レストラン(日本-イタリアン)-横浜(横浜駅)-クオーレフォルテ(II)


米国の同僚と「クオーレフォルテ」で会食を楽しみました。ただし、4月の中旬のことなのと会話が楽しく記憶に曖昧なところもあると思います。簡単な報告で申し訳ありません。クオーレフォルテは横浜駅にも近く好きなイタリアンレストランです。以前の報告も参考にしてください。

■ お店情報

「クオーレフォルテ (Cuore Forte)」
-- 住所 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町井上ビル1F
-- 電話  045-316-6335
-- 営業時間  [月~土] 18:00~23:00(L.O.)
-- 定休日  日曜日  (祝祭日は営業)
-- カード  可 
-- カウンター9席
-- HP http://www.cuoreforte.com/
c0153302_23311919.jpg

■ お店

横浜駅西口から近くそばまではすぐ行けますが、入り口が分かりにくい。店の名前は高いところにある。話しながら行くと1m通り過ぎてここだと数歩戻ります。重い木の扉だ。
中に入ると右手にワイン棚があり、その前のカウンター席のみ。要予約。

席に着くと、まず、Spumanteで乾杯。
c0153302_2332826.jpg

メニューはコースとアラカルトがあるが今日はすぐにお喋りが始まったので(まあ、米国人らしい)、7,000円のコースにしました。ちなみにアラカルトは二人前でハーフプレートでシェアしてくれる。同じものを注文してくださいと言うより気が利いている。

■ 料理

アンティパスト:
  天使のエビ
  スモークフォアグラ、赤玉葱のコンフィ
プリモ:
  リコッタチーズと??のラビオリ
セコンド:
  甘鯛の松かさ焼風ポワレ
  牛ほほ肉のワイン煮

■ ワイン等

Terlaner Cassico Alto Adige 2007
-- by Cantina Terlano
-- Vino Bianco
-- DOC: Trentino - Alto Adige
-- Region: Terlano
-- Country: Italy
-- Vintage: 2007
-- Varietal: Pinot Bianco 60%, 30%Chardonnay 30% and Sauvignon Blanc 10%
c0153302_2333522.jpg

TALENTI Rosso di Montaltino 2007
-- by Azienda Agricola Talenti
-- Vino Rosso
-- DOC: Rosso di Montaltino
-- Region: Toscana
-- Country: Italy
-- Vintage: 2007
-- Varietal: Sangiovese100%
c0153302_23332693.jpg


■ 食事

パンが来て、白ワインをグラスでいただく。
c0153302_23335057.jpg

天使のエビ。最近TVでニューカレドニア特産であることを知る。ねっとりした甘味のあるエビを楽しむ。
c0153302_23341312.jpg

スモークフォアグラ。濃厚なバルサミコ酢と玉葱で楽しむ。下に引いてあるのはブリオッシュだったと思う。いろんな味が口いっぱいに広がる。
c0153302_233452100.jpg

途中でワインのボトルが運ばれてくる。イタリアでも時々飲むRosso di Monaltino。SangioveseはあたりはずれがあるがRosso di Montaltinoは安心していただける。2007年と一寸若かったが時間を置くにつれ美味しくなっていく。
c0153302_23352431.jpg

プリモのラビオリ。リコッタチーズと野菜のラビオリだがどこかで食した味。ソースが思い出せない。
c0153302_2335395.jpg

セコンディはまずお魚。鱗を残した甘鯛。グジの松かさ焼きのイタリア版。うまく鱗を堪能させてくれた。ソースは確か野菜とトマトのピュレだったと思う(ごめんなさい)。
c0153302_2336935.jpg

牛ほほ肉を赤ワインでじっくり煮た料理。ポテトのピュレが敷いてあった。トロトロのお肉を楽しみます。
c0153302_23362721.jpg

デザートとエスプレッソ。
c0153302_2336408.jpg


■ お勘定
二人で約28,000円。7,000円のコースとRoss di Montaltinoが8,300円にスプマンテと白グラスワイン。

■ 感想等

とにかく会話で食事を楽しむことは出来たが料理への関心がいつもより低かったのでお店には申し訳なかったかもしれない。カウンター形式の場合それが気になる。が、楽しい食事だったことには違いない。日本人の真面目さか。
こうのようなシチュエーションではコースもいいが、やはりこの店はアラカルトで今日のお勧めを聞き我がままなど言ってみるほうが楽しい店だ。


レストラン一覧へ    [Blog TOP]
by AT_fushigi | 2009-05-22 16:02 | レストラン | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 日々徒然-歳時記-見知らぬ花が 日本のお菓子-チロルチョコー「... >>