タグ:グルメ(北米) ( 32 ) タグの人気記事

家族旅行2013年08月-北米-グランドサークル-第五日目-モニュメントバレー・感動の日の出



朝、何かの気配で目が覚めました。外が明るくなりだしていました。目覚ましのアラームセットを忘れていました。
大慌てで家族を起こしてテラスに向かいます。

既に空が明るくなり日の出直前でした。太陽の橙色の光が増してきました。
c0153302_15504395.jpg

太陽が出てきました。ほぼ地平線から昇るのです。しかも、3つのButteの向こうに。
c0153302_15511564.jpg

静かに上ってきます。おごそかな感じで誰も何も言いません。息をのむ美しさです。
c0153302_15515730.jpg

ホテルのテラスであることが分かるように天井を入れてみました。
c0153302_15522428.jpg

橙色の光が影を作ります。
c0153302_15524924.jpg

ホテルのすぐそばにそびえるミッチェル・メサにも太陽の光が反射しています。
c0153302_15525182.jpg

太陽がすっかり昇りました。久しぶりの感動でした。
c0153302_1553363.jpg

ホテルのレストラン方向(北)です。
c0153302_15533743.jpg


感動を心に仕舞う時間じっとしていました。

朝の準備をして朝食です。
1Fからレストランへあがる外通路からみたホテルです。
c0153302_15551127.jpg

レストランは時間が早かったのですが朝日を見た後なので結構人がいました。バックにWest Mitten Butteが見える席に案内されました。
c0153302_15552562.jpg

食事はいたってアメリカンでした。
c0153302_15554978.jpg

c0153302_15554315.jpg


外に出て散歩です。ホテル前。
c0153302_15562355.jpg

View Pointに行きましたが3つのButteは逆光です。
北側のセンチネル・メサです。
c0153302_15563165.jpg

南側はミッチェル・メサです。
c0153302_15563950.jpg


View Pointから土産屋さんに入ります。
c0153302_15571385.jpg

娘はブレスレットなど買っていました。40%引いてくれたと喜んでいました。
c0153302_1557927.jpg

土産屋、レストランはつながっていてそこから2Fの渡り廊下を通ってホテルに入ります。
2Fの廊下からみたロビーです。
c0153302_155953.jpg



さて、名残惜しいモニュメントバレーを去る時間が来ました。12時ごろにしか光線が見えないというアンテロープ・キャニオンの写真撮影会(?)が待っています。

チェックアウトして出発。
駐車場で昨日のガイドのトラックを撮影。
c0153302_15594442.jpg

ホテルから163号線に乗って途中で振り返ってみました。
感動をありがとう。さらば、モニュメント・バレー。また来るからね。
c0153302_15595689.jpg




[2013.08.13]

次へ(第五日目-アンテロープ・キャニオン(I))    [目次]
by AT_fushigi | 2013-11-13 15:49 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2013年08月-北米-グランドサークルー第三日目-セドナ・エアポートメサで夕日



ホテルで夕日を見るのにベストポイントはと聞くとエアポートメサ以外にないとの返事。信じてここに行くことにしました。
7;16の日の入りということでした。

前もって調べていたエアポートメサのVortexの駐車場は一杯でした。そこでそのままメサまで上がりました。空港の入口付近に大きな駐車スペースと夕日見物に適した広場がありました。人が多くいたので直ぐ分りました。

着くと7時でした。北の台地の断崖は既に夕日に染まっていました。この後この壁は影になりました。
c0153302_14232332.jpg

c0153302_14213833.jpg

c0153302_1422123.jpg


この場所は夕日には良いのですが夕日が赤く染めるRed Rockを見るのは東の展望がありません。そこで、Voltexのところまで歩いて降りることにしました。同好のカップルが数組いました。見ると既に多数の人がVortexの側の大きな岩に上っています。
c0153302_14224564.jpg

