レストラン(日本-ワインバー)-東京(銀座)-ヴィノテーカ・ワゴン


3月の某日「友」と2人で行ってきました。新橋演舞場で「ヤマトタケル」の観劇の後です。今回の「ヤマトタケル」は市川猿之助の要望で時間がオリジナルに近い長い劇となったので4時半開演で終わったのは9時ごろでした。遅いことが分かっていたので第一幕の後の30分の休憩でお弁当を食べました。食事というよりワインを楽しみましょうということでこのお店にしました。午前3時まで開いているこういうときに格好のお店です。

ヴィノテーカ・ワゴン
Vinoteca Wagon

お店情報
■ 住所  中央区銀座7-7-19 ニューセンタービル 2F  
■ 電話  03-3569-1441  
■ 営業時間  [月~金] 18:00~03:00 [土] 17:30~23:00 
■ 定休日  日曜・祝日 
■ カード  可 
■ 席/個室  テーブル席、個室 
■ Home Page   http://www.bernini.jp/vinoteca/ 

■ お店
銀座の並木通りより一本中央通寄りの西五番街の通りを有楽町方面から新橋方面へ行き、交詢ビルの北西側を過ぎての交差点から数件目。1Fの寿司屋「勘八」の左側の外階段を2Fに上ったところにある。階段の入り口にワゴンのメニューとワインのボトル、途中に「Vinoteca Wagon」の表示があり、階段も木の部分が有り期待が膨らむ。
c0153302_0135687.jpgc0153302_0141465.jpg

お店のドアを開けるとそこは通路で直ぐにレセプション。左に進んでテーブルに案内される。今回は窓際の2席の一つが取れた。これ以外に4,5席あり、窓と反対側の奥(入って右方向)に個室があるようだ。
通路の片面にワインストッカーがありワインが並んでいる。明かりは抑えてありキャンドルがまばゆい。カジュアルな大人の雰囲気のお店である。
c0153302_014587.jpg


■ 献立
テリーヌのキャベツ包み
薄いビーフと白いんげん+水菜巻き
ツブ貝のエスカルゴ風
シンプルなパルミジャーノレッジャーノのリゾット
フォッカチオ+オリーブ+ピクルス
エスプレッソ、グラッパ、ノチェロ

ワイン:食前酒にプロセッコとキールロワイヤル。お勧めから選んだワインが
c0153302_0243949.jpg

iCortini
by Castello Di Neive
Vintage: 2004
Country: Italia
Region: Langhe DOC, Neive (CN), Piedmont
Grape: Pinot Nero (Pinot Noir)


■ 食事
まず、「友」はキールロワイヤル、私はプロセッコで乾杯。
c0153302_0173495.jpg

まもなく、ワゴンが来る。ワゴンには5皿が載っており、ここから選ぶ。フレッシュモッツアレラのカプレーゼ、牛肉薄切りと白いんげん、野菜のコンポート、魚のテリーヌのキャベツ巻き、鯛のカルパッチョ。牛肉とキャベツを選ぶ。
c0153302_0185387.jpg


c0153302_0191536.jpg

キャベツが美味しかった。牛肉は和牛で薄く切ってあり白いんげんを巻いて食するがちょっと匂いが気になった。作りたてというわけではないのだろう。この辺は創作料理で小さく纏まっている感じだが、ちょっと意外性がないなあ。
ツブ貝はエスカルゴキャセロールで配される(写真を撮るのを忘れた)。トマト味で少しこくが足りないと感じた。でも、ワインとはこれが一番合っていたと思う。
パルミジャーノの大きなチーズにリゾットを注いで仕上げる。ちょっと、リゾットはもう少しアルデンテがよかったなあ。
c0153302_0212473.jpg

途中出されたフォッカチオとオリーブ+ピクルスはワインを楽しむ助けになる。
c0153302_0241454.jpg

ワインは重くも軽くも無く、フランスのワインのようであった。ピノノワールということでブルゴーニュのミディアムボディを飲んでいるようで、時間がたつにつれ美味しくなった。良いワインを勧めてもらったと感謝。
今日の食後酒はくるみのお酒ノチェロを。
c0153302_0264171.jpg


■ お値段 ワインとお料理2人で計18,500円

■ 感想等
カジュアルで素敵な店であった。観劇や映画の帰りなどに利用するのに適している。デートや友人との語らいにお勧め。ただし、わざわざ行くお店ではなく銀座に行ったときワインとちょっとした美味しいもので余韻を楽しみたいときに利用したい。
前菜はイタリアン創作料理。いわゆるJapanese Italianでイタリア料理を期待してはいけない。日本人好みのアレンジだがちょっと手を入れすぎかもしれない。
お腹の具合で今回2皿しか試すことのできなかったが、メニューにある料理はしっかりしたお皿のようだ。次回はもう少しこちらを試したい。
c0153302_0274563.jpg

(クリックで拡大)
ワインもイタリアワインで数千円から1万数千円(3万円近いものもある)とリーゾナブル。ソムリエが適当なアドバイスを与えてくれるので選びやすい。
また、行きたい店の一つである。


レストラン一覧へ    [Blog TOP]
by AT_fushigi | 2008-03-15 00:31 | レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://atxfushigi.exblog.jp/tb/8447116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 平成中村座のヨーロッパ歌舞伎公... 年度末 >>