中国茶壷、はまりそう

今、気になっているのは先月の中国出張で購入した急須です。茶壷と言うんだそうです。

上海で、午後一杯時間を作って「豫園」で写真をバシバシ撮り(時機を見てアップします)、そして、「南翔饅頭店」で小龍包で小腹を満たしまし、歩いて数分の「上海老街」へ。ここは、古くは明や清の時代の建築物が道の両側に並び、一階は様々なお店になっていました。
c0153302_9461896.jpg

観光客やおのぼりさん向けであることは見え見えです。ぶらぶら冷やかしながら歩いているうち、様々な色の急須を並べた茶器店に興味を持ち中へ。
c0153302_9472315.jpg

写真を見ると右に「宜興紫砂工芸一廠」「宜興紫砂工芸二廠」とあり「宜興人直鎖」とあるので宜興の工場の直販店かもしれません。全く良く分かりません。
入り口から奥に行くほど高価な商品となり、一番奥で良さそうな濃い茶色の薄い急須に出会ってしまいました。100元、350元と次々比較すると品物が良くなっていくのが良く分かります(1000元以上の高級品はもっと奥の別室にあるとの事でしたが約束の時間も近づいたので見ていません)。550元というのを「400元(6800円)なら買う」と言ってしまい...ぼられたかも知れません。気に入って買ったので「まあいいか」と思っています。

買った茶壷がこれです。
c0153302_9495996.jpg

帰国後、やはり今回の出張で買ったウーロン茶「乳花香」(香港の茶藝樂園の尖沙咀分店で購入)を楽しんでいます。

時間ができたのでいろいろ調べてみたら、想像していたとおり奥が深いことがわかりました。「壺迷」(http://www.bekkoame.ne.jp/~bozhi/)という茶壷に関し詳細に紹介した優れたHPを見つけました。
店の名前にある紫砂壺と言われるものは、宜興で作られるのが本物です。中華民国以前のものは古壺と言われ、市場に出回ることがないようです。現代でも工芸美術師等と言われる作家ものが高く売られているようです。売られている高級品の8-9割は贋物(コピー品等)だそうです。証明書もご丁寧に付いているそうです。
店の説明では私が購入したものは作家物ではないが、結構有名な作家がデザインした物とのことでした。「形と表面が良い」と言っていました。

調べて分かったことは
(1)宜興製の紫砂壺には「三平の原則」というものがあり、茶壺を横にしてみると,嘴(注ぎ口)と座(胴体の頂上部分)と把(取っ手の頂上部分)の3点が一直線で水平になっていることです。確かに。
(2)釉薬を使いません。宜興茶壺の様々な色は土そのものの色です。このため、宜興の土特有の気孔ができ,渋みなどを取り、お茶を美味しくするとの事です。また、長年使うとお茶の成分がしみこんで,良い土色になっていくとの事です。
(3)タタラ作りという土の板を叩いて形を作ります(安物は型出しやロクロを使うようです)。胴に底、注ぎ口、取っ手をつけます。実際私のもよく見ると底等を後からつけたのがわかります。中を覗くと縦に筋が見えるのでロクロではないと思われます。
(4)定番の形というものがある。シンプルなものから装飾したものまでいろいろな方があります。私はシンプルなのがすきなのですが購入したものは「倣古壺」というのに似ています。いろいろなHPを見ていると小ぶりなもの(小壺と言うらしい)が目立ちます。私は家族で楽しむため普通サイズです。
(5)落款がやはり重要です。これはさっぱりわかりません。私のは底と蓋の裏に「○○製陶」と小さい楕円の落款がありますが読めません。また、証明書も大事ですが贋物を作るのも簡単だそうです。

先日北京出張の際JALのビデオで紫砂急須を紹介していました。まさに上のことが画像として紹介されていました。土の板からしゃもじのようなへらで叩きながら立体を作っていく過程、「三平の原則」の作り方など画像で見ると理解が深まります。特に最初に円盤に切った土板に四角の土板を貼り付け叩いて丸みを帯びた立体を作り底を着け、最初の円盤に穴を開けて口とすると言う変わったプロセスが良く分かりました。今度このビデオ(市販されているとのこと)を購入しようと思っています。
c0153302_9501528.jpg

買ったものが本物か贋物か、また400元という価格が高いか安いかわかりません。観光地だったし、一発回答だったからそれなりの物だと思っています。でも、まったく知らなかった茶壷に興味を持つことができたし、形や手触りなど好きで持ったり撫でたりして一人悦に入っています。
今度中国に行く楽しみが増えました。また、良さそうなのがあったら買ってみます。ただ、3-400元くらいが素人の手を出せる範囲との警告を守って生きたいと思います。
# by AT_fushigi | 2008-01-03 10:48 | | Trackback | Comments(0)

