎、愛之助
1等席:15,750円、2等席:8,400円、3等席:4,200円
 平成20年6月10日(木)10:00より受付開始

奉納公演
  中村吉右衛門奉納公演「比叡山薪歌舞伎」
  会場 比叡山延暦寺内 阿弥陀堂横 野外特設舞台
  平成20年7月19日(土)~25日(金) <23日(水)、25日(金)は「貸切」>
   午後6時45分~
    一、近江のお兼(おうみのおかね)/芝雀
    二、舞妓の花宴(しらびょうしのはなのえん)/福助
    火入れの儀
    三、藤戸(ふじと)/吉右衛門、芝雀、福助、壱太郎、翫雀
  S席:20,000円、A席:15,000円
  平成20年5月23日(金)10:00より受付開始(先行予約等無し)


巡業[東コース]
  「松竹大歌舞伎」
  平成20年6月30日(月)~7月31日(木)
   一、操り三番叟(あやつりさんばそう)/市川亀治郎、中村亀鶴
   二、御目見得 口上(こうじょう)
   三、弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ) 浜松屋より勢揃いまで
          市川亀治郎、中村亀鶴、坂東巳之助、大谷桂三、坂東竹三郎、市川段四郎

6月30日[月] 東京都江戸川区 江戸川区総合文化センター03-3652-1111 14:00-
7月01日[火] 東京都立川市  アミュー立川 042‐526‐1311 14:00-
7月02日[水] 長野県岡谷市  岡谷市文化会館 0266‐24‐1300 14:00-
7月03日[木] 神奈川県相模原市 相模原市民会館 042‐752‐4710 13:00-
7月04日[金] 千葉県松戸市 松戸・森のホール21 047‐384‐3331 14:00 -
7月06日[日] 北海道札幌市 札幌市教育文化会館 011‐241‐5161 11:30-
7月07日[月] 北海道函館市 函館市民会館 0138-57‐3111 13:30-
7月08日[火] 青森県青森市 青森市文化会館 017‐773‐7300 13:00-
7月09日[水] 岩手県北上市 北上市文化交流センター 0197-61‐3500 14:00-
7月10日[木] 山形県山形市 山形市民会館 023‐642‐3121 13:00-
7月11日[金] 群馬県高崎市 群馬音楽センター 027-322-4527 14:00-
7月12日[土] 群馬県前橋市 群馬県民会館 027‐232‐1111 12:00-
7月14日[月] 栃木県宇都宮市 栃木県総合文化センター 028‐643‐1010 13:00-
7月15日[火] 埼玉県熊谷市 埼玉県熊谷会館 048‐523‐2535 14:00-
7月17日[木] 静岡県富士市 富士市文化会館 0545‐60‐2510 14:00-
7月18日[金] 静岡県静岡市 静岡市民文化会館 054‐251‐3751 14:00-
7月19日[土] 静岡県浜松市 アクトシティ浜松 053‐451‐1114 13:00-
7月20日[日] 愛知県春日井市 春日井市民会館 0568‐85‐6868 12:30-
7月21日[月] 愛知県豊橋市 アイプラザ豊橋 0532‐46‐7181 13:00-
7月23日[水] 兵庫県姫路市 姫路市文化センター 079‐298-8014 14:00-
7月24日[木] 香川県丸亀市 丸亀市民会館 0877‐23‐4141 14:00 -
7月26日[土] 神奈川県鎌倉市 鎌倉芸術館 0467‐48‐4500 13:00-
7月27日[日] 東京都八王子市 八王子市芸術文化会館 042-621-3005 13:00 -
7月28日[月] 静岡県沼津市 沼津市民文化センター 055‐932‐6111 14:00-
7月29日[火] 茨城県土浦市 土浦市民会館 029‐822‐8891 14:00-
7月30日[水] 茨城県水戸市 茨城県立県民文化センター 029‐241‐1166 13:00-
7月31日[木] 東京都練馬区  練馬文化センター 03-3993-3311 14:00-

