「鳥獣戯画がやってきた!」

c0153302_13343972.jpg

明日からの出張の資料つくりに大忙しです。急に決まったので時間勝負になりました。

さて先週国立新美術館のフェルメールの鑑賞の後、徒歩5分の東京ミッドタウンにあるサントリー美術館で「鳥獣戯画」を鑑賞してきました。
副題「国宝『鳥獣人物戯画絵巻』の全貌」から「鳥獣人物戯画 」が正しい名前のようです。京都の栂尾山高山寺所蔵の絵巻物です。今回甲・乙・丙・丁の全巻が展示されるということで話題を集めています。(ちなみに高山寺はユネスコ「世界文化遺産」に登録されています。)

鳥獣戯画がやってきた!
開催場所:サントリー美術館
開催日時:2007年11月3日-12月16日
入場料:一般1300円

ところが1回で全部見られるわけではないのです。前期:11月3日~11月26日と後期:11月28日~12月16日に分けてそれぞれ各巻ともに前半部分と後半部分を分けて展示です。巻物が長すぎて一回では展示できないというわけでしょう。
前期は時間が見つからなかったので行けませんでした。まあ、後半部分に蛙と兎の相撲や猿の法会など知っている場面が多かったのでこれで今回は我慢です。
不思議なのは本物(後半)の上に写真が展示されているのですがそれが本物と同じもの(後半)。普通なら本物が展示できない前半にすると思うのですが。

「鳥獣戯画」とは、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけて鳥羽僧正覚猷が描いたと言われる絵巻物で、日本最古の漫画だと言われています。

c0153302_14362477.jpg

よく知られている猿・兎・蛙などを擬人化してユーモラスに書かれた部分は甲巻にあります。実は甲・乙・丙・丁と筆使いや構図の丁寧さなどが落ちていっているように思いました。つまり、教科書に載っている甲巻の部分は四巻でも優秀な部分といえます。
甲巻は切り貼りの後があり、その部分に「高山寺」と朱印が押されています(写真)。実際、現存の甲巻は幾度もの改変を経たと考えられ、場面の入れ替わりや、逸失があります。解説によると、巻物なので染みが繰り返し現れるので特定の染みから順番を戻すことはできるが染みが改変後かもしれないので正しい判定には使えないそうです。また、現存とは順序が異なる写本が存在していますがこれも同様です。
蛙の相撲など本物を見るとその筆使い、和紙の表情などが見え、当時の息使いが聞こえそうです。

c0153302_1524412.jpg
c0153302_1525043.jpg

エコバッグに入ったガイドブックは2300円で全巻が載っています。

この日は夕方から打ち合わせがあり、4階の四巻をじっくり見ていたら時間がなくなり3階の展示は省略せざるを得ませんでした。
c0153302_1529292.jpg



[美術鑑賞目次]
# by AT_fushigi | 2007-12-02 13:43 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(2)

フェルメール「牛乳を注ぐ女)」

c0153302_143387.jpg

先週出張の合間を見て「フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展」と「鳥獣戯画がやってきた!」に行ってきました。徒歩5分の国立新美術館とサントリー美術館ですので両方鑑賞できる時期を見計らっていました。今日はフェルメール、後日鳥獣戯画を報告します。

フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展
開催場所:国立新美術館
開催日時:2007年9月26日-12月17日
入場料:インターネット割引券1400円(通常一般1500円)

アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum Amsterdam)所蔵のフェルメールの「牛乳を注ぐ女」が鑑賞できるというので楽しみにして出かけました。10年以上前、アムステルダム国立美術館は何回か行った事があるのですが実はあまり印象にありませんでした。
再会して最初の印象はこんなに鮮やかな色だったかです。修復されたかどうか分かりませんが印象がずいぶん違います。照明の違いかもしれません。黄色と青と赤の衣服の鮮やかさ、日の当っている壁の明るい白、パンの美味しそうな色彩。
フェルメールは光の反射や明暗を巧みに描くことで奥行きや質感を表現する画家でした。この絵も然りです。衣服、パン、壺、金属製の入れ物など写真のようです。リアルです。
今回知ったのはフェルメールが遠近法を用い、そのためにカンバスにピンを止めておそらく糸で線を引いていたことです。実際ピンの穴がX線で確認されたそうです。また、テーブルが遠近法に反していること(または長方形ではないテーブル)。点描でパンの固さを表現していることです。解説を読んで良く見るとそれは確認できました。
c0153302_1184741.jpg

フェルメールは寡作で作品は世界で34点しか確認できていないことは知られています。このため所蔵美術館を訪問しないと鑑賞できないと言われています。今回はアムステルダム国立美術館の改修があり「門外不出」の絵を東京で見ることができました。作風は日本人好みと言われ、実際、多数の鑑賞者で混雑していました。滅多にない機会なので多くの方々が鑑賞されるようにと思っています。

目玉のフェルメール以外は期待していなかったのですが数点注目した作品がありました。
展示の順で言うと
(1)アドリアーン・ムーレマンス「ランプの明かりに照らされた台所」
(2)ミヒール・テルステール「台所の女」
(3)ヨーゼフ・イスラエルス「小さなお針子」
(4)クリストッフェル・ビスホップ「日の当る一隅」
(5)ヤーコブ・マリス「窓辺の少女」
(6)ニコラース・ファン・デル・ヴァーイ「アムステルダムの孤児院の少女」
特に「窓辺の少女」と「孤児院の少女」は大好きになってしまいました。ショップで中年女性のグループが「孤児院の少女」の絵葉書を何枚も買いながら「かわいくて、抱きしめたくなって」と言っていたのが正に絵の印象を物語っていました。私も「牛乳を注ぐ女」と「アムステルダムの孤児院の少女」(写真右)の絵葉書買いました。


[美術鑑賞目次]
# by AT_fushigi | 2007-12-01 01:23 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(4)

勇気を持って開設です

c0153302_062681.jpg

ヨーロッパ、特にイタリアが好きで関連したブログを読んだり、コメントを書いたりしているうち自分でも挑戦してみよう思って、思い切って開設準備に入りました。意外と簡単なのにビックリしました。

東京中央線沿線に住んでいますが職場は横浜です。このため、中央・湘南新宿線沿線に多く出没します。
海外の顧客訪問が仕事の一つ(マーケティングともいいます)で、最近は景気が戻ってきたせいか、月に一度位出張しています。最初の海外出張から20年となり、様々な事を経験しました。今でも今度何が起こるか期待しながら...。これを軸に楽しい記事をアップします。
食べることが大好きです(もちろん料理するほうも)。海外・国内出張時や顧客来訪時、現地の営業や担当者もそこは心得ていて(教育したおかげで?)色々アレンジしてくれます。名より中身を大事にしています。
また、時間をやりくりして美術館めぐりするようにしています。さらに、最近は時間の作り方がうまくなって鉄道やレンタカーでの小旅行で世界遺産等を訪れるようにしています。
特に趣味はないのですが、映画、歌舞伎、ミュージカル(これはMovin'out以降ご無沙汰ですが)などの鑑賞、猫の額ほどの庭いじりでしょうか。

海外出張、出張時の個人小旅行、食事・料理、美術館、映画、観劇、ガーデニングなどを中心に投稿して行きたいと思っています。よろしくお願いします。

なお、今月の出張は来週ヨーロッパ(まだ、決まっていない(涙))、中頃ニューヨークの予定です。
# by AT_fushigi | 2007-12-01 00:09 | ご挨拶・予定 | Trackback | Comments(10)