5分で駐車場、2分で岩山の頂上に着きました。
c0153302_14234348.jpg

c0153302_14234885.jpg

Vortex近くの斜面にはケルンがあり夕日に染まっています。
c0153302_14241617.jpg

しばらくして夕日が山の端に掛かります。
c0153302_14243781.jpg

Munds Mountainが赤く染まっています。
c0153302_14245880.jpg

ラクダ岩やスヌーピーは遠くて分かりません。
c0153302_14251360.jpg

遠くにBell RockやCouthouse Butteが夕闇に浮かんでいます。それより南から西は夕日が当たっていたのですが霞んでいてしばらくすると夕日に色は見えなうなりました。
c0153302_1425633.jpg

夕日が沈んで行きました。静寂が闇を包みます。
c0153302_14253722.jpg

c0153302_14253757.jpg

c0153302_142547100.jpg


下の娘が送ってきたANONの一眼で撮った(選りすぐりの)C写真です。良いカメラは違いますね。
c0153302_14264036.jpg

c0153302_14265130.jpg

c0153302_1427057.jpg

c0153302_1427112.jpg


夕食はホテルの前のメキシカンです。マルガリータを飲みながらワカモレやタコスを頂きました。
c0153302_14274379.jpg

c0153302_1427553.jpg

c0153302_14281816.jpg

c0153302_1429835.jpg

c0153302_14283194.jpg


今日は盛り沢山で疲れました。明日の朝日の為に早く寝ます。



[2013.08.11]

次へ(第四日目-セドナ・部屋のテラスから朝日)    [目次]

 
by AT_fushigi | 2013-10-01 14:18 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2013年08月-北米-グランドサークルー第三日目-グランドキャニオン・Yavapai Cafeでランチ



ブルールートのバスは巡回していて乗換停留所からEl Tovarホテルの近くの停留所へは行かないのでリム沿いに歩きます。
リム沿いの遊歩道には2つのStudioがあります。といっても写真館兼お土産屋と言った方が良いでしょう。
c0153302_549452.jpg

Kolb Studio。
c0153302_5492244.jpg

c0153302_5491566.jpg

Lookout Studio。
c0153302_5493517.jpg

c0153302_5495858.jpg


雲の流れが速いように思います。天気予報の雨予報を思い出しました。
c0153302_5524059.jpg


El Tovarホテルに戻るとハーレー軍団が出発の準備をしていました。
c0153302_5505375.jpg

私達もスーツケースを車に積んで出発です。
ちょっと狭いけれど、サービスが良くホスピタリティあふれる心地よいホテルでした。
c0153302_552514.jpg


出かける直前に一気に黒雲が広がり車を出した瞬間にポツポツ来ました。
c0153302_55358.jpg


今日はこの後、Yavapai LodgeのCafeでランチ、Yavapai Lodgeのお土産屋さんとMarketで買い物してマーサ・ポイント(Mather Point)、デザート・ビュー(Desert View)を回ってセドナに向かいます。
c0153302_642367.jpg


Market Plazaの駐車場に車を停めます。雨もほとんどあがり空にも少し青空が見えてきました。
Yavapai Cafe。Yavapai Lodgeの管理等の裏側で駐車場に面しています。
c0153302_554592.jpg

c0153302_5541426.jpg

12時前なので空いています。キャンティーンスタイルでトレーに料理を取り(メインは盛ってもらいますが)清算します。
c0153302_5554446.jpg

ボイルしたポーク、ハムサラダ。値段それなりの味でしたがランチとして十分でしょう。
c0153302_5561621.jpg


お土産タイム。Lodgeのお土産屋とMarketを見て回りました。
c0153302_55613.jpg

c0153302_80191.jpg


出発直前に小雨になりました。これからの渓谷見物は雨になりそうです。
c0153302_815143.jpg



[2013.08.11]

次へ(第三日目-グランドキャニオン・マーサポイントとGrandView)    [目次]

 
by AT_fushigi | 2013-09-17 05:47 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2013年08月-北米-グランドサークルー第二日目-グランドキャニオン・サウスリムとEl Tovarホテル



