カテゴリ:出張・旅行( 977 )

欧州出張2018年09月-イタリア・ローマー第六、七日目-港でシーフードを楽しむ


六日目は一日仕事で夕食もホテルでピザとワインを深夜までやっているバーでいただきました。
七日目は、仕事の後、同僚と二人で夕食に出かけました。
車があるので海の方に出かけてシーフードを楽しむことにしました。
ホテルのレセプションで海に近くカジュアルでフレッシュなシーフードと指定して紹介してもらいました。開店と同時ぐらいに行きたいというと予約は不要と思うが念のためと予約してくれました。後で、TripAdvisorで見るとこの地域には多くのレストランやホテルがあります。
「Osteria del Peshe Mimmo」
--- Address: V.le Traiano, 95/a Darsena, 00054, Fiumicino, Italia
--- Phone: +39 06 658 1748
c0153302_06160781.jpg

c0153302_06165081.jpg


夕日に向かって走り、港に着いたら陽は沈んでいました。
c0153302_00095020.jpg

お店の道路の反対側が駐車場なので止めました。駐車場から店を撮りました。
c0153302_00095099.jpg

カジュアルなお店です。
c0153302_00095190.jpg

日の入りが遅い夏には夕日がお店から見えるでしょう。今日は沈んでいますが港の良い眺めです。道路に向いたウィンドウの向こうに外のテーブル席もあります。夏は気持ちが良い出そうか、眩しいでしょうか。
c0153302_00095103.jpg



プロセッコを貰いメニューを見ます。美味しそうな料理が並んでいます。
c0153302_00095188.jpg

でも結局定番となってしまいました。
- 生ガキ、タコとポテト
c0153302_00200886.jpg

- シーフードのフェットゥチーニ(二人でシェア、写真は少し食べています)
c0153302_00200953.jpg

- 手長エビのロースト(写真は同僚におすそ分け後)
c0153302_00200940.jpg

同僚のメインはスズキのローストでした。
ワインはお薦めを聞いてサルディニアの白ワイン(16EUR)です。
c0153302_00251004.jpg


どれも美味しかったし、特に濃厚なスキャンピのソースのフェットゥチーニは最高でした。量も結構あり、日本人の同僚はパスタのところで「もうお腹いっぱい」と言っていましたが完食しました。
私はもう少し前菜を頼めば良かったかなという、腹八分目な量でした。
満足してホテルに戻りました。


[2018.09.25-26]

前へ(第四、五日目-カラカラ浴場レセプション
次へ(
[この旅行の目次]
出張・旅行記事一覧 : 2007年12月から2012年   2013年1月から


by AT_fushigi | 2018-09-30 00:34 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

欧州出張2018年09月-イタリア・ローマー第四、五日目-カラカラ浴場レセプション


第四日目は一日仕事でした。遅くホテルに戻って遅い夕食を食べました。ピザとワインです。
第五日目は、カラカラ浴場でレセプションです。同僚数人とホテルのシャトルバスで市内まで行き、そこから25分歩きました。7時開催ですがぎりぎりに到着しました。

Wikipediaによれば「212年から216年にかけて、カラカラ帝の治世に造営された。構成は225mの長さに185mの幅、おおよその高さは38.5mほどで、あちらこちらに2,000から3,000の浴槽を設置できた。」という広大な浴場です。

まずは地下遺構に案内されました。
c0153302_00181187.jpg

最初に入ったのがミトラ神殿です。
---------------------------------
ミトラ教(あるいはミトラス教)の『ミトラ』はサンスクリット語で『契約』という意味で、太陽神を祭る密儀宗教である。ペルシャからヘレニズム時代(紀元前323年-西暦30年)に地中海に伝わってきたものと考えられている(ペルシャではゾロアスター教によって衰退させられた)。ローマへは紀元前67年にローマの英雄ポンペイウスがアナトリア半島南東のキリキアの海賊を掃討したことがきっけと考えられている。キリキアの海賊はミトラ神の聖牛供儀を行っており、聖牛供儀を記述したローマの叙事詩などから1世紀から4世紀にかけてローマ帝国で広まったと考えられている。特に軍の下級兵士に広く支持されていた。コンモドゥス帝(在位180年-192年)はミトラス教に儀式に参加した初めての皇帝とされている。ミトラ教は太陽神の密教であり、ローマ帝国に広まっていたナタリス・インウィクティ(太陽神の誕生を祝う祭)を利用し、『ミトラ教のナタリス・インウィクティ』と呼んで勢力を拡大していった。ミトラ教の多くのレリーフが残っているが表には牡牛を屠るミトラ神が、裏には太陽神と食卓を共にするミトラ神が彫られている。ミトラ教はキリスト教の広がりとともに4世紀から衰退していく。
---------------------------------
ミトラ教が布教に利用したローマの「太陽神の誕生を祝う日」(=冬至)がユリウス暦12月25日でした。これに対抗し、布教するためにキリスト教もこの日を利用し、紆余曲折があった後、クリスマスになったのです。2-3世紀以前のミトラ教の強さが分かります。
この神殿は地下にあります。高さは6,7mはあるでしょうか。長さは20mくらいのかまぼこ型の空間です。アーチ形の柱が並んでいます。
c0153302_00181173.jpg