巡業[[中央コース]
  中村信二郎改め二代目中村錦之助襲名披露
  「松竹大歌舞伎」
  平成20年6月30日(月)~7月31日(木)
   一、橋弁慶(はしべんけい)/玉太郎改め中村松江、中村梅枝
   二、二代目中村錦之助襲名披露 口上(こうじょう)/信二郎改め中村錦之助、ほか
   三、彦山権現誓助剱 毛谷村(けやむら)/信二郎改め中村錦之助、時蔵、松江、東蔵
   四、神田祭(かんだまつり)/中村梅玉

6月30日[月] 東京都大田区  大田区民ホールアプリコ 03‐5744‐1600 12:00-
7月02日[水] 東京都北区   北とぴあ 03-5390-1221 13:30-
7月04日[金] 秋田県鹿角郡  康楽館 0186-29-3908 11:00-
7月05日[土] 秋田県鹿角郡  同上
7月06日[日] 秋田県鹿角郡  同上
7月08日[火] 宮城県仙台市  東京エレクトロンホール宮城 022‐225‐8641 14:00-
7月09日[水] 福島県須賀川市 須賀川市文化センター 0248-76-7777 14:00-
7月12日[土] 新潟県上越市  上越文化会館 025‐522‐8800 13:30-
7月13日[日] 新潟県新潟市  新潟県民会館 025‐228‐4481 12:00-
7月14日[月] 山形県酒田市  酒田市民会館 希望ホール 0234‐26‐5450 14:00-
7月16日[水] 岐阜県岐阜市  長良川国際会議場 058‐262‐8111 13:30-
7月18日[金] 山梨県甲府市  山梨県立県民文化ホール 055-228-9131 13:30-
7月20日[日] 愛知県西尾市  西尾市文化会館 0563-56-6660 13:00-
7月21日[月] 岐阜県可児市  可児市文化創造センター 0574‐60‐3311 14:00-
7月22日[火] 三重県桑名市  桑名市民会館 0594‐22‐8511 14:00-
7月23日[水] 大阪府岸和田市 岸和田市立浪切ホール 072‐439‐4915 13:30-
7月25日[金] 山口県宇部市  宇部市渡辺翁記念会館 0836-34-4794 14:00-
7月27日[日] 鹿児島県鹿児島市  県文化センター宝山ホール 099‐223‐4221 13:00-
7月30日[水] 埼玉県越谷市  サンシティ越谷市民ホール 048‐985‐1112 14:00-
7月31日[木] 東京都板橋市  板橋区立文化会館 03‐3579‐2222 13:00-

歌舞伎無しあるいはこれから発表

新橋演舞場

京都南座

名古屋御園座 

中日劇場

博多座

シアターコクーン

------------------------

行きたい美術展示会

生誕290年「木喰展」
  そごう美術館
  平成20年6月27日(金)~7月24日(月)
  概要
    人気の木喰仏、10年振りの大回顧展
    2008年、生誕290年を迎える木喰上人。
    60歳を過ぎてから本格的に仏像作りを始めた木喰は、北海道から九州まで
    全国各地を行脚しながら、生涯に1000体以上もの仏を制作したといわれています。
    木喰が作る仏の顔には、かすかに笑みを浮かべたものが多いことから、
    それらは「微笑仏」と呼ばれ、現在でも人々を魅了してやみません。
    本展では仏像130点余りと資料類約30点を展覧し、木喰仏の魅力に迫ります。

創刊記念『國華』120周年・朝日新聞130周年 特別展「対決-巨匠たちの日本美術」
  東京国立博物館
  平成20年7月8日(火)~8月17日(日)
  9:30~17:00 ~18:00[土、日、祝] ~20:00[金]
  概要
    運慶と快慶、狩野永徳と長谷川等伯など巨匠たち12組を「対決」させるという
    斬新な視点から、中世から近代までの日本美術史を見渡します。
    雪舟VS雪村、等伯VS永徳、仁清VS乾山、光悦VS長次郎、若冲VS蕭白、鉄斎VS大観
    円空VS木喰、大雅VS蕪村、応挙VS芦雪、運慶VS快慶、宗達VS光琳、歌麿VS写楽
  前売 一般:1,300円、大学生:1,000円、高校生:700円
  当日 一般:1,500円、大学生:1,200円、高校生:900円、(中学生以下は無料)


