2018年  海外出張-喜怒哀楽-

Explorer 8以上をお使いの方はURL(ホームページアドレス)を入力する欄の横の「互換表示」をクリックしてご覧ください。ChromeではFlash Playerがセキュリティの問題でしょうか自動起動されません。自動起動したい方は「chrome://plugins」でFlash Playerを「常に実行を許可する」に設定してください。
正確な記述に努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。

[お知らせ]
中国赴任、日本中国での手続きなど書いてみました。中国赴任体験記
中国駐在中の生活や食事などいろいろを徒然なるままに書いてみました。中国滞在記
個人事業主(コンサルタント)の確定申告のいろいろを書いてみます。コンサルタント奮闘記
[報告予定]
div>
[2018.07.17] 急に忙しくなりました。中国旅行の連載を再再開したいのですが。
先日イタリアでのスピード違反の通知を受け罰金を支払いました。その顛末記をアップしました。
ハワイ島で船上から溶岩観察ツアーが溶岩被弾したようですが、私たちが行った5月は探しましたが船上ツアーを見つけることはできませんでした。
[2018.06.05] 昨年正月の中国旅行の連載を再開しました。福建土楼は「行きたい」場所でした。4人まで2万円程度(入場料を入れると)のプライベートガイドでしたが、時間の制限もゆるくじっくり見ることができ満足しました。いいガイドに当たったのかもしれません。
[2018.06.02] 昨年9月のノルウェー・スウェーデンの出張を一気に進め完了しました。絵画も多く鑑賞でき、フィヨルドを旅し、美味しいものを頂いきました。
[2018.05.27] 「横山大観展」@国立近代美術館に鑑賞に出かけました。最終日だったためかチケットを買うのに数十人の列ができていました。大好きな卒業制作の「村童観猿翁」や初期の絵「菊慈童」など、インド旅行の後の「白衣観音」「流燈」、大作「夜桜」「紅葉」、長さが40mもある「生々流転」など楽しむことができました。
[2018.05.25] ハワイに行ってきました。マウナケア山頂でみた夕日は忘れることができません。残念ながらマグマには近づくことはできませんでした。
JALを利用しました。ANAのサービスレベルが下がっていると思っていましたが、昨年のべトナム今回のハワイでJALレベルを体験してその思いをますます強くしました。
[2018.05.09] ハワイ島のキラウェア火山が噴火しましたが実は19日から家族とハワイ島に行く予定です。オアフ島2泊、ハワイ島2泊の短い旅行ですが家族で楽しみにしていました。今は様子見ですが、これも面白いだろうという感じです。
[2018.05.02] 「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」@国立新美術館を鑑賞してきました。タイミングを逃し閉幕直前になってしまいました。素晴らしい展覧会でした。若いころの夢を実現させた個人収集家の情熱に感動です。チューリッヒ美術館に展示されることになったら訪問してみたいと思いました。

今までの短信とUP履歴はこちら

==== 最近の記事 ==================================

==== カテゴリー ================================
出張・旅行記録 (2013-)、 出張・旅行記録 (2012-2007)  
■ 出張・旅行[中国・香港・台湾]
California滞在記
Googleの遊び心  百度のDoodle  
[2013.12.29] 日々徒然-歳時記-Googleの遊び心_131229_番外編・1158で10を作る
蘊蓄
美術鑑賞(記録)
十に一つでも行けたなら(美術展)
2018年 1月、2月、3月4月5月6月7月、8月、9月、10月、11月、12月
2017年 1月、2月、3月、4月、5月、6月7月8月、9月、10月、11月12月
Annunciation(受胎告知)
以下ほぼ休眠状態
国内旅行・散歩  ■ 飛行機・空港  ■ 観劇・コンサート  
レストラン(日本のみ)  ■ お酒  Starbucksご当地タンブラー  ■ 付録

==== 連載記事 =================================

出張・旅行記事一覧 : 2007年12月から2012年   2013年1月から

   第二日目-オスロ・駅で荷物を預けて周遊券購入
   第二日目-オスロ・ムンク美術館
   第二日目-オスロ・国立美術館
   第二日目-オスロ・王宮、近衛兵交代
   第二日目-オスロからベルゲンへ
   第二日目-ベルゲン・ブリッゲン
   第二日目-ベルゲン・フロイエン山
   第二日目-ベルゲン・最高のシーフードレストラン、ENHJORNINGEN
   第三日目-ベルゲン・朝
   第三日目-フィヨルドクルーズ・チケットなど
   第三日目-フィヨルドクルーズ・ベルゲン-ヴォス-グドヴァンゲン
   第三日目-フィヨルドクルーズ・クルージング
   第三日目-アウルランド・ステガスタイン(展望台)
   第三日目-アウルランド村散策
   第四日目-フラム鉄道
   第四日目-ベルゲン鉄道でベルゲンへ
   第四日目-ベルゲン市内再び散歩
   第四日目-ベルゲン-オスロ-ヨーテボリ
   第五・六日目-ヨーテボリ散策・演奏会
   第七日目-ヨーテボリ美術館
   第七日目-ヨーテボリ・ハーガ(HAGA)歴史地区
   第七日目-ヨーテボリ・旧市街
   第七日目-ヨーテボリ・埠頭
   第八日目-ヨーテボリ・最高のシーフードレストラン
   第九日目-帰国
   第七日目-(II)コロンス島/鼓浪屿-番婆楼、三一堂など


