欧州出張2017年09月-第三日目-フィヨルドクルーズ・クルージング



出発15分前から乗船ということで桟橋に行ってみると長い列でした。写真右端に船首を上げているフェリーがあります。
c0153302_23034839.jpg

寒さを避けて半分の人は室内デッキに、半分は外気の当たるオープンデッキに進みました。私は上下のインナーに普通のヒートテックの上に極暖を重ね着し、外着も防寒対策していたので上のオープンデッキに座りました。オープンデッキはほぼ一杯になりました。向こうにこれから進む海路が見えます。ネーロイフィヨルドです。
c0153302_23034880.jpg

船首が桟橋に接岸しているので、バックで出てクルリ回転してして加速します。向こうにグドヴァンゲンの波止場が見えます。
c0153302_23034835.jpg

進むにつれ滝を照らしていた太陽が見えてきました。
c0153302_23034933.jpg

船長や航海士のいる操舵室は船首側にあります。
c0153302_23034959.jpg


日が差してきて気持ちの良いクルーズとなりました。船はゆっくり進みます。
氷河が削り取った崖とその崖肌を流れ落ちる滝が続きます。周りではカメラのシャッター音が途絶えることなく聞こえます。
c0153302_23325875.jpg

c0153302_23325948.jpg

細い水路が曲がるたびに新しい景色が現れてきます。
c0153302_23325812.jpg

時々人家が現れ、その美しい自然の中の暮らしと冬の厳しい環境を想像したりしました。
c0153302_23325805.jpg

空の雲も撮影対象です。流れる筋雲の形状を楽しみます。
c0153302_11312584.jpg

大きな岩が現れました。
c0153302_11312607.jpg

c0153302_11312637.jpg

大きな岩山で、南斜面にもかかわらず植物が余り生えていません。
c0153302_11312649.jpg

その鞍部から水量の多い滝が流れ出しています。
c0153302_11312744.jpg


1時間過ぎたころにネーロイフィヨルドからアウルランフィヨルドへの入り口に差し掛かります。
c0153302_11312716.jpg

船は右方向に旋回します。新しい景色が現れてきました。
c0153302_21531536.jpg

c0153302_21531689.jpg

右手に瀟洒な村が見えてきました。ウンドレダールです。
c0153302_21531605.jpg

スピーカーから12世紀に建てられた教会があるとのことです。ズームして教会を見つけました。
c0153302_21531657.jpg

さらに奥に進みます。
c0153302_22151155.jpg

左手に少し大きな村が見えてきました。スピーカーからアウルランド、今日の宿泊地です。
c0153302_22151188.jpg

後でこの写真に泊まるホテルが写っていました。
c0153302_22151122.jpg

いよいよ、クルーズも終わり近づいてきました。
c0153302_22151140.jpg

フロムが見えてきました。
c0153302_22202098.jpg

フロムの駅です。
c0153302_22202192.jpg

フロム鉄道の列車も見えます。
c0153302_22202040.jpg

船首が上がって下船です。12:30にネーロイフィヨルドの付け根のグドヴァンゲン出発し、114:50にアウルランフィヨルドの付け根のフラムに着きました。
c0153302_22202121.jpg

展望台行のチケットを買うため駅に向かいました。



by AT_fushigi | 2017-11-30 10:27 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://atxfushigi.exblog.jp/tb/28482409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 日々徒然-歳時記-Google... 家族旅行2017年12月-南イ... >>