ウィリアムズからIS-40の下を通ってグランドキャニオン・サウスリムへの64号を北上します。
c0153302_8164511.jpg

途中前方に面白い形の小山が現れました。
c0153302_8165788.jpg

Red Butteと呼ばれているようです。
c0153302_8171821.jpg


間もなく両サイドに木々が増え始めました。
c0153302_8175251.jpg

ハーレーのツアーに追いつきました。
c0153302_818287.jpg


グランドキャニオン国立公園の入口に来ました(このころカメラの電池がほぼ無くなっていたので取りそこないました)。
他の国立公園同様木の小屋で車を止めると公園レンジャーが窓から顔を出します。
今回は幾つか公園を回るので年間入場券を買いました。80ドルです。券には二人の名前が登録できます。次回からは券とパスポートを見せて入場するようにとのことでした。
ちなみに、一回の入場料は25ドルなので1年間に4回以上入場する必要があります。この料金は車で入場する場合で、他の場合は12ドル/人かかるようです。
c0153302_8183063.jpg



さて、有名すぎるグランドキャニオン。悠久なる時間の流れで出来た地形です。
===== Wikipediaより引用 =====
グランド・キャニオン(Grand Canyon)はアメリカ合衆国アリゾナ州北部にある峡谷である。コロラド高原がコロラド川の浸食作用によって削り出された地形であり、先カンブリア時代からペルム紀までの地層の重なりを目の当たりにできるところでもある。地球の歴史を秘めている価値と共に、その雄大な景観から合衆国の初期の国立公園の一つであるグランド・キャニオン国立公園に含まれている。さらに1979年には世界遺産に登録された。
グランドキャニオンの起源は今から7000万年前、この一帯の広い地域がカイバブ・アップリフトとよばれる地殻変動により隆起したことに始まる。
約4000万年前、コロラド川による浸食が始まる。峡谷は500万年前にほぼその全容を現し、現在見られるような峡谷になったのは、約200万年前である。そして今もなお、浸食は続いており、最古でおよそ20億年前の原始生命誕生時の地層を浸食している。
グランドキャニオンの断崖は平均の深さ約1200m、長さ446km、幅6km~29kmに及ぶ。最深地点は1800m。
===== 引用終 =====

公園を進みます。
c0153302_8222810.jpg

ホテルは泊まってみたかったエル・トバー(ElTovar)ホテルです。
1905年に建築され100周年の2005年に改装されたそうです。グランドキャニオンで最も有名なホテルであり大統領や著名人が滞在しています。ログハウスでありながらホテルの機能をすべて持っていると言われています。
私の興味は改装されたとはいえ100年の歴史あるホテルに滞在することです。運よく直前に予約を取ることが出来ました(経緯は下記)。
c0153302_8214466.jpg

中はまさに木造りロッジです。受付からホテルのレベルが高いことを感じます。昔の上高地帝国ホテルの感じでしょうか。幸い1Fの部屋をアサインしてもらえました。
部屋のカードキーと(現金持たずに)ビレッジ内のお店なら部屋にチャージできる証明書です。後で行くレストランもこれで清算しました。
c0153302_15554053.jpg

部屋はDeluxとは言え狭い所でした。2つのクイーンベッドが入る普通の広さなのですが昨日のラスベガスの大きな部屋と比較してしまいました。後でこのベッドの足もとに予備のベッドを置きます。
c0153302_8222490.jpg

バスが付いていました。この辺が歴史ある豪華ホテルというところでしょうか。
c0153302_8225283.jpg


5時半で日の入りまで2時間あったのでホテルのレストランに行くことにしました。
この時間だと予約なし、待ち時間なしで入れました。

100年前の木造のロッジの雰囲気をそのまま保っているレストランです。
c0153302_8232758.jpg

ただし、メニュー、サービス、テーブルセッティングなどは街のレストランと変わりません。
c0153302_8235081.jpg

お皿はEl Tovarの紋が描かれていました。
c0153302_824069.jpg

私達は野菜サラダをシェアし、お勧めのマヒマヒ、ニジマス、きのこステーキから選びました。
美味しいパンでした。
c0153302_8244791.jpg

ワインはソービニョン・ブランを頼みました。
きりっと冷えたワインが来ました。
c0153302_8253431.jpg

サラダと可愛い山羊の模様の取り皿です。
c0153302_8255289.jpg

c0153302_8351255.jpg

メイン。それぞれ美味しい料理でした。
c0153302_8272211.jpg
c0153302_827199.jpg
c0153302_8264475.jpg

実は入る時山のレストランだから簡単に1時間で済まそうと言って入ったのですが気がついたら日の入り15分前になっていました。
大急ぎでチェックし外に出ました。大誤算です。