   第一日目-上海へ、困った中国航空事情
   第二日目-(I) 上海浦東新区・高層ビル
   第二日目-(II) 東方明珠・外灘観光隧道・外灘
   第二日目-(III) 豫園老街、上海老飯店
   第三日目-(I) 上海・南翔饅頭店
   第三日目-(II) 上海・豫園
   第三日目-(III) 上海・フランス租界・静安寺・南京西路
   第四日目-(I) 上海・朱家角古鎮(I)
   第四日目-(II) 上海・朱家角古鎮(II)
   第四日目-(III) 上海・浦東・外灘夜
   第五日目-上海から厦門へ
   第六日目-(I)福建土楼ー出発
   第六日目-(II)福建土楼ードライブ
   第六日目-(III)福建土楼ー客家土楼とは
   第六日目-(IV)福建土楼ー和貴楼・昼食
   第六日目-(V)福建土楼ー雲水謡
   第六日目-(VI)福建土楼ー懐遠楼
   第六日目-(VII)福建土楼ー塔下村
   第六日目-(VIII)福建土楼ー裕昌楼
   第六日目-(IX)福建土楼ー田螺坑土楼群(I)
   第六日目-(X)福建土楼ー田螺坑土楼群(II)
   第六日目-(IX)福建土楼ー田螺坑土楼群(III)
   第七日目-(I)コロンス島/鼓浪屿へ出発
第七日目-(II)コロンス島/鼓浪屿-北部散歩、八卦楼など

   計画・準備
   帰国報告

   準備・変更
   第一日目-スペインへ出発
   第一日目-スペイン到着
   第二日目-マドリッド-コルドバAVEの旅
   第二日目-コルドバ・メスキータ
   第二日目-コルドバ・メスキータ、モスク
   第二日目-コルドバ・メスキータ、カテドラル
   第二日目-コルドバ・花の小路
   第二日目-グラナダ・アルハンブラ宮殿(I)
   第二日目-グラナダ・アルハンブラ宮殿(II)、カルロス5世宮殿、アルカサバ
   第二日目-グラナダ・アルハンブラ宮殿(III)、ナスル朝宮殿(I)・メスアール宮
   第二日目-グラナダ・アルハンブラ宮殿(IV)、ナスル朝宮殿(II)・コマレス宮
   第二日目-グラナダ・アルハンブラ宮殿(V)、ナスル朝宮殿(III)・ライオン宮

UP完  : 中国国内出張2016年11月-久しぶりの顧客訪問、寧波、蘇州、成都、深圳
UP完  : 家族小旅行2016年05月-諏訪・木曽路・遠州気ままドライブ
UP完  : 家族旅行2014年12月-サンフランシスコ・ナパ・ヨセミテ/CA
UP完  : 家族旅行2014年08月-北米-イエローストーン・グランドティトン国立公園
UP完  : 家族旅行2013年08月-北米-グランドサークル
UP完  : 家族旅行2012年08月-中欧-クロアチア・ハンガリー・スロバキア・オーストリア・チェコ
UP完  : 中国出張2010年12月-週末旅行-上海・水郷古鎮
UP完  : 欧州出張2015年01月-天候大荒れの予報?偶然出会ったモンツァの王宮と美術・写真鑑賞
UP中断 : 米国欧州出張2012年08-09月-予定が有って無いような長期出張
UP中断 : 中国出張2010年12月-初めて週末を過ごした中国出張

出張・旅行記事一覧 : 2007年12月から2012年   2013年1月から



# by AT_fushigi | 2018-12-31 23:59 | ご挨拶・予定 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第七日目-(IV)コロンス島/日光岩


博餅日光岩です。漢民族の英雄「鄭成功」が生まれた日本のことを思い名付けたと言いますがその由来は分かっていません。
さて西林門から入ります。入場料は60元です。
c0153302_16373371.jpg

入門すると近くに「鄭成功記念館」があるようですがパスしました。
c0153302_16375050.jpg

ガジュマルから繊毛が垂れ下がり南国の風景です。アイスクリーム屋ですがそこまで暑い日ではありませんでした。
c0153302_16384665.jpg


日光岩です。案内に従って登っていきます。
c0153302_16384690.jpg

c0153302_16384617.jpg

所々に展望台があり島の北側の広がりを見ることができます。訓練でしょうか遠くに大きな声を出して更新する兵士が見えました。ここで「鄭成功」が兵隊の訓練を行ったことを思い出しました。
c0153302_16511708.jpg

岩の頂上が見え易くした広場もありました。
c0153302_16511857.jpg

「八卦楼」の赤い円天井が見えます。
c0153302_16511842.jpg

頂上近くの階段です。
c0153302_16511837.jpg
頂上です。この日はあまり並んでいませんでした。
c0153302_16511828.jpg

ここからの手前に島の西洋風の建物越しに厦門のダウンタウンのビルが見えます。カメラスポットですが午後になると暖気で霞んでいます。それでもたくさん撮りました。
c0153302_16511804.jpg


