欧州出張2017年09月-第三日目-フィヨルドクルーズ・ベルゲン-ヴォス-グドヴァンゲン



駅に午前8時10分に到着。前日確認していたのでコインロッカーへ直行します。<br>オスロ駅で経験済なのでロッカーで手続きを始めました。しかし、クレジットカード支払が何度やっても止まってしまいます。仕方ないので現金で払いました。手間取ったのでロッカールームから出たのは午前8時25分ごろでした。
c0153302_17362469.jpg

出てみると長い待ち行列になっていました。着いた頃は20人くらいの列でしたが、ホーム入り口からホールを半周する様に100人以上の列になっていました。
c0153302_17362493.jpg

人はどんどん増えて、列は倍の長さになりました。
c0153302_17362484.jpg

出発15分前の午前8時28分に乗車が始まりました。全員座れるとのことですがやはり窓側の席に座りたいので急ぎます。
c0153302_17362513.jpg

無事、左の窓側に座ることができました。隣はアメリカから来たグループの若い男性でした。
c0153302_17502560.jpg


定刻に出発しました。出発して15分経った頃に検札がありました。
c0153302_17502579.jpg

席は右が良いか左が良いかと話題になっていますが、出発してからは左に湖、途中から右に湖が見えます。一緒になったアメリカ人グループは左が良いと言っていました。私の印象は左のほうが水面を見る時間が長かったと思います。湖の反対側は山の斜面が間近です。
c0153302_17502686.jpg

山深いところでは朝靄が降りていました。
c0153302_17502611.jpg

ヴォスに到着しました。
c0153302_17593313.jpg

駅から人の流れについていくと乗ってきた列車が出発しました。
c0153302_17593371.jpg

c0153302_17593481.jpg


さて、人の流れの先にバスが待っていました。
c0153302_17593473.jpg

なんと、8台のバスが待っていました。
c0153302_17593425.jpg

その中で運転手の乗っていないバスがあり、イタリア三人娘のほか誰も並んでいなかったのでその後につきました。他のバスが次々出ていく中で乗れなかった人が後ろに並びました。皆が不安に思ってざわついている中運転手がやってきました。
このバスも席は右か左かと話題となります。写真ポイントがあり左だと聞いていたので左の窓際の席に座りました。
最後に出発するとしばらくは靄が立っている山裾に人家が見えます。
c0153302_18134847.jpg

段々靄が低くなってきます。
c0153302_18134998.jpg

途中から道が狭くなり渓谷に入ります。どこかで見たことのある風景、そうヨセミテのような岩山が見えます。
c0153302_18134910.jpg

道は九十九折の急カーブが続きます。右の一番前の席(運転席と反対側でフロントガラスから前方が良く見える)のイタリア娘の悲鳴が上がります。
c0153302_18134963.jpg

滝が見えてきました。
c0153302_18212693.jpg

そして、写真ポイント。バスはしばらく停まります。右からも人が乗り出してきます。まさにヨセミテ・トンネル・ビューに似ています。氷河の残す景観は似てくるのでしょうか。
c0153302_18212759.jpg

また、滝が見えました。滝が多いのも氷河の削った地形の特徴でもあるのでしょう。
c0153302_18212754.jpg

岩肌が見える岩山も続きます。
c0153302_18212799.jpg


グドヴァンゲンのフェリー着き場に到着しました。
c0153302_18374153.jpg

c0153302_18374155.jpg

トイレもバス停のそばにあります。後でレストランに行ったのですがトイレは混んでいて長い行列だったので、ここで済ませたのは正解でした。
c0153302_18374138.jpg

トイレそばの駐車場に古そうな「NISSAN」が置いてありました。
c0153302_19061553.jpg

周りを散歩します。休憩所の向こうの山に滝が3本見えました。
c0153302_18455129.jpg

c0153302_18455203.jpg


湾の向こうから船が音を響かせてこっちに向かってきました。
c0153302_18515875.jpg

最新の高速観光船でした。フラムと1時間半で結びます。列車で一緒だったアメリカ人のグループは追加料金を払ってこの船に乗るそうです。私は2時間以上かかるフェリーのほうがゆっくりできるしお得だと思うのですが、価値観色々なのです。しかもこの船は外に椅子がなく外でゆっくり景色を鑑賞できないと聞いていました。
c0153302_18515877.jpg

c0153302_18515931.jpg

c0153302_18515949.jpg


この後、休憩所でスモークサーモンのサンドイッチとコーヒーでいただきました。写真のサンドイッチは半分食べたところです。138クローネ(2,000円)とびっくりする値段でした。
c0153302_19094775.jpg

食事の後、周りの散歩を続けます。
橋があり、そこから湾とフィヨルドの奥の景色を見ることができます。
c0153302_19061543.jpg

c0153302_19061523.jpg

c0153302_19061531.jpg

そろそろ時間が来たので桟橋のほうに向かいます。その時、歓声が上がりました。滝の一つに日光が当たり輝いていました。
c0153302_19061658.jpg


[付記]
後でバスの通り道をGooglemapを調べてみました。実は長いトンネルの道路があって、写真ポイントの道はStalheim Hotel(ここで休憩するのかと思っていました)と観光のための道だということが分かります。
c0153302_10171252.jpg



by AT_fushigi | 2017-11-25 19:25 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://atxfushigi.exblog.jp/tb/28363267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 家族旅行2017年12月-南イ... 欧州出張2017年09月-第三... >>