散歩2010年05月-「国宝燕子花図屏風」@根津美術館


南青山の「アントニオ」でパスタランチをいただいて、根津美術館まで10分の歩きです。


■ 展覧会

「国宝燕子花図屏風 琳派コレクション一挙公開」
-- 2010年4月24日(土)~5月23日(日) 10:00~17:00
-- 休館日:月 (祝日繰下げ)
-- 一般 1,200円、学生 1,000円、中学生以下無料
-- HP: http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/past2010_n03.html
-- [概要] (HPより)
    「燕子花図屏風」が、4年ぶりに根津美術館の初夏を彩ります。
    あわせて館蔵の琳派作品を一堂に展観。斬新にして典雅、
    大胆な造形のなかに限りない繊細さをも秘めた
    琳派の美の世界をご堪能ください。
c0153302_174811100.jpg



■ 美術館
南青山方面から来ると美術館の入り口が突然現れる。表参道方面からの鑑賞者は昔の入り口付近から敷地に入り建物に沿って歩いて入り口に着く。
c0153302_17523579.jpg
c0153302_17524199.jpg

「根津美術館は、東武鉄道の社長などを務めた実業家・初代根津嘉一郎(1860~1940)が蒐集した日本・東洋の古美術品コレクションを保存し、展示するためにつくられた美術館です。」(HPより)
美術館はガラス張りで本展示会以外にも常設展示がある。1Fが特別展示。
c0153302_17541046.jpg
c0153302_17541747.jpg
c0153302_17542899.jpg


■ 展示

教科書で見た「燕子花図屏風」。HPから
c0153302_17551917.jpg
c0153302_17552485.jpg

この絵には同じ図柄が繰り返し使われていることは良く知られているので会場でも繰り返し図柄探しの会話が聞こえた。たとえば...
c0153302_182398.jpg

他にもあるので...
金色の裏地と2色で描かれた大胆な図だ。また、それぞれ縦150.9cm 横338.8cm(HPによる)というサイズにも圧倒される。
「桜下蹴鞠図屏風」もいいが、私は繊細な「四季草花図屏風」の方に引かれる。
c0153302_1882454.jpg
c0153302_1883048.jpg

あと、青色がクリアな「夏秋渓流図屏風」は好みが分かれるだろう。
琳派の作品を見ていると当時の文化が華やいだ時代を想像できる。

■ お庭

根津美術館はお庭も有名だ。美術館からガラスの扉を開けてお庭に出る。
c0153302_18155893.jpg
c0153302_1816434.jpg
c0153302_18172970.jpg

春から初夏の花が咲き誇っている。
c0153302_18165836.jpg
c0153302_1817514.jpg
c0153302_18171176.jpg
c0153302_18224954.jpg

茶室、弘仁亭に添う無事庵から見るカキツバタ。
c0153302_18201944.jpg

池の反対から見たカキツバタ。
c0153302_18214692.jpg

石や道祖神、像のコミカルな像も。
c0153302_1822179.jpg
c0153302_18222373.jpg
c0153302_18223017.jpg

庭には喫茶もあるが長い行列で諦める。
庭から六本木ヒルズの頭が見える。
c0153302_1829311.jpg


■ 感想
毎回思うが、本物を見るべきだ思う。「燕子花」がこんなに大きな迫力ある作品とは。
ただ、照明など展示がイマイチに思った。また、他の部屋の展示も不満が残る。
これで1,200円は美術館維持に必要なのだろうが顧客満足をもう少し考慮して欲しい。

美術館を出たところで六本木ヒルズ行き「ちぃばす」が通った。
c0153302_18291645.jpg
c0153302_18292117.jpg



少し疲れを感じながら、表参道の駅に着いて今日の散歩も終了。



[美術鑑賞一覧]


完   [目次]
by AT_fushigi | 2010-06-29 18:29 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://atxfushigi.exblog.jp/tb/14681206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shinn-lily at 2010-06-30 12:11
昔、燕子花図を見に行きました。ずいぶん、立派になりましたね。
これで、紅梅図も一緒に近代的な建物の中で展示ということになりましたね。お庭がこれほど見事とは知りませんでした。
昔、は大学生時代だから、見たいもの見て、あとは青山散策の方に興味があったのです。
そういえば、ボストン美術館でもこれに近い光琳の絵を見たのを思い出しました。
Commented by AT_fushigi at 2010-07-04 23:08
shinn-llyさま
コメントありがとうございました。研修などがありレスが遅れました。
私も昔、渋谷東の実践女子大(移転してしまいましたが)を見上げるところに住んでいて根津美術館は近所で何回か行きました。
私は絵画館前の銀杏並木へ流れることが多かったです。帰りに表参道のアンデルセンでパンを買って帰るのも楽しみでした。
記事でも書きましたが本物を見るのは楽しみです。教科書には無い迫力があり発見することも多いです。美術館巡りはやめられません。
Commented by sfarina at 2010-08-09 23:14
今更ですが、花の写真 とーっても綺麗に撮れてますね。
藤の色が綺麗・・・。
ATさんはデジタル一眼使用ですか?
東京に来てるナポリのカポディモンテ、見に行こうと思っているんです。
ATさんは もう行かれましたか?どうだったかしら^^
Commented by AT_fushigi at 2010-08-11 00:50
sfarinaさま
コメントありがとうございます。
体が温度の変化についていかずちょっと「不調」という感じでBLOGアップも不調になっています。
写真見ていただきありがとうございます。カメラは5年前に買ったデジカメ、パナソニックのLUMIXです。8M画素のデジカメに12倍のライカのレンズをつけた当時としては画期的な製品でした。そろそろデジタル一眼が欲しいなと思ってはいるのです。ソニーのALPHA NEXなんていいと思うのですが...子供の学費が掛からなくなるまでと我慢しています。
実は美術展、すっかりご無沙汰してしまっています。お盆休み以降、そして芸術の秋は楽しもうと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< カレー2題-ククゥ@吉祥寺 &... 散歩2010年05月-「アント... >>