岩を下ります。行きには通らなかったところを見て回ります。
面白い銅像です。兵士たちがやっているのは、そう「チンチロリン」。「中秋博餅」というそうで「鄭成功」が「中秋」に兵士の慰労のために月餅を賞品にして行ったのでそういう名前がついたそうで、厦門では現在も中秋の頃に家族や会社などで行われているそうです。
c0153302_17113199.jpg

そばに「中秋博餅」の説明がありました。1等一個、2等2個、・・・、6等32個の月餅が用意されたそうです。1等は「状元」など、等級は科挙に由来する名前がついていたそうです。
c0153302_17113222.jpg


岩をぐるり回っていると切り立った断崖の下にお寺が見えました。
c0153302_17113267.jpg

これを目指しておりました。
c0153302_18584619.jpg

観音様です。
c0153302_18584679.jpg

「日光巌寺」つまり「日光岩寺」です。
c0153302_18584659.jpg

お寺の階段を降りている屋根の上に何匹か猫がいました。
c0153302_18584715.jpg




# by AT_fushigi | 2018-07-18 19:08 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

旅の線-車-イタリア・スピード違反・顛末


ついに来ました。
正月休みにシチリア/南イタリア家族旅行しました。その時スピード違反をしたらしく罰金請求が来ました。
イタリア人に聞くと納めたほうが良いというので銀行手続きしてきました。
この秋にローマに仕事で行こうと思っているのでトラブルは起こしたくないからです。

イタリアでは古い町の狭い道路での運転に気を使います。一方、幹線道路はあまり問題なく、イタリア人はビュンビュン飛ばしますが、私は運転はスピード違反を心配し下記に従っています。
「高速道路で時速130㎞、主要幹線道路では時速110㎞、副幹線道路は時速90km、居住地一般道路は速度50㎞となります。一部例外で70kmまで認められる居住地区もあります。」(イタリア政府観光局)
特に、幹線道路では周りの車に合わせて運転しています。スピード違反ディテクターのある所では流れがゆっくりになるので注意します。日本と同じでディクターのある所は表示されていますが、右側通行で見逃す可能性もありますので周りの車に注意しています。
イタリアの幹線道路には「TUTOR」というスピード違反取締システムがあります。「MyWAY - Autostrade」というアプリで走りながらその位置を知ることができるそうですがWiFiが無制限ならいいのですが...
今回はシチリアからアルベロベッロに移動中に違反したようです。長靴の底を走っている時だったようです。
その顛末を報告します。

1月9日に何事もなくレンタカーを返却し日本へ向けて飛び立ちました(ミュンヘン経由ですが)。
3月24日にHERTZからイタリア語と英語のメールが来ました。管轄官庁から交通違反のドキュメントが来たので添付をよく読んでほしいとのことでした。
添付にはイタリア語の警察オフィスからのドキュメントとHERTZからのイタリア語と英語のお手紙がありました。
HERTZのお手紙には
(1) 交通違反のドキュメントが来た
(2) 規則に従ってあなたのデータを管轄官庁に提出した
  (Article 196 of the Italian Traffic Code)
(3) あなた宛てにドキュメントが来ると思うので対応すること
  (払うか異議申し立てをするか)
(4) レンタル契約に従って情報提供の費用を後ほど請求する
(5) 本件に関しこれ以上私たちには関係ない。官庁と直接やってくれ。
(6) これは自動送信されたものである。
c0153302_12060094.jpg

警察からのドキュメントはイタリア語でちんぷんかんぷんです。ただ、英語で支払要求ではないよ(Copy Not For Payment)と背景にあります。HERTZの指示は待つようにです。待ちましょう。
ただ、一部拾って翻訳してみると面白い記述がありました。
(1) ドキュメントの起草日:1月9日
   なぜ3月24日になったのかはHERTZの問題か。イタリア人の習慣か。
(2) 検出について:2点間の走行速度による平均速度で検出。
   2.5797kmの距離を84.6020秒で通過したので計算速度は時速109.0km。
   測定誤差は5%なので時速103.55km(109*95%)に対して罰金。
   速度制限は時速90kmなので13.55kmのオーバー。
(3) 罰金:169から680ユーロの罰に相当。169ユーロの場合減額の可能性がある。
(4) 罰金の支払い:
   5日以内なら30%の減額+手数料で133.3ユーロ(169*0.7+15)
   5日より60日以内なら15ユーロの手数料を加え184ユーロ (169+15)。
   1月9日から60日過ぎて通知するHERTZはどうなっているの。
c0153302_12495262.jpg


同日(3月24日)HERTZから上記情報提供の費用の支払通知がありました。レンタルしたときのクレジットカードから引かれます。
手数料25ユーロ+VAT(22%)5.5ユーロ=30.5ユーロ。
高すぎだろうと思いましたが契約とのことなのでどうしようもないと諦めます
契約書を探す手間が嫌でそういう金額だったかどうか確認していません。
c0153302_13001759.jpg