壁の一角にミトラ神の偶像画がありました。青い地球のようなものを抱えているように見えますが、教義から考えて太陽ではないでしょうか。
c0153302_00181180.jpg

柱の間には信者が座る椅子のような空間があります。そして上から液体が降り注ぐような溝があります。聖牛供儀に使われたものと考えます。
c0153302_00433561.jpg

誰かが説明しているようなのですが人が多くて説明が聞こえません。上記は私の知識と細切れに聞こえた説明から推測したものです。

さて、数十メートルのトンネルを通って地上に出ました。もう日も暮れてマジックアワーになっていました。そして厚い雲が覆っていくのが分かりました。
c0153302_00484663.jpg

c0153302_00484692.jpg

c0153302_00484664.jpg

この後、レセプションがあり、と言っても行事は無く参加者が勝手にワインと会話を楽しむ会でした。

8時半頃にお開きとなりました。ライトアップされた遺構が美しいです。
c0153302_01064171.jpg

c0153302_01064131.jpg

c0153302_01064142.jpg


中に入れるようです。
c0153302_01064130.jpg

中もライトアップされています。入ると広場がありました。
c0153302_01064210.jpg

広場の右奥に通路ああったので行って見ました。
c0153302_01064238.jpg

c0153302_01164269.jpg

ドームの向こうに大きな壁が見えます。並行して通路があるようです。人のシルエットがきれいに浮かび上がっています。
c0153302_01064276.jpg

行き止まりです。
c0153302_01064271.jpg

戻ってもう一つの通路に行って見ます。
c0153302_01164299.jpg

先ほどの壁です。
c0153302_01164310.jpg

外に出ると他の遺構もライトアップされています。
c0153302_01164325.jpg


ホテルの帰りのシャトルバスの時間も迫っているので待ち合わせ場所に急ぎます。
途中もライトアップされた遺構がありました。
c0153302_01164345.jpg

c0153302_01164368.jpg

c0153302_01164351.jpg


ワインとカナッペだけのレセプションだったのでお腹が減っています。レストランに行くのも面倒でワインとピザで済ませました。大きなピザだったのでお腹いっぱいになりました。
ホテルの部屋に戻り入浴を済ませると間もなく雨が降り出しました。


[2018.09.23-24]

前へ(
次へ(第六、七日目-港でシーフードを楽しむ
[この旅行の目次]
出張・旅行記事一覧 : 2007年12月から2012年   2013年1月から


by AT_fushigi | 2018-09-26 01:33 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

欧州出張2018年09月-イタリア・ローマ、チビタ・バニョーレッジョ



毎年開催されるヨーロッパの国際学会・展示会です。仕事の都合で前週からローマに入りました。
土曜日は同僚とドライブしラピュタのモデルとなった天空の村、チビタ・ディ・バニョーレッジョまで行ってきました。

第一日目 東京・羽田(HND) --(LH717)--> フランクフルト --(LH242)--> ローマ泊
第二ー八日目 ローマ泊
第九日目 ローマ --(LH233)--> フランクフルト --(LH716)
第十日目               --> 東京・成田

第一日目ー深夜ローマ着
第二日目ーお仕事
第三日目-オスティア・アンティカ、チビタ・バニョーレッジョ
第四、五日目-カラカラ浴場レセプション
第六、七日目-港でシーフードを楽しむ

第八日目-ローマの夕暮れとディナー
第九、十日目-帰国

[2018.09.20~29]

出張・旅行一覧へ    [Blog Top]

by AT_fushigi | 2018-09-25 23:32 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第七日目-(IV)コロンス島/日光岩