----- 6月以前から

特別展「国宝 法隆寺金堂展」
  奈良国立博物館
  2008年6月14日(土)~7月21日(月・祝) (月曜日休館 ただし7 月21 日オープン)
  9:3 0~17:00
  前売 一般:1,000円、大学生・高校生:600円、中学生・小学生:300円
  当日 一般:1,200円、大学生・高校生:800円、中学生・小学生:500円
  概要
    このたび金堂の須弥壇(しゅみだん)が修理の運びとなり、この機会に、すでに当館に
    寄託されている作品と合わせ、金堂内の諸尊像を広く一般に公開する展覧会を開催い
    たします。なかでも須弥壇四隅に安置されて本尊守護の役割をになう木造四天王立像
    (国宝)が、四体そろって寺外で公開されるのは初めてのことです。

----- 4月以前から

「芸術都市パリの100年展-ルノワール、セザンヌ、ユトリロの生きた街1830-1930年」
  東京都美術館
  2008年4月25日(金)~7月6日(日) (月曜日休館 ただし5月5日オープン)
  9:00~17:00
  前売 一般:1,200円、大学生:1,000円、高校生:550円
  当日 一般:1,400円、大学生:1,200円、高校生:650円、(中学生以下は無料)
  概要
    パリをテーマとした近代フランス約100年の優れた油彩画、彫刻、素描、版画、写真など
    約150点を、ルーヴル、オルセー、ポンピドゥー、プティ・パレ、カルナヴァレ、
    マルモッタン、ロダンなど世界的に著名な美術館の出品協力によって展示。



チェックしている美術館 (*): 「行きたい美術展示会」に詳細

国立新美術館
  「エミリー・ウングワレー展-アボリジニが生んだ天才画家-」 2008年5月28日(水)~7月28日(月)

東京国立博物館
  日仏交流150周年記念 オルセー美術館コレクション特別展
  「フランスが夢見た日本-陶器に写した北斎、広重」
 2008年7月1日(火)~8月3日(日)
  創刊記念『國華』120周年・朝日新聞130周年 
  特別展「対決-巨匠たちの日本美術」 平成20年7月8日(火)~8月17日(日)

国立西洋美術館
  「コロー 光と追憶の変奏曲」 2008年6月14日(土)~8月31日(日)

東京国立近代美術館
  「カルロ・ザウリ展イタリア現代陶芸の巨匠」 2008年6月17日(土)~8月3日(日)

東京都美術館
  「芸術都市パリの100年展-ルノワール、セザンヌ、ユトリロの生きた街1830-1930年」 (*) 2008年4月25日(金)~7月6日(日)

東京都写真美術館
  「世界報道写真展2008」 2008年6月14日(土)~8月10日(火)

サントリー美術館
  「KAZARI 日本美の情熱」 2008年5月24日(土)~7月13日(日)

そごう美術館
  生誕290年「木喰展」 (*) 2008年6月27日(金)~7月24日(木)

気になる美術館 (*): 「行きたい美術展示会」に詳細

奈良国立博物館
   特別展「国宝 法隆寺金堂展」 2008年6月14日(土)~7月21日(月・祝)

[どんどん編集します。]
# by AT_fushigi | 2008-01-01 03:07 | ご挨拶・予定 | Trackback | Comments(0)

十に一つでも行けたなら...2008年6月

「十に一つでも行けたなら...」 
情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。

6月の予定
     「芸術都市パリの100年展」@東京都美術館
     「佐伯祐三」@そごう美術館


歌舞伎:
  国立劇場 6月歌舞伎鑑賞教室「神霊矢口渡」 平成20年6月1日(日) ~ 6月24日(火)
  歌舞伎座 歌舞伎座百二十年「六月大歌舞伎」 平成20年6月3日(火)~27日(金)
  中日劇場 スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」 平成20年6月9日(日)~27日(火)
  博多座 六月博多座大歌舞伎 平成20年6月2日(月)~26日(木)

  シアターコクーン コクーン歌舞伎「夏祭浪花鑑」 平成20年6月10日(火)~29日(日)
  巡業 平成20年度歌舞伎鑑賞教室歌舞伎・「その美と歴史への招待」
       平成20年6月1日(日)~23日(月)
  巡業 [東コース]  「松竹大歌舞伎」 平成20年6月30日(月)~7月31日(木)
  巡業 [中央コース]  中村信二郎改め二代目中村錦之助襲名披露「松竹大歌舞伎」
       平成20年6月30日(月)~7月31日(木)