で、忘れたころにイタリアからお手紙をいただきました。
7月3日に書留封書が郵便で届きました。
英語で3月のドキュメントと同じような内容でした。違いは罰金の額でした。
(1) 発行:6月21日
(2) 違反切符を1月9日に発行
(3) 罰金は199ユーロ、7月21日までに支払う事
   169ユーロが199ユーロになって理由は記述無し
   英語ドキュメント発行の手数料追加か?
(4) 支払先情報(郵便局の様だ)
   クレジットカード支払いではなく振込
(5) 異議あるならREPLY FORMに書いて送付
(6) 2.5797kmの距離を84.6020秒で通過、13.3kmのオーバー
   5%の精度に関する記述無し。
c0153302_13152280.jpg


ここで迷うわけです。"To pay or Not to pay?"
最初は「イタリア人が支払うわけないよなあ」と思ったのですがどうもそうではないようです。
相談すると支払ったほうが良いと言われました。
また、国内だけではなくEU内でそういう情報データベースの共有が進んでいるという事でした。
HERTZのお手紙には名前と住所を知らせたとありました。
それを信じると、パスポート番号は知らせてないわけで、支払わなくても入国拒否とかは無いと思います。でも、万が一の時面倒にならない様支払うことにしました。
結局、銀行で数千円の手数料を払って199ユーロ払いました。国内とイタリアでの手数料が合計20%を超えました。

[2017.07.08]


# by AT_fushigi | 2018-07-08 17:37 | 旅の点と線 | Trackback | Comments(0)

十に一つでも行けたなら(美術展案内)...2018年07月


情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。美術鑑賞は私が行けそうな東京、横浜近辺を中心に紹介していますが、全国の美術館に広げようと少しずつ増やしています。
入館は閉館の30分前のところが多いので早めにお出かけください。イメージは文中WEBサイトより引用。ダブルクリックで拡大するものもあります。



-----------------------------
------   2018年07月 美術展案内詳細  ------
-----------------------------

< 6月                      8月 >

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京 [関東関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<<<上野+両国>>>

  特別展「縄文―1万年の美の鼓動」
  2018年7月3日(火) ~9月2日(日)

  「ミケランジェロと理想の身体」
  2018年6月19日(火)~9月24日(月)
  休館 月曜日、7月17日(火)
    (ただし、7月16日、8月13日、9月17日、9月24日は開館)
  開館時間:9:30~17:30 (金、土曜日は~20:00)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展は、《ダヴィデ=アポロ》《若き洗礼者ヨハネ》というミケラン
    ジェロ彫刻の傑作を核に、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの作品
    約70点の対比を通して、両時代の芸術家が創りあげた理想の身体美の
    表現に迫ります。
c0153302_17503929.jpg

  「プーシキン美術館展──旅するフランス風景画」
  2018年4月14日(土)~7月8日(日)
  休館 月曜日、2月13日(火) (ただし、ただし、4月30日(月・休)は開室)
  開館時間:9:30~17:30 (金曜日は~20:00)
  一般1,400円、大学生1,100円、高校生600円、中学生以下は無料
  [概要] (HPより)
    珠玉のフランス絵画コレクションで知られるモスクワのプーシキン美術館
    から、17世紀から20世紀の風景画65点が来日します。神話の物語や古代
    への憧憬、あるいは身近な自然や大都市パリの喧騒、果ては想像の世界に
    至るまで、描かれた時代と場所を軸にフランス近代風景画の流れをご紹介
    します。
c0153302_16030595.jpg

  「没後50年 藤田嗣治展」
  2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
  休館 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
    (ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、
    10月1日(月)、8日(月・祝)は開室)
  開館時間:9:30~17:30 (金曜日は~20:00)
  一般1,400円、大学生1,100円、高校生600円、中学生以下は無料
  [概要] (HPより)
    嗣治(レオナール・フジタ 1886-1968)が世を去って50年目にあた
    ります。この節目に、日本はもとよりフランスを中心とした欧米の主
    要な美術館の協力を得て、画業の全貌を展覧する大回顧展を開催します。
c0153302_23385317.jpg

  「ミラクル エッシャー展」
  2018年6月6日(水)~7月29日(日)  休館:会期中無休
  開館時間:10:00~17:00(金曜日~20:00)
  一般1,600円、大学・高校生1.200円、中・小学生600円
  [概要] (HPより)
    「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる20世紀を代表する奇想の
    版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャ-(1898-1972)。
    コンピュータのない時代に「版画」で作られた緻密かつ独創的で"ミラク
    ル"な作品は、数学者や建築家といった幅広い専門家やクリエイターに影
    響を与え、今もなお多くの人々を魅了し続けています。
    生誕120年を記念し開催する本展では、世界最大級のエッシャーコレクシ
    ョンを誇るイスラエル博物館から選りすぐりの約150点を日本初公開。
c0153302_10002139.jpg

  特別展「昆虫」
  2018年7月13日(金)~10月8日(月)
  休館日:7月17日(火)9月3日(月)9月10日(月)9月18日(火)
    9月25日(火)
    開館時間:9:00~17:00
    (金・土曜 ~20:00)
    (8月12日(日)~16日(木)、19日(日) ~18:00)
  一般・大学生 1,600円、小中高校生:600円
  [概要] (HPより)
    生態、多様性や機能、他の生物との関わりなど、幅広い視点から昆
    虫の魅力に迫り、その研究成果が現代社会でどのように活かされて
    いるのかを取り上げます。
c0153302_23511879.jpg