博餅日光岩です。漢民族の英雄「鄭成功」が生まれた日本のことを思い名付けたと言いますがその由来は分かっていません。
さて西林門から入ります。入場料は60元です。
c0153302_16373371.jpg

入門すると近くに「鄭成功記念館」があるようですがパスしました。
c0153302_16375050.jpg

ガジュマルから繊毛が垂れ下がり南国の風景です。アイスクリーム屋ですがそこまで暑い日ではありませんでした。
c0153302_16384665.jpg


日光岩です。案内に従って登っていきます。
c0153302_16384690.jpg

c0153302_16384617.jpg

所々に展望台があり島の北側の広がりを見ることができます。訓練でしょうか遠くに大きな声を出して更新する兵士が見えました。ここで「鄭成功」が兵隊の訓練を行ったことを思い出しました。
c0153302_16511708.jpg

岩の頂上が見え易くした広場もありました。
c0153302_16511857.jpg

「八卦楼」の赤い円天井が見えます。
c0153302_16511842.jpg

頂上近くの階段です。
c0153302_16511837.jpg
頂上です。この日はあまり並んでいませんでした。
c0153302_16511828.jpg

ここからの手前に島の西洋風の建物越しに厦門のダウンタウンのビルが見えます。カメラスポットですが午後になると暖気で霞んでいます。それでもたくさん撮りました。
c0153302_16511804.jpg


岩を下ります。行きには通らなかったところを見て回ります。
面白い銅像です。兵士たちがやっているのは、そう「チンチロリン」。「中秋博餅」というそうで「鄭成功」が「中秋」に兵士の慰労のために月餅を賞品にして行ったのでそういう名前がついたそうで、厦門では現在も中秋の頃に家族や会社などで行われているそうです。
c0153302_17113199.jpg

そばに「中秋博餅」の説明がありました。1等一個、2等2個、・・・、6等32個の月餅が用意されたそうです。1等は「状元」など、等級は科挙に由来する名前がついていたそうです。
c0153302_17113222.jpg


岩をぐるり回っていると切り立った断崖の下にお寺が見えました。
c0153302_17113267.jpg

これを目指しておりました。
c0153302_18584619.jpg

観音様です。
c0153302_18584679.jpg

「日光巌寺」つまり「日光岩寺」です。
c0153302_18584659.jpg

お寺の階段を降りている屋根の上に何匹か猫がいました。
c0153302_18584715.jpg




by AT_fushigi | 2018-07-18 19:08 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第七日目-(II)コロンス島/鼓浪屿-番婆楼、三一堂など


ぶらぶら見ながら日光岩に向かいます。
租界という事で西洋風の建物が続きます。
c0153302_14265694.jpg

「片仔癀博物馆」と有ります。薬の博物館という事でしたが入りませんでした。帰国後調べると「片仔癀」というのは肝臓に効く有名な漢方薬で漳州発祥だそうです。日本でも売っているそうです。
c0153302_14283782.jpg

およそ100年前の建物なのですが多くの建物は商店になっているか今でも人が住んでいます。ここも人が住んでいるようです。その向こうにピンクの建物が見えてきました。
c0153302_14283704.jpg


ピンクの建物は「番婆楼」です。1924年に建てられました。フィリピンで成功した華僑がフィリピンに慣れない母のために建てたという事です。名前の由来はそこから来ているようです。当時で一番大きな住居だったとのこと。
c0153302_14375707.jpg

c0153302_14283775.jpg

しばらく行くと「三一堂」があります。1936年建設、「三位一体(トリニティ)」と厦門の3つの礼拝堂の共同で建てられた事が名前の由来だそうです。
c0153302_01151203.jpg


所々に最近できたと思われる立派な案内板があります。これによれば「日光岩」は近いようです。
c0153302_01151233.jpg

児童公園というか運動公園というかがあり雰囲気が明るくなりました。
c0153302_01181753.jpg

細い道を進むと優秀児童が載っている掲示板がありました。外の掲示板に掲載するのはこれも中国らしいです。競争社会が小学校から始まっています。女の子が多いように思います。
c0153302_01181706.jpg

掲示板のそばに人民小学校の門がありました。
c0153302_01181735.jpg


「日光岩」入り口まで、もう少しです。
c0153302_01181782.jpg

散歩経路です。
c0153302_01251669.png

c0153302_01253384.png




by AT_fushigi | 2018-06-19 01:31 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第七日目-(II)コロンス島/鼓浪屿-北部散歩、八卦楼など