ヨーロッパ出張中2007年09月-小旅行第三日目-ポツダム「警官に停止させられ...」

ブランデンブルク門を後にしてベルリンへ向かいます。

高速入り口でのことです。行き先を確認して、右折して高速に乗る道に入りました。このまま、真直ぐ行けば高速に乗れます。そう、直線が長く続いてカーブに掛かりました。
前の2台の車が急にスピードを緩めました。良く分からぬまま追越を掛けて追い抜いたとたん警官が現れ笛を鳴らしました。そのとき思ったのはスピード違反の検問でした。はっきりOKとは言えず、まずい状況だと思いました。
20-30m位過ぎて右に寄せ、止まりました。警官が戻って来いと手を振っています。しょうがないのでバックしました。後ろに数台停められています。
婦人警官が来て何かドイツ語で怒鳴りだしました。良く分からず、英語で説明してほしいと頼みました。「あまり得意じゃないけど」といって「今の運転は危険だ」というのです。「えっ」というと彼女の後ろを指差します。なんと、左から車が降りてくるでは有りませんか。ここは2車線でも上下(高速乗り降り)1車線づつだったのです。
「今、理解した。おそらく入り口や途中のサインを見落としたのだろう。私の運転未熟が原因だ。だけど、この道路の状況紛らわしく思うけれど」と謝りつつ少し文句を言ってみました。免許証を確認していた婦人警官は「危険なことが分かったら2度と同じ間違いを犯さないように」と言って「行ってよろしい。Have a safty drive」と手を振りました。
ほっとして、車をスタートしました。

ベルリンには近くまではスムースに行けたのですが、5時過ぎと有って市内は大渋滞。6時の約束にギリギリ間に合いましたがハラハラしました。ホテルが偶然(知らなかったのですが)借りたレンタカーの斡旋をしていたのでホテル乗り捨てができたので助かりました。
私限定の安い保険にしたので6-700km位一人で運転しました。ドイツは運転しやすいのでそんなに疲れませんでした。また、機会を狙っています。


HOME
# by AT_fushigi | 2008-01-02 22:02 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

ヨーロッパ出張中2007年09月-小旅行第三日目-ポツダム「サン・スーシ宮殿」

クヴェトリンブルクを後にしてポツダムを目指します。この頃になるとアウトバーンにも慣れて余裕で運転できました。お昼ちょっと過ぎに到着。その直前のパーキングエリアでホテルの朝食時作ったカイザーロール+ハム+チーズのサンドイッチで昼食を済ませました。ベルリンでビジネスディナーがあるので4時にはポツダムを出なければなりません

適当に路上駐車してサン・スーシ宮殿に向かいます。ここは1990年にユネスコ世界遺産に指定されその後2回周辺が追加されました。

地図で現在地を確認(地図はダブルクリックで拡大)。
c0153302_1521390.jpg

東の赤ポッチが現在地です。ここからサン・スーシ宮殿はすぐです。この広い敷地内で偶然ですが近い入り口付近に駐車したようです。
ずっと続く並木道の中へ入ります。
c0153302_158166.jpg

するとまもなく噴水が現れ、右に宮殿が見えてきました。予想以上の広がりを感じます。
c0153302_1592412.jpg

階段の両側の段々には、開いたガラス戸の中にイチジク(?)、その間の壁にアイビーが這い上がっています。途中でこういうポーズも...
c0153302_15121156.jpgc0153302_15123179.jpg

ついに、サン・スーシ文字が見えるまで上りました。
c0153302_15184451.jpg

振り返ると
c0153302_15202896.jpg

ぐるり回って裏の宮殿見学の受付へ行くと、半ば予想していた通り今日の分は売り切れでした。この時間指定のガイドツアー(フリーは無い)は午前中の早いうちに売り切れるようです。
しょうがないので正面に戻って外側見学。色が特異な肌色のようなオレンジのような色です。壁に彫像が備え付けられています。印象的なのは両サイドにある庭園への入り口を示す門です。金色の装飾がおもしろい。
c0153302_1522124.jpg

その裏で修復前後の彫像が並んでいました。東ドイツ時代の汚染で真っ黒になった像は哀れです。
c0153302_15181214.jpg

この後、人の流れに従って宮殿を見て左側のノイエ・カルマン(Neue Kammern)へ向かいました。横断歩道も無いので車の切れ目で人がどっと渡ります。目の前に風車が迫ります。
c0153302_15271611.jpg

この後、宮殿に戻り、階段を下りて庭園を少し見て(途中で飽きたかな)、駐車した方向へゆっくり戻ります。そこから見えた門が何であるか確かめるために。
その門は1770年に建造されたブランデンブルク門(Brandenburger Tor)でした。
c0153302_1533824.jpg

ベルリンのに比べて小さいですが、デザインと雰囲気が歴史を感じさせます。
それをくぐるとそこは歩行者天国でした。ブランデンブルク通りというようです。
c0153302_15351439.jpg

いろいろなお店が並んでいます。3時過ぎだったので「おやつ」ということでシュニッツェルを一つ頼んで皆でビール乾杯です。後の運転があるので私は一杯だけです(写っているのは同行者のお腹で、ここに2杯入りました)。
c0153302_15365692.jpg

ぶらぶら「ホコテン」を楽しみながら歩いていると上の通りの写真正面のピーター・ポール教会(Kirche St.Peter und Paul)に突き当たり、右手にツインタワーが。
c0153302_15412519.jpg

ナウエン門(Nauentor)です。この門の下を電車が通っています。そこだけ単線になっていて信号制御され電車が行き来します。また、合間を縫ってバスも通ります。
このあたりは赤レンガの倉庫のような建物が続いておりおしゃれな地域です。カフェも時間が有れば行きたかったです。
c0153302_15552163.jpg
c0153302_15553687.jpg

4時過ぎに出発。
っと、ここで事件が....