展覧会:
  「芸術都市パリの100年展」@東京都美術館 2008年4月25日(金)~7月6日(日)
  「モディリアーニ展」@国立新美術館 2008年3月26日(水)~6月9日(月)
  「国宝 薬師寺展」@東京国立博物館 2008年3月25日(火)~6月8日(日)
  「佐伯祐三」@そごう美術館 2008年5月10日(金)~6月22日(月)
  「国宝 法隆寺金堂展」@奈良国立博物館 2008年6月14日(土)~7月21日(月・祝)


  → 2008年5月
  → 2008年4月
  → 2008年3月
  → 2008年2月

------------------------
-------- 6月 詳細 ---------
------------------------

歌舞伎 (歌舞伎美人

国立劇場
  6月歌舞伎鑑賞教室「神霊矢口渡」
  平成20年6月1日(日) ~ 6月24日(火)
   午前11時~・午後2時30分~
    義 経 千 本 桜/歌昇、種太郎、高麗蔵
  一般 1等席:3,800円、2等席:1,500円、学生(全席):1,300円
  平成20年5月6日(火)から電話・インターネット予約開始

歌舞伎座
  歌舞伎座百二十年「六月大歌舞伎」
  平成20年6月3日(火)~27日(金)
    昼の部 午前11時~
      一、新薄雪物語(しんうすゆきものがたり)
          序幕 新清水花見の場
          二幕目 幸崎邸詮議の場
          三幕目 園部邸広間の場
          同 奥書院合腹の場
          /芝翫、幸四郎、芝雀、福助、錦之助、染五郎、歌昇、段四郎、魁春、彦三郎
      二、俄獅子(にわかじし)/福助、染五郎
    夜の部 午後4時30分~
      一、義経千本桜 すし屋/、吉右衛門、芝雀、染五郎、歌 六、段四郎
      二、新古演劇十種の内 身替座禅(みがわりざぜん)
          /仁左衛門、錦之助、隼人、巳之助、段四郎
      三、生きている小平次(いきているこへいじ)/幸四郎、染五郎、福助
      四、三人形(みつにんぎょう)/芝雀、錦之助、歌昇    
  1等席:15,000円、2等席:11,000円、3階A席:4,200円、B席:2,500円、1階桟敷席:17,000円

中日劇場
  スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」
  平成20年6月9日(日)~27日(火)
   昼の部 午前11時~
   夜の部 午後4時30分~
     ヤマトタケル/タケヒコ:右近、段治郎(ダブルキャスト)
     笑也、笑三郎、春猿、猿弥、門之助、金田龍之介
  A席:14,000円、B席:7,000円
  チケットは上記中日劇場WEBへ

博多座
  六月博多座大歌舞伎
  平成20年6月2日(月)~26日(木)
   昼の部 午前11時~
    一、寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)/松緑、菊之助、松江、松也、梅枝
            亀三郎、男女蔵、翫雀、梅玉
    二、坂田藤十郎喜寿記念 京鹿子娘道成寺 道行より鐘入まで
            藤十郎、翫 雀、亀 鶴
    三、梅雨小袖昔八丈 髪結新三(かみゆいしんざ) 白子屋見世先より閻魔堂橋まで
            菊五郎、時蔵、團蔵、松緑、菊之助、権十郎、右之助、秀調、東蔵、左團次
   夜の部 午後4時40分~
    一、菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ) 加茂堤  賀の祝
            梅玉、時 蔵、松 緑、菊之助、松江、梅枝、秀調、翫雀、東蔵、左團次
    二、春をよぶ二月堂お水取り 達陀(だったん)/菊五郎、翫雀、藤十郎
    三、弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)
            菊之助、松 緑、亀三郎、梅枝、萬太郎、権十郎、右之助、團蔵
  A等席:18,000円、特B等席:15,000円、B等席:12,000円、C等席:5,000円
  平成20年4月16日(木)10:00より受付開始