  「発掘された日本列島2018」
  2018年6月2日(土)~7月22日(日)
  休館日: 毎週月曜日、7月17日(火)(7月16日開館)
  開館時間:09:30〜17:30
  一般600円、大学480円・高校・中学生300円、中学生(都内)・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    全国で毎年8,000件近い発掘調査が実施されていますが、その成果に実際
    に触れる機会は極めて限られています。そこで、近年、とくに注目された
    出土品を中心とした展示を構成し、全国を巡回させることにより、多くの
    方が埋蔵文化財に親しみ、その保護の重要性に関する理解を深める機会と
    なる展覧会を開催します。
c0153302_10090694.jpg

<<<神田・東京・有楽町+竹橋>>>

  「金剛宗家の能面と能装束」
  2018年6月30日(土)~9月2日(日)
  休館日:月曜日、(7月16日、8月13日は開館)
  開館時間:10:00〜17:00(金曜日~19:00)
  一般1,300円/大学・高校生800円/中学生以下 無料
  [概要] (HPより)
    京都の金剛流宗家が所蔵される能面と能装束の展覧会です。幽玄の美
    を象徴する優品の多くは、東京では初公開となります。なかでも豊臣
    秀吉が愛蔵した小面三面「雪・月・花」のうち「雪」が同家に伝わっ
    ており、今回この「雪の小面」と、当館が所蔵する旧金剛宗家伝来の
    「花の小面」(重要文化財)が久方ぶりに再会します。

  「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」
  2018年6月28日(木)~9月17日(月・祝)
  休館日: 月曜休館
    (但し、7月16日、7月30日、8月27日、9月10日、9月17日は開館)
  開館時間:10:00~18:00
    (金曜、第2水曜、9月10日~13日は21:00まで)
  一般1,700円、大学生・高校生1,000円、中学500円
  [概要] (HPより)
    本展は、ルーヴル美術館名誉館長アンリ・ロワレット氏監修の下、
    18世紀後半から現代まで、約240年に及ぶショーメの伝統と歴史を
    紹介する日本初の展覧会です。
c0153302_17584884.jpg

  「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」
  2018年7月14日(土)-9月9日(日)
  休館日: 月曜日、7月17日(火)(但し、7月16日、8月13日、9月3日は開館)
  開館時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで)
  一般1,000円、大学生・高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    今なお広く愛され続ける画家・絵本作家、いわさきちひろ生誕100年を
    記念し、ちひろをあらためて「絵描き」として捉え返す回顧展を開催し
    ます。
c0153302_00152217.jpg

  2015年5月18日から休館。


  「人麿影供900年 歌仙と古筆」
  2018年6月16日(土)~7月22日(日)
  休館日: 月曜休館(ただし、4月30日は開館)
  開館時間:10:00~17:00 (金曜は19:00まで)
  一般1,000円、大学生・高校生700円、中学以下無料
  [概要] (HPより)]
    宮廷文化の象徴である和歌の世界。歌仙として選ばれし歌人たちは、
    絵姿として伝えられ、その秀歌は麗しき仮名文字で書き伝えられてい
    ます。今年は、歌会の儀礼である“人麿影供(えいぐ)”が創始されて
    より900年。これを記念し、重要文化財の佐竹本三十六歌仙絵「柿本
    人麿」はじめ歌仙絵の優品に、歌仙の秀歌を記した名筆を交えてご紹
    介します。
c0153302_00235539.jpg

  「ゴードン・マッタ=クラーク展」
  2018年6月19日(火)~9月17日(月・祝)
  休館日:月曜日(7/16、9/17は開館)、7/17(火)
  開館時間:10:00~17:00 (金、土曜日は20:00まで)
  一般1,200円、大学生800円、高校生・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    1970年代にニューヨークを中心に活躍し、35歳で夭折したアーティ
    スト、ゴードン・マッタ=クラーク(1943-78)。アート、建築、ス
    トリートカルチャー、食など多くの分野でフォロワーを生み続ける先
    駆者の、アジア初回顧展です。

<<<六本木・乃木坂>>>

  「ルーヴル美術館展 肖像芸術—
          —人は人をどう表現してきたか」

  2018年5月30日(水)~9月3日(月)
  休館日:毎週火曜日(ただし8月14日(火)は開館)
  開館時間:10:00~18:00
    (金、土曜日、5月6月は~20:00、以降~21:00)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    人の似姿を描出する肖像は、古代以来の長い歴史をもつ芸術ジャンル
    です。本展は、ルーヴル美術館の全8部門から選りすぐられた約110点
    の作品を通して、肖像の社会的役割や表現上の様々な特質を浮き彫り
    にします。
c0153302_10192457.jpg

  「琉球 美の宝庫」
  2018年7月18日(水)~9月2日(日)
  休館日:火曜日 (8月14日は18時まで開館)
  開館時間:10:00~18:00 (金・土曜日~20:00)
  一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    15世紀に統一王朝が成立し、400年以上にわたって東アジアを舞
    台に“万国津梁(世界の架け橋)”として繁栄した琉球王国は、諸国の
    至宝で満ちていたといわれています。
    本展覧会では、鮮やかな紅型に代表される染織や、中国・日本から刺
    激を受けて描かれた琉球絵画、螺鈿・沈金・箔絵などの技法を使った
    きらびやかな漆芸作品を中心に琉球王国の美をご紹介します。
c0153302_00371356.jpg