「三丘田码头」から観光に歩き始めました。特に計画もなく、島も小さいのでぶらぶら歩きの予定です。租界の雰囲気と「鄭成功」関連の観光ができればというつもりです。

大勢の人に押される形で海岸沿いを歩いているとトンネルを見つけました。
「龍山洞(龙山洞)」と有ります。島の西北部へ抜けるトンネルです。Baiduによれば、全長426mで1991年開通したそうです。西側128m、東側270mとそれを結ぶ中間道でトンネルの大きさが違うようです。
c0153302_12563605.jpg


この左側に階段を見つけていたのでトンネルではなく丘を登ることにしました。
c0153302_12563687.jpg

緑が濃い別荘のような西洋風の建物が並んでいて散歩が楽しい地域でした。
c0153302_12563756.jpg

建物を取り壊した場所でしょうか、海の向こうには厦門の町が見えました。
c0153302_12563720.jpg


「船屋」です。1920年に建てられた現存する中で最古の別荘の一つです。アメリカの宣教師John A. Otte(中国名:郁约翰)がデザインしたと言われています。現在はホテルになっています。この日は空き部屋がある様です。
c0153302_14210594.jpg

1844年に設立されたアメリカ領事館跡「美国领事馆旧址」です。当時、アメリカで人気のルネッサンス建築様式でコリント式柱やフランダース式(Flemish Bond)のレンガ積みが特徴です。
c0153302_14210592.jpg

このような別荘の散在する通りを散歩していると斜面に公園がありました。登っていくと石碑がありました。帰国後碑文から調べると「三和宫记摩崖石刻」でした。福建省の水軍提督、王得禄が海賊、蔡牵を破った顛末を記述しているようです。
c0153302_14210509.jpg

石碑のそばを通り、さらに上って丘の上に向かいます。
c0153302_14210626.jpg


登ったところに汇丰银行(香港上海滙豐銀行、HSBC:The Hongkong and Shanghai Banking Corporation Limited)の公館跡「汇丰银行公馆旧址」ありました(遠くに見える丸屋根はオルガン博物館になっている八卦楼です)。香港上海滙豐銀行はアヘン戦争後スコットランド人トーマス・サザーランド(Thomas Sutherland)によって香港に設立されました。ここは清時代の同治十二年(1873年)に厦門に進出した香港上海滙豐銀行の支店長の公館で1920年頃建てられました。
c0153302_16252583.jpg

ここは丘の東端に建てられたので、厦門のダウンタウンが良く見えます。
c0153302_16252588.jpg

さらに奥に進むと汇丰银行の職員アパート跡「汇丰银行职员公寓旧址」があります。
c0153302_16252678.jpg


アパート跡のそばに下に下りる小道があったので学校と思われるそばを通って下りました。日光岩からの景色からここは軍関係の学校か、訓練所か研修所か何かではないかと思います。
c0153302_16252677.jpg

降りると消防署がありました。お昼時のためか人影はありませんでした。
c0153302_16252664.jpg

表に「立入禁止」と書かれた門を中から出ると「鼓新路」でした。この道を行けば「八卦楼(オルガン博物館)」に行けます。写真には無いのですが島のいたるところに案内図があり観光客には大助かりです。また、通りには饅頭の店などが出ており一つづつ頂きました。

オルガン博物館となっている「八卦楼」の入り口の門です。
c0153302_17345045.jpg

門のそばの売り場でチケットを買い中に入ります。20元でした。いくつかの観光名所に入れる100元のチケットもありましたが利用しませんでした。
c0153302_17344954.jpg

「八卦楼」は日本に占領された台湾から移住した林氏が1907年に建てました。その後、日本領事館が管理し、欧米の学校設立に対抗し、1924年に旭瀛書院(旭瀛书院)を開設しました。1945年の終戦後没収され博物館となりました。
「船屋」と同じ土木を学んだアメリカの宣教師John A. Otteにより設計されました。花崗岩で造られた半地下の上に3階建てとなっています。3階は円天井が乗っています。四隅の部屋は赤レンガの外壁で中央はコリント式の柱に白の外壁となっています。赤い丸屋根のある建物は厦門のダウンタウンからも良く見えます。
c0153302_17345077.jpg

c0153302_01235809.jpg

内部はオルガン博物館「风琴博物馆」となっています。
c0153302_17344927.jpg

c0153302_17344914.jpg

4万平方mという広い敷地の庭散歩を楽しんで南に向かいました。

散歩の軌跡。
c0153302_01243533.jpg

c0153302_01244374.jpg




by AT_fushigi | 2018-06-18 01:04 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第七日目-(I)コロンス島/鼓浪屿へ出発