シアターコクーン
  九弾 渋谷・コクーン歌舞伎「夏祭浪花鑑」
  平成20年6月10日(火)~29日(日)
   昼の部 [月-金]午前13時30分~ [土日]午前12時~
   夜の部 [月-金]午後6時30分~ [土日]午前17時~
    夏祭浪花鑑
    勘三郎、橋之助、勘太郎、七之助 、笹野高史、片岡亀蔵、坂東 彌十郎、扇 雀
  1等平場席:13,000円、1等椅子席: 13,000円。2等席: 9,000円、3等席: 5,000円
  平成20年4月29日(金)10:00より受付開始

巡業
  平成20年度歌舞伎鑑賞教室歌舞伎・「その美と歴史への招待」
  平成20年6月1日(日)~23日(月)
    一、歌舞伎へのご案内/坂東薪 車
    二、平家女護島 俊寛 鬼界ヶ島の場/片岡我當、上村吉弥、坂東薪車、片岡進之介

6月01日[日] 岡山県浅口市  金光教広前祭場 0865-42-6522 10:30
6月04日[水] 愛媛県松山市  松山市民会館 089-946-2888 9:30 -
6月06日[金] 京都府舞鶴市  舞鶴市総合文化会館 0773-64-0880 13:30-
6月08日[日] 兵庫県川西市  川西市文化会館 072-740-1117 9:30
6月10日[火] 大阪府大阪市  厚生年金会館大ホール 0570-000-489 11:00-
6月13日[金] 大阪府吹田市  吹田メイシアター 06-6380-2221 11:00 -
6月15日[土] 徳島県阿南市  阿南市市民会館 0884-22-1798 11:00 -
6月16日[月] 奈良県橿原市  奈良県橿原文化会館 0744-23-2771 11:00 -
6月18日[水] 兵庫県神戸市  神戸文化ホール 078-351-3535 10:30 -
6月19日[木]  〃        〃          〃            10:30 -
6月20日[金] 和歌山県和歌山市  和歌山県民文化会館 073-436-1331 10:30 -
6月21日[土] 大阪府大阪市  クレオ大阪中央 0570-000-489 9:30 -
6月22日[日] 鳥取県八頭群  智頭町立中学校体育館 0858-75-3114 10:00

巡業[東コース]
  「松竹大歌舞伎」
  平成20年6月30日(月)~7月31日(木)
   一、操り三番叟(あやつりさんばそう)/市川亀治郎、中村亀鶴
   二、御目見得 口上(こうじょう)
   三、弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ) 浜松屋より勢揃いまで
          市川亀治郎、中村亀鶴、坂東巳之助、大谷桂三、坂東竹三郎、市川段四郎

6月30日[月] 東京都江戸川区 江戸川区総合文化センター03-3652-1111 14:00-

巡業[[中央コース]
  中村信二郎改め二代目中村錦之助襲名披露
  「松竹大歌舞伎」
  平成20年6月30日(月)~7月31日(木)
   一、橋弁慶(はしべんけい)/玉太郎改め中村松江、中村梅枝
   二、二代目中村錦之助襲名披露 口上(こうじょう)/信二郎改め中村錦之助、ほか
   三、彦山権現誓助剱 毛谷村(けやむら)/信二郎改め中村錦之助、時蔵、松江、東蔵
   四、神田祭(かんだまつり)/中村梅玉

6月30日[月] 東京都大田区  大田区民ホールアプリコ 03‐5744‐1600 12:00-


新橋演舞場

大阪松竹座

京都南座

名古屋御園座 




行きたい美術展示会

特別展「国宝 法隆寺金堂展」
  奈良国立博物館
  2008年6月14日(土)~7月21日(月・祝) (月曜日休館 ただし7 月21 日オープン)
  9:3 0~17:00
  前売 一般:1,000円、大学生・高校生:600円、中学生・小学生:300円
  当日 一般:1,200円、大学生・高校生:800円、中学生・小学生:500円
  概要
    このたび金堂の須弥壇(しゅみだん)が修理の運びとなり、この機会に、すでに当館に
    寄託されている作品と合わせ、金堂内の諸尊像を広く一般に公開する展覧会を開催い
    たします。なかでも須弥壇四隅に安置されて本尊守護の役割をになう木造四天王立像
    (国宝)が、四体そろって寺外で公開されるのは初めてのことです。