 「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」
  2018.4月25日(水)~ 9月17日(月)
  休館日:無休
  開館時間:10:00~20:00(火曜日は~17:00)
  一般 1,800円、高校・大学生1,200円、中学生以下600円
  [概要] (HPより)
    いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤
    忠雄、妹島和世など多くの日本人建築家たちが国際的に高い評価を得て
    いるのは、古代からの豊かな伝統を礎とした日本の現代建築が、他に類
    を見ない独創的な発<想と表現を内包しているからだとはいえないでし
    ょうか。本展は、いま、日本の建築を読み解く鍵と考えられる9つの特質
    で章を編成し、機能主義の近代建築では見過ごされながらも、古代から
    現代までその底流に脈々と潜む遺伝子を考察します。

<<<渋谷・恵比寿・目黒+表参道+白金台>>>

Bunkamuraザ・ミュージアム
  「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
  2018年11月23日(金・祝)~2019年1月27日(日)

  「光琳と乾山」
  2018年5月12日(土)~7月8日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,300円・大学生・高校生1,000円・中高生以下無料
  [概要] (HPより)
    尾形光琳(1658~1716)は、江戸時代のなかばに、日本美術における
    装飾の伝統を現代のデザインに伯仲する次元にまで高めた画家であり、
    意匠作家です。光琳の弟である乾山(1663~1743)は、やきものの世
    界に新風を巻き起こした陶芸家です。
    本展覧会は、美術史上類まれな二人の芸術家兄弟において展開した豊か
    な造形、ときに相反し、ときに響き合う美の世界を展観し、そこにどの
    ような美意識の交流があったのかを探り、ひいては光琳と乾山それぞれ
    の魅力を見つめ直そうとするものです。
c0153302_21391765.jpg

  休館
  2018年7月9日(土)~8月31日(日)

  「世界報道写真展2018」
  2018年6月9日(土)~8月5日(日)
  休館日:月曜日(ただし7月16日(月・祝)は開館)、7月17日(火)
  一般800円/大学生600円/中高生400円、小学生以下無料
  [概要] (HPより)
    世界中の約100会場で開催される世界最大規模の写真展「世界報道写
    真展」は今年で61回目を迎えます。今回は125の国と地域から4,548
    人のフォトグラファーが参加し、73,044点の応募がありました。その
    中から、「現代社会の問題」、「一般ニュース」、「長期取材」、
    「自然」、「人々」、「スポーツ」、「スポットニュース」、「環境」
    の部の8部門において、22カ国42人の受賞者が決まりました。
  
c0153302_12133652.jpg

  「琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―」
  2018年5月12日(土)~7月8日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,200円/大学・高校生900円/中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    2018(平成30)年は、江戸へ琳派を根付かせた酒井抱一(1761-1828)の
    没後190年、およびその弟子である鈴木其一(1796-1858)の没後160年
    にあたります。当館ではこれを記念し、俵屋宗達・尾形光琳・抱一を中心
    に花開き、近代・現代の日本画家やデザイナーに受け継がれた琳派の伝統
    をたどる特別展を開催いたします。
    本展では、当館が所蔵する琳派コレクションを中心に、宗達(絵)・光悦(書)
    《鹿下絵新古今集和歌巻断簡》(山種美術館)、光琳《白楽天図》(個人蔵)、
    《秋草鶉図》【重要美術品】(山種美術館)、其一《四季花鳥図》(山種美
    術館)をはじめとする琳派の画家の優品を一堂に展示します。
c0153302_11162050.jpg

  「水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお―」
  2018年7月14日(土)~9月6日(木)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,000円/大学・高校生800円/中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展では、当館が所蔵する江戸時代の浮世絵から近代・現代の日本画
    まで、水が描かれた作品を厳選し、ご紹介いたします。奥入瀬渓流に
    取材した奥田元宋《奥入瀬(秋)》、鳴門海峡の渦潮を描いた川端龍子
    《鳴門》や奥村土牛《鳴門》は、川や海の流動する姿を生き生きと捉
    えています。また、土牛《那智》や千住博《ウォーターフォール》に
    おいては、勢いよく流れ落ちる滝が迫力ある大画面に描かれ、水の持
    つ神聖さも感じさせます。一方で、激しい夕立のなか、橋を行き交う
    人々を描いた歌川広重(初代)《名所江戸百景 大はしあたけの夕立》[後
    期展示]や、雨に煙る山路を表した川合玉堂《渓雨紅樹》は、情趣豊か
    に雨の風景を描き出しています。
c0153302_09292040.jpg