昨日はちょっと疲れたので朝食はゆっくりな時間になりました。と言ってもコロンス島に行くので9時半にはホテルを出ました。
c0153302_00234214.jpg

c0153302_00242680.jpg


今日は一日コロンス島、英語名「Kulangsu」、中国名「鼓浪屿」観光です。
WikipediaやBaiduなどによれば、
コロンス島は小さな島で、周囲6km、面積は1.78平方キロで、2万人余りが生活をしています。厦門との間の海は1kmしかありません。島の名前「鼓浪屿」の由来は、島の西にある「鼓浪岩」呼ばれる岩礁が風雨にさらされ穴が開き洞窟になり、満潮時になると波によって太鼓のような音を発したことに由来するとのことです。私たちの観光した(2017年1月)後、2017年7月に世界遺産に登録されました。
コロンス島は明の末期、英雄「鄭成功(郑成功)」(1624年~1662年)がこの島で反清抵抗軍の調練を行っていたことで知られています。この後、彼は台湾をオランダから解放し独自政権の基礎を作りました。コロンス島には記念する巨大な「成功」像があり、彼が名付けた日光岩も観光地として有名です。鄭成功は母が日本人で長崎平戸生まれで、文楽や歌舞伎の「国性爺合戦」の題材となっています。
また、アヘン戦争後の1842年に結ばれた南京条約で廈門は開港されました。島に万国共同租界が置かれ、各国の領事館が建てられました。英、米、仏、日本、独、西、葡、蘭などの国が領事館だけでなく病院、学校、教会などを建設しました。今でも租界地特有の豪華な洋風建築が島内のあちらこちらで見ることができます。

さて、コロンス島に渡る橋は無くフェリーを使います。フェリーに関しては中国滞在記記事に詳細がありますが、ここには簡単に示します。ところで、2018年6月現在、フェリーのサイトwww.xmferry.comに日本からアクセスできませんでした。一方、英語・中国語並記の公式サイトができたようです。
c0153302_11172302.jpg

新しいサイトで確認しましたが2018年6月現在フェリーに関しては変更がないようです。
2014年から島民(2015年からは教師など許可された島民以外も)と旅行客(島民以外)で明るい時間のフェリーポートが分けられることになりました。旅行客は厦門からは冬季(10月から5月)は午前7:10~午後5:40pm、夏季(6月から9月)は午前7:10~午後6:40の間は「东渡邮轮中心码头」からのフェリーのみ乗船可能です。本土からは「海沧嵩屿码头」も利用できます。
それ以外の夜から明朝までの時間(午後5:50/6:50~午前6:30)は「轮渡码头」の「2号厅」からのフェリーを利用します。ちなみに島民は24時間「轮渡码头」を利用します。ただし、深夜12時以降はチケット売り場が閉まるので船の上でチケットを買うようです(クレジットカードは不可と思われます。)。
コロンス島には2つのフェリーポートがあります。「三丘田码头」と「内厝澳码头」です。どちらも20分程の乗船時間で、20分毎に出発します。島全体を見るのであれば上陸するのはどちらでも構わないと思います。西側は岩礁など自然観光が中心なので必要ない人は「三丘田码头」を利用するといいと思います。
c0153302_14252890.jpg

c0153302_14211844.jpg

運賃は往復35元(島民は片道5元)ですが「内厝澳码头」行きは豪華船というのがあって15元追加(計50元)が取られます。チケットは中国人は身分証番号を使ってインターネット購入できますが、外国人はフェリーポートでの窓口のみの購入になります。窓口では外国人はパスポート提示が必要で、当日券のみ発売です。15分前までの購入と10分前までのセキュリティチェックが要求されています。チケットにはパスポート番号が記され、セキュリティチェックで本人確認があります。
BLOGを読むと午前10時に行ったらその日のチケットは売り切れていたとか、午前7時ごろ行って午後のフェリーだったとか観光客の多い時期は大変なようです。朝早く午前6:30までの島民が利用するフェリーに乗るか、島に泊まるか、お金はかかりますがオプショナルツアーを早めに予約するのが良いかもしれません。
私たちは午前9時半少し前にホテルを出て「轮渡码头」のある「轮渡」でバスを乗換え、「东渡邮轮中心码头」に10時半頃に着きました。
チケット売り場の窓口ではほとんど待ちませんでした。
11:10発のフェリーのチケットが購入可能でしたが「内厝澳码头」行は豪華船で50元でした(次の「内厝澳码头」行きの普通線は11:50と表示されていました)。元々の予定通り「三丘田码头」行を35元で購入しました。
c0153302_14334771.jpg