----- 5月以前から

没後80年「佐伯祐三」
  そごう美術館
  2008年5月10日(金)~6月22日(月)
  概要
    フランスに2度渡り、パリで30年という短い生涯を閉じた佐伯祐三(1898-1928)。
    2008年は、佐伯の生誕110年と同時に、没後80年という節目の年。
    日本最大の佐伯のコレクションとして知られる大阪市立近代美術館建設準備室の所蔵品に加え、
    80点あまりの作品で、あまりにも短くそして激しい創作活動の軌跡をたどる。

----- 4月以前から

「芸術都市パリの100年展-ルノワール、セザンヌ、ユトリロの生きた街1830-1930年」
  東京都美術館
  2008年4月25日(金)~7月6日(日) (月曜日休館 ただし5月5日オープン)
  9:00~17:00
  前売 一般:1,200円、大学生:1,000円、高校生:550円
  当日 一般:1,400円、大学生:1,200円、高校生:650円、(中学生以下は無料)
  概要
    パリをテーマとした近代フランス約100年の優れた油彩画、彫刻、素描、版画、写真など
    約150点を、ルーヴル、オルセー、ポンピドゥー、プティ・パレ、カルナヴァレ、
    マルモッタン、ロダンなど世界的に著名な美術館の出品協力によって展示。

「モディリアーニ展」
  国立新美術館
  2008年3月26日(水)~6月9日(月)(火曜日、祝日の場合は翌日休館)
  10:00~18:00、金曜日は~20:00
  前売 一般:1,200円、大学生:1,000円、高校生:500円
  当日 一般:1,500円、大学生:1,200円、高校生:700円、(中学生以下は無料)
   (「生誕100年 東山魁夷展」とのセット券 2,000円(一般のみ)を1月18日から2月29日)
  概要
    原始美術の影響を色濃く示す所期の<カリアティッド>の作品群から
    独自の様式を確立した肖像画まで幅広い作品。モディリアーニの変遷を探る
    世界中から150点、国内で最大規模。モディリアーニの全容を一望。

平城遷都1300年記念「国宝 薬師寺展」
  東京国立博物館
  2008年3月25日(火)~6月8日(日)(月曜日、祝日の場合は翌日休館)
  9:30~17:00、金~20:00、土日祝~18:00
  前売 一般:1,300円、大学生:1,000円、高校生:700円
  当日 一般:1,500円、大学生:1,200円、高校生:900円、(中学生以下は無料)
  概略
    ユネスコの世界遺産、薬師寺の貴重な文化財展示。
    日本仏教彫刻の最高傑作 金堂の日光・月光菩薩立像(国宝)が揃って寺外で初公開。
    聖観音菩薩立像(国宝)、慈恩大師像(国宝)、吉祥天像(国宝)など。


チェックしている美術館 (*): 「行きたい美術展示会」に詳細

国立新美術館
  「モディリアーニ展」 (*) 2008年3月26日(水)~6月9日(月)
  「エミリー・ウングワレー展-アボリジニが生んだ天才画家-」 2008年5月28日(水)~7月28日(月)

東京国立博物館
  平城遷都1300年記念「国宝 薬師寺展」  (*) 2008年3月25日(火)~6月8日(日)

国立西洋美術館
  「コロー 光と追憶の変奏曲」 (*) 2008年6月14日(土)~8月31日(日)

東京国立近代美術館
  「カルロ・ザウリ展イタリア現代陶芸の巨匠」 (*) 2008年6月17日(土)~8月3日(日)

東京都美術館
  「芸術都市パリの100年展-ルノワール、セザンヌ、ユトリロの生きた街1830-1930年」 (*) 2008年4月25日(金)~7月6日(日)

東京都写真美術館
  「世界報道写真展2008」 2008年6月14日(土)~8月10日(火)

サントリー美術館
  「KAZARI 日本美の情熱」 2008年5月24日(土)~7月13日(日)

そごう美術館
  没後80年「佐伯祐三」 2008年5月10日(金)~6月22日(月)

気になる美術館 (*): 「行きたい美術展示会」に詳細

奈良国立博物館
   特別展「国宝 法隆寺金堂展」 2008年6月14日(土)~7月21日(月・祝)

[2008年7月へ]
# by AT_fushigi | 2008-01-01 03:06 | ご挨拶・予定 | Trackback | Comments(0)