  松岡コレクション「 ― エコール・ド・パリを中心に」
    「― 水のうつわ・空のうつわ 涼を招く東洋陶磁」

  2018年6月5日(火)~10月13日(土)
  休館日:月曜日 (ただし、祝日の場合は翌日)
  開館時間:10:00~17:00 
  一般800円、中高・大学生 500円、小学生 無料
  [概要] (HPより)
    
c0153302_12225765.jpg

<<<新宿・(池袋)+千駄ヶ谷+護国寺>>>

  「巨匠たちのクレパス画展」
  2018年7月14日(土)~9月9日(日)
  休館:月曜日(ただし7月16日は開館、翌17日も開館)
  開館時間:10:00~18:00
  一般1,000円・大高生700円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展では、サクラアートミュージアムの絵画コレクションから、クレ
    パス開発と普及に関わった画家・山本鼎(かなえ)をはじめ、大正か
    ら昭和にかけて日本画壇で活躍した巨匠たちを中心に、現代の作家た
    ちの作品も併せて紹介します。100人を超える作家たちの魅力あふれ
    るクレパス画の競演をどうぞお楽しみください。
c0153302_09380517.jpg

  「大きな絵画と小さな絵画」
  2018年7月3日(火)〜7月16日(月・祝)
  休館:7月9日(月曜日)
  開館時間:10:00~17:00(金~19:00)
  無料
  [概要] (HPより)
    ShinPAは東京藝術大学デザイン科出身者で作家として活動を続けるグル
    ープです。大作発表の場として長野県のおぶせミュージアム・中島千波
    館と東京の佐藤美術館の2箇所を拠点として毎年活動を続けてきました。
c0153302_09421440.jpg

  「近代日本の洋画展」
  2018年5月26日(土) ~ 7月16日(月・祝)
  休館:月・火曜日(祝日の場合は水曜日以降に振替)
  開館時間:10:00~17:00(金は~19:00)
  一般500円・学生300円・少学生以下無料
  [概要] (HPより)
    明治・大正・昭和にわたり光彩を放った日本の近代洋画壇。そこには、
    洋の技法と和の感性との対峙、融和の中、新しい洋画を創り出さんとす
    る、溢れんばかりの気概がうかがわれます。
    今回の展示では、近代日本の洋画が成立し発展していく歩みの中から、
    昭和12年(1937)に第一回の文化勲章を受賞した岡田三郎助と藤島武
    二の二人のほか、中沢弘光、山本森之助、三宅克己らを中心に、真摯な
    気性を持って描かれた、佳作の数々をご覧いただきます。
c0153302_12394573.jpg


<<<そのほかの地域>>>

  「文房具の至宝展」
  2018年6月23日(土) - 7月30日(日)
  休館:月曜日(7月16日は開館)、7月17日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,000円・大学生・高校生700円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    
c0153302_09495562.jpg

  「小瀬村真美:幻画~像(イメージ)の表皮」
  2018 年 6 月 16 日[土] ― 9 月 2 日[日]
  休館日:月曜日日(7 月 16 日は開館)、7 月 17 日
  開館時間:11:00 - 17:00(祝日でない水曜は20:00まで)
  一般1,100円・大学生・高校生700円・中・小学生500円
  [概要] HPより
    本展は、絵画の構図を利用した映像や写真作品を国内外で発表している
    小瀬村真美の美術館初個展です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関東 [東京関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「モネ それからの100年」
  2018年7月14日(土) ~ 9月24日(月・休)
  休館日:木曜日(8月16日は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (ただし、9月14日(金)、15日(土)~20:30)
  一般 1,600円/高・大学生1,200円/中学生・小学生 600円
  [概要] (HPより)
    本展では、モネの初期から晩年までの絵画25点と、後世代の26作家
    による絵画・版画・写真・映像66点を一堂に展覧し、両者の時代を
    超えた結びつきを浮き彫りにします。そして、「印象派の巨匠」と
    いう肩書にとどまらず、いまもなお生き続けるモネの芸術のゆたか
    な魅力に迫ります。
c0153302_11413305.jpg

  「第73回 春の院展」
  2018年7月13日(金)~22日(日)
  休館日:無し
  開館時間:10:00~20:00
  一般800円/高・大学生600円/中学生・小学生無料
  [概要] (HPより)
    本展では、同人作家作品35点をはじめ、受賞作品および関東出身・在住
    作家を中心に206点を展覧いたします。現代日本画壇を彩る秀作をぜひ
    お楽しみください。
c0153302_11592259.jpg

  「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」
  2018年7月7日(土)~9月2日(日)
  休館日:月曜日(ただし7/16 は開館)、7/17(火)
  開館時間:9:30~17:00
  一般900円/大学生・高校生500円
  [概要] (HPより)
    透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描く若手現代美術家・深堀隆介
    (1973 生)の、公立美術館で初めての本格的な個展。初期作品から
    最新作のインスタレーション《平成しんちう屋》まで約200 点を紹
    介します。
c0153302_12361319.jpg

  「岡本神草の時代展」
  2018年5月30日(水)~ 7月8日(日)
  休館日:月曜日(4月30日は開館)
  開館時間:10:00~18:00(金・土~20:00)
  一般1,000円/大学生・高校生700円
  [概要] (HPより)
    今回は《口紅》、《拳を打てる三人の舞妓の習作》等のこれまでに知
    られている作品をはじめ、寡作で知られる岡本神草の数少ない完成作
    を可能な限り集め、素描・下図・資料類約100点の他に甲斐庄楠音な
    ど共に競い合った仲間や師の契月などの作品も展示します。
c0153302_13041128.jpg

