<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

欧州出張2017年09月-第三日目-アウルランド村散策



まず、アウルランド村ですがフィヨールド観光の起点の一つフラムから北北東に車で10分くらいのところにあります。
c0153302_20283207.jpg


泊まるホテルはシャトルを降りて徒歩5分のところです。
「Aurland Fjordhotel」
  --- Address: Bjørgavegen 1, 5745 Aurland, Norway
  --- Phone: +47 57 63 35 05
階段状に3段の部屋が見えました。
c0153302_20283275.jpg


2Fに上がりチェックイン。レセプションはバーになっておりビールを貰って部屋に向かいます。部屋は一番下、またはフィヨルドに一番近い部屋でした。
c0153302_20283225.jpg

可愛い部屋です。
c0153302_20283254.jpg

c0153302_20283263.jpg

テラスに出てまずはビールで乾杯です。地元のビール「Hanzsa」です。残念ながらカンしかありませんでした。まだ午後5時です。
c0153302_20283264.jpg


ゆっくりして午後6時前に散歩に出かけました。周りを山に囲まれたフィヨルドの東側なのでフィヨルドの向こうの山に日が沈んだはずです。気が付きませんでした。日没は8時なのですが、このころには水辺のホテルは山の影に入ってしまいました。もちろん空は真っ青です。
ホテルの前にはテスラが止まっていました。EVに莫大な補助を出しているディーゼルの排煙に悩む、北欧ならではです。
c0153302_21190688.jpg

フィヨルドの海面に下ります。ホテルの裏山は半分影になっていました
c0153302_21190727.jpg

岸辺に古い崩れそうな小屋がありました。ボケっと水面を見ていたら音がして、あっという間に女性二人が小屋からボートを出して漕いで行ってしまいました。カメラを立ててあった枯れ木にかけていたのでシャッターチャンスを逃してしまいました。
c0153302_21190608.jpg

水上をヨットやフェリーが通過していきます。
c0153302_21190665.jpg

c0153302_21190609.jpg


教会に行ってみます。
c0153302_21415182.jpg

c0153302_21415266.jpg

中に入ります。質素ですが清々しい教会でした。
c0153302_21415252.jpg

c0153302_21415283.jpg

c0153302_21415247.jpg


ホテルのほうに戻ります。午後7時半です。赤い夕陽が山の頂上に当たっています。
c0153302_21515195.jpg

c0153302_21450841.jpg


夕食です。1Fのレストランでいただきます。ポークチャップとデザートです。素朴な美味しさを楽しみました。試飲して白ワインにしました。
c0153302_21450879.jpg

c0153302_21450885.jpg

夕食後岸辺の方にに行ってみました。ちょうどブルーモーメントの時間で深く静かな空気に身を沈めることができました。
c0153302_21450881.jpg

c0153302_21450882.jpg

こうして長い一日が終わりました。



by AT_fushigi | 2018-02-20 22:19 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

日々徒然-短信_2018年1-12月


== == == == == == == == == ==
12月

[2018.12.18] カナダの長女に子供が授かり、トロントへ一週間行ってきました。赤ちゃんはいわゆるハーフですが、寝ていると長女に、目を開けるとお相手の顔に似ています。
一戸建ての各フロアがアパートメント1階の部屋を借りたのですが、リノベーションしたばかりの便利で使いやすいアパートで快適な滞在でした。久しぶりのスチーム暖房で「暖かい!」を実感してきました。滞在中のトロントは例年より暖かいとのことで、レンタカーだったこともあり、滞在中ほとんど寒さも感じることがありませんでした。
霜降り肉が苦手な私は日本に比べ安い(一切れ300g$7)カナダ牛ステーキとカナダの$10ワインを調理し楽しんできました。長女からもその旦那からもパーフェクトと言われ、おせいじと分かっていても嬉しいものです。また、グリークタウンに行ってギリシャ料理を、チャイナタウンで中華料理を楽しんでも来ました。
トロントに行ってお金を使ったので正月は自宅でじっとしています。カナダは15日からクリスマス休暇に入る人が多く帰りのチケットが予算オーバーでした。
[2018.12.09] 11月下旬に関西に出張しました。最後が広島だったのですが、東京に帰る日に時間を作って「ひろしま美術館」に行ってきました。「ブリジストン美術館展」と常設展を観てきました。素晴らしかったです。東京で開催される美術館の何倍もの密度に大満足でした。多くの中学生・高校生が授業だと思いますが鑑賞していました。