次へ(ポツダムから)
# by AT_fushigi | 2008-01-02 16:00 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

お節

前にも書きましたが、昨年末は何もしないと言うことで当然「おせち」の準備もほとんどしていませんでした。子供もいるので「おせち」は買ってくることにしました(初めてです)。
正月にオープン。子供たちから「家のより豪勢」と評判は良買ったのですが...良いのか悪いのか。これに、家族が好きな、紅白歌合戦を見ながら調理した(と言っても塩抜きし皮をむいて漬け汁に漬けただけですが)数の子と買ってきた昆布巻きを加えて、お雑煮を作り新年の最初の食事としました。
c0153302_4213611.jpg


ところで、「おせち」はいつごろから始まったのでしょう。

おせちは「御節」、節は節句から来ているだろう位しか分かりません。また、正月はかまどの神様を祭るので火を使って料理をしてはいけないので、「おせち」料理ができたと子供の頃に聞かされていました。
さあ、WEB調査です。

================================
節句(節日)とおせち
================================

節日は節目の日ということで中国の暦に由来するがこれは時代時代で変化する。平安時代には宮廷で定められた節日とそのとき開かれた節会を五節会といい、節会では神饌(せん)を供え、宴会を開いた。
   元日節会:1月1日
   白馬節会:1月7日
   踏歌節会:1月14・16日
   端午節会:5月5日
   豊明節会:11月辰の日
この節会で出されたご馳走が「御節供(おせちく)」でこれが「おせち」の語源となっている。
上記は宮中の行事だが民間では3月3日、7月7日、9月9日も祭っていたと考えられている。
なお、江戸幕府は江戸初期に上役のところに挨拶すべき日として五節句を定める。
   人日の節句:1月7日
   上巳の節句:3月3日
   端午の節句:5月5日
   七夕の節句:7月7日
   重陽の節句:9月9日
このことにより節句を祝う習慣が広く民衆に広まると同時に、正月の御節供も庶民の間で広まった。この頃から「おせち」は正月に供されるご馳走のことをさすようになった。

このように江戸時代に民衆文化に「おせち」は受け入れられ、江戸時代後半に今のおせち料理が確立された。

中国では12月23日に出かけた竈の神様は12月31日に家に戻ってくる。中国ではこれを祝い、餃子を食し、子供に「紅包・圧歳銭(お年玉)」を与える。
これが日本に渡来し、日本に違った形で吸収される。
日本では正月は「歳神(としがみ)様」(=ご先祖様)を祭る日であった。初詣も氏神様の祀られた神社にお詣りしてご先祖様のご加護を願うもの、門松は歳神を迎えるための憑代(よりしろ)であった。
また、民間宗教として、様々な神様を正月に祭った。特に、水と火の神様は重要であった。これと「竈の神様」が結びついて三宝荒神様を始め各地に火と竈の神様(以下荒神様)が祭られる。
神社から「歳神様」と「竈の神様」のお神札を頂き、それぞれ神棚と台所に祀った。このため正月には火や竈を使わない風習ができた。
正月に食する「おせち」はこうして火を使わず食せるよう保存が利く作り置きの料理となった。これが女性にとっても得する風習だったので広まったのだろう。

さて、おせち料理の基本は「祝い肴三種」と煮しめである。「祝い肴三種」は関東と関西で異なる。
   関東:田作り、数の子、黒豆
   関西:叩き牛蒡、数の子、黒豆
どっちらも、豊作、子孫繁栄、魔よけ(まめに働きまめに暮す)である。以下に主な料理のいわれを記す。

   田作り : 肥料になる鰯が高級な肥料だったので豊作を祈る。
   数の子 : 卵の数が多く、子孫繁栄を表す。
   黒豆  : 「まめに働きまめに暮らせるように」との語呂合わせ。黒は魔除けの色。
   叩き牛蒡: 豊年を象徴する瑞鳥を表し豊作と息災を願う。
   蒲鉾  : 形が日の出に似ているので、お節に欠かせない。赤は魔よけ、白は清浄を表す。
   海老  : 長寿を表す。海老は腰の曲がった老人を連想させる。
   蓮根  : たくさんの穴がある形状から将来の見通しがきくとの縁起担ぎ。
   昆布  : 「喜ぶ」に「子生」と当てて子孫繁栄。
   伊達巻 : 派手な様子から。

このほか様々な料理がありお正月の楽しみとなっている。
# by AT_fushigi | 2008-01-02 04:32 | 雑学 | Trackback | Comments(5)