案の定、丁度日が沈む所でした。
c0153302_8275554.jpg

隆起した平原が削られて溝になった所なので夕日が当たるのは沈む前です。
渓谷は既に闇に暮れかけています。壮大な夕日を見損なってしまったようです。
c0153302_8275946.jpg

渓谷は東西に削られているので、溝の中央付近の岩にはまだ夕日が当たっていました。
c0153302_8283687.jpg

c0153302_8285211.jpg

マジックアワーの気持ちのいい時間帯となりました。さわやかな風に当たりながらリム沿いに散歩することにしました。
c0153302_8292893.jpg

静かに暮れていく渓谷を見ながら時間の流れを感じます。
c0153302_830471.jpg

しばらく歩くと、ホテルがブルーモーメントの空に浮かび上がっていました。
c0153302_8292722.jpg

渓谷も闇に沈んでいきます。
c0153302_8302993.jpg

見上げればくっきりした三日月が高く上っていました。
c0153302_8304647.jpg

c0153302_8305957.jpg

風が強まり寒くなってきたのでホテルに帰りました。多くの人が散歩したり岩の上などに佇んだりしてこの時間を楽しんでいました。

この後、ホテルのバーで飲んで寝ました。


ホテルの予約に関して;
6月末に予約した時は10月まで公園内のどこのロッジも満室でした。ホテルの人からキャンセルが入るのが30日前が多いと聞いていたので30日前に予約サイトを調べると唯一Maswik Lodgeに空き室が出来ていたので予約を入れました。
この予約の時キャンセル待ち登録はできないと言うのでそれから何度か電話しました。ちなみに公園内の宿泊はXanteraというところが全部仕切っています。その時、El Tovarは昔のホテルなので部屋は狭くStandardは2人まで、家族はDeluxかSuiteと言われました。可能性が限られているのです。(また、渓谷が見下ろせるのはテラスのある3つのSuitだけだそうです)
そして3日前、運よくDeluxが空いたとのことでした。ただしエレベータ無しの3Fだと。料金は350ドルと高めでした。

ナビに関して:
日ごろ使っているGAMMINという携帯型のナビに目的地毎の行き先を旅行前に登録して使っていました。ところがグランドキャニオン・ビレッジは歩いて回れる程の広さですが予約時にもらったホテルの住所ではナビに正確な位置を入力できませんでした。モニュメントバレーもそうですが入力に工夫が要りました。
Google Mapsでホテルの名前で位置を確認し、駐車場の位置をGAMMIN上に乗っているストリート上で登録しました。そのストリートは住所とは違っていました。理由は後で分かるのですがこれにより問題なく駐車場に到着しました。

[2013.08.10]

次へ(第三日目-グランドキャニオン・日の出と駅)    [目次]

 
by AT_fushigi | 2013-09-10 05:33 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2013年08月-北米-グランドサークルー第一日目-ラスベガスぷらっと街歩き



荷物を置いて外に出ます。

ベッラジオの1Fのカジノを見物して噴水の時間を待ちます。
長女が「ホテルに帰ってきたら100ドルで勝負しよう」と言ったのですが...

ベラッジオの道路を隔てた反対側はバリーとパリ(Ballys Paris)ホテルです
c0153302_955865.jpg

噴水です。正面からでも良いのですが子供がパリスのエッフェル塔と噴水が写るところが良いと言うので北の端に。結構同じ考えの人がいてカメラ愛好家で混んでいました。
音楽と共に噴水のでショーが始まりました。
c0153302_9555193.jpg