== == == == == == == == == ==
11月

[2018.11.11] 今日久しぶりに庭仕事をしてパンジーを植えました。庭はハナミズキの落ち葉で覆われ、レモンの黄色も目立ちます。しかし、今年の猛暑のせいか、もみじは紅葉せず、もみの木の黄色い葉っぱが増え心配です。
投稿も途絶えがちで申し訳なく思います。スペイン・ポルトガル南部ドライブと厦門旅行は書きかけ、バルセロナからサンセバスチャンへフランス経由で抜けた家族旅行や今年の正月のシチリア旅行など宿題が山積です。時間を見つけて旅行記をアップするようにしています。



== == == == == == == == == ==
10月


== == == == == == == == == ==
09月

[2018.09.26] 仕事でローマに来ています。ローマと言ってもタクシーかシャトルしか交通手段のない空港寄りのホテルに泊まっています。タクシーの往復代より安いのでレンタカーしました。唯一の休日となった22日(土)にラピュタのモデルとなったといわれる天空の村、チヴィタ・ディ・バニョーレッジョ(Civita di Bagnoregio)にドライブしてきました。24日にはレセプションでライトアップされたカラカラ浴場を楽しんできました。

[2018.09.17] 「没後50年 藤田嗣治展」@東京都立美術館を鑑賞してきました。以前、東京近代美術館でも大展覧会があったのですが、今回も新しい作品や発見があり満足しました。藤田の絵画の原点は日本画、特に浮世絵にある事が良く分かりました。
しかし、このような日本が誇るべき画家が遠く欧州で不遇に終わったことは残念でなりません。優れていると分かっていても異質なものが受け入れられず、出た杭を打つ日本の悪い過去がここにもあります。



== == == == == == == == == ==
08月


== == == == == == == == == ==
07月

[2018.07.16] 「世界報道写真展」@東京都写真美術館に鑑賞に出かけました。
[2018.07.17] 急に忙しくなりました。中国旅行の連載を再再開したいのですが…
先日イタリアでのスピード違反の通知を受け罰金を支払いました。その顛末記をアップしました。
ハワイ島で船上から溶岩観察ツアーが溶岩被弾したようですが、私たちが行った5月は探しましたが船上ツアーを見つけることはできませんでした。



== == == == == == == == == ==
06月

[2018.06.28] 「琳派」@山種美術館に鑑賞に出かけました。
[2018.06.05] 昨年正月の中国旅行の連載を再開しました。福建土楼は「行きたい」場所でした。4人まで2万円程度(入場料を入れると)のプライベートガイドでしたが、時間の制限もゆるくじっくり見ることができ満足しました。いいガイドに当たったのかもしれません。
[2018.06.02] 昨年9月のノルウェー・スウェーデンの出張を一気に進め完了しました。絵画も多く鑑賞でき、フィヨルドを旅し、美味しいものを頂いきました。



== == == == == == == == == ==
05月

[2018.05.27] 「横山大観展」@国立近代美術館に鑑賞に出かけました。最終日だったためかチケットを買うのに数十人の列ができていました。大好きな卒業制作の「村童観猿翁」や初期の絵「菊慈童」など、インド旅行の後の「白衣観音」「流燈」、大作「夜桜」「紅葉」、長さが40mもある「生々流転」など楽しむことができました。
[2018.05.25] ハワイに行ってきました。マウナケア山頂でみた夕日は忘れることができません。残念ながらマグマには近づくことはできませんでした。
JALを利用しました。ANAのサービスレベルが下がっていると思っていましたが、昨年のべトナム今回のハワイでJALレベルを体験してその思いをますます強くしました。
[2018.05.09] ハワイ島のキラウェア火山が噴火しましたが実は19日から家族とハワイ島に行く予定です。オアフ島2泊、ハワイ島2泊の短い旅行ですが家族で楽しみにしていました。今は様子見ですが、これも面白いだろうという感じです。
[2018.05.02] 「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」@国立新美術館を鑑賞してきました。タイミングを逃し閉幕直前になってしまいました。素晴らしい展覧会でした。若いころの夢を実現させた個人収集家の情熱に感動です。チューリッヒ美術館に展示されることになったら訪問してみたいと思いました。



