家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第一日目-上海へ、困った中国航空事情


家族は東京から厦門に来て、私と合流して上海に向かいます。私はこの日は普通に働いて厦門空港に向かいました。おっと、服装は旅行の服装、鞄は旅行用なので普通ではありませんでした。
5時の定時に退勤、車でフェリーポートまで送ってもらいました。フェリーを降りた所からは空港直行バス(10元)を利用します。渋滞もあって空港には計画通り6時30分ごろに着きました。Flightrader24を調べた時、到着時間18:46だったのでちょうど良い時間のはずでした。

しかし、18:46ごろに急に空港の到着時間表示が19:15になりました。そして、19:27に。出てきたのは19:40でした。
話して何が起こったのかわかりました。厦門航空東京―厦門便は14:55発19:10着です。家族によればドアが閉まったのが14:45ごろ。飛行時間が3時間なので到着は18:46と表示されたのでした。
しかし、ドアが閉まって飛行機が動き出したのが15:30頃だそうです。よく利用する人によれば、これは格安航空にはよくあることだそうで、ぎりぎりの時間設定となっているため、到着が遅れた時、燃料積み込みなどの準備が間に合わないのだそうです。
記録上はドアが閉まった時間が出発時間です。これは、迎える方にとって大迷惑です。

上海便は21:00厦門発22:55上海虹橋着です。ドアは午後8時50分ごろ閉じられましたがゲートを離れたのは9時半ごろ。でも、到着は22:45でした。混み過ぎている中国航空事情。いい加減な時間設定。何とかしてほしいです。
上海虹橋空港でうどんを夜食に食べて、タクシーでホテルへ。メモ帳にマジックで大きくホテル名と住所を書いて見せれば問題ありません。パソコンの予約の印刷を見せても車内は暗いので見にくいのです。初乗りが18元でホテルまで78元でした。
着くと、ホテルの周りは店がまだ開いていました。さすが大都会です。
夜1時を過ぎていたので、寝るだけでした。

[2016.12.29]

次へ(第二日目-(I) 上海浦東新区)    [目次]


# by AT_fushigi | 2017-01-05 23:13 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2016年12月-中国上海、厦門、世界遺産福建土楼


今回は子供達もいろいろ都合ができて一人参加の二人家族旅行。中国は滞在が10日なので8日間滞在で予定を立てました。
私は厦門から参加します。私が旧正月の休みのため新暦正月の休みが余り取れないということもあります。
c0153302_15472256.jpg


さて、北は寒いし、スモッグが凄いので今回はパス。香港やマカオは、計画を立てた11月には航空券、ホテル代とも高いのしか残っていませんでした。そこで、上海・厦門ということにしました。
厦門航空はまだ安かったので、東京―厦門―上海の往復です。厦門航空の厦門発東京行が9:10と朝早いこともあり、最終日は厦門泊となるので、先に上海に行くことにしました。深夜に上海着です。このトランジットがリスクが高いという意見もあったので、100元で変更可の少し高いチケットにしました。

ホテルは比較的取り易く、便利なロケーションで一泊7千円前後(400元台)で取れました。上海は11月の出張で知った「全季」ホテルが人民広場から5分くらいのところにありました。代理店の友達に会員価格で取ってもらいました(私は会員になったのですがなぜかWEB予約できないのです)。厦門はBooking.comの45%割引特別価格で厦門最古という良いホテルが取れました。

観光では念願の世界遺産の福建土楼が第一のメインで、800元台と少し高かったのですが、ゆっくりできる1-4人の現地旅行を選びました。上海では水郷古鎮の朱角家に行くことにしました。バスで手軽に行ける古鎮です。厦門のコロンス島が台風の被害のため行けなかったのでリベンジです。
c0153302_14251770.jpg


第一日目 東京 --(MF816)--> 厦門(19:10)
     厦門 (21:00) --(MF8517)-->上海 (22:55)、泊
第二、三日目 上海市内観光、上海泊
第四日目 朱角家古鎮、上海泊
第五日目 上海 --(MF8512)--> 厦門 泊
第六日目 福建土楼 厦門泊
第七日目 厦門観光 厦門泊
第八日目 厦門 --(MF816)--> 東京

c0153302_21230259.jpg


[2016.12.29-2017.01.05]

出張・旅行一覧へ    [Blog Top]


# by AT_fushigi | 2017-01-05 22:00 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

2016年  海外出張-喜怒哀楽-

Explorer 8以上をお使いの方はURL(ホームページアドレス)を入力する欄の横の「互換表示」をクリックしてご覧ください。ChromeではFlash Playerがセキュリティの問題でしょうか自動起動されません。自動起動したい方は「chrome://plugins」でFlash Playerを「常に実行を許可する」に設定してください。
正確な記述に努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。

