家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第七日目-(IV)コロンス島/日光岩


博餅日光岩です。漢民族の英雄「鄭成功」が生まれた日本のことを思い名付けたと言いますがその由来は分かっていません。
さて西林門から入ります。入場料は60元です。
c0153302_16373371.jpg

入門すると近くに「鄭成功記念館」があるようですがパスしました。
c0153302_16375050.jpg

ガジュマルから繊毛が垂れ下がり南国の風景です。アイスクリーム屋ですがそこまで暑い日ではありませんでした。
c0153302_16384665.jpg


日光岩です。案内に従って登っていきます。
c0153302_16384690.jpg

c0153302_16384617.jpg

所々に展望台があり島の北側の広がりを見ることができます。訓練でしょうか遠くに大きな声を出して更新する兵士が見えました。ここで「鄭成功」が兵隊の訓練を行ったことを思い出しました。
c0153302_16511708.jpg

岩の頂上が見え易くした広場もありました。
c0153302_16511857.jpg

「八卦楼」の赤い円天井が見えます。
c0153302_16511842.jpg

頂上近くの階段です。
c0153302_16511837.jpg
頂上です。この日はあまり並んでいませんでした。
c0153302_16511828.jpg

ここからの手前に島の西洋風の建物越しに厦門のダウンタウンのビルが見えます。カメラスポットですが午後になると暖気で霞んでいます。それでもたくさん撮りました。
c0153302_16511804.jpg


岩を下ります。行きには通らなかったところを見て回ります。
面白い銅像です。兵士たちがやっているのは、そう「チンチロリン」。「中秋博餅」というそうで「鄭成功」が「中秋」に兵士の慰労のために月餅を賞品にして行ったのでそういう名前がついたそうで、厦門では現在も中秋の頃に家族や会社などで行われているそうです。
c0153302_17113199.jpg

そばに「中秋博餅」の説明がありました。1等一個、2等2個、・・・、6等32個の月餅が用意されたそうです。1等は「状元」など、等級は科挙に由来する名前がついていたそうです。
c0153302_17113222.jpg


岩をぐるり回っていると切り立った断崖の下にお寺が見えました。
c0153302_17113267.jpg

これを目指しておりました。
c0153302_18584619.jpg

観音様です。
c0153302_18584679.jpg

「日光巌寺」つまり「日光岩寺」です。
c0153302_18584659.jpg

お寺の階段を降りている屋根の上に何匹か猫がいました。
c0153302_18584715.jpg




by AT_fushigi | 2018-07-18 19:08 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://atxfushigi.exblog.jp/tb/29639583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 欧州出張2018年09月-イタ... 旅の線-車-イタリア・スピード... >>