チケットにはしっかり、パスポートナンバーが記載されていますが、小さくてチェックできるのだろうかと思いました。
c0153302_18393983.jpg


トイレを済ませてセキュリティチェックを通ります。駅などと同じで、X線チェックや金属探知機を通りますが空港ほどシビアな感じではありません。
c0153302_14551736.jpg

中に入ると「三丘田码头」行と「内厝澳码头」行で行き先が分かれます。
c0153302_14501166.jpg

先の改札を見ると10:50分の便がボーディング中とありますのでその手前で待ちます。
c0153302_14501126.jpg

時間が来て11:10の便の改札が始まりました。
c0153302_14501145.jpg

桟橋の手前で待たされます。
c0153302_18124637.jpg

フェリーが入ってきました。
c0153302_18124670.jpg

乗船、出発です。
c0153302_18124642.jpg

c0153302_18124665.jpg

霞んでいますが厦門のダウンタウンが一望できます。
c0153302_18124695.jpg

「三丘田码头」に到着です。
c0153302_18124605.jpg

c0153302_18124676.jpg

さて、コロンス島観光へ出発です。



by AT_fushigi | 2018-06-13 18:19 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(XI)福建土楼-田螺坑土楼群(III)


田螺杭土楼は展望台やトイレなど今回観光した土楼の中で一番整った場所でした。案内板や階段・通路も整備されています。この努力の甲斐もあって土楼の中では知名度が高く多くの観光客が押し寄せるようです。
c0153302_03154842.jpg


一方、住民は普段の生活をしており、土楼の中も生活感漂っています。土楼の外では芋、キノコなどを乾燥したり、ソーセージがぶら下がったりしていました。
c0153302_03154751.jpg

c0153302_03154742.jpg

ここでも修繕のためか土が盛ってありました
c0153302_03154716.jpg

各部屋列毎だと思うのですが電力計が並んでいましたが違和感を持ちました。
c0153302_03154736.jpg

微笑ましかったのは中庭でお母さんが子供の散髪しているところでした。
c0153302_03264381.jpg

c0153302_03264957.jpg


夕暮れが来たので帰ります。上の展望台目指して上ります。
c0153302_03284692.jpg

坂の途中で見た夕暮れの中の土楼は静かでちょっと寂しさを感じました。
c0153302_03284775.jpg


展望台でドライバーが待っていました。
帰路はほとんど寝ていました。3時間以上かかってホテルに戻りました。
c0153302_03284772.jpg

疲れていたこともあり、夕食はホテルの前の麵屋さんで済ませました。麵と饅頭をいただきました。
c0153302_03284753.jpg


土楼観光の軌跡です。厦門から南請県までと平和県から厦門までの経路は分かりません。ドライバーが片道120km位と言っていました。
c0153302_03284716.jpg

ホテルに戻るとお風呂に入ってバタンキューでした。



by AT_fushigi | 2018-06-12 03:38 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(X)福建土楼-田螺坑土楼群(II)


土楼を順に見学しました。
和昌楼→瑞雲楼→歩雲楼→振昌楼→文昌楼の順です。途中、「観景台」(展望台)というところに寄りました。
c0153302_22532381.jpg


「和昌楼」
1796年最初の歩雲楼が建てられると、直ぐに余剰資金で建てられた。3階建ての円楼で各層22、66の部屋があります。各層は2本の階段でつながれています。
入り口
c0153302_23104035.jpg

