家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(IX)福建土楼-田螺坑土楼群(I)


さてメインイベント、田螺坑土楼群を訪れます。
c0153302_13310656.jpg


車が止まって、案内されたのが撮影ポイント。山の中腹にポツンと土楼が固まって建っているのが分かります。一番右の土楼の上の山腹に入り口の展望台が見えています。
c0153302_14022610.jpg

c0153302_14052510.jpg

位置をGooglemapで示します。
c0153302_14083221.jpg

木造の展望台となっています。
c0153302_14141216.jpg


再び車に乗って、入り口に着きました。チケットを持って降りたのですが一度もチェックされませんでした。人が少なかったのでよく知ったガイドの車から降りた事を確認されていたからでしょうか。
c0153302_14164539.jpg

ここは展望台になっていて少し下がると2段の展望テラスがあります。ここからの景色が有名です。赤い天幕が気になります。
c0153302_14164596.jpg

c0153302_14164501.jpg


Baidu百科などによれば、田螺坑土楼群は黄氏一族の住居です。5つの土楼で構成されていて、方形の土楼(方楼):歩雲楼(步云楼)を中心に3つの円形の土楼(円楼):和昌楼、振昌楼、端雲楼(瑞云楼)と楕円の土楼:文昌楼が囲んでいます。「梅の花」とも「四菜一湯(四菜一汤)」(4つの料理と1つのスープ)とも言われています。
清時代、嘉慶(嘉庆)元年(1796年)に最初に歩雲楼(步云楼)が建てられました。資金が余ったので続けて和昌楼が建てられました。残りは20世紀に入って、1930年に振昌楼、1936年端雲楼(瑞云楼)、1966年文昌楼建てられました。最初に建てられた歩雲楼(步云楼)は1936年に火災にあい1953年に再建されたそうです。
展望テラスに案内板がありました。ちなみに土楼には何カ所かにトイレがあることが表示されています。
c0153302_14164583.jpg


展望テラスで撮影などをしていると、後から中国人の一団が来ましたが写真を撮って去っていきました。バスツアーの人たちでしょう。
テラスの右側に土楼に下りる道があります。
c0153302_15590557.jpg

c0153302_14164620.jpg

10分もかからずに土楼に着きました。
c0153302_14164649.jpg

c0153302_14164621.jpg

降りて最初の和昌楼の前に人が集まっています。展望テラスから見えた赤い天幕や飾りも鮮やかです。
c0153302_14164644.jpg

結婚式でした。黄家と鄭家の結婚式でした。
c0153302_14164642.jpg

もう料理の振舞いも終わって片づけているようでした。失礼して中を見ることにしました。



by AT_fushigi | 2018-06-11 16:32 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://atxfushigi.exblog.jp/tb/29549375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 家族旅行2016年12月-中国... 家族旅行2016年12月-中国... >>