== == == == == == == == == ==
04月

[2018.04.13] 「名作誕生-つながる日本美術」@東京国立博物館を鑑賞してきました。初日だったのですが平日だったためかそんなに多くの人ではありませんでした。この日は午後9時までの開館だったので3時間半かけてじっくり鑑賞しました。いくつかのテーマに分かれていてそれなりに面白いのですが、そこに展示されている国宝や重要文化財などが素晴らしく時間をかけて鑑賞しました。雪舟、宗達、光琳、抱一、等伯、若冲などおなじみの芸術家に加え物語などの大作には目を奪われました。また、入り口近くに展示されていた中国唐時代の木製仏像は精密でその美しさに見とれてしまいました。これだけの作品が1,700円で鑑賞できるのは素晴らしいことだと思います。
[2018.04.10] 「ルドン~秘密の花園~」@三菱一号館美術館を鑑賞してきました。フランス・ブルゴーニュのドムシー男爵館の食堂の装飾画は素晴らしかったです。また、ルドン展とうどん県をかけて、香川県とのコラボもあり香川県人は無料、香川の指定スポットに行った写真を提示すると200円引きとか(詳しくはWEBで)やってます。



== == == == == == == == == ==
03月



== == == == == == == == == ==
02月

[2018.02.17] 「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」@東京都美術館を鑑賞してきました。


== == == == == == == == == ==
01月

[2018.01.14] まずは、
新年おめでどうございます。皆様にとっても幸せで実り多い年でありますようにお祈りしています。本年もよろしくお願いいたします。
c0153302_15375872.jpg

新しい年が始まって二週間過ぎました。南イタリアの家族旅行ですが昨年12月30日に出発し1月9日に無事帰国しました。楽しい旅行でした。シチリアではモンレアーレとチェファルーの大聖堂、マルトラーナ教会、ジェズ教会とパラティーナ礼拝堂の絢爛豪華、念願のカサーレの別荘のモザイク画(特に10人のビキニの少女)などなど。マテーラは行って良かった所です。また、30年前若かりし頃ソレントまで行って日程の関係でアマルフィへは行けなかった無念を今回晴らしました。後日旅行記をアップします。
帰国翌日から片道2時間半の通勤が始まりぐったりしていました。土曜日にゆっくり休んで時差ボケも治り、やっと力が湧いてきたところです。
こんなマイペースのBLOGですが今後ともよろしくお願いします。




by AT_fushigi | 2018-02-10 00:00 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

欧州出張2017年09月-第三日目-アウルランド・ステガスタイン(展望台)



フェリーから降りてチケット売り場と思われる方向に向かっていてそれらしいマイクロバスを見つけました。
c0153302_18544720.jpg

側にいた 運転手に確認し、チケット売り場を聞いて購入しました。
c0153302_18583371.jpg

結局乗客は私一人でした。リーフレットと英語のオーラルガイドをくれます。途中で全部聞いてしまいました。
c0153302_18594725.jpg


アウルランドまではフィヨルド沿いの平坦な道でした。10分程度でアウルランド( Aurlandsvangen)から上り坂となりました。
c0153302_19030606.jpg

写真は窓越しで青っぽくなっています。
途中でバイクのツーリンググループに出会いました。
c0153302_19042282.jpg


到着しました。駐車場から見た展望台です。
c0153302_19052783.jpg

フィヨルド向かって伸びる細長いテラスです。30mの飛び出しの長さだそうです。
c0153302_19070487.jpg

駐車場の方向です。
c0153302_19120908.jpg

テラスの先頭は厚い透明のアクリルでした。フィヨルドに向かって傾いているので、寄りかかって怖がっている人もいました。
c0153302_19152274.jpg

左右の先も独特で下に向かって曲がっているので落ちるのではないかという恐怖心を煽ります。
c0153302_19185020.jpg

アウルランドの町も下に見えます。
c0153302_19185025.jpg

その先からフィヨルドの絶景が見えます。このテラスの高さは水面から650mです。
c0153302_19185050.jpg

また、色とりどりのパラグライダーも楽しそうです。
c0153302_19253086.jpg


帰りは所々でよい景色のところに泊まってくれました。
c0153302_19442279.jpg

c0153302_19442282.jpg


アウルランドで下ろしてもらいます。停まって明日のバスの停留所を聞いていたら、青年が運転手に英語で話しかけてきて、バスのチケットを持っているが下りは歩いてきたという。フラムまで乗っていいかと聞いてきたので入れ替わりで乗っていきました。
降りると目の前が教会でした。Vanen教会です。ググると13世紀に建てられた石造りの教会で、敷地内の礎石に1202年の記録があるそうです。現在の教会は1926年に改装されたということです。
c0153302_20094348.jpg

c0153302_20120756.jpg

フィヨルドのほうに行ってみました。
c0153302_20132098.jpg

上から町が見えたのだから、下からもテラスが見えるはずだと探してみました。ありました。分かりますか?
c0153302_20304340.jpg

c0153302_20313419.jpg

ホテルに向かいます。


by AT_fushigi | 2018-02-01 20:15 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)