入ったところ。
c0153302_23104014.jpg

奥に廟があり、3階には洗濯物がぐるり干してありました。
c0153302_23104008.jpg

c0153302_23104087.jpg


和昌楼のわきに「観景台」と書かれた建物があり行ってみました。
c0153302_23193985.jpg

c0153302_23195138.jpg

しかし、中に入ることはできず(結婚式に出ているのでしょうか)、土地はあまり高くなく、失望しました。
c0153302_23200040.jpg


「瑞雲楼」
1936年建築、3階建ての円楼で各層26、計78部屋で構成されています。
入り口。
c0153302_23251346.jpg

入ったところ。
c0153302_23251301.jpg

生活感満載です。
c0153302_23251423.jpg

c0153302_23251427.jpg


「歩雲楼」
1796年に最初に建てられ、1936年匪賊に襲われ全焼、1953年再建されました。3階建ての方楼で各層26、計78部屋で構成されています。
c0153302_23303763.jpg

入り口。
c0153302_23303706.jpg

入ったところ。
c0153302_23303790.jpg

ここで結婚式があったらしく奥の廟の周りにはエレクトーンなどが並び、たくさんの椅子が並んでいます。
c0153302_23303730.jpg

c0153302_23303863.jpg


「振昌楼」
1930年建てられました。3階建ての方楼で各層26、計78部屋で構成されています。
入り口
c0153302_23444221.jpg

入ったところ。
c0153302_23444277.jpg

曲面の空を切り取る屋根を撮るのは楽しいです。スマホカメラだったのが悔しかったです。
c0153302_23444224.jpg

c0153302_23444208.jpg


「文昌楼」
1966年建てられました。3階建ての楕円楼で各層32、計96部屋で構成されています。
入り口。
c0153302_23540973.jpg

楕円なので正面が平らになっています。
c0153302_23540904.jpg

c0153302_23575654.jpg


5つの土楼を回りましたが、丁寧に回って1時間15分かかりました。ここでは上階には上りませんでした。あまりに生活感に溢れていたのと比較的小ぶりな土楼で中庭から全体が見ることできたからです。



by AT_fushigi | 2018-06-12 00:04 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(IX)福建土楼-田螺坑土楼群(I)


さてメインイベント、田螺坑土楼群を訪れます。
c0153302_13310656.jpg


車が止まって、案内されたのが撮影ポイント。山の中腹にポツンと土楼が固まって建っているのが分かります。一番右の土楼の上の山腹に入り口の展望台が見えています。
c0153302_14022610.jpg

c0153302_14052510.jpg

位置をGooglemapで示します。
c0153302_14083221.jpg

木造の展望台となっています。
c0153302_14141216.jpg


再び車に乗って、入り口に着きました。チケットを持って降りたのですが一度もチェックされませんでした。人が少なかったのでよく知ったガイドの車から降りた事を確認されていたからでしょうか。
c0153302_14164539.jpg

ここは展望台になっていて少し下がると2段の展望テラスがあります。ここからの景色が有名です。赤い天幕が気になります。
c0153302_14164596.jpg

c0153302_14164501.jpg


Baidu百科などによれば、田螺坑土楼群は黄氏一族の住居です。5つの土楼で構成されていて、方形の土楼(方楼):歩雲楼(步云楼)を中心に3つの円形の土楼(円楼):和昌楼、振昌楼、端雲楼(瑞云楼)と楕円の土楼:文昌楼が囲んでいます。「梅の花」とも「四菜一湯(四菜一汤)」(4つの料理と1つのスープ)とも言われています。
清時代、嘉慶(嘉庆)元年(1796年)に最初に歩雲楼(步云楼)が建てられました。資金が余ったので続けて和昌楼が建てられました。残りは20世紀に入って、1930年に振昌楼、1936年端雲楼(瑞云楼)、1966年文昌楼建てられました。最初に建てられた歩雲楼(步云楼)は1936年に火災にあい1953年に再建されたそうです。
展望テラスに案内板がありました。ちなみに土楼には何カ所かにトイレがあることが表示されています。
c0153302_14164583.jpg


展望テラスで撮影などをしていると、後から中国人の一団が来ましたが写真を撮って去っていきました。バスツアーの人たちでしょう。
テラスの右側に土楼に下りる道があります。
c0153302_15590557.jpg

c0153302_14164620.jpg

10分もかからずに土楼に着きました。
c0153302_14164649.jpg

c0153302_14164621.jpg

降りて最初の和昌楼の前に人が集まっています。展望テラスから見えた赤い天幕や飾りも鮮やかです。
c0153302_14164644.jpg

結婚式でした。黄家と鄭家の結婚式でした。
c0153302_14164642.jpg

もう料理の振舞いも終わって片づけているようでした。失礼して中を見ることにしました。



by AT_fushigi | 2018-06-11 16:32 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)