そして、エッフェル塔と噴水。噴水は前後の2重になっていますが私のカメラでは前の低い噴水までしか写りません。
c0153302_955135.jpg


プラプラと人の流れに乗って北方向に歩きます。

フラミンゴホテルはこのトレードマーク電飾。
c0153302_9563346.jpg

シーザーホテルは以前泊った時より大きくなっているように思いました。15年以上前ですので。
c0153302_95704.jpg


ヴェネチアンとパラッツォ(Venetian & Palazzo)ホテル。
c0153302_957283.jpg

ヴェネチアンホテル内のヴェネチアの町を模したショッピング街へ。
c0153302_9584349.jpg

運河がありゴンドラも楽しめます。
c0153302_9595819.jpg


今日の夕食は運河沿いを歩いていて見つけたイタリアンZeffirinoにしました。
1Fはバーで入ると2Fに案内されました。
イタリア人家族が経営していると言うだけあって雰囲気はイタリアです。スタッフもイタリア人が多いようです。
c0153302_9594428.jpg

少し高めのお値段ですがPre-fixが$50でリーゾナブルと判断してこれを取りました。
ワインはリーゾナブルな価格のヴェネトの赤ワインにしました。
c0153302_1001719.jpg

前菜はカラマリ、カルパッチョ等をシェアしました。
c0153302_1014413.jpg
c0153302_1013850.jpg

パスタは仔牛、チーズや果物のラビオリ、ジェノペーゼソースです。
c0153302_1014192.jpg

メインはSea Bassとステーキを半々とってシェアしました。
c0153302_1021297.jpg

c0153302_102223.jpg

コーヒを飲んで店を後にしました。味は普通でした。普通というのは褒め言葉です。


ミラージュホテルでの火山の噴火の今日の最後のショーをみたところで既に12PMになっていました。
c0153302_1023610.jpg

c0153302_1023776.jpg

家族も長旅で疲れていたのでカジノに寄らずにGO TO BEDです。


[2013.08.09]

次へ(第二日目-フーバーダム)    [目次]

 
by AT_fushigi | 2013-08-30 10:03 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

米国出張2010年09月-第二、三日目-レストランRusty Pelican



今日も朝から夕方まで閉じこもりで仕事。
Dinnerは一寸遠出でSeafood Restaurantへ。

c0153302_23503763.jpg

「Rusty Pelican」
-- Address: 2735 West Coast Highway, Newport Beach, CA 92663, USA
-- Phone: 949 642 3431
-- URL: http://www.rustypelican.com/
c0153302_23504580.jpg
c0153302_23505699.jpg

日の入りが綺麗だというレストランだそうですが仕事が長引き夕日は逃してしまいましたが確かにそう思われました。
c0153302_23513336.jpg

マジックアワーには間に合ったかも。
c0153302_23514436.jpg

テーブル間隔が狭いように思いましたが、内装も良かったです。
c0153302_23535623.jpg

メニューも素敵でした。
c0153302_2353436.jpg

前菜はシェアしました。イカリング揚げ、海老カクテル、カキで、普通でした
c0153302_23555357.jpg
c0153302_2356046.jpg
c0153302_2356848.jpg

スープはクラムチャウダ。アメリカの安全パイ。
c0153302_2356241.jpg

英語では初めて聞くお魚にしました。Opah(アカマンボウ)だそうです。
淡白でプリプリの美味しい魚でした。
c0153302_23564158.jpg

ワインの写真は無残にも手ぶれでエチケットも読めませんでした。ブランデーまで頂いてしまいました。
c0153302_013258.jpg

雰囲気が良いしワインも美味しく料理も美味しかったです。メインのOpahは美味しかったです。アメリカのレストランでは良い方ですが、もう少し工夫が有ればもっと美味しくなるでしょうという感じでしょうか。味付けと盛り付けのもうちょっとの改善でしょうか。

アメリカでの食事です。賑やかに喋り通しで楽しい時間を過ごしました。

三日目は特に書くこともなく仕事。夕食も和食なので...しかも...

次へ(
第四、五日目-LAXから帰国です)    [目次]
by AT_fushigi | 2011-09-20 00:02 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

米国出張2010年07月-第二、三日-Team Dinner

 
二日目はお仕事、そして夕食はケータリングでした。

三日の夕食はTeam Dinnerです。社内会議でも10人位以上集まると必ずTeam Dinnerです。
私もいろいろな人と話ができるので好きです。

California Cafe Bar & Grill
-- Address: 50 University Ave, Los Gatos, CA 95030-6021
-- Phone: (408) 354-8118
-- HP: http://www.californiacafe.com/

夏の6時、カリフォルニアの夕刻は明るく気持ちが良いです。
c0153302_22451481.jpg
c0153302_22454715.jpg
c0153302_22455746.jpg

テラスでワイン片手におしゃべりです。これが楽しい。クロスティーにやサテーを持ってスタッフが回ってきます。
c0153302_22461723.jpg
c0153302_22462534.jpg

人が集まったのでDinnerです。Team Dinnerはセットメニューです。
c0153302_2248546.jpg
c0153302_2249395.jpg

前菜は Brie & Leek Tart。美味しい。
c0153302_22545318.jpg

サラダのあとメイン。私はFilet Mignonを選びましたが米国らしく塩梅がよろしくない。Halibutのほうが正解だったかもしれません。
c0153302_22551150.jpg
c0153302_22552369.jpg

デザートはプチケーキ3種。これなら私にもOK。エスプレッソといただきました。
c0153302_22582137.jpg

帰りにはすっかり暮れていました。
c0153302_22585845.jpg


次へ(第四、五日-MyChoice)   [目次]
by AT_fushigi | 2011-04-29 22:59 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

米国出張2010年04月-第二、三日目-サプライズDinner


第一日目は仕事ONLY。日本人だけでアメリカン日本食。

第二日目はTeam Dinnerのイベントが。San Jose Tech Musuem でのDinnerです。
San Jose Tech Musuem はSan Joseの中心にありSilicon Valleyの歴史館です。15年位前に行ったことがありますが結構楽しめました。まだ、Silicon Valleyが元気だったと言うと失礼かもしれませんが。確かパルアルトのHPの創業小屋というか納屋が移設されていたと記憶しています。
子供とくれば一日中楽しめるようになっています。

さて、びっくりしたことにこの博物館の2階を貸しきってロビーというか通路というかでDinner Partyです。こんなこともできるのですね。調べてみると確かにHPによればメンバーになればBirthday Partyもできるとあります。これに乗ったのでしょうか。

何やらチケットをもらってエスカレータで2階へ。
c0153302_17444653.jpg

2階の展示室は出入り自由なのでまずワイン片手に見学です。子供が実際に触って楽しめるように工夫されています。
(残念ながらカメラの電池切れでしたので古い携帯電話のカメラの写真です。)
c0153302_1745651.jpg
c0153302_17451695.jpg
c0153302_17452445.jpg
c0153302_17453728.jpg


最後はワインとイタリアンでおしゃべりになってしまいました。
c0153302_1745529.jpg


第三日は仕事ONLYで、夕食もケータリングでした。
ちょうど日本同様気候の変化が激しかったです。4月というのに寒くてしょうがなかったです。
着いた日と第二日は曇り。
c0153302_17532239.jpg

第三日目にやっとカリフォルニアの青い空になりました。
c0153302_17533840.jpg


次へ(第四日目-ピンボール@SFO博物館)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-09-24 17:53 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

米国出張2010年03月-第四日目-チームディナー


四日目は最終日。チームディナーです。

海の側のMariottの中のHawaiianレストランです。

"San Diego Marriott Hotel & Marina"
-- Address: 333 West Harbor Drive, San Diego, California 92101
-- Phone: 1-619-234-1500
-- HP: http://www.marriott.com/hotels/travel/sandt-san-diego-marriott-hotel-and-marina/
c0153302_1828021.jpg

Gaslamp地区から行くとき踏切があり、運悪く長い長い貨物列車が過ぎました。kmの長さだという人もいました。通り過ぎるのに10分くらい掛かったように思います。
c0153302_18281685.jpg

レストランは”Fのレセプションから外の橋を渡り、一階降りてうろうろしていたら見つかりました。分かりにくい場所でした。
"Roy's Hawaiian Fusion Cuisine"。Party Dinnerなのでメニューはメイン以外は決まっています。
c0153302_18283210.jpg