  木版画の神様 平塚運一展
  2018年7月14日(土)~ 9月9日(日)
  休館日:8月6日(月)、9月3日(月)
  開館時間:10:00~18:00(金・土~20:00)
  一般1,200円/大学生・高校生700円
  [概要] (HPより)
    平塚運一(明治28 -平成9年/1895-1997)は、島根県松江市の宮大
    工の家に生まれました。木材と彫刀に囲まれた環境で幼い頃から木版
    画に親しみ、大正2年(1913)の夏、松江で開催された洋画講習会で
    講師の石井柏亭と出会い、画家への憧れを募らせます。同4年に上京、
    柏亭から彫師伊上凡骨を紹介されて半年のあいだ内弟子となり、伝統
    的な彫版を身につけました。同じ頃に初期仏教版画を発見し、その素
    朴さや力強さに影響されながら自身のスタイルを築き、以後国画会と
    日本版画協会を主な舞台に活躍します。
    本展は、寄託品に所蔵品をあわせた木版画約300点から平塚運一の仕事を回顧します。
c0153302_12450108.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関西 [東京関東その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「特集展示 新収品展」
  2018年6月12日(火)~ 7月16日(月・祝)
  休館日:月曜日(ただし7月16日(月・祝)は開館)
  開館時間:  開館時間:9:30~17:00
    (金・土 6月~20:00、7月~21:00)
  一般520円/大学生260円/高校生・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    平成22(2010)年から平成29(2017)年3月末までに当館が収集し
    た美術品・文化財の一部を展示します。
c0153302_13120645.jpg

  特集展示「謎とき美術!最初の一歩」
  2018(平成30)年7月21日(土) ~ 9月2日(日)
  休館日:月曜日
  開館時間:  開館時間:9:30~17:00
    (金・土 ~21:00)
  一般520円/大学生260円/高校生・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    お寺の襖に描かれた龍や虎、着物にデザインされた松竹梅など、京都の
    街なかでもよく見かける、あの生き物や植物には、どんな意味が込めら
    れているのでしょう。お子さまや海外からお越しの方など、初めて日本
    美術にふれる方にお薦めの展示です。謎解きをしながら、美術を楽しん
    でみましょう。
c0153302_12560180.jpg

  「第64回全関西美術展」
  2018年7月6日(金)~7月18日(水)
  休館日:7/12(木)
  開館時間:  開館時間:9:30~17:00
  一般700円/大学・高校生500円/中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    今年で64回目となる「全関西美術展」は、日本画、洋画・版画、彫刻、
    工芸、書というように美術のあらゆる部門が備わり、現代における関西
    の美術の流れを知るためには見逃すことのできない展覧会といえます。

  「ミュシャと新しい芸術 アール・ヌーヴォーとミュシャ・スタイル」
  2018年3月17日(土)~7月8日(日)
  休館日:月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日
  開館時間:9:30~17:00 
  一般500円、大学生・高校生300円、中・小学生100円
  [概要] (HPより)
    本展覧会では、ミュシャの作品を19世紀末のヨーロッパで起こった芸術
    潮流、アール・ヌーヴォーのいくつかの側面を踏まえてご紹介します。
    アール・ヌーヴォーは19世紀末のヨーロッパ社会の動きと連動する大き
    な芸術の流れで、曲線や植物的なモチーフを多く使い、装飾的な芸術作
    品が数多く生み出されました。ミュシャの画家としての生涯、そしてミ
    ュシャがデザイナーとして活躍した19世紀末のフランスの社会的状況を
    紹介しながら、ミュシャの人気の秘密に迫ります。
c0153302_22395992.jpg

  「物語を彩る ミュシャと挿絵の世界」
  2018年7月14日(土)~11月11日(日)
  休館日:月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日、9月4日、5日
  開館時間:9:30~17:00 
  一般500円、大学生・高校生300円、中・小学生100円
  [概要] (HPより)
    物語をよく理解し、独自に咀嚼されたミュシャの挿絵は文学的な内容
    を昇華し、ドラマチックに、そして装飾によって美しく視覚化されて
    います。
    本展覧会ではミュシャが彩る物語の「挿絵」に焦点をあて作品をご覧
    いただきます。またミュシャの個人コレクターであり貴重な資料も多
    く蒐集されている尾形寿行氏のコレクションから当館では初公開とな
    る書籍や雑誌などを展示いたします。
c0153302_13120251.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その他 [東京関東関西]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「やなせたかし展」
  2018年7月14日(土)~8月26日(日)
  休館:無休
  開館時間:9:00~17:00(金は~19:00)
  一般1,300円/大高生1,000円/小中学生600円
  [概要] (HPより)
    本展ではやなせたかしの故郷、高知県香美市香北町にある公益財団法
    人やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団の協力のもと、
    アンパンマンなど代表作の絵本原画や、ミュージアムのためにやなせ
    が描き上げたアンパンマン・タブロー、やなせのもうひとつのライフ
    ワークである雑誌「詩とメルヘン」の表紙絵などを展示し、やなせた
    かしの創作活動の全貌を探ります。
c0153302_13154186.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
正確な情報掲示を努力していますが、間違いがあるかもしれません。ホームページなどで休館日、開館時間等確認してお出かけください。



# by AT_fushigi | 2018-07-02 13:19 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)