欧州出張2018年09月-イタリア・ローマー第三日目-チビタベッキアからチヴィタ・ディ・バニョーレッジョ(II)


チヴィタの入り口です。アーチの両側に向かい合うライオン。門の上はライオンの頭と何かを掴んでいる鳥のようです。
c0153302_16580002.jpg

c0153302_16580191.jpg

門を入ると村のメインストリート。手入れされた植物が配置された可愛い建物が続きます。長い間放置されていたという事なので、多くは修復されたのでしょう。
c0153302_16580143.jpg

目立つ聖母マリアの祠です。周りは新しいですが中の絵は古そうです。
c0153302_16580135.jpg

間もなく、広場に出ます。デュオモ広場とあり、正面に教会が見えてきます。デュオモは地震で崩壊したと聞きました。
教会の中に入ろうとしましたが、何か儀式を行っていたので遠慮しました。
c0153302_16580134.jpg

さらに、建物、路地、祠などを観ながら、先に進みます。つい、写真に撮りたくなる風景が多かったです。
c0153302_16580171.jpg

c0153302_16580218.jpg

さて、村の端に来ました。坂になっています。そこからの眺めがこの村の運命を暗示させます。
チヴィタは「死にゆく町」(il paese che muore)と呼ばれ、周りの岩の風化が進行し崩壊中だという事です。
その原因は写真に見られます。白い山肌は地震や川の浸食で崩れたもので、凝灰岩という事です。山頂に地層が見えます。この付近は凝灰岩の上に海か川によって運ばれ沈殿した泥が蓄積され地層となった岩盤ができ、隆起したものだそうです。
チヴィタはその地層岩盤の上に造られた町です。地震や川の浸食により凝灰岩が露出し、雨などで水気を含みやすい凝灰岩が風化で崩れていきます。そして、支えを失った上部の地層も崩れていくという連鎖の結果、町は周辺から崩壊していっているのです。
写真のわずかに残った地層がチヴィタの運命を示しているという事です。地層がなくなって白いとんがった山もありますね。着いて駐車場からとった写真を見ると地層岩盤の上に村があり、地層岩盤の下は白い岩になっているのが分かります。
c0153302_16580280.jpg


さて、チヴィタには道が一本ですので来た道を戻ります。
チヴィタでは多くの猫が悠々と歩いています。自動車が無いので危険はなく猫天国です。
c0153302_12515057.jpg

c0153302_12514958.jpg

広場に戻ったころ、教会が赤くなっていました。
c0153302_12515088.jpg

とても気持ち良かったので、しばらく夕方の時間を楽しむため広場に面したカフェのテーブルに納まりワインを頼みました。
c0153302_12515082.jpg

ちょうど、儀式が終わったらしく教会から人々が出てきました。人々が去った後、司祭さんが残った町の人と話していました。
c0153302_12515073.jpg

しばらくすると、北の空の雲が濃いピンクとなりました。大好きな時間です。
c0153302_12515011.jpg


旅先でのまったりした時間を楽しみたいのですが、明日のことを思い意を決して立ち上がりました。
広場から入り口の門の方向です。西の空はまだ橙色の明るさが残っていました。
c0153302_13430409.jpg

お土産などを買って門に向かうとしっかりブルーモーメントです。崩れかけている城壁が空と良いコンビです。
c0153302_13430430.jpg

門を出ると満月に近い月が出ていました。
c0153302_13430489.jpg

これから向かうバニョーレッジョ方向は名残の夕焼けでした。真っ黒な中、橋に沿った灯が幻想的でした。
c0153302_13430452.jpg

橋の中ほどで振り返ってみました。月と天空の城です。
c0153302_13430548.jpg


帰路で山の中でGPSが正しく働かず、最初は気が付かず曲がるところを間違えるなどして時間がかかってしまいました。原因不明です。
午後10時を過ぎてホテルに着いたのでホテルで食事をしました。
ホタテとオヒョウはとても美味しかったです。
c0153302_13430571.jpg

c0153302_13430590.jpg

結構疲れたので、シャワーを浴びて爆睡でした。




by AT_fushigi | 2018-11-11 14:10 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://atxfushigi.exblog.jp/tb/29843355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 欧州出張2018年09月-イタ... 欧州出張2018年09月-イタ... >>