Appetizer: Tiger Shrimp Cocktail, Baby Back Ribs, Lobster Potstickers, Tempra crusted Ahi Roll
餃子のようなもの意外は美味しかったです。
c0153302_18284317.jpg

Island Fresh Salada
c0153302_1829014.jpg

Mainは4つくらいあったのですが皆でMixed GrillかMahi Mahiを頼んでshareしました。Mixed Grillはフィレミニヨン、ラム、ポーク、ショートリブ。
c0153302_18292935.jpg
c0153302_18293739.jpg

最後にデザート。これも皆でshare。
c0153302_18332668.jpg
c0153302_1830318.jpg
c0153302_1830843.jpg

楽しいおしゃべりでしたが次の日は朝5時出発なので大人しく部屋に帰りました。

次へ(米国出張2010年03月-第五、六日目-帰国)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-06-03 18:31 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

米国出張2010年03月-第二、三日目-和食2連荘


二日間はBusiness Dinnerでした。

San Diegoの新名所Gas Lamp地域で楽しみました。Gas Lamp地区は球場近くの地域を再開発し、おしゃれなお店やレストランが並んでいます。昨日の”Yard House"も地域内です。

二日目のDinnerは有名店”Nobu"です。

"Nobu San Diego"
-- Address: 207 Fifth AvenueSan Diego, CA 92101
-- Tel: 619.814.4124
-- HP: http://www.noburestaurants.com/sandiego/index.html#975

"Nobu"は高級レストランという人もいますが、日本人のセンスでは創作和食の居酒屋です。ただ値段は高級レストラン並ですが。LAのビバリーヒルズのお店"Matsuhisa"のほうがもっと居酒屋風です。ビジネスとして大成功しているので「紅花」同様注目度高いです。
日本にある創作和食と同じような感じですが、海外でこういうお店があると助かります。特に外人のお客様には喜んでいただけます。

カルパッチョ+お刺身などは私はあまり好きでは有りません。今回は海胆の豪華盛りがあって楽しみました。

実は電池切れで写真はありません。

三日目のLunchはホテルでBusiness Lunchです。

"San Diego Marriott Gaslamp Quarter"
-- Address: 660 K Street San Diego, California 92101 USA
-- Phone: 1-619-696-0234
-- HP: http://www.marriott.com/hotels/travel/sangl-san-diego-marriott-gaslamp-quarter/

ここは元銀行を昔の設備を残しながら改造したホテルでレセプションは昔の銀行の窓口です。
外観等の写真を撮るチャンスが無かったので、HPから写真を引用しました。
c0153302_12232827.jpg
c0153302_12233383.jpg

Business Lunchは地下です。地下には当時の金庫が開いた状態で展示されています。この厚い扉や鍵に注目です。貸金庫も会議室です。
c0153302_12253493.jpg
c0153302_12253928.jpg
c0153302_12254415.jpg


三日目のDinnerは最初はSushi Takaを予定していましたが、空いている席が戸外だったのでやめました。このシーズンにしては非常に寒い日が続いていて皆さん戸外は遠慮しました。

気さくなお客様だったのでお洒落ではないが新鮮なお寿司が頂けるという"Sushi Bar Nippon"へ。米国営業が探してきたお店です。
"Sushi Bar Nippon‎"
-- Address: 532 4th Avenue, San Diego, CA 92101-6905
-- Phone: 1-619 544-9779‎

c0153302_12431578.jpg

名前が気になって、WEB検索すると評判の良し悪しの差が大きいので心配しました。しかし、日本人の感覚では普通でネタも新鮮で、海外のお客様にも喜んでもらえました。おそらくセットメニューがカリフォルニア巻きとかスパイダー巻きとかいかにも外人向けで、評判悪いのだと思います。日本のお寿司の出し方で良いと思うのですが。
「ゑびす」で始め、お酒は玉の光を勧められたのでいただきました。中トロは美味しかったのですが、何度か頼んだのですが、あっという間に皆さんの口に入ってしまい写真を撮る暇もありませんでした。写真の一貫は私のです。

c0153302_12432883.jpg
c0153302_12433639.jpg
c0153302_12434139.jpg



次へ(米国出張2010年03月-第四日目-チームディナー)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-06-03 12:45 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)