[お知らせ] 中国でのいろいろを徒然なるままに書いています。中国滞在記

c0153302_14251869.jpg

今年は天翔ける

[2017.01.05] 明けましておめでとうございます。家族旅行から帰ってきました。上海と厦門の観光旅行です。お天気に恵まれ楽しい旅行でした。特に、念願の世界遺産福建土楼はとても良かったです。後日報告します。
c0153302_15472256.jpg

c0153302_15522460.jpg

c0153302_14251770.jpg

c0153302_14251821.jpg


今までの短信とUP履歴はこちら

==== 最新記事 ==================================
[2016.12.25] 木に白いペンキ?冬の風物詩

==== カテゴリー ================================
出張・旅行 (2013-)、 出張・旅行 (2012-2007)  
■ 出張・旅行[中国・香港・台湾]
California滞在記
Googleの遊び心  百度のDoodle  
[2013.12.29] 日々徒然-歳時記-Googleの遊び心_131229_番外編・1158で10を作る
蘊蓄
美術鑑賞
十に一つでも行けたなら(美術展)2016年1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月8月、9月、10月、11月、12月
Annunciation(受胎告知)
以下ほぼ休眠状態
国内旅行・散歩  ■ 飛行機・空港  ■ 観劇・コンサート  
レストラン(日本のみ)  ■ お酒  Starbucksご当地タンブラー  ■ 付録

==== 連載記事 =================================

出張・旅行記事一覧 : 2007年12月から2012年   2013年1月から

UP予定 : 
家族旅行2016年12月(2017年01月)-中国・上海、厦門

   計画・準備
   帰国報告

   準備・変更
   第一日目-スペインへ出発
   第一日目-スペイン到着
   第二日目-マドリッド-コルドバAVEの旅
   第二日目-コルドバ・メスキータ
   第二日目-コルドバ・メスキータ、モスク
   第二日目-コルドバ・メスキータ、カテドラル
   第二日目-コルドバ・花の小路
   第二日目-グラナダ・アルハンブラ宮殿(I)
   第二日目-グラナダ・アルハンブラ宮殿(II)、カルロス5世宮殿、アルカサバ
   第二日目-グラナダ・アルハンブラ宮殿(III)、ナスル朝宮殿(I)・メスアール宮
   第二日目-グラナダ・アルハンブラ宮殿(IV)、ナスル朝宮殿(II)・コマレス宮
   第二日目-グラナダ・アルハンブラ宮殿(V)、ナスル朝宮殿(III)・ライオン宮

UP完  : 家族小旅行2016年05月-諏訪・木曽路・遠州気ままドライブ
UP完  : 家族旅行2014年12月-サンフランシスコ・ナパ・ヨセミテ/CA
UP完  : 家族旅行2014年08月-北米-イエローストーン・グランドティトン国立公園
UP完  : 家族旅行2013年08月-北米-グランドサークル
UP完  : 家族旅行2012年08月-中欧-クロアチア・ハンガリー・スロバキア・オーストリア・チェコ
UP完  : 中国出張2010年12月-週末旅行-上海・水郷古鎮
UP完  : 欧州出張2015年01月-天候大荒れの予報?偶然出会ったモンツァの王宮と美術・写真鑑賞
UP中断 : 米国欧州出張2012年08-09月-予定が有って無いような長期出張
UP中断 : 中国出張2010年12月-初めて週末を過ごした中国出張

出張・旅行記事一覧 : 2007年12月から2012年   2013年1月から



# by AT_fushigi | 2016-12-31 23:59 | ご挨拶・予定 | Trackback | Comments(0)

中国滞在2016年ー食ー「ロンガン(龙眼)」は今が美味しい


ロンガン「龙眼」、龍の目と書くこの果物は夏が収穫時で旬です。ロンガンは桂圓とも言うそうです。食するところが似ているライチ(茘枝)は外側が赤みがかっていますがロンガンは茶色です。また、皮が薄いのです。福建省が一番で、この近辺の山もロンガンの木で覆われています。
九月に赴任したのであまり楽しめていませんでしたが、最近、市場で見かけるようになりました。しかも、実だけもあるのですが多くの人は枝付きを買います。

私も枝付きを買ってみました。この量で11元でした。30個くらいあるので一個0.3元(5円)くらいです。
c0153302_16133996.jpg

買ってみて、どうして今なのかが分かりました。持つと中の実と皮の間に隙間があります。つまり、水分が抜けた分けです。ロンガンを乾燥したものは漢方や料理に使われるそうです。生で食するときは、少し乾燥したほうが、味や香りが濃くなって美味しいということでしょう。この香りは南国果物の香りで好き嫌いがあると思いますが私は好きです。
食べ方は、枝についていたポッチを北極・南極にして赤道付近を挟んで押すとヒビが入ります。後は茶色の皮を剥いて食するだけです。ここで、気が付いたのはカビや芽です。保存中にポッチの下、種の根本にカビが生えたり、種から芽が出たりしたものが相当あるということです。食する半透明の実の部分を手で剥いて食べれば問題ありません。きれいに取れます。実を口に入れて種を剥くことは私にはできませんでした。こちらの人も手で向いて食べていました。
ライチと同じで多く食さない、10個以上はやめとく方が無難だということです。
c0153302_16133947.jpg


[2016.12.25]     中国滞在記 目次へ

# by AT_fushigi | 2016